イソジン 消毒。 猫の怪我の消毒はどうすれば良い?応急処置ならイソジンでも良い?

イソジン液10%の添付文書

イソジン 消毒

アトピーにイソジンって効果あるの?ないの?問題。 ネットで検索して「アトピーにイソジンがいい!」という情報を目にしたことありませんか? 私も結構前にこの情報を知って 「ほんとに!?てかイソジンってうがい薬じゃないのかい?」と当時めちゃめちゃ疑っていたんですね。 (注:イソジンにはうがい薬とは別に消毒液もあります) だから、イソジンを使う予定はなかったんです。 それに実践者の中には「アトピーにイソジンを使って効果があった」ものもあれば「効果がなかった」もあってよくわからなかったから^^; でもですね、当時通っていた皮膚科でなんと!!!!イソジン消毒液が処方されたんです。 それで実際に使うことになったのでそのときの体験談をお話ししたいと思います。 アトピーの患部にイソジンって・・ アトピーの患部にイソジンを塗るのは「効果がある」という一方で「アトピーにイソジンは良くない!」という反対派の意見もたくさんあっで もうなにがなんだか・・・頭がパッパラパーン!!!!!!!! 「消毒液なんだからさすがに悪化はしないだろうけど、いや待てよ?患部には刺激的すぎるんじゃ・・?」 「常在菌まで殺菌してしまうことにならない・・?」 買おうかとも思いましたが結局合わなくて無駄になるのも嫌だしな〜と。 迷っていました。 で、指示通りお風呂で使ってみたんですね。 使い方はシャワーなど浴びて濡れているときに直接消毒液をかけて(私の場合ひじ裏)数秒だけ放置、そしてすぐに洗い流すというもの。 イソジンを使ったらなんと、患部の赤みが 一瞬引いたんです。 「ん・・?なんでだろう」 次の日も同じようにやってみたら赤みが引いたんですよね。 これはイソジンがそうさせたのか?それともお湯の温度も関係している・・・・? 確信がもてないのが辛いのですが、そのとき赤みが引いた感じはしたんです。 なんだろう。 なにも断言はできない。 お湯の温度の関係? 滲みたりはしませんでした。 症状がおさまったわけではなかった イソジン消毒液を使ってみて、そんな嬉しい?変化が起こったわけですが 結果、症状が引いたわけではありませんでした。 私の場合、悪化はしませんでしたが症状が治った実感もありませんでした。 うーん。 でもきっと改善される人もいるから処方されたんだろうけど。 赤みが減ったのは一体なんだろう・・・一種のプラシーボ効果? これは最後まで疑問が残った変化でしたね^^; まとめ イソジン消毒液を使って私は悪化はしなかったけれども改善もしませんでした。 この経験から思うことは、個人的には「興味があるなら、試しにやってみるのもありかな?」ってことです。 確信がもてないから安易に「やりなよやりなよ!」とは絶対に言えませんが、ものが消毒液なんで体に害ではないと思うので。 家に「そういえばアトピーで消毒用のイソジンがあったわ・・!」なんて場合はてっとり早いですけどね。

次の

イソジン®について

イソジン 消毒

大量かつ長時間の接触によって接触皮膚炎、皮膚変色があらわれることがあるので、溶液の状態で長時間皮膚と接触させないこと。 (本剤が手術時に体の下にたまった状態や、ガーゼ・シーツ等にしみ込み湿った状態で、長時間皮膚と接触しないよう消毒後は拭き取るか乾燥させるなど注意すること。 ) 眼に入らないように注意すること。 入った場合には、水でよく洗い流すこと。 深い創傷に使用する場合の希釈液としては生理食塩液か注射用水を用い、水道水や精製水を用いないこと。 石けん類は本剤の殺菌作用を弱めるので、石けん分を洗い落としてから使用すること。 電気的な絶縁性をもっているので、電気メスを使用する場合には、本剤が対極板と皮膚の間に入らないよう注意すること。 その他の注意 イソジン液が細菌等を殺菌するのに要する最小時間は次のとおりであった。 被験菌 殺菌時間 Staphylococcus aureus ATCC 6538P 60秒以内 Staphylococcus aureus R-No. 26 30秒以内 Staphylococcus epidermidis ATCC 12228 30秒以内 Streptococcus pyogenes 30秒以内 Corynebacterium diphtheriae 30秒以内 Escherichia coli NIHJ 30秒以内 Salmonella paratyphi A 30秒以内 Salmonella paratyphi B 30秒以内 Shigella sonnei 30秒以内 Proteus vulgaris OX-19 30秒以内 Pseudomonas aeruginosa IAM 1007 30秒以内 Candida albicans 30秒以内 イソジン液の臨床分離株に対する効果は次のとおりであった。 被験菌 株数 イソジン液の希釈倍率(PVP-I濃度) 作用時間 減菌率 Staphylococcus aureus(MSSA) 20 20倍(0. 5%) 30秒 99. 99%以上 Staphylococcus aureus(MRSA) 20 20倍(0. 5%) 30秒 99. 99%以上 Escherichia coli 10 20倍(0. 5%) 30秒 99. 99%以上 Pseudomonas aeruginosa 20 20倍(0. 5%) 30秒 99. 99%以上 Serratia marcescens 20 20倍(0. 5%) 30秒 99. 99%以上 Burkhorderia cepacia 10 20倍(0. 5%) 30秒 99. 99%以上 Klebsiella pneumoniae 10 20倍(0. 5%) 30秒 99. 99%以上 Mycobacterium avium 2 100倍(0. 1%) 30秒 99. 9%以上 Mycobacterium kansasii 3 100倍(0. 1%) 30秒 99. 9%以上 Mycobacterium tuberculosis 7 100倍(0. 1%) 30秒 99. 99%以上 Bordetella pertussis 10 50倍(0. 2%) 15秒 99. 99%以上 ウイルスに対する効果(in vitro) イソジン液のウイルスに対する効果は次のとおりであった。 ウイルス イソジン液の希釈倍率(PVP-I濃度) 作用時間 ウイルス不活化率 単純ヘルペスウイルス 10倍(1. 0%) 30秒 99. 99%以上 アデノウイルス 10倍(1. 0%) 30秒 99. 9%以上 風疹ウイルス 10倍(1. 0%) 60秒 99. 99%以上 麻疹ウイルス 10倍(1. 0%) 60秒 99. 0%以上 ムンプスウイルス 10倍(1. 0%) 60秒 99. 99%以上 インフルエンザウイルス 10倍(1. 0%) 30秒 99. 99%以上 ロタウイルス(サル) 10倍(1. 0%) 30秒 99. 9%以上 ポリオウイルス 2倍(5. 0%) 30秒 99. 9%以上 HIV 20倍(0. 05%) 30秒 99. 9%以上 サイトメガロウイルス 10倍(1. 0%) 30秒 99. 9%以上 SARSウイルス 10倍(1. 0%) 60秒 99. 99%以上 鳥インフルエンザウイルス(高病原性) 5倍(2. 0%) 10秒 99. 99%以上 鳥インフルエンザウイルス(低病原性) 5倍(2. 0%) 10秒 99. 99%以上 豚インフルエンザウイルス 10倍(1. 0%) 10秒 99. 99%以上 カリシウイルス(ネコ、イヌ) 40倍(0. 25%) 10秒 99. 9%以上 マウスノロウイルス 50倍(0. 2%) 15秒 99. 99%以上 また、コクサッキーウイルス、エコーウイルス、エンテロウイルスに対しても効果が認められた。 有効成分に関する理化学的知見. Danziger,Y. ,et al. , Arch. Dis. Child. , 62, 295, 1987. Bar-Or,D. ,et al. , Lancet, 2 8246 , 589, 1981. Okano,M. , J. Acad. Derm. , 20 5 , 860, 1989. 竹内 敏ほか, 日本小児外科学会雑誌, 30 4 , 749, 1994. 小室順義ほか, 産科と婦人科, 52 10 , 1696, 1985. 大塚春美ほか, 第30回日本新生児学会総会学術集会プログラム, 328, 1994. 北村 隆ほか, Progress in Medicine, 7 5 , 1031, 1987. イソジン製剤の殺菌力試験(社内資料). 国定孝夫ほか, 環境感染, 14 2 , 142, 1999. 国定孝夫ほか, 環境感染, 15 2 , 156, 2000. Rikimaru,T. ,et al. , Dermatology, 195 Suppl. 2 , 104, 1997. Suzuki,T. ,et al. , J. Infect. Chemother. , 18 2 , 272, 2012. 川名林治ほか, 臨床とウイルス, 26 5 , 371, 1998. Kariwa,H. ,et al. , Dermatology, 212 Suppl. 1 , 119, 2006. Ito,H. ,et al. , Dermatology, 212 Suppl. 1 , 115, 2006. 伊藤啓史ほか, 日本化学療法学会雑誌, 57 6 , 508, 2009. 遠矢幸伸ほか, 日本化学療法学会雑誌, 54 3 , 260, 2006. Matsuhira,T. ,et al. , Exp. Anim. , 61 1 , 35, 2012. 栗村 敬ほか, Biomedica, 2 12 , 1223, 1987. 野田伸司ほか, 岐衛研所報, 24, 15, 1979 作業情報 改訂履歴 2016年5月 改訂 2016年8月 改訂(製造販売元、発売会社変更に伴う改訂) 第4版 文献請求先 主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求ください。 塩野義製薬株式会社 541-0045 大阪市中央区道修町3丁目1番8号 0120-956-734 お問い合わせ先 主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求ください。

次の

ポビドンヨード

イソジン 消毒

市販薬のイソジンうがい薬を傷口や手指の消毒に使うことはできません。 イソジン(ポビドンヨード)は用途・使用目的に分けて濃度が異なり、それ以外の用途では消毒効果が上手く発揮されません。 医療現場では手指や皮膚の消毒には7. 5%のポビドンヨードを使用し、傷口の消毒には10%のポビドンヨードを使用します。 対してイソジンうがい液の濃度はうすめない状態で7%となっています。 イソジンうがい薬とイソジンきず薬ではポビドンヨードの濃度の違いがあり、イソジンうがい薬では傷口や手指に対する消毒の効果を十分に発揮できません。 市販のイソジン ポビドンヨードの濃度 用途(効能・効果) イソジンうがい薬 7%(使用時に15〜30倍に希釈) 口腔内およびのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去 イソジンウォッシュ 7. 5% 手指・皮膚の殺菌・消毒 イソジンきず薬 10% ・きり傷、さし傷、すりむき傷、靴ずれ、やけどなどの患部の殺菌・消毒 ・とびひ、おできなどの感染皮膚面の殺菌・消毒 イソジンうがい薬に含まれる添加物 イソジンうがい薬には傷口の消毒薬には通常入っていない添加物が入っています。 口に含んだ時の清涼感や整った味のために、エタノールやl-メントール、サッカリンナトリウムが使用されています。 口の中であれば問題のない成分ですが、傷口には刺激となり悪化の原因となるおそれがあります。 また、サッカリンナトリウムは人工甘味料であり、傷口には本来使うものではないので悪影響が考えられます。 なお、傷口に使える「イソジンきず薬」はポビドンヨードの濃度も濃く、エタノールやl-メントール、サッカリンなどの余計な添加物は入っていません。 イソジンうがい薬は手洗い消毒に適した濃度ではありません。 また、そもそも手洗い用に作られていないため、使用感にも大きな問題があります。 イソジンうがい薬は石けんのように泡立ちません。 また、手に色がつき水で洗ってもなかなか落ちません。 イソジンうがい薬でついた色はよく洗えば落ちますが、本来の効能以外の使用用途で使うことにメリットはありません。 なお、イソジンウォッシュのような手洗い専用の消毒薬はイソジンうがい薬より濃い濃度のポビドンヨードを含んでいますが、水で洗うことでポビドンヨード独特の色が残らないように作られています。 おわりに イソジンうがい薬は傷口にも手洗い消毒にも不向きで使用できません。 イソジンは名前や色が似ていても用途・使用目的によって中身には違いがあるため、きちんと使い分けることが大切です。

次の