プロスピ ts第3弾 2020。 【速報】「2020 TS第3弾」GETのチャンス!「タイムスリップセレクション」開催中!(≧▽≦)

【プロスピA】俺的ランキング TS 第2弾 2020 シリーズ1 編!

プロスピ ts第3弾 2020

正直、チーム状況によってわりと変わってきそうなランキングではありますが、では今回もあくまでも俺的でいってみましょう、俺的TS第2弾ランキング 2020のシリーズ1編です! よろしくお願いします! 堂々の第1位! 甲斐、ソレナ!無敵、サファテ投手! とりあえずとても簡潔に言いますと、抑えとして完璧な男サファテ投手。 ゲームセットのお辞儀的なやつはもちろん、佇まいまで、9回の登場で絶望を感じさせる存在感。 なんせ 球威89Aかつ 159kmの ストレートSに 落差抜群のSFF。 とにかく出てくると無理な投手。 こんな方が自分のチームのクローザー(限界突破5で中継ぎ)してくれるとマジ最高。 欲しい。 そして第2位! 名選手から名コーチへ!散髪いきたて石井琢朗選手! 現役時代のリードオフマンかつ名手としての存在感はもちろん、近年の名コーチっぷりで現役時代の凄さがより思い出される石井琢朗選手。 まさにマシンガンの火付け役。 松井稼頭央選手、現役のなど他にも名ショートはいらっしゃいますが、オーダーを含めてかんがえても、やはり必要性半端ない石井選手。 守備Aはでかい。 正直パワーはないものの、特殊能力含めて活躍してくれること間違いなし! まだまだいきます、第3位! あ、やばい長嶋さんの看板に当たっちゃう。 原選手! スター性抜群の若大将。 監督としても素晴らしい存在感なわけで、選手としてはどのくらいの存在感だったのでしょう。 ミートとパワーがともにAの選手たちもいる中で、正直惜しい感は拭えませんがアーチストなのでホームラン量産は可能。 コロナの影響でしばらくグータッチは出来なさそうでありますが、あの目力があれば問題なし。 巨人のTS・OBの無敵感は毎度胸熱です。 そして第4位! ペロって舐めたらお昼に食べた醤油の味がした。 西口投手! とりあえず個人的に背番号13といえば西口投手か岩瀬投手。 ノーヒットノーランも完全試合も寸前で逃してしまったシーンはいまだ語り継がれる名投手、西口投手。 優しそうな顔とは裏腹にキレッキレのスライダー。 キレ味MAXです。 ストレートとスライダーで西口投手を相手にするとマジ打てないって感じなのですが、なぜか自分が投げる側になると打たれちゃう悲しさ。 つまり配球若干むずかしいかもとは思っています(個人差あり)。 ただ限界突破は4以上必要ですが、中継ぎ、5までいければ抑えも可能なので、そこまでいけたらマジナイスです。 スタミナお化けではありますが。 さて続きまして第5位! ジャンケングーから何にでも変えれるためにブラす派。 石井投手! この頃はもいたので、豪速球左腕のW石井という構図が印象的でした。 変化球はまぁよしって感じではありますが、なかなか打てないであろうストレート。 球威はもちろん 155kmのストレートSは超魅力的です。 この年もそうですが、投げればかなり防御率の低い投手でした。 とにかく打たれない。 現在は球の速い投手も増えましたが、球速だけではなく質も申し分ないリリーフ! 半分きました、第6位! 2名様、あちらのお席へどうぞー! 丁寧な接客、吉川投手! 速いストレートにリアルでも打ちにくそうな軌道のDカーブとスラーブで撹乱間違いなしの吉川投手。 登場の頻度が割と高め?なこともあり、使用感は十分にわかる投手ですが、とりあえず中々に投げやすい投手です。 変化球の組み合わせ方なんかも、とてもしやすい。 やはり速い球は貴重ですね。 あえて言えば、カーブ系とチェンジアップ系のみになるのであまり得意じゃない方もいそうな気はします。 ただ先発としてナイスな存在ではあります。 まだまだ続く、第7位! つ、詰まってる!? 鉄平選手! 楽天のヒットメーカーといえばまだまだこの方、鉄平さん。 登録名が名前だからヒットメーカーになるのか、ヒットメーカーだから名前が登録名になるのかは不思議ですが、登録名が名前の方はミート力が高い不思議。 毎度お馴染み、ミートが高い選手、弾道がパワヒやアーチストではない選手をどう置くかですが、やはり打線にするためには欠かせない選手であるといつも思います。 まだ新しい球団だけに貴重な存在感。 まだまだ欲しい、第8位! 今江くんそれ金属バットだよね? を聞こえない感じで前だけを見る今江選手。 下克上で日本一まで登りつめたチームの中で、抜群の存在感だったゴリさんこと今江選手。 ミートはもちろん、塁上での笑顔、そして右打ちなど、乗らせたら試合ごと持っていかれそうなヤバイ雰囲気を演出できる選手。 正直ここまでチームを乗らせる方は、現在にはあまりいない気がする。 とにかくチャンスに強い。 チームなら頼もしい。 相手なら嫌すぎる存在。 守備も上手いので、やはり貴重な選手。 後半戦だよ、第9位! 肩幅で球の出所を隠すつもりが、割と見えている与田投手。 ワイドな肩幅から繰り出される豪速球。 NHKキャスター時代はお静かな方だと勝手に思い込んでいましたが熱い闘志は本物。 チームを代表して審判の方に立ち向かう姿は恐ろしき気迫でした。 超豪速球をお持ちながら、球威78Bが若干の寂しさを感じてしまうのは正直なところではありますが、与田さんをゲットすれば中日で代打俺ならぬ、ピッチャー俺ができるドリーム。 速い球を投げるのに肩幅はどのくらい関係してるのだろう。 あと三人だよ、第10位! バレないように低めの小さなアイーンで、みんなの様子を伺う大和選手。 どこでも守れる方、大和選手。 このどこでも守れる素晴らしさゆえに、中々スタメン起用というよりは動かされがちな印象はありましたが、思い切った移籍で見事存在感を発揮されている今は社会人の鏡。 それにしても捕手以外を守れる素晴らしさはスゴイ。 どのようにして起用するかは、確かにゲームでも悩ましさはあるのです居てくれるだけでいい。 そんなラミレス監督のお気持ちが分かるきもします。 居てくれるだけでいい。 あと2人だよ、第11位! 横にこうやって、山のように手を広げてですね。 と説明の途中で投げようとする横山投手! 抑えの永川投手に繋ぐリリーフという印象の強い横山投手。 速いストレートに大きなカーブと、バランス良い変化球種もこみで安定感のある投手。 おそらく見た目の数値的なものよりも、かなり上のレベルで活躍してくれそうな投手であります。 TSではどこまで限界突破ができるか問題はありますが、限界突破をこなせれば貴重な中継ぎ間違いなし。 最後になりましたが、第12位! 振り返ったら自分のマスクを被っている仰木監督がいた、中嶋選手。 のスローカーブを素手でキャッチした男、中嶋選手。 個人的には日本ハムの印象が強くありますが、強かった懐かしのオリックスブルーウェーブ時代を支えた捕手です。 時は流れましたが、胸に刻まれています。 がんばろう神戸。 そして、捕手としては高めのミートパワー走力に加え、やはり見所は強肩っぷり。 92Sあります。 失礼ながら控え捕手として置いておいてもやはり素晴らしい。 まとめ 以上、TS第2弾の選手たちでした! 正直ランキングの上位はチーム状況にだいぶん左右されると思いますが、やはりサファテ投手の存在感は半端なし。 ご覧いただきありがとうございました!.

次の

【プロスピA】2020タイムスリップ(TS)第1〜6弾登場選手予想!

プロスピ ts第3弾 2020

2020 TS 第3弾が登場しました! シーズン始まりましたが、今回はTS第3弾がやってまいりました。 ここを逃したくないくらいの。 俺的ランキングいってみます!よろしくお願いします! 圧巻の第1位! 80年代の映画に出てくるBarでケンカするお客さん風、松井 稼頭央選手! 待ちに待った永遠のスターの登場です。 近年、巨人坂本選手の活躍が素晴らしく現役では遊撃手ほぼ一択感がありますが、それに待ったをかけるのが現役当時誰もが憧れたであろうリトル松井さん。 背番号7は松井稼頭央さんか宮城リョータ(スラムダンクの)という代名詞。 帽子から出た襟足は、憧れすらあります。 能力は言わずもがなトリプルスリーを達成した者のみぞでもあろう オールA。 スイッチヒッターも相まって誰もが欲しい存在感。 ( そして第2位! パオーンってさせられた人の爆笑に引いちゃう、金子千尋投手! 待ってましたとばかりの登場、オリックス時代の金子投手。 まさに変幻自在とはこの事かというくらいの、変化球たち。 第一球種だけに惑わされてはいけない、第二球種の厚み。 試合を見てても中々に打てなさそうな投手がたくさんいた時代に最多勝、沢村賞も獲得していた能力はさすがです。 いまだ現役なので限界突破も比較的しやすい所も好きです。 限界突破5までいければ 抑えもできる贅沢さ。 素晴らしき投手。 まだまだいきます、第3位! ランプに戻れなくなってNPBで開花した妖精、ラミレス選手! 選手として一流、監督も賛否ありますが成績としてはきっと一流。 DeNAの外国人選手の活躍っぷりを見ると、やはりラミちゃんは凄いのだと感動レベル。 ヒゲのラインが若さを感じます。 ミートとパワーは圧巻。 ただ守備はご存知目をつむりまくる必要があるので、DH枠空いてる方は特に良い存在感。 ジャイアンツ時代もすごかったですが、やはりヤクルト時代の少し尖った雰囲気もあるラミちゃんはカッコ良かった。 打力専門として打球の飛び方、打ちやすいフォームも魅力あります。 そして第4位! 安心してください付けてますよ、の位置にグローブを配置する若き佐々岡投手! ゲームでも対峙して初めてわかる打ちにくさ。 球種が少ないのに、なぜか打てない謎。 やはり現役時代、痩せてて超スマート。 それにしても佐々岡さんから、そして佐々岡さん監督時代にと、カープの背番号18は素晴らしき繋がれ方だと実感。 キレッキレのスライダーとDカーブ、そしてズバンっと決めるストレートと、使う方を選ぶ投手ではあると思いますが先発も抑えも、限界突破次第では中継ぎも可能な佐々岡投手。 無敵感あります。 まだまだ欲しい第5位! ゲームセンターでマジになる中学生的フェイス、内海哲也投手! 涙の印象も強い内海投手でありますが、それ以上に個人的にスクリューの印象も強い。 スクリューといえば山本昌投手アンド内海投手であります。 Dカーブの印象もありますが、やはりフォークがあるのが使用感抜群。 西武に移籍は衝撃でしたが、強かった時代の 今も強いですが エースといえばやはり内海投手。 使っててきっと面白いであろう投手枠。 ナイスです。 半分きました、第6位! 肝試しで驚かせてきた友人に本気でスイング小学生男子、内川選手! 横浜時代を忘れちゃうくらい生涯ホークス感のある内川選手。 横浜時代は特に安打製造機感が凄まじかったです。 なんせ称号までいければ ミートSも可能な ミート88A。 が パワー89Aで素晴らしきパワーですが、 ミート88Aの内川さんもこうなると世界の内さんであります。 弾道アーチスト・パワーヒッターを個人的にも欲してしまうのですが、ここまでのミート力があれば話は変わります。 アゴタッチしたい。 さて続きまして第7位! 鍛えすぎて固まった、糸井選手! 若き日の糸井選手。 と書きながら、30歳ということに若干の驚きもありますがまだまだピチピチの走力。 そしてミート。 マッチョマンながらパワーは 70Bで弾道はラインドライブではありますが、トリプルスリーも狙えるであろう期待感と宇宙感が毎年ありました。 現在は阪神で、ベテラン感も漂わせながらまだまだ自由に羽ばたかれていますが、ハム時代そしてオリックス時代の数値はやはり魅力あります。 限界突破のしやすさもあり、ナイスです。 続いて第8位! キャッチャーマスク取ったら、ほら甘いマスクやろ?の矢野選手! 矢野ガッツ前の矢野さん。 やはりイケメン。 現在はベンチで監督かつ盛り上げ役も担われている印象ですが、現役時代からアウトだと思ったのに!みたいなシーンの訴えは感情爆発でした。 チャンスに強いバッティングかつ捕手能力も安定的なものがありながら、やはり魅力溢れるのはアベレージヒッターでもあること。 圧倒的捕手の、、、現役のなど様々ですが、この方ももちろん魅力あります。 肩など若干物足りなさあるものの、35歳の年なので仕方なし! まだまだ熱い第9位! パウエルちゃうよ、ポォーェール!パウエル選手! で登場したパウエル選手ですが、コーチとなりTSで登場です。 叩き出した半端ない打率で圧巻のミート力を提げての登場です。 やはり他のミート型の選手と同様にミート重視かパワー重視、そして弾道もラインドライブという点が好みは別れますが、リーグ戦などアベレージヒッターが生み出す打線は魅力あります。 ミートの高さ+広角打法もあるので、使用感も良いです。 中日枠など必要な方には良い選択肢かと思います。 後半戦だ第10位! めっちゃ速いのにSASUKEでボタンを押し忘れて失格してそうな、本多選手! 現在、一塁上で耳打ちしているヒソヒソ話がとても興味深い本多選手。 あれだけ盗塁が上手かった選手の耳打ちは、投手の気持ちとしても嫌に違いなし。 何なら代わりに走っても行けそうなくらいのスマートさ。 ゲームでの使用感としては、足は速いもののやはり低弾道は気になる要素ではあります。 チームとして、きちんと繋いでいくメンツで揃える方には問題ないかと思うのですが、打力重視の方にとっては贅沢な盗塁要因枠でもありかなと思われます。 あと2人だ、第11位! 107連敗中のジャンケンの勝負師、大谷投手! 報徳学園の星こと大谷選手。 俳優森山未来さんと同級生という印象強しです。 現役時代は数値にも現れていますが、制球力の高さがズバッときてました。 球種も抱負。 そして何より、ロッテの背番号14は小宮山投手の印象も強いのですが、長年つけられた大谷投手の印象も強くなりました。 称号まで行ければ球威と制球共に Aも狙える貴重な投手! 最後になりましたが、第12位! 良いところを見せようとしてギックリ腰になる草野球の監督風、斎藤さんだzo! メジャー帰りの大ベテラン斎藤さんです。 やはりチームにベテランは必要だと思うほどの、安心かつ引き込まれる笑顔でした。 横浜からメジャー、そして故郷の楽天と見事すぎる第一の野球人生。 現在はヤクルトのコーチですが、やはり海を渡った方の経験値は素晴らしいものがあると思われます。 登場時の年齢は44歳なので球威などアレですが、ロマンあります。 それにしても凄いなぁ44歳。 まとめ 以上、TS第3弾の選手たちでした! やはり唯一無二感があるのは特に松井稼頭央選手!そして金子投手!欲しい!.

次の

【2020series】2020series開幕!TS第1弾×ランキングは史上稀に見る激戦に~4月のプロスピまとめ~

プロスピ ts第3弾 2020

プロスピAでは毎年、4月末から8月末にかけて、タイムスリップセレクション TS という特別な選手が登場します。 TS選手は、 NPBに所属している 監督・コーチ・選手が、 全盛期の能力で登場するため、とても能力の高い選手が多く登場します。 2016年に初登場し、2018年までは全5弾構成でしたが、昨年は初のTS6弾構成となりました。 よく混同されるTSとOBとの違いは、「NPBに所属しているかどうか」です。 TS対象外のレジェンド選手がOBという扱いで例年series2で登場します。 今回の記事では全12球団の過去のTS登場選手と、今年新たに登場しそうな選手を能力予想と併せて表にまとめました。 これまで3年連続で登場していた松坂大輔投手は大方の予想に反して登場しませんでした。 そして、同じショートでポジションがかぶるため松井稼頭央選手と中島裕之選手はやはり、同じseriesでは登場せず。 同一のseriesでポジションがかぶる特別レアリティ選手が排出されないこの傾向は今後も続くと思います。 現時点では3,4年連続で登場している選手はいません。 また、高須洋介選手が4年連続で登場していましたが、今年はNPB所属を外れたため5年連続の登場の可能性は無くなりました。 特に、第2弾のデスパイネ選手の登場は多くのプロスピAユーザーの意表を突く登場でした。 TS6人の内訳は投手2,野手4でした。 今年の注目ポイントは能力の高い小笠原道大選手が日本ハムで出るのか、巨人で出るのかだと思います。 現時点で3年連続で登場している選手はいません。 今年は個人的には田口壮選手が3年ぶりに登場するのではないか、と期待していますが果たしてどうなるでしょうか。 また、能力の高い阿部慎之助選手が3年連続で登場していて、今年も登場すればかなり盛り上がると思います。 そのことから、今年は新規登場選手が増えるのではないか、と予想しています。 今年は新規の選手は投手が中心になるのではないかと予想しています。 ミートパワーA、称号によって同値も可能で、守備適性AということでTSの中でもトップクラスの能力なので今年もぜひ登場してほしいところです。 今年の注目は今年から2軍監督として現場復帰する池山隆寛選手が登場するかどうかではないでしょうか。 新規登場選手候補&予想能力.

次の