バーミキュラ ビレッジ。 大興奮! 名古屋「バーミキュラ ビレッジ」の限定グッズが可愛すぎ♡

バーミキュラビレッジのレストランは予約できる?営業日と営業時間を調べてみた

バーミキュラ ビレッジ

「名古屋駅」より車で約5分 | 中川運河沿いに「最高のバーミキュラ体験」をテーマにした体験型複合施設「バーミキュラ ビレッジ(VERMICULAR VILLAGE)」がオープン。 「バーミキュラ ビレッジ」の見どころをたっぷりご紹介します! 名古屋の新名所「バーミキュラ ビレッジ」を徹底レポート! 「バーミキュラ」って? 〈バーミキュラ〉は累計受注台数44万台を突破する人気製品に。 〈バーミキュラ ライスポット〉も累計受注台数13万台を突破(ともに2019年9月末時点) 名古屋の鋳物ホーロー鍋の中でも密閉性が高く、食材の栄養を逃さない「無水調理」によって、誰でも簡単に素材本来のおいしさを引き出した料理が楽しめると人気の〈バーミキュラ(VERMICULAR)〉。 今や、世界的ブランドにまで成長したバーミキュラを手がけるのは、実は日本の、しかも名古屋に本社を置く企業だとご存知でしょうか? 1936年に中川運河沿いに創業した老舗メーカーの「愛知ドビー」では、それまでつちかった「鋳造」と「精密加工」の高い技術を生かして、職人の手仕事により、2010年に鋳物ホーロー鍋のバーミキュラを、2016年にライスポットを世に送り出してきました。 累計受注台数44万台を誇る、この鋳物ホーロー鍋に加えて、温度設定機能により、炊飯だけでなく低温調理や発酵料理なども手軽に家庭で楽しめる〈バーミキュラ ライスポット〉も、あこがれの調理家電として注目を集めています。 レストランやベーカリーカフェも備えた、注目の新スポット「バーミキュラ ビレッジ」へ! ささしまライブ24から名古屋港までをつなぐ中川運河の中でも、名古屋駅から南東に車で約5分と、都心部にほど近いエリアに、「バーミキュラ ビレッジ」は誕生しました。 周囲は、名古屋市が策定する「中川運河にぎわいゾーン にぎわい創生プロジェクト」の対象エリアであり、散策路などの整備が計画されるなど、再生計画が進められています。 バーミキュラ料理が堪能できる「ダインエリア」と、使って試せる「スタジオエリア」 そんな中川運河を目の前に望む絶好のロケーションに登場したバーミキュラ ビレッジは、レストランやベーカリーカフェからなる「ダインエリア(DINE AREA)」と、フラッグシップショップや料理教室などを備え、バーミキュラを購入する前に、実際に使い勝手を試すことができる「スタジオエリア(STUDIO AREA)」の2つのエリアからなっています。 ダインエリア(DINE AREA) まずは「ダインエリア」をご紹介! ダインエリアの一番の魅力は、レストランのモーニングから、ランチ、ディナー、ベーカリーのパンにいたるまで、すべての料理にバーミキュラが生かされていること。 バーミキュラを使い、素材の持ち味を引き出した料理のおいしさと可能性を、実際に味わって確かめることができます。 金沢の出版社、東京の雑誌『自休自足』(現『TURNS』)の編集部を経て、2009年に独立。 2016年秋から、地元・愛知へUターン。 月刊『KELLy』では、おでかけ記事を担当し、年間200軒以上のショップや飲食店を取材!著書に、『ふだんの金沢に出会う旅へ』『レトロカーと。 』(ともに主婦の友社)など。 金沢の出版社、東京の雑誌『自休自足』(現『TURNS』)の編集部を経て、2009年に独立。 2016年秋から、地元・愛知へUターン。 月刊『KELLy』では、おでかけ記事を担当し、年間200軒以上のショップや飲食店を取材!著書に、『ふだんの金沢に出会う旅へ』『レトロカーと。 』(ともに主婦の友社)など。

次の

【バーミキュラビレッジ】レストランの予約方法・メニュー・混雑状況。オープン初日のランチの感想も♪

バーミキュラ ビレッジ

飲食業態の「DINE AREA ダインエリア 」と物販・体験業態の「STUDIO AREA スタジオエリア 」の二つのエリアで構成され、レストラン・ベーカリーカフェ・フラッグシップショップなどを集約し、バーミキュラ創業の地であるこの場所でしか味わえない「最高のバーミキュラ体験」を提供いたします。 DINE AREA ダインエリア バーミキュラの食の世界観を体験できるダインエリア。 バーミキュラ ビレッジの南側に位置し、レストランとベーカリーカフェの二つの建物がお客様をお迎えします。 多くの料理はバーミキュラのままサーブされ、ブランドの世界観を満喫することができます。 テイクアウトはもちろん、テラス席で中川運河の雰囲気を楽しみながら召し上がっていただけます。 世界のトップシェフがここでしか味わえない特別な料理でおもてなしします。 イベント開催時のみオープン予定 STUDIO AREA スタジオエリア ワークショップや料理教室を通して、バーミキュラを深く知ることができるスタジオエリア。 「知る・購入する・使い方を学ぶ・メンテナンスする」というユーザーにとっての全ての機能を持っています。 さらに、新たなクリエイティブを生み出すアトリエを持つ、バーミキュラブランドの発信拠点です。 また、世界のトップシェフによる特別な料理教室や親子料理教室も開催します。 コンシェルジュが実演を交えながらお客様のご質問・リクエストにお応えすることはもちろん、バーミキュラを実際にお試しいただける体験型のショップです。 本と一緒にコーヒーと焼き菓子などをお楽しみいただけます。 また、世界のトップシェフのリクエストに応え、専用バーミキュラを開発する工房でもあります。 他にも、バーミキュラブランドの製品・レシピ開発を行うクリエイティブ拠点『アトリエ』や、新レシピの写真や動画を撮影し、メディアを通じて発信している『スタジオ』などスタッフ専用のフロアも展開いたします。 愛知県の老舗メーカーの開発した鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」 バーミキュラは、1936年創業の老舗町工場から「世界一、素材本来の味を引き出す鍋」を目指して生まれた鋳物ホーロー鍋。 職人の手により極限まで高められた鍋の密閉性が「無水調理」を実現し、誰でも簡単に素材本来の味を活かした料理が楽しめます。 今でこそ大ヒットとなっているバーミキュラですが、完成するまでに作った試作品は1万個以上、3年近くの月日を費やしたといいます。 そもそも鋳物ホーロー鍋自体が、海外メーカーでも数社しか製造できるところがないような難易度の高い製品。 これまでにないレベルの密閉性を実現するのは困難を極めたそうです。 しかし試行錯誤の末、2010年ついに「世界一、素材本来の味を引き出す鍋」であるバーミキュラが誕生。 無水調理のおいしさがクチコミで広がり、最大15か月待ちとなるほどの大ヒット商品となりました。 さらに2016年には、炊飯のために進化した鋳物ホーロー鍋と、火加減調節を自動化する理想的な熱源の組合せによって、鍋炊きご飯の美味しさを手軽に楽しめる炊飯器「バーミキュラ ライスポット」が発売。 発売前からメディアにも多数取り上げられ、こちらも累計受注台数13万台を突破 19年9月末時点 するヒット商品となっています。 念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。 関連サイト link• アクセス方法 access•

次の

VERMICULAR VILLAGE(バーミキュラ ビレッジ)がオープン!|中川運河|ライフデザインズ

バーミキュラ ビレッジ

素材本来の味を引き出す鍋として大ヒット中の鋳物ホーロー鍋「VERMICULAR(バーミキュラ)」。 テレビ番組や雑誌など、多くのメディアでも取り上げられており、一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか? 日本の職人の手によって丁寧に作られた「バーミキュラ オーブンポットラウンド」 の鍋は、高い気密性で「無水調理」ができるのが特徴です。 また、鍋炊きご飯の美味しさを手軽に楽しめる炊飯器「バーミキュラ ライスポット」も大人気で、一時は、入荷が数ヶ月待ちになるほどでした。 そんなメイドインジャパンの人気ブランドバーミキュラが、12月3日「バーミキュラ ビレッジ」を名古屋にオープン! 食べて、見て、触れて、全身でバーミキュラを体感できる施設の様子を、お届けします。 バーミキュラ ビレッジは「最高のバーミキュラ体験を。 」をテーマに、食事を楽しむ「DINE AREA(ダインエリア)」と、バーミキュラの世界観、ものづくりを体感できる「STUDIO AREA(スタジオエリア)」の2つの施設からなるスポット。 まずは、ダインエリアからご紹介します。 DINE AREA:バーミキュラ料理の美味しさを実感! レストランとベーカリーカフェのあるダインエリア 中川運河の景色を楽しみながら、料理を味わう 「バーミキュラ レストラン ザ ファウンダリー」 ダインエリアのメインである、「バーミキュラ レストラン ザ ファウンダリー」は、素材本来の味を活かした本格的なバーミキュラ料理が味わえるレストラン。 多くの料理が、バーミキュラの鍋に入った状態でそのままサーブされ、バーミキュラの世界観を満喫することができます。 大きめに切られた野菜は、シンプルな味付けだけで十分に美味しい!その理由は、バーミキュラならではの無水調理によって、素材本来の美味しさが引き出されるから。 素材の水分だけで調理をする無水調理は、旨味だけでなく食感、香りも野菜の中にぎゅっと凝縮。 それぞれの野菜がもつ複雑な味わいを五感で楽しむことができます。 また、ランチの「豚すね肉とカリフラワーのスパイスカレー」は、オリジナルスパイスで作った本格派!バーミキュラで5時間も煮込んでいるという豚すね肉はスプーンを入れるとほろっと崩れ、まさにとろける美味しさ。 本格カレーとはいえ辛さが控えめなのも嬉しいところ。 ぜひ味わっていただきたいひと品です。 ランチには、すべてバーミキュラで調理したご飯が付くので、ツヤツヤ炊きたてご飯も楽しめます。 中川運河を眺めながら食事ができる、テラス席も! モーニングはもちろん、夕日を眺めながらのんびり食事も素敵です。 バーミキュラで焼き上げた、しっとりとしたパンは絶品! 「バーミキュラ ポットメイドベーカリー」 バーミキュラ ポットメイドベーカリーは、すべてのパンをバーミキュラで焼き上げるベーカリーカフェ。 一つひとつバーミキュラで焼いたパンは、外はパリパリ、中はもっちり、しっとり。 バーミキュラでコトコト煮込んだ無水カレーを包み込んだ「無水カレーパン」など10種類以上が並びます。 ベーカリー用に開発された、専用の四角いバーミキュラにも注目! しっかり弾力のある「バーミキュラの食パン」と、バーミキュラで3時間かけて作った自家製餡をふんだんに練りこんだ「バーミキュラのあん食パン」もおすすめです。 STUDIO AREA:スタジオエリアで、バーミキュラを深く知る スタジオエリアは、「知る・購入する・使い方を学ぶ・メンテナンスする」というバーミキュラのことを深く知ることができる施設。 バーミキュラをすでに持っている方、購入を検討中…という方はもちろん、本やキッチン雑貨の販売もしているので、フラっと立ち寄っても楽しめます。 ここでしか買えない!ビレッジ限定バーミキュラが並ぶ「バーミキュラ フラッグシップショップ」 バーミキュラ フラッグシップショップは、日本で唯一、購入前に味や使い勝手を試すことができる体験型のショップ。 バーミキュラの全ラインナップを手にとって見ることができる他、ここでしか購入できない11種類のバーミキュラも販売しています。 ベーカリー用に開発された、10cmのオーブンポットラウンドや、食パン型、バーミキュラ初のオーバル型など、レアな限定品も! バーミキュラ製品の他にも、セレクトされた世界各国のキッチンウェアなども購入可能。 特に注目なのは、美濃焼のうつわブランド、「SAKUZAN」とバーミキュラのコラボレーション製品!バーミキュラ ビレッジのために開発された、SAKUZANのプレート・ごはん茶碗などを、限定発売しています。 レストランで実際にうつわを使ってみてから、ショップでそのまま商品を購入できるのも嬉しいですね。 スタジオエリアには、他にもキッチンスタジオや、クックブックライブラリー、ラボラトリーなども併設。 キッチンスタジオでは、専用シェフによる料理教室を定期開催。 世界のトップシェフによる特別な料理教室や、子ども向けの料理教室などが2020年1月以降に開催予定です。 約3,000冊の本が揃う「クックブックライブラリー」 クックブックライブラリーは、世界中の「食」に関する本を約3,000冊を取り揃えていて、購入も可能。 併設のコーヒースタンドもあるので、コーヒーを飲みながら、ゆっくり読書を楽しめます。 ラボラトリーは、トップシェフのためにオリジナルのバーミキュラを開発する工房。 定期的に、バーミキュラの職人の製造実演を間近で見れるイベントも開催されます。 溶鉄を鋳型へ注ぎ込む作業などを目の前で見学できます。 思ったより手作業で、職人が一つひとつ作り上げている一端が垣間見える、貴重な実演です。 溶鉄の温度が下がってしまうと、鍋に穴が開いてしまうため、まさに秒単位で注ぎ込みを調整しているそう。 丁寧に作られている過程を見ると、製品への愛着が増して、すでに持っている方、これから買う方も、バーミキュラがさらに愛おしくなるのではないでしょうか。 2020年1月以降に、製造実演とものづくり体験のワークショップも順次開催予定だそうです。 写真のような、手のひらサイズのミニバーミキュラが作れるワークショップも開催されるかも!? お子さんもきっと大喜びです。 他にも、スタジオエリアのカスタマーサポートセンターには、バーミキュラの使い方のプロである「バーミキュラ コンシェルジュ」が常駐し、使い方やレシピについて直接相談ができます。 食べて、見て、触れて…五感を使ってバーミキュラのすべてを体感できるバーミキュラ ビレッジ。 バーミキュラを作り上げる職人の手仕事を見て感動し、バーミキュラで調理された旨味たっぷりのご飯を食べて、ショップでバーミキュラを手にとってみて…とまさにバーミキュラづくし! 素材の味を引き出した、美味しいバーミキュラ料理を食べたら、お家でも試したくなるはず。 バーミキュラの購入を考えていなかった人でも、この施設を見て回ったら、思わず買って帰ろうかな…と思ってしまうくらい魅力が満載です。 バーミキュラビレッジ HP.

次の