お湯 で 洗う 洗濯 機。 お湯で洗濯って意味が無い?

お湯で洗濯って意味が無い?

お湯 で 洗う 洗濯 機

日本において「エレクトロラックス」といえば、エルゴラピードなどのスティックタイプのコードレス掃除機が人気のメーカー。 しかし、じつは全世界的には業務用の調理器具やランドリー機器で有名なのだという。 そんな同社が、6月上旬に日本でも家庭用洗濯機を発売すする。 それが、今回紹介する「myPRO WE170V」(以下、WE170V)だ。 洗濯機と乾燥機が、なんと別売り! 発表会場では製品が2台設置されていた。 じつは、WE170Vはドラム式の「脱水洗濯機」。 乾燥機には専用の「myPRO 乾燥機 TE1120」(以下、TE1120)が必要となるというから、まずここに驚いた(もちろん洗濯機だけ、あるいは乾燥機だけの単体購入もできる)。 ちなみに、会場ではWE170VとTE1120を左右に並べて設置していたが、2台を縦に並べることも可能。 1台分の設置面積さえあれば、日本のマンションなどスペースか限られたところでもでも、設置はすることができるという。 5kg。 いずれも8kgまでの衣類に対応。 別売りのスタックキットを使えば縦置きもできる(写真はイメージ) また、myPROシリーズで目を目を引いたのが、シンプルでスタイリッシュなデザイン。 日本製洗濯機の多くは、天板が樹脂製の上に天板部に給水ホース接続部がある。 しかし、myPROシリーズは天板部がフルフラットなうえ、前面パネルと天板部はステンレス製。 同社によると、ステンレスは見た目に高級感があるだけでなく、清掃性が高く雑菌が繁殖しにくいというメリットもあるという。 ステンレス製の天板はフルフラット。 一般的なドラム式洗濯機のように給水ホースの接続口もなく見た目が美しい ちなみに、製品本体の下の「本体ベース」は別売り。 こちらは引き出し式になっており、中には洗剤などが収納できる。 また、引き出し上部には組み立て式のボックスも収納されており、洗濯物の移動などに使える。 本体ベースは引き出し式になっており、小物の収納が可能。 じつは、ヨーロッパは「菌」に対する意識が高く、ほとんどの洗濯機が熱湯洗濯機能を搭載しているのだそう。 温度帯の違いによる汚れ落ちの比較。 しかし、これら製品には、水を温めるのに時間がかかるというデメリットもあった。 WE170Vは、この点も電源に家庭用エアコンと同じ200Vを採用することで、パワフルに水を加熱。 高い温度でも、短い時間での洗濯を実現しているという。 また、「セミプロ用」とうたうだけあり、汚れを落とすための機能にかなり力が入っている。 たとえば、汚れがひどい服を洗う場合は、本洗いの前に「事前すすぎ」や「予洗い」機能を選択可能。 洗剤投入口には、予洗い用の洗剤スペースまで用意されているのだ。 本洗いの前に水だけで洗濯物を洗う「事前すすぎ」、汚れがひどい衣類を本洗いの前にあらかじめ洗剤で軽く洗う「予洗」など、一般的な洗濯機にはない機能が見られる 洗剤の投入口は3種類。 右から予洗用洗剤、本洗い用洗剤、柔軟剤を入れる。 青いフリップは、液体洗剤が流れ出ないためのパーツ 洗濯槽は、衣類に洗剤が染み込みやすく脱水効率が高い「Speed Soakドラム」を採用 200V仕様で素早く乾燥 乾燥機のTE1120でも、200V電源を採用したパワフルな駆動が特徴。 7kgのコットン衣類ならば約70分ほどで完全に乾燥できるという。 また、湿度センサーを搭載しているのもポイント。 一般的な乾燥機は湿度0%まで「完全乾燥」させる製品がほとんど。 しかし、WE170Vは「完全乾燥」のほかに、湿度をセンシングして、2〜3%の水分を残す加乾燥防止機能を搭載する。 湿度を残すことでアイロンがかけやすくなったり、しわが付きにくくなるなどのメリットがあるという。 最大8kgまでの衣類を乾燥可能。 同社によれば、これは国内最大クラスの乾燥量だという 完全に乾燥させない「アイロン用」メニューのほか、ドラム内で衣類を動かしながら常温に冷やすことで、シワになりにくくする「しわ防止」機能も搭載 衣類から排出された水分は、本体内の水タンクに回収。 水は毎回捨てる必要があるが、オプションで水を直接排水させることもできる スモールビジネスに関わる人へ 同社によれば、いままでの業務用の洗濯機は排水や給水に特殊な設備が必要なため、家庭で気軽に導入するのは難しかった。 しかし、myPROは電源をエアコンと同じ200Vにすれば、一般家庭でも気軽に導入できるという。 また、洗濯性能が高いだけでなく、耐久性の高さも特徴。 業務用のパーツなどを使用することで、一般的な家庭用洗濯機の3倍の耐久性があるという。 さらに、一般的な家庭用洗濯機は美容院などのビジネスユースで使用すると保証対象外になることが多い。 しかし、myPROシリーズは、ビジネスで使用しても保証対象。 このため、清潔性に関心のある一般家庭のほか、飲食店やヘアサロン、老人ホームといったビジネスユースでの使用も視野に入れているという。 【関連リンク】.

次の

洗浄力を上げたいなら【お湯洗濯】がおススメ!その驚きの効果とは?!

お湯 で 洗う 洗濯 機

1.お湯と水、それぞれ落ちやすい汚れは? まず始めに、お湯と水、それぞれ落ちやすい汚れをご紹介します。 今は蛇口で温度調節も簡単にできるので、洗い分けの参考にしてください。 1-1.お湯の方が落ちやすい汚れは? 肉や魚の脂肪や、サラダオイルなどの油汚れはお湯の方が落ちやすいです。 これは、油が常温や低温だと固まりやすくなるため。 特に、冬は時間がたつほど油がお皿にこびりつきやすくなるでしょう。 煮物の煮汁などにも、油が溶けこんでいるものが多いです。 1-2.水の方が落ちやすい汚れは? 逆に、水の方が落ちやすいのはタンパク質による汚れです。 代表的なのは、牛乳や豆乳による白っぽい汚れでしょう。 また、卵の黄身もタンパク質です。 タンパク質は熱を加えると固まる性質があります。 ですから、お湯で洗うとかえってお皿にこびりついてしまうのです。 1-3.お湯で洗っても殺菌効果はないの? お湯で食器を洗う理由に、殺菌効果を挙げる人もいるでしょう。 しかし、食器洗いに使うお湯の温度では、殺菌効果はありません。 ただし、熱湯を食器にかけたり食器を鍋で煮たりすれば殺菌効果は期待できます。 しかし、漆器など熱に弱い食器も多いので、不用意に熱湯をかけないように注意してください。 陶器の普段使いのお皿くらいなら大丈夫です。 関連記事 2.お湯の方が手荒れを起こしやすいって本当? 水で食器を洗うと手荒れが心配、という方も多いでしょう。 しかし、実は手荒れはお湯で食器を洗った方が起こしやすいのです。 お湯は水に比べると温度が高い分蒸発しやすいのですが、蒸発するときに皮膚の中にある水分を一緒に持っていってしまいます。 さらに、洗剤の中には「界面活性剤」という物質が含まれているのです。 これは、油を水に溶けやすくする効果があるために、皮膚の中に脂分も一緒に水に溶かしてしまいます。 「がんこな油汚れもよく落ちる」と宣伝している洗剤ほど、脱脂効果は高いでしょう。 ですから、洗剤とお湯を使って食器を洗っている人ほど手荒れが起きやすいのです。 3.少ない水やお湯で食器をきれいにする方法は? では、できるだけ少ない水やお湯で食器をきれいにするにはどうしたらよいのでしょうか? この項では、その一例をご紹介します。 実践していただければ、光熱費の節約にも効果的でしょう。 3-1.油汚れは拭き取る 食器を洗う前に、油汚れはキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。 これだけでもかなり汚れが落ちやすくなります。 特に、カレーは油脂のかたまりですから、入念に拭ってください。 揚げ物の場合は、お皿の上に油を切るための紙を敷いておくとよいでしょう。 3-2.しばらく水につけておく 食器にこびりついた汚れは、時間がたつほど乾いて取れにくくなります。 ですから、しばらく洗う時間がない場合は、食器を水やぬるま湯につけておきましょう。 そうすれば、乾燥することもありません。 ただし、油で汚れた食器を重ねると、裏側まで汚れがこびりつくことも多いです。 ですから、水につける前に汚れを落としましょう。 3-3.タンパク質の汚れを先に洗い後からお湯で油汚れを洗う 食器を洗う順番ですが、最初に水でタンパク質の汚れを落としましょう。 その後、温度を調節してお湯で油汚れを落としてください。 なお、タンパク質の汚れも油汚れも洗剤を使わなければ落ちにくいです。 手荒れが気になる方は、ゴム手袋を使いましょう。 また、食器を洗った後に保湿クリームなどを塗れば手荒れしにくくなります。 肌が弱い方は、食器用の石けんを使った方が手はあれにくいでしょう。 関連記事 4.食器洗い機のメリットデメリットは? 今は共働きの家庭も増えたため、家事の時間節約に食器洗い機を使うご家庭も多いでしょう。 しかし、食器洗い機に入れておけばすべての食器がきれいになるというわけではありません。 最後に、食器洗い機のメリットとデメリットをご紹介しましょう。 4-1.食器洗い機のメリットは? 食器洗い機のメリットは、食器を機械に入れてセットすれば乾燥まで自動で行ってくれることです。 これにより、家事の時間は大幅に短縮されるでしょう。 また、食器洗い機は80度の高温で食器を洗う製品もあります。 このくらい温度が高ければ、殺菌効果も期待できるでしょう。 さらに、食器洗い機が大きければ1日分の洗い物を一度で済ませられます。 その方が、食事ごとに食器を洗うよりも光熱費の節約になるでしょう。 4-2.食器洗い機のデメリットは? 食器洗い機は、すべての食器が洗えるわけではありません。 オーソドックスな陶器の食器ならば問題ないでしょう。 しかし、銀食器やクリスタルガラス、熱に弱い漆器やプラスチック製の食器などは色が変わったり変形したりする恐れがあります。 さらに、形状が複雑な器の場合は、すみの方の汚れが落ちないこともあるのです。 つまり、高級な食器ほど、食器洗い機は不向きになります。 また、日本は世界的に見ても器の形が複雑で、種類もたくさんあるのです。 ですから、使う食器の種類が多いご家庭ほど、結局は手洗いをしなければならないものが出てくるでしょう。 食器洗い機は調理器具も洗えません。 フライパンやお鍋なども手洗いが必要です。 4-3.食器洗い機を後付する場合の注意点 システムキッチンの中には、食器洗い機が最初から組み込まれている製品もあります。 後付で食器洗い機を設置したいという場合は、設置場所を確保しましょう。 いくらコンパクトのものでも、それなりの大きさがあります。 狭いキッチンに無理やり設置すると、作業台が狭くなるでしょう。 さらに、給湯機から食器洗い機に配管がつなげないとお湯で食器を洗えません。 配管ができないと水洗いだけになるため、汚れによっては落ちにくいこともあるでしょう。 関連記事 おわりに 今回は食器を洗う際の水とお湯の使い分け方をご紹介しました。 まとめると• 油汚れはお湯の方が落ちやすい。 タンパク質の汚れは水の方が落ちやすい。 お湯の方が手荒れをしやすい。 食器にこびりついた汚れはできるだけぬぐい取って汚れを乾燥させない。 食器洗い機はすべての食器を洗えるわけではない。 ということです。 家族が多いほど、食器洗いは大変になるでしょう。 共働きのご家庭ならなおさらです。 ですから、家族が協力して汚れを落ちやすくしておきましょう。 また、食器洗い機をフル活用したい場合は、食器の種類を統一しておくとよいですね。 スタンダードな陶器の食器や耐熱性のプラスチックの食器ならば、食器洗い機で一気に洗えます。 平日はそのような食器を使い、オシャレな器は土日限定にすると、家事にも余裕が生まれるでしょう。

次の

Yシャツが綺麗に洗える?パナソニックのななめドラム洗濯乾燥機の実力は本物?洗いのプロが解説します。

お湯 で 洗う 洗濯 機

羽毛布団の洗濯マークの見方 羽毛布団を洗濯する前に、洗濯マークを必ず確認します。 羽毛布団だけでなく、他の布団や衣類などには 洗濯マークが付いています。 羽毛布団に、 水洗いマーク、手洗いマーク、洗濯機マークが記載されている場合は、自宅で洗濯機などで水洗いしても大丈夫です。 水洗いマークにバツが付いていたり、 ドライマークの場合は、丸洗い不可能なので、自宅では洗う事が不可能という事になります。 しかし、厳密には洗えないわけではなく、おうちでの洗濯に向いていないということです。 水洗いができない羽毛布団を無理して自宅の洗濯機で洗ってしまうと、布団の加工が取れてしまったり、羽毛が固まってしまったりする可能性があります。 高級品の大事な羽毛布団を自宅で洗いたいと思った時は、必ず 羽毛布団の素材と洗濯マークを確認してからにした方が間違いはありません。 羽毛布団は一般的な綿やポリエステルの布団よりもデリケートにできています。 水洗いができるからと言って安心して、適当に洗ってしまうと羽毛を傷めてしまうので注意が必要です。 羽毛布団を強引に洗ってしまうと羽毛がぺったんこになってしまいフカフカ感が無くなってしまいます。 自宅で洗える羽毛布団というのも販売されていますが、羽毛布団がどのような洗い方に対応しているのかを洗濯マークで確認してから洗濯するようにします。 羽毛布団の品質を保ちながら洗濯をしなければならないので基本的には、羽毛布団に付いている洗濯マークの指示に従うのが一番です。 お手持ちの羽毛布団が、水洗いできる事をか確認した上で、自宅の洗濯機や浴槽を利用して洗濯するか、コインランドリーを利用するか、クリーニングに出すかを判断しても遅くありません。 羽毛布団を自宅の洗濯機で綺麗にする方法 布団を洗濯機で洗うと決めたら、まずは、洗濯機の容量の確認を確認します。 羽毛布団1枚でも7から8キロの容量の洗濯機を利用した方が安全です。 羽毛布団を洗濯する時は、通常の洗濯洗剤ではなく、 おしゃれ着やウール製品などに使う中性洗剤を使用するようにして、ふとんの生地に直接かけるのではなく、水に薄めて使用します。 普段洗濯に使う弱アルカリ性の洗剤は、皮脂汚れやタンパク質汚れに対しては抜群の洗浄力を発揮しますが、弱アルカリ性の洗剤は、羽毛を痛めてしまう原因になってしまいます。 また、洗剤のほかに 重曹をプラスして使用すると消臭効果があります。 また、柔軟仕上げ剤を使うことでふんわりと仕上げる事ができます。 汚れの気になるひどい部分がある時は、洗濯機に入れる前に、その気になる汚れの部分洗いをします。 重曹などを利用してもみ洗いをしてから、洗濯機に入れます。 また、アルカリ性の洗剤しかなく、中性洗剤がない場合は、髪を洗うシャンプーを代用できます。 羽毛布団の洗濯には「 洗濯ネット」が必須です。 羽毛布団が入るくらいの寝具用の洗濯ネットを準備します、。 洗濯ネットを利用すると、洗濯槽との接触を防ぐ事ができるので、側生地を傷めるのを防ぐ事ができます。 もし万が一布団が破れてしまっても、洗濯機のなかに羽が広がる被害を最小限にする事ができます。 羽毛布団を自宅の洗濯機で洗う場合は、洗濯機に「 ふとん洗いコース」がある場合は、そのコースを選択します。 もしもない場合は、大物洗いコースや毛布コースを選ぶか水量を1番高くして標準コースで洗います。 クルクルと空気を抜きながら洗濯ネットに丸めていって、汚れている部分がある時は、外側にくるようにすると汚れ落ちが良くなります。 あと、気をつけなければならないのが、洗濯時の水温です。 洗濯マークにぬるま湯と書いてある場合は、 お湯ではなく冷たくない水の事です。 お湯で洗うと汚れが落ちやすいイメージですが、お湯で洗うとダウンの油脂分がなくなってしまうので、ダウンが割れやすくなってしまいます。 やわらかいスポンジを利用して、おしゃれ着洗いを薄めた洗剤液スポンジに染み込ませて、首周りなど汗や皮脂汚れが目立つ部分になじませます。 おしゃれ着用の洗剤を使用すると、色あせや型崩れを防止できます。 必ず洗濯ネットを使用します。 脱水時間も短い方が中綿の型くずれが少なくて済むので2分以内に設定します。 羽毛布団を自宅で乾燥させる方法 羽毛布団は、洗濯よりも、感想の仕方が肝心と言われています。 表面だけ乾かしても、内部が湿ったままでは、羽毛布団はぺったんこのままで、ふわふわしなくなります。 また、半乾きの状態で使用すると、カビやダニの臭いの原因になってしまいます。 洗濯機っで、脱水した後は、できるだけ速やかにベランダへ干すようにします。 物干し竿を2本用意して、布団が「 M字」のようになるように干します。 布団の端を持って振ったりして形を整えるように干します。 直射日光に当ててしまうと生地が日焼けしたり、羽毛が傷んでしまうので、風通しの良い日陰干しをします。 脱水を十分にして干すとより早く乾燥させることができます。 羽毛布団を途中で触ってみて、ある程度乾いたら裏返します。 表生地が乾いたら中のダウンをほぐしながら中までしっかり乾燥させます。 干している間数回羽毛をほぐすようにするとよりふっくら仕上がります。 しかし、大きな羽毛布団を夜までに乾かすには、洗濯してすぐ日陰干しをしても、なかなか直ぐには乾きません。 自宅に乾燥機がある場合は、乾燥機を利用して乾かすのもひとつの方法です。 乾燥機の熱で生地がダメにならないか不安になってしまうかもしれませんが、布団クリーニングでも羽毛布団を乾かすのに高温の熱風を利用します。 羽毛布団が乾燥機に入る大きさで、乾燥機が使える素材ならば自宅の乾燥機で十分乾かせます。 乾燥機の容量は、3kg前後の衣類を乾燥できるようになっています。 羽毛布団のシングルサイズは、たいてい3kg以下です。 大きさなどで重さが気になる時は、事前に布団の重さを図るようにしておくと安心です。 羽毛布団の洗濯マークをチェックして、「 タンブラー乾燥」が禁止されていないか確認します。 とくに注意書きがなければ、問題なく乾燥機を使う事ができます。 ポリエステルやアクリルなどの合成繊維や綿の毛布乾燥機の熱で傷みにくく、色落ちも少ないので丈夫ですが、ウールやカシミヤなどの熱に弱いデリケートな素材が使われている毛布は要注意です。 毛布を乾燥機にかける時は、毛布の四角ができるだけ内側にくるようにたたむようにします。 乾燥の時間は90分ほどが目安です。 基本は乾燥機の自動モードに任せておけば大丈夫ですが、乾燥機の乾き具合をチェックする機能がついている場合は、その機能のちょうどいいタイミングで終了します。 乾燥機を利用すると仕上がりがゴワゴワするのではないかと心配な時は、洗濯の時に柔軟剤を入れます。 柔軟剤には生地をやわらかくする作用と静電気を防ぐ効果もあるので使い心地がよくなります。 乾燥機は、毛布の湿気を室内に放出するので、乾燥機が置いてある場所の風通しをよくする事で、湿気を効率よく取り除けるので、乾くのを早めることができます。 自宅に乾燥機がないときは、コインランドリーの乾燥機を利用します。 コインランドリーの乾燥機は大型で高性能なので、自宅の乾燥機よりも、短時間でカラッとふわっと乾かす事が可能です。 終わった時に、乾き具合を確認して、湿っている時、10分ずつ微調整して細切れで乾燥機をかけるようにします。 面倒な場合は布団クリーニングがおすすめ! 羽毛布団は、洗濯マーク通りに気をつけて、自宅で洗濯したり、乾燥機を使って乾かすとどうしても、ダウンの油脂分が減少してしまいパサパサの状態になってしまいます。 乾燥機で乾燥する ダウンのダメージは、ドライヤーによる髪のダメージのように相当なものがあります。 自宅で洗濯しても、羽毛布団を完全に乾燥できるか心配です。 コインランドリーが近くになければ持ち運びにも苦労します。 羽毛布団の洗濯は専門のクリーニング店に依頼すると心配する事がなく安心して任せる事ができます。 プロと素人の大きな違いは乾燥方法にあると言います。 プロは素早く水切りをして、水の片寄りがないように直ぐ乾燥させる事ができます。 羽毛布団を自宅で洗うよりも、布団クリーニングの場合は、ハウスダストや汚れをキレイに落としてくれて、ぺったんこの布団をフカフカにしてくれます。 いかがでしたか。 自分で羽毛布団を自宅で洗って自分で乾かす事ができます。 しかし、失敗するリスクはあります。 年に1度は羽毛布団を布団クリーニングに依頼して見ることをオススメします。

次の