ご多忙。 筋肉 は何日で落ちるか?|多忙でも筋肉を維持するテクニック

なぜ、先生はこんなにも忙しいのか? ~多忙の内訳を見ると分かること~(妹尾昌俊)

ご多忙

「なぜ、学校の先生たちはこんなにも忙しいのですか?」 先日、あるテレビ局から聞かれた。 この手の取材は多数いただくのだが、端的に答えるのはとても難しい。 世の中は、それほど単純ではない。 多くの教師が過労死ラインを超えて働き、実際、過労死や過労自殺まで起きていることは、かなり知られるようになってきた。 先日も、あるテレビ番組で大きく取り上げられたようだ(下記のリンク先に関連記事)。 医師は、患者の症状をみて、病気の原因を探っていく。 学校の問題も、原因、真因をしっかり捉えないと、変なところにメスを入れられては、困る。 ここでは参考となる2種類のデータを紹介しながら、解説したい。 より詳しくはそちらをご参照ください。 ひとつは、1950~60年代ならびに2000年代後半以降(2006年~2012年)に国や都道府県、教職員組合が公立小中学校教諭を対象に実施した14の労働時間調査を分析した神林寿幸氏の研究成果である。 公立学校教員の残業代を出さない給特法ができたのが1971年だから、その前提となった時代背景と、今日の約10年前の実態を比較するうえでも、参考になる。 そこでは週の労働時間を4つに分類している。 (1)教育活動時間、(2)授業準備・成績処理時間、(3)庶務時間(事務処理、会議、研修、校務分掌等)、(4)外部対応時間(保護者や地域、業者との対応等)。 統計分析して判明した要点は次のとおりである。 1 には正規の教育課程上の時間(特別活動や道徳を含む)と課外活動があるが、前者に大きな差はないので、後者の増加が影響していると推測される。 ここでいう課外活動には、放課後の補習や部活動指導、給食、清掃指導、教育相談、進路相談などが含まれる。 中学校教諭については2000年代後半以降のほうが短い。 中学校教諭では2000年代後半のほうが短い。 写真素材:photo AC 事務負担や保護者対応は、多忙の真因とは言い難い 神林さんの研究からわかるのは、一般的な認識と少し異なるかもしれないが、 事務的な作業や保護者対応などで教師は忙しくなっているとは言えない、ということだ。 むしろ、中学校では、庶務時間は減っているくらいだ。 ただし、この研究には限界もある。 あくまでも平均的にはこういう傾向がある、という結果に過ぎない。 調査の時期や学校、教員の状況によっては、当然、事務作業がかなり立て込む場合もあるし、保護者とのトラブル等で長時間拘束される場合もある。 だから、事務負担や保護者対応に問題がない、としてはいけない。 とはいえ、傾向として、多忙化の要因の大きなところは、課外活動(部活動や給食、掃除、生徒指導などの授業以外)の時間拘束である、と捉えておくことは大事だと思う。 直近のデータでも明らかな、多忙の真因 もうひとつは、文部科学省「教員勤務実態調査」(2016年実施)である。 これは対象者数が多く(小・中学校それぞれで1万人近い教員が協力)、また30分刻みで業務内容を細かく記録した貴重なデータだ。 下の図表では、過労死ラインを超える水準で働いている小中学校教師の1日(週60時間以上働く人の平均像)を、そうでない人の1日(週60時間未満の人の平均像)と比較している。 まずは中学校教員についてのデータ。 黄色で色付けしたのは、1日のうち一定の比重を占めるものであり、かつ過労死ラインを超えている人と超えていない人の間で比較的差が付いているものである。 授業準備、成績処理(通知表などの作業に加えて、採点、提出物の確認や添削等を含む)、学校行事、部活動などがこれに該当する。 なお、この表の分析は平日についてだが、土日については、部活動がもっと重くなる。 過労死ラインを超えている先生は、これらの業務をより丁寧ないし長くやっているということだ。 また、週60時間以上か否かでそれほどの差はないが、 どの教師にもほぼ共通して1日の時間の比重の重い業務として、給食、掃除、昼休みの見守り等の時間や朝の業務(朝の会や読書活動等)、会議などがある。 これは青色でマークした。 これらについても、大きな時間を割いているわけだから、考えていかねばならない。 先ほどの図は中学校についてだが、小学校も上記の傾向はほとんど同じだ(次の図)。 部活動はない小学校が多い(一部の学校、地域にはあるが)ので、部活動の影響はほとんど見られない。 だが、多くの小学校の先生には実感いただけると思うが、丸付けなどの採点や授業準備、運動会などの行事関連には多大な時間がかかっている。 これはデータ上でも確認されている。 前述の神林さんの研究は2016年のデータについては含まれていないが、2016年のデータを確認しても、事務的な仕事や保護者との関係は、あまり大きな比重を占めていないし、過労死ラインの人かどうかで大きな差もついていない。 ここでも、平均的にはというデータである点には留意する必要があるが、 学校の先生たちを忙しくさせているのは、膨大な事務作業やクレーマーではなく、授業準備や給食、掃除、学校行事、部活動などで一生懸命子どもたちに向き合っているからだ、とデータは語る。 ぼくは全国各地で学校の働き方改革について研修、講演をしているが、必ずお話ししているのが、こういうデータを参照しながら、 「多忙の内訳を見よ」ということである。 たとえば、「このところ、家計のやりくりがちょっと厳しいな」という場合は、何に出費が大きいかを見ることが必要だ(家賃や外食費が高いとか)だが、それと同じ理屈で、当たり前の話。 上記は全国で集計した平均的なデータだが、各学校や先生たちご自身で、どこか1日でも1週間でも、多忙の内訳、要因のデータをとって観察してみると、振り返る材料になるだろう。 また、政策や各学校の今後の働き方改革の動きとしても、真因に沿った対策をねらないと、メスのいれどころを誤ることになる。 具体的には、先ほど、黄色や青色でマーカーしたところなどをどうしていくかを探っていきたい。 文科省や教育委員会は、学校の多忙を改善して、先生が「子どもと向き合う時間」を確保しようと、これまで呼びかけてきた。 しかし、現実には、部活動や採点・添削、授業準備、生徒指導などで、「子どもと向き合ってきた」結果、多忙になり、かつ長時間労働が解消されにくくなっているのである。 まずはこの事実を、教職員はもちろんのこと、保護者、地域社会等も含めて、冷静に再確認することが、学校の働き方改革の出発点であるはずだ。

次の

筋肉 は何日で落ちるか?|多忙でも筋肉を維持するテクニック

ご多忙

Contents• そのため、派遣薬剤師になる理由は、高時給・短期間で一気にお金を貯めたいから!と考える方が多いかと思います。 しかし時給のいい薬局の理由として、僻地や多忙な薬局であり、あまり人が定住しない=働きづらい、ということが挙げられます。 私が実際に体験した、高時給で僻地・多忙な薬局の特徴の具体例を4つ挙げていきます。 僻地に薬局があり、通勤時間が長い 派遣薬剤師は大手に所属していると大体家具家電付きの住居がつきます。 しかし、そのような住居は僻地にはあまりありません。 したがって、住居と薬局が遠く、通勤時間が長くなる可能性があります。 私が体験した中では、 ・時給4500円:車で片道1時間程度 ・時給2800円:車で片道1時間程度(無料高速道路使用) がありました。 ガソリン代など交通費は出るのですが、夜遅くまで忙しい店舗で働いた後の帰りの1時間が私は結構しんどかったので、他の条件と照らし合わせてメリット・デメリット踏まえて考えてください。 私は時給4500円の薬局では、時給がいいから!と頑張ったのですが、人間関係があまり良くない職場だったこともあり、結局体調を崩しました。 自分の中で働く期限を決めたり、最低条件を決めておくといいかと思います。 僻地に薬局・住居があり、田舎なので周りに何もない 高時給の案件は、田舎にあることが多いです。 なぜなら田舎は人が少なく、薬剤師の数はもっと少ないので派遣薬剤師に来て欲しいと思う薬局が多いためだと思います。 田舎は空気が綺麗・のんびり暮らせる・患者さんと仲良くなりやすいなどいい部分ももちろんありますが、あえてデメリットをあげると ・虫が多い ・独自の文化がある ・人が少ないので必然的に多忙になる ・同じマンションで知らない人達と田舎に住むので不安感が募る(女性だけかも) などがあります。 私が前住んだマンションは外観は綺麗だったのですが、虫が多く、大きいクモやゴキが出てかなり落ち込みました・・(笑) 虫が苦手な方は冬の募集に応募するなど対策をしたり、SECOMがついているマンションを選んだり、田舎暮らしの経験がない方は、その土地に慣れれるかどうかも大事かと思います。 また、地方ならではの文化や決まりがあります。 例えば沖縄だったら、家で取れた野菜を配ってくれたり、人と人との関わり合いが深い文化があったり、北海道では田舎の道路は広くて見通しがいいわりに制限速度が40(おそらく冬に雪が降るため)など、その土地に行かないと分からない違いがあります。 ひとつひとつ慣れるのは大変かもしれませんが、文化の違いを楽しみながら過ごして行って欲しいと思います。 処方箋枚数が多い 高時給の案件では、処方箋枚数が多く、忙殺される日々になる可能性があります。 なぜなら人がおらず薬局を回すため高時給でもいいから派遣薬剤師を雇う、という場合が多いからです。 パートさんだと午前中だけだったり、夜まで働けない方が多いため、正社員が足りない場合は夜の時間帯を派遣薬剤師が手伝い、毎日家に寝るためだけの日々になる可能性もあります。 事前に派遣会社に何時上がり希望か伝えておくか、短期間だけと割り切って働くなど自分のライフスタイルに合わせることをおすすめします。 職場の人間関係が悪い これは私は実際体験したことはなく、聞いた話ですが、人間関係が悪いので外部の派遣薬剤師を募集しているのでは?と感じる薬局もあるようです。 理由としては、人間関係が悪いと仕事が回らなくなったり、ストレスで正社員の方が辞めてしまって人が足りなくなるケースが多いからでは、と考えます。 薬局は狭い世界でほぼ毎日同じ人と関わるので、相性が悪い上司や後輩がいるとストレスも溜まりやすくなると思います。 対策としては ・短期間だから、とその環境を受け入れる ・少人数だと相性が合わない人ばかりの場合辛いので、あらかじめ派遣会社に常在している薬剤師が何人いるか確認して決める などがあります。 長期で働けない 派遣薬剤師で働く期間は3年まで、とされており、それ以上だと正社員になる場合が多いです。 なので、もし派遣薬剤師として働きたいと考える場合は長期で働くことは困難で、大体数ヶ月単位で移動することになります。 デメリットとしては ・患者さんとの関係が構築しづらい ・土地に慣れてもすぐに移動することになる ・キャリアアップには繋がらない などがあります。 服薬指導では患者さんとの信頼構築が重要になりますし、時間をかけて築き上げている薬剤師さんが多いかと思います。 しかし、派遣薬剤師は短期間であるため信頼構築しづらく、仲良くなっても更新期間が終われば違う薬局に行かなければいけないため、働きにくい環境になってしまうと思います。 また、今まで小児科で働いたことがない人・面処方の薬局で働いたことがない人などは、いきなりそのような薬局に行くと慣れるまで時間がかかってしまいます。 対策としては、 ・派遣会社に確認して、自分が今まで経験してきた科が門前の薬局を選ぶ ・短期間になるかもしれないが、色々な科を経験できるいい機会と考え、処方枚数が少なめの薬局を選んで日々の自己研磨を続けて一人一人の患者さんに丁寧に対応する などが考えられます。 派遣薬剤師として働く場合は、このデメリットも踏まえて薬局を選んでくれれば、と思います。 職場確定は大体1ヶ月前 派遣会社に登録して、職場の確定連絡がくるのは大体1ヶ月前です。 なぜなら、派遣薬剤師を募集していても、長期で働く正社員が入ればそっちの方が欲しいため、もし正社員が入った場合は派遣薬剤師は契約不締結となります。 例えば私も1度不締結になり、急遽近くの他の薬局に変わることになった場合があります。 そのような場合引越しが大変なので、最低限の荷物で過ごせる準備をしておいたほうが気が楽かなと思います。 ボーナスがなく、時給制 派遣薬剤師はボーナスがありません。 そのため、時給換算で月々のお給料をいただくことになります。 ということは、働けなくなれば必然的にお給料は減るので、病気や怪我をした場合お給料はぐんと下がります。 大手の派遣会社であれば、半年働けば有給がもらえるため、やはり大手の派遣会社を選ぶことが大事かと思います。 派遣嫌いの社員さんがいる これは聞いた話で、私はまだ体験してはいないのですが、派遣薬剤師を嫌っている正社員の方もいるそうです。 理由としては、 ・時給が高い ・短期間しかいない ・派遣に色々やってもらうつもりが知識が足りなかった ・時給制で残業代がかかるので残業できないが、定時で帰るのが気に入らない などが考えられます。 このような職場環境だととても働きづらいかと思います。 不安な方は、派遣薬剤師を今までも引き受けている薬局であれば、薬局によっては派遣薬剤師用のマニュアルを用意してくれていたりもするので、派遣薬剤師がその薬局で働くのは初めてなのかをあらかじめ派遣会社に確認しておくと1つの対策になるかもしれません。 まとめ 上記に挙げた様々なデメリットは、すべての薬局に当てはまるわけではありませんが、もしかしたら可能性がある、と事前に考慮・対策をしておく心算はしておいていいかと思います。 派遣薬剤師は勉強になりますが、キャリアアップは見込めないため、自分のライフスタイルとメリット・デメリットを比べて判断してみてください。 今後、単価の高い派遣薬剤師の需要はどんどん減っていきますし、派遣薬剤師はもう受け入れないと決定している薬局・大ラッグストアもあります。 田舎は住居付きが多いですが、都会はつかないし募集も減っています。 派遣薬剤師になる前に、自分がどう働いていきたいかしっかり考えてみることが大切です。 私は迷って派遣会社に電話相談しましたが、無料で丁寧に相談に乗ってもらうことで、不安な部分を払拭してもらい自分に合った職場を紹介してもらうことができました。 自分に合った働き方だと感じれば、一度電話相談してみてもいいかと思います!.

次の

【体験談】派遣薬剤師の5つのデメリット【僻地・多忙など】

ご多忙

俳優のが、女優・主演の映画「哀愁しんでれら」(渡部亮平監督、2021年早春公開)に出演する。 一部スポーツ紙によると、同映画は渡部監督のオリジナル脚本によるサスペンス。 一夜にして家も家族も恋人を失い、人生をあきらめかけた小春(土屋)が、シングルファザーの開業医と出会って結婚。 シンデレラのように幸せな新婚生活を送るが、やがて前代未聞の凶悪事件を起こしてしまうというストーリーだという。 田中が演じるのは、死別した前妻との間の8歳の娘を育てる開業医の大悟。 土屋は、難役のオファーを3度も断ったが、4度目のオファーの際に、相手役が田中であることを知り、3度目となる田中との共演を快諾したという。 土屋があまりオファーを断ったという話は聞いたことがないだけに、よほどの難役。 一度乗った波はなかなか収まることがなく、続々とオファーが殺到。 当初、4月24日から放送予定だったテレビ東京系の主演ドラマ「らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜」はいまだに放送開始日が未定。 また、主要キャストの1人のフジテレビ系ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」はようやく16日にスタート。 しばらくドラマ2本のみならず、映画の撮影現場も掛け持ちする多忙な日々が続きそうだ。 — 映画『哀愁しんでれら』公式 aishucinderella.

次の