坪単価 ランキング。 ハウスメーカーの坪単価比較

鉄骨ハウスメーカーランキング10!鉄骨住宅のメリット・デメリットは?

坪単価 ランキング

住宅購入において、最も気になるポイントといえば「コスト」です。 特に、住宅購入を考え始めたばかりの方には、「そもそも、自分の年収でどのくらいの家が建てられるの?」「実際にいくら必要なの?」など、価格について知りたい点がたくさんあるはずです。 住宅は人生の中で一番高い買い物になることは言うまでもなく、月々の支払やその後の暮らしを考えれば少しでも安いに越したことはありません。 一方で、長い人生を過ごす場所になるのですから、「安かろう悪かろう」では困ります。 大切な家族や家財をしっかりと守り、安心して暮らせる住まいを低予算で建てるには、いくつかポイントがあります。 低予算で住まいを建てたいと考えるなら、選択肢となるのはいわゆる「ローコスト住宅メーカー」。 数ある住宅メーカーの中でも、比較的低価格で住宅を建てられる建築会社のことです。 建築コストの一般的な基準である「坪単価」で比較すると、大手ハウスメーカーに比べると最大で約2.5倍もの違いが出ることがあります。 ローコストというと不安に思う方もいるかもしれませんが、もちろん、安いのには理由があります。 選び方次第ではローコストでも十分に高品質な住宅を建てることができます。 それでは一体、なぜローコスト住宅メーカーは低価格で住宅を建てることができるのでしょうか。 そして、実際にどのくらい安く建てられるのでしょうか。 そんな疑問にお答えすべく、ローコスト住宅メーカーの家づくりとメリット・デメリット、後悔しないローコスト住宅の建て方をご紹介します。 ぜひ参考にしてください。 また、ローコスト住宅メーカー選びの際に絶対に押さえておいて欲しいポイントを先にお伝えしておきます。 それは、 少しでも気になったハウスメーカーや工務店の情報を集めて、しっかりと比較・検討すること。 住宅展示場にいきなり行ってしまう人や、土地探しから始めてしまう人が多いのですが、順番を間違えています。 一番最初に行うべきは、 自分の条件に少し でも合っていると感じた住宅メーカーのカタログや資料を集めること。 しっかりとハウスメーカーに関する知識を身に着けた上で住宅展示場に足を運ぶことで、営業マンの話を鵜呑みにせずに済みますし、価格・条件交渉でも有利に立つことができます。 また、最初から偏見で依頼する住宅メーカーを絞り込んでしまうのではなく、少しでも気になった会社があれば、資料を取り寄せておくことをおすすめします。 最初は全く考えていなかった住宅メーカーの中に、自分達の条件とぴったり合う会社が見つかったという人は本当に多いものです。 ただ、複数社に資料請求することが大切だとわかっていても、何社ものハウスメーカーに資料請求の依頼をかけるのは面倒なもの。 そんな時に活用して欲しいのが、全国の住宅メーカーに一括で資料請求ができる、のカタログ一括請求サービスです。 予算やエリア、テーマごとにハウスメーカーを検索できるので、あなたの条件にあったハウスメーカーを簡単に絞り込むことができます。 運営会社のLIFULLは従業員数1000名を超える東証一部上場企業ですから、無理な営業電話をするような悪徳業者に出くわすこともありません。 スマホやPCから3分もあればカタログを請求できるので、家を建てる最初のステップとして実施しておくことをおすすめします。 前置きが長くなりましたが、重要なポイントなので先にお伝えしておきました。 それではここからローコスト住宅メーカーランキングを、順番に紹介していきます。 もくじ• 2019年最新版!坪単価別に見たローコスト住宅メーカーおすすめランキング ではまず、ローコスト住宅メーカーと呼ばれる会社の中から、坪単価別におすすめ ランキングを紹介します。 なお、坪単価とは、住宅建築の総額を延床面積で割った、一坪あたりの建築費用です。 算出に用いる「総額」の定義は各住宅メーカーによって異なるので、あくまでも目安として考えてください。 坪単価20万円で建てられるローコスト住宅ハウスメーカー まず、坪単価20万円で建てられるおすすめのローコスト住宅 1:アイダ設計 アイダ設計は、ローコスト住宅メーカーといえば真っ先に名前の挙がる会社です。 約40年の歴史があり、実績も豊富。 「家族が安心して過ごせる住まいを、手の届く価格で」をモットーに、家づくりを行っています。 埼玉県に本社を持ち、関東エリアを中心に、東北、中部、関西、九州まで全国に94の拠点を展開。 そのスケールメリットを活かした一括仕入れや自社のプレカット工場などでコストを削減しています。 2:ロビンスジャパン ロビンスジャパンは、低価格で輸入住宅を提供している住宅メーカーです。 輸入住宅といえば高級なイメージがありますが、ロビンスホームではプロヴァンス風、ブルックリ ンスタイル、北欧テイストといったデザイン性の高い輸入住宅を坪単価25万円台から建てることができます。 モデルハウスを持たず、設備や建材を直接メーカーから仕入れ、少数精鋭で対応することなどによってコストを削減。 満足度の高い家づくりを可能にしています。 3:センチュリーホーム 関東エリアを中心に住宅を手がけるセンチュリーホーム。 熊本にも支店を持ち、九州でも施工を行っています。 最大の強みは高い耐震性。 熊本地震でも同社施工の建物は倒壊ゼロだったといいます。 オリジナルの耐震強化基礎や特殊や金型を使った高耐震の住まいが坪単価20万円台で実現するのは、多額の費用がかかるモデルハウスの出展や広告宣伝を行わず、建築コストを徹底的に抑えているから。 デザイン性も高く、人気のハウスメーカーです。 坪単価30万円で建てられるローコスト住宅ハウスメーカー 1:タマホーム テレビCMでおなじみのタマホーム。 本社は東京都港区、従業員数3,000名以上の大手です。 創業者がアメリカを訪れた際、「日本の家は高すぎる」と感じたことから、コストを徹底的に削減して高品質な家づくりを追求しています。 一括購入で仕入リスクを抑えるだけでなく、基礎工事から内装、仕上げまでの工事を自社で直接行うことで中間コストを削減し、建材の流通にも独自のシステムを導入するなど、様々な工夫で低価格を実現しています。 2:飯田産業 飯田産業は、地域に密着しながら全国規模で施工を行う大手住宅メーカー。 規模を活かして原価を抑え、プレカットや商品の規格化などでコストを削減。 価格が安いことに加え、打ち合わせの段階で、設計費や諸費用を含めた「総額費用」で見積もりを提示する点が支持されています。 「お得感のある金額に惹かれて契約したけれど、工事が始まってみると追加料金の連続で結局予算オーバーしてしまった……」という心配がありません。 3:ジャパンホーム 狭小地でのローコスト住宅に強いのがジャパンホーム。 東京都都心部や埼玉県など地価の高いエリアで、限られた敷地内で快適な住まいを提供しています。 経験豊富な設計士が、プランニングの工夫でコストを削減。 必要にして十分な住まいを予算内で提案してくれる点で、「予算も土地も限りがあって…」と注文住宅を諦めかけている方にもおすすめです。 坪単価40万円で建てられるローコスト住宅ハウスメーカー 1:クレバリーホーム 30年、40年先を見据え、高耐久な住まいを理念に家づくりを行うクレバリーホーム。 千葉県に本社を構え、全国で注文住宅の依頼に応えています。 ローコスト住宅の実績が豊富ですが、総タイル張りの住宅は坪単価40万円台には見えないほど高級感があります。 住宅性能やデザイン性も高く、予算と品質のバランスを兼ね備えた住宅メーカーと言えるでしょう。 2:富士住建(完全フル装備の家) 富士住建は関東を中心に展開するハウスメーカー。 「完全フル装備」の名前の通り、本体価格の中に建物価格の他に仮設工事費、住宅設備、照明器具、カーテンといった生活必需品までを含んでいるため、コストをまとめて考えられます。 一般的な工法よりも強固な構造を採用し、耐震性も十分。 太陽光発電システムを増設した「ゼロエネルギーハウス」にも対応しています。 高性能な住まいをお手軽価格で建てられる住宅メーカーです。 3:レオハウス これまでに全国で24,000棟以上を手がけている大手のレオハウス。 先進のテクノロジーを活かした耐震構造や冷暖房効率に配慮した高気密・高断熱の住まいなど、充実の性能を備えた住まいを坪単価40万円台から提供しています。 大手だけあって土地探しやアフターフォローも充実。 「予算には限りがあるけれど、妥協はしたくない」という方におすすめです。 都道府県別に見たおすすめローコスト住宅メーカーおすすめランキング 続いて、都道府県別にローコスト住宅メーカーを紹介します。 北海道 三愛地所 道北振興 青森県 タナカホーム ロゴスホーム 岩手県 北洲 美しい小さな家 JUST HOUSING 宮城県 日沼工務店 アヴィエスホーム 秋田県 マスターピース JUST IN HOUSE 山形県 バリューハウス ウンノハウス 福島県 秀光ビルド e. home 茨城県 アルルホームズ レジェンドホーム 栃木県 丸和住宅 栃木ハウス 群馬県 オネスティーハウス 石田屋 ヤマミズホーム 埼玉県 アットナチュレ パパまるハウス 千葉県 ワールドハウス 広島建設 東京都 ファーストホーム トーヨー建設 神奈川県 サートンホーム ベンハウス 新潟県 COZY新潟 イシカワ 富山県 秀光ビルド さくら 石川県 ジョイント21 グリスマ 福井県 羽生建築工業 リーフハウス 山梨県 リーフハウス タカラホーム 長野県 シスクホーム アクロスホーム 岐阜県 まごころ住宅 サティスホーム岐阜 静岡県 ジャストラッキーハウス スズキハウス 愛知県 ネクストハウスグループ クラシスホーム 三重県 アサヒグローバル サンクスホーム 滋賀県 高栄ホーム ブルーミーハウス 京都府 アーキ ホームライフ 清栄コーポレーション 大阪府 MONDIAL アナタカラ建設 兵庫県 野村工務店 アーバンプランニング 奈良県 ルーフホーム ヤマト住建 和歌山県 紀州国土建設 紀の国住宅 鳥取県 ウッズハウス ニコニコ住宅 島根県 デザインハウス島根 森本建設 岡山県 さんわの家 イチマルホーム 広島県 ハートフルホーム福山 アイデザインホーム 山口県 タナカホームズ 寿工務店 徳島県 徳島住研サービス まもる建設 香川県 さくら夢ハウス ファミリーホーム 愛媛県 サンエルホーム ブライムハウス 高知県 はるが建設 ファミリースマイルホーム 福岡県 よかタウン TAKASUGI 佐賀県 クレセントホーム 駅前工務店 長崎県 ミクト SATO設計 熊本県 コスモホーム らくらくハウス 大分県 創建 ハウジングトップ 宮崎県 万代ホーム ハミングホーム 鹿児島県 アイアイハウス デイジャストハウス 沖縄県 みらいホーム 沖縄ファンリゾート ローコスト住宅はなぜ安くできるの?安全性は大丈夫? よく、「ローコスト住宅は不安……」という声を聞くことがあります。 洋服や雑貨と異なり人生で一度きりの大きな買い物ですから、安さに惹かれて粗悪な商品を購入して公開することは誰しも避けたいことです。 ローコスト住宅メーカーの中には、坪単価が20万円台だったり、総額1,000万円を切るような破格の設定もあります。 さすがにそこまで安いと「安全性は大丈夫なの?」と心配になりますが、基本的にローコストだからといって安全性が低いということはありません。 一部の住宅メーカーが利益を増やすために手抜き工事をしたり、アフターフォローが徹底していなかったりするために「安い=低品質」というイメージがついてしまっているだけなのです。 日本では、住宅建築は国土交通大臣による建設業の許可を得た事業者のみが行える業種です。 ですので少なくとも国の認可を得ていると考えて問題ありません。 また、建築時には図面を提出して建築申請を行い、自治体の職員が立ち入る検査を受けます。 こうしたチェックを受けたうえで、これまで何棟も施工を行ってきた業者であれば、基本的に十分な安全性があると考えて問題ありません。 ローコスト住宅はどれくらい安いの? そもそも「ローコスト住宅」とは、一般的な住宅に比べてどのくらい安いのでしょうか。 ここでは、床面積40坪の家を建てた際の費用の差を、大手ハウスメーカーで建てる場合とローコスト住宅メーカーで建てた場合で考えてみます。 5倍もの差があることになります。 ローコスト住宅は、場合によっては大手ハウスメーカーの半分以下の価格で手に入るのです。 なぜ安い?ローコスト住宅が安く建てられる仕組み ローコストで住宅を建てられるのには、いくつか理由があります。 その仕組みをご紹介しましょう。 最低限のグレード 住宅を建てるための建築資材には、どんなものにもグレードがあります。 構造材は国産材か輸入材か、床材は無垢天然木かフローリングか、壁は塗壁かビニールクロスか。 また水回り設備もスタンダードなものからハイグレードなものまで、各社ピンからキリまで幅広くラインナップされており、上を見ればきりのない世界です。 ローコスト住宅では、基本的にすべての建材がスタンダード、つまり必要最低限のグレードのものが使われます。 部材の仕入れ価格が安いことが、ローコスト住宅最大の理由です。 資材の一括仕入れ 多くの場合、ローコスト住宅メーカーでは、木材や壁紙、キッチンやバスなどの水回り設備といった建築資材の一括仕入れを行っています。 仕入先となるメーカーを限定し、一度に大量購入することで単価を下げ、その分価格を安くしています。 少数精鋭での運営 小規模な住宅メーカーは、少人数で運営することで人件費を削減しています。 営業担当が設計やインテリアコーディネーターを兼任したり、社長が棟梁を務めたりすることもあります。 人件費は会社の家賃や光熱費と同様、受注がなくても支払う経費なので、ここを抑えることがコスト削減につながります。 ベースが決まっている企画住宅 ローコスト住宅メーカーでは、あらかじめベースの設計が決められた企画住宅を多く採用しています。 これは、間取りや部屋の形などを予め決めておき、内装や設備など細部を施主の要望に合わせてカスタマイズするものです。 設計費用がかからないのでその分安く住宅を建築することができます。 広告宣伝費をカット 大手ハウスメーカーでは、テレビCMや新聞広告など、数千万円単位がかかる広告宣伝を行っています。 この費用が建築費用に上乗せされている分、コストが高くなる傾向があります。 それに対してローコスト住宅メーカーでは派手な広告を行わず、口コミや紹介などで顧客を獲得していることが多いです。 このコストカットが低価格に反映されているといえます。 ローコスト住宅を建てても大丈夫?不安ポイント4つを徹底解説 それでも、「ローコスト住宅って本当に大丈夫?」と不安に感じる方は多いことでしょう。 そこで、ローコスト住宅に対する不安で多く聞かれる4つのポイントについて解説します。 不安1. ローコスト住宅は欠陥住宅が多いんじゃない? 「床にビー玉を転がしたら止まらずに転がっていった」「壁に割れ目が入った」「雨漏りがする」など、欠陥住宅の被害は昔から存在します。 そうした背景から、どうしても「安いもの=悪いもの」というイメージがつきまとい、住宅においても「ローコスト住宅=欠陥住宅」と結びつけてしまう方が多いようです。 しかし、低価格を実現しているのには先に述べた理由があり、各社の企業努力の賜物といえます。 ローコスト住宅=欠陥住宅ではないことを知っておきましょう。 不安2. ローコスト住宅の寿命は短い? 日本の住宅の寿命は約30年といわれています。 60年から80年という欧米に比べると圧倒的に短いですが、それは欧米の人々が、わが家を定期的にメンテナンスし、大切に住んでいるからです。 雨どいの掃除、外壁の清掃、庭の手入れといった日々のケア、外壁の補修、設備の入れ替え、内装の刷新といったリフォームなど長期的にみたメンテナンスを行っていけば、日本の木造建築も40年、50年と住み続けることができます。 神社仏閣が数百年前からその姿をとどめていることを考えれば、納得できますね。 つまり、住宅の寿命は価格ではなく、住み方で決まるのです。 そう考えれば、ローコスト住宅だから寿命が短いとは考えられなくなるはずです。 不安3. ローコスト住宅の耐震性は大丈夫? 地震大国である日本では、住宅の耐震性は非常に重要です。 縦揺れ、横揺れに強く、いざというときに家族を守ってくれる強固な構造こそが、一番の価値と言えるでしょう。 ローコスト住宅の耐震性が低いかといえば全くそのようなことはなく、むしろ各社が独自に研究開発を進め、揺れを軽減する免震装置や揺れを吸収するダンパーなど、地震に備えた家づくりに積極的に取り組んでいます。 中には耐震性能を示す公式基準の耐震等級3相当をクリアしている会社もあり、必要であれば認定を受けることもできます。 不安4. 安いから適当な扱いを受けるのでは? ローコスト住宅メーカーに依頼する際、対応面でも不安があるという方も多くいます。 確かに、ホテルや飲食店などでは、高級店ほど丁寧なもてなしを受け、サービスが充実している傾向があります。 住宅メーカーも、ローコストならローコストなりの対応なのでは?と思ってしまうのもしかたありません。 しかし、どんな会社でも対応面で不満を感じる人はいるものです。 口コミサイトを見てみると、誰もが社名を知っている大手ハウスメーカーでも「営業担当がしつこくて困った」「いちいち対応が遅かった」と評されることがあります。 反対に、ローコスト住宅メーカーの中にも、顧客を大切にし、満足度の高いサービスを提供する会社はたくさんあります。 一棟あたりの単価が安い分、確実に売り上げを上げるために一件一件の顧客に丁寧に対応しているという会社も多いです。 スタッフや担当者に適当な扱いをされたとすれば、それはローコストだからではなく、その会社の社風や体質です。 ローコストだから適当な扱いをされるということはありません。 ローコスト住宅より更に安い?坪単価30万円を切る「超ローコスト住宅」とは 住宅の建築費でローコストというと、一般的に坪単価30万円台~40万円台の価格帯を指します。 しかし、中には坪単価30万円をきる「超ローコスト住宅」が存在します。 坪単価25万円で30坪の家を建てると750万円。 これは破格といえます。 全額ローンを組んだ場合、手数料や諸費用を入れても月々の支払は3~5万円と、一般的な家賃よりも安くマイホームを手に入れることができます。 ローン申し込みの審査も通りやすいので、年収が低くても組める可能性が高いです。 また、土地を購入する場合、建物にお金をかけない分、土地に予算をかけられます。 立地を重視して、生活の便がいい都心部に土地を購入するというのも一つの選択肢です。 超ローコスト住宅は、シンプルな間取りに最低限の設備、デザインもスタンダードなものになります。 ただし、もちろん住むのに問題はなく、考え方次第でお得な買い物となるでしょう。 ローコスト住宅で建てられるのはこんな家 いわゆる「ローコスト住宅メーカー」で建てられるのはどのような家でしょうか。 メリット・デメリットを含めて紹介していきます。 ローコスト住宅のメリット・デメリットを理解しよう 価格の面では非常に魅力的なローコスト住宅ですが、実際に建てる場合、メリットとデメリットがあります。 メリット1.価格が安い なんといっても一番のメリットは価格面でしょう。 建物の本体価格が安いということは、低所得でも手に入るということと、土地やインテリア、車など、家以外のことにお金を使えるということです。 「高級な家はいらないから、年に一度家族で海外旅行に行きたい」「通勤に便利な都心部に住みたい」という場合、建物にお金を使わず必要なところにかけられます。 メリット2.将来設計が柔軟に 本来、家族のライフスタイルに合わせて設計するのが注文住宅ですが、ローコスト住宅は設計の自由度が低い分、将来の暮らし方を縛ることがありません。 価格が安いということで、例えば子供の成長後に売却して住みかえたり、ローンの支払いを早めに終わらせて人に貸し出したりすることができます。 もしくは、家族構成の変化に合わせて建て替えるという決断もしやすくなるでしょう。 メリット3.工期が短い 転勤や子供の入学などで少しでも早く家を建てたい方にとっては、工期も重要なポイント。 ベースプランが決まっている企画住宅なら、設計にかかる時間が不要な分、早くマイホームを手にすることができます。 デメリット1.建材のグレードが低い ローコスト住宅に使われる建材はグレードが最低限のものであることは先述しました。 このことは、価格という最大のメリットの大きな理由になると同時に、一般の住宅と比べて最もわかりやすいデメリットでもあります。 特に水回り設備に関しては、たくさんあるモデルの中で最も安価なものが採用されることが多いので、使える機能が限定され、見た目も普通です。 一般的な住宅に比べて安っぽさを感じることがあるかもしれません。 デメリット2.保証内容が最低限 住宅には引き渡し後に瑕疵が見つかった場合の保証や、破損した時の補修費用を補填する保険制度があります。 基本的にはローコスト住宅メーカーもそのようなサービスを行っていますが、保証の内容や期間を比べると、一般的な住宅メーカーよりも劣ります。 必要性を感じたら、標準で設定されている保険とは別に保険に加入するか、住宅メーカーに申し込んで別途料金を支払い保証を手厚くしてもらうなどの方法があります。 デメリット3.プランニングの自由度が低い 設計費をカットして建築費用を安く抑えるため、ローコスト住宅では間取りやデザインなどはほぼ既存のプランをベースにします。 そのため、「ガレージが欲しい」「書斎を作りたい」「大きな収納をつくりたい」といった要望を取り入れるのは難しいでしょう。 ローコスト住宅の間取り ローコスト住宅では、基本的に間取りはシンプルに作られます。 なぜなら、壁や間仕切りを多くすればするほど、構造材や壁材、建具などの資材が必要になりコストがかかるからです。 極端に言えば、体育館のような箱型の空間を作ることが最も安上がりなのです。 しかしそうはいっても住宅ですから、最低限の部屋割りや設備が必要です。 ローコスト住宅で最もスタンダードな間取りとしては、2階建てで玄関に入ってすぐ左手にLDK、右手には階段、まっすぐ進むとバス、トイレ、洗面などの水回りスペース、2階はウォークインクローゼット付きの主寝室1室と洋室2室、といったところです。 水回り設備を1階にまとめることで、2階へ配管を延ばす必要がなくなりコスト削減になります。 階段下に収納を作れば省スペースになります。 こうした間取りは日本の住宅全般で考えてもスタンダードな間取りであり、無駄のない効率的な配置といえます。 ローコスト住宅で平屋は建てられる? ローコスト住宅でも、平屋は建てられます。 一般的に平屋は坪単価が高いといわれていますが、それは1階建てでも2階建てでも建築費用に大きな差がないのに対し、延床面積が半分程度になるためです。 ここまでご紹介してきたように、建材や設備のグレードを最低限のものにし、シンプルな間取りの平屋にすれば、ローコスト住宅を建てることができます。 後悔しないローコスト住宅の建て方 ローコスト住宅を建てた後、品質や住み心地に不満を感じて、自分の選択を後悔したくはないですよね。 特にローコストだと、「安かったからしかたない」と諦めてしまう人も少なくありません。 そんな後悔をしないための、ローコスト住宅の建て方があります。 建築予定地の相場を知る 首都圏と地方で家賃や物価が異なるように、建築費もエリアによって差があります。 建築しようとしているエリアの建築費が坪あたりいくらくらいなのか、大体の相場をつかんでおくと、それぞれの住宅メーカーが「ローコスト」なのか「超ローコスト」なのか、価格は仕様や設備のグレードに対して妥当かという判断ができます。 ネットの情報を参考にするのもよいですが、エリアによって差が出る部分があることを知っておいてください。 信頼できる営業担当者を見つける 住宅建築において、営業担当が信頼できる相手であるかどうかは大きなポイントです。 質問に対して適切に回答してくれる、契約を急かそうとしていない、ミスがあったときに素直に謝罪ができる、など、人として信頼できるかどうかを見極めましょう。 ローコスト住宅に限った話ではありませんが、大きな買い物ですから納得したうえで契約することが何よりも大切です。 初めから候補の業者を絞り込まない ここ数年でローコスト住宅メーカーの数はかなり増えました。 同じエリア内でも数社~数10社が競合しています。 住宅メーカーを選ぶのにも時間と労力がかかりますが、だからといって早々に1社に絞り込むのは危険です。 特に初めての家づくりなら、各社の違いを知り、どの会社が自分に合っているか比較検討したうえで家づくりを進めましょう。 プランニング、デザイン、対応、保証など、比べる点はたくさんあります。 そして複数の会社から相見積もりをとり、内容、価格ともに納得できる会社に依頼してください。 アフターサービスを軽視しない 契約前や建築中はもちろんですが、住み始めてからも住宅メーカーとの付き合いは続います。 引き渡し後10年、20年の定期点検があるかないか、メンテナンスはどこまでが無料対応の範囲内か、万が一災害で住宅が破損した場合はどのような保証があるか、といったアフターサービスをチェックしましょう。 特に、ローコスト住宅メーカーだとコスト削減のためにアフターサービスの内容が不十分な場合があります。 後悔しないためにもしっかり確認してください。 ローコスト住宅を建てる際の注意ポイント ローコスト住宅を建てる際に注意すべきポイントとしては、「安さだけで判断しない」ということです。 いくら低価格でも、自分の求めるスペックを満たしていなければ、買ってから後悔することになります。 場合によっては諦めきれずに買い替えることになり、結果的に余計なお金を使うことにもなりかねません。 まさに「安物買いの銭失い」というわけです。 反対に、安くても自分にとって十分な品質、サービスであり、今後長く安心して暮らせると思うならば、それは賢い買い物です。 ここまで紹介してきた点をよくチェックしたうえで、お得にマイホームを手に入れることができたら、より豊かに、楽しく暮らせることでしょう。 まとめ 憧れのマイホームを手に入れたい、というのは多くの人が抱く願望です。 しかし、住宅は数千万円という費用がかかると同時に、今後の暮らしを左右する大きな買い物。 慎重にならないわけにはいきません。 ここまでローコスト住宅メーカーが安く建てられる理由や、メリットとデメリット、注意すべき点を紹介してきました。 ローコスト住宅に不安を抱いていた方も、その理由を知ることで安心できたのではないでしょうか。 固定観念やイメージにとらわれず、自分にとって価値あるものかどうかということを、冷静に判断することが大切です。 的確に情報をキャッチして、自分が住みたい!と思える住まいを手に入れて下さい。

次の

ハウスメーカーの坪単価、ローコストメーカーランキング

坪単価 ランキング

同じ延べ床面積の家でも、家本体の建築費用によって坪単価は大きく変わることが分かります。 例えば、A社の注文住宅の家本体の建築にかかる費用が2,800万円の場合、延べ床面積が35坪 115. B社の注文住宅の家本体の建築にかかる費用が2,450万円で、延べ床面積が同じ35坪 115. 30579㎡で計算 延床面積1坪 3. 30579㎡ 当たりの建築費を参考にすることで、注文住宅を建てる際のおおよその本体価格の目安にすることが出来ます。 ただ一口に坪単価と言っても、ハウスメーカーや工務店など住宅会社によっては、上記の計算式を適用していない坪単価を謳っている場合も…。 ですが、住宅業界内で坪単価の計算に対してのルールは特に設けられていない為、 業者によっては少しでも安く見せるために施工面積で除算 割り算 されているケースもあるんです。 画像出典元: 上記2つの面積の違いを見ると分かるのですが、延べ床面積よりも施工面積の方が広くなるので 大きな数字で除算することになるので 、一般的な坪単価 延べ床面積で計算したもの よりも 施工面積での坪単価の方が価格は安くなります。 この施工面積での坪単価を謳って、他業者よりもお得に見せている住宅会社もありますので、どちらの計算方法での坪単価になるのか、確認するようにしましょう。 そういった場合は坪単価は高くなりますし、諸費用を含めた全ての費用の予想金額から坪単価を計算しますので、 最終的な金額により近い費用相場を計算することが可能です。 注文住宅の坪単価を大きく左右する要素 上記で坪単価の計算の仕方についてお伝えしましたが、家づくりを進めていく過程で坪単価を大きく左右する要因となるポイントがいくつかあります。 その要因とは次の4つです。 注文住宅の大きさ• 注文住宅の仕様や設備のグレード• 注文住宅の形状• 注文住宅の階数• 施主のこだわり 4つそれぞれについて詳しくご説明します。 1.注文住宅の仕様や設備のグレード 注文住宅の家の大きさや間取りなどが同じでも、 採用する設備機器や内装材・外壁などの建材をグレードアップさせると、当然コストがかさむことになるので坪単価は高くなりますし、逆にグレードや性能を下げた家づくりをすると坪単価は安くなります。 2.注文住宅の大きさ 注文住宅の本体価格は同じでも、 家の大きさ・広さが違うと坪単価が上下することになります。 イメージでは家が大きくなるに比例して坪単価も上がるようなイメージ、もしくは変わらないと思われることが多いですが、 坪単価は家が大きくなればなるほど安く抑えられる傾向にあります。 キッチンやバス・トイレ・太陽光発電システム・給湯システム・床暖房・全館空調システムなどの住宅設備は、家が大きくても小さくてもかかる費用はほとんど変わらない為、家が大きくなるほど坪単価が安くなりやすいと言えます。 3.注文住宅の形状 上記の図のように延べ床面積が同じ家でも、家の形状が違うだけで外壁の面積も大きく変わるんです。 同じ延べ床面積の家でも、 形状が複雑になればなるほど坪単価は高くなります。 それは、シンプルな形状の家の場合よりも凹凸のある複雑な形状の家とで、外壁や柱に要するコストが異なるためです。 また施工の工程も増えるので、注文住宅の本体価格が上がる原因となります。 4.注文住宅の階数 何階建ての注文住宅を建てるのかも、坪単価を上下させる重要な要素となります。 というのも、特にハウスメーカーの場合は2階建てを基準として、各建材や設備を製造しているので、需要の割合が低い平屋や3階建ての建材・設備については、2階建ての建材と比較してコストが高くつきやすくなっています。 同じ住宅会社・同じ家の規模 延べ床面積 であっても、2階建てが最も坪単価が安く設定されています。 やはり選んだ住宅会社・グレードの坪単価のある程度の相場はあるものの、「内装材をちょっとお洒落にしたい」、「建具のメーカーはここのがいい!」などこだわると、当然コストが上がるので坪単価が高くなります。 ただ、夢のマイホームを建てるのであれば、ある程度希望を叶えた家づくりをしたいもの。 こだわる部分と諦められる部分のメリハリをつけることで、坪単価が大きく上がるのを防ぐことができますので、事前に家づくりの計画をしっかり立てるようにしましょう。 打ち合わせの際は坪単価の基準を始めに聞いておく 住宅展示場やモデルハウスで、気になるハウスメーカーや工務店の営業担当者に坪単価を伺う時は、まずはどのような算出方法での坪単価なのかを聞くようにしましょう。 注文住宅を建てる坪単価は、どのくらいの費用がかかりそうなのかを目安にする金額でしかありませんが、それでも ご自分の予算と照らし合わせる上で参考にすることが可能ですし、住宅会社を決める重要な要素の1つであることは間違いありません。 家本体の価格に対しての坪単価なのか• 総額費用に対しての坪単価なのか• 延べ床面積での坪単価なのか• 施工床面積での坪単価なのか 上記4つについて明確にできるように聞いてみましょう。 できれば条件を統一して比較しよう また、 複数の住宅会社を正確に比較する為にも、『坪単価』の条件を統一して担当者に聞くようにすると、比較がしやすくなります。 この時に統一する基準としては、 本体価格・付帯工事費・諸費用など全て込みの総額費用に対しての坪単価が好ましいでしょう。 総額費用に対しての坪単価になるので、冒頭でご紹介した坪単価ランキングの価格よりも金額は高くなりますが、全ての住宅会社で上記基準での坪単価を比較することができるようになりますよ。 また、平屋なのか2階建てなのか3階建てなのかなど、間取りや耐震性能などにこだわりがある場合も、希望の条件を伝えておくようにすると良いですね。 坪単価をもっとリアルに比較検討できるおすすめの方法 ここまで各業者の相場となる坪単価をランキングの比較や、ハウスメーカーや工務店で使われている坪単価の考え方について見てきましたが、さらにより正確な坪単価を比較するおすすめの方法があります。 その方法は、 気になるハウスメーカーや工務店から費用の見積もりを直接もらうことです。 特に注文住宅は、 複数の住宅会社を比較することが『家づくりを成功させる』一番大切なポイントなので、ここは面倒くさがらずに気になるメーカー同士をしっかりと見比べるようにしましょう。 ただ、どうしても時間や労力のことを考えると、いくつもの会社に出向いて打ち合わせをし、希望を伝えて見積もり作成をお願いするのは大変です。 予算と希望を伝えるだけで、予算内で実現可能な間取りプランの提案や、総額費用の見積書をメールで送ってくれますし、 同じようなプランでも業者によっては数百万円~1,000万円台も費用に差があることもあるので、 まずは家づくりの参考情報として活用するのがいいですね。 情報収集におすすめの無料サイト まとめ 各住宅会社の坪単価相場を順位付けしたランキングと、注文住宅における坪単価の考え方や注意点についてお伝えしました。 新築一戸建てを購入するのは、とても大きなお買い物となるので、 しっかりと情報を得ることが大切です。 その情報の1つとして、 住宅会社を比較する目安となる坪単価を把握できていると、より後悔のない家づくりを進めていけるようになります。 また、 単純に坪単価のみを比較するのではなく、建物の工法や構造、メンテナンスなどのアフターフォローの面にも目を向けて、気になったハウスメーカーや工務店を比較するようにして下さいね。

次の

史上初調査! 東京マンション「坪単価ランキング」1000を発表(マネー現代編集部)

坪単価 ランキング

ホームページ• 完成見学会• 営業担当の話 などで、しっかりチェックすることが欠かせません。 アーデンホームは、の輸入住宅を全国的に販売しているハウスメーカー。 レンガの家のデザインが特徴です。 アイフルホームは、「株式会社LIXIL住宅研究所」が運営する、住宅業界では最大規模を誇るフランチャイズ形式のハウスメーカー。 アエラホームは、ローコスト住宅の中でも坪単価の安さで光るハウスメーカー。 次第に販売エリア(東北・関東・東海・九州)が拡大しています。 1万棟以上の施工実績を誇るハウスメーカー。 日本最大の工務店ネットワーク組織「JAHBnet(ジャーブネット)」を主宰していることでも有名です。 「サーパス」などマンション販売で有名。 現在は、大手マンション分譲業者である大京に完全子会社されています。 ヨーロピアンテイストの輸入住宅を扱うハウスメーカー。 大都市を中心に全国展開しています。 フレンチスタイルやアメリカンハウス、イングリッシュスタイルなど、幅広く輸入住宅を扱っています。 国産檜(ヒノキ)にこだわった木造注文住宅メーカー。 神社や仏閣の建築も得意としています。 1998年からフランチャイズ方式で展開しています。 木造の在来工法が主体ですが、ツーバイフォー工法も扱っています。 強度の高いツーバイシックス工法が特徴です。 ローコスト住宅の代表とも言える「タマホーム」。 「ハッピーライフ ハッピーホーム タマホーム」のCMで知名度は抜群です。 関東一円を中心に販売していて、「完全フル装備の家」として、エアコンやカーテン住宅に必要なモノを含めた、分かりやすい販売価格が好評です。 全国で輸入住宅を販売しているハウスメーカー。 企画住宅も扱っています。 住宅だけでなく、マンションから神社仏閣まで幅広く扱う工務店。 関西を中心に販売網を広げているハウスメーカー。 フランチャイズ展開しているハウスメーカー。 外壁材「ALC」と地熱床システムが特徴です。 関東を中心に輸入住宅を扱うハウスメーカー。 リフォームも手掛けています。 木造軸組みの工法で坪25万円という安さが売りのハウスメーカー。 タマホームと似た特徴があり、以前はタマホームの家を販売していたこともあります。 2 坪単価51~60万円のハウスメーカー・工務店一覧 坪単価51~60万円のハウスメーカーになると、システムキッチンなど「グレードの高い住宅設備」が付いてくるところが多くなります。 また、• 素材へのこだわり:イムラ、無添加住宅、日本ハウスホールディングス、桧屋住宅• 性能へのこだわり:一条工務店、土屋ホーム など、 特徴で差別化を図るハウスメーカーも出てきています。 関東を中心に輸入住宅を手掛けるハウスメーカー。 第三者機関「ジャパンホームシールド」によるダブルチェックも受け付けています。 フランチャイズ展開しているハウスメーカー。 「ECO-I工法」という独自の工法を採用しています。 吉野杉や吉野ヒノキなど、自然材料を多用した木造住宅が特徴で、グッドデザイン賞を3年連続で受賞しています。 性能にこだわった家づくりが特徴のハウスメーカー。 「木造軸組構法」や「2x4工法」を主体としたハウスメーカー。 下請けによる施工を行わず、直接自社管理による設計・施工を行っています。 関東を中心に輸入住宅を扱う地域密着型のハウスメーカー。 石膏ボードと塗装された壁による「ドライウォール工事」を特徴としています。 愛知県に本社を置く住宅メーカー。 もともとは「株式会社ミサワホーム中部」として設立されています。 スキャンDホームは、「ログハウスHONKA」の代理店が立ち上げた住宅メーカー。 輸入住宅の中でも、北欧住宅を得意としています。 技術力の高いクボタハウスを引き継いでできたハウスメーカー。 電気メーカー「三洋電機(SANYO)」の製品を取り込んだ住宅が特徴です。 マンション販売でも有名ハウスメーカー。 「住友林業」と同じ住友グループの一員です。 北海道に本社を置くハウスメーカー。 省エネ住宅への取り組みが評価されており、「省エネルギー住宅コンクール」で建設大臣賞を受賞しています。 もともとは北米の高級住宅街の開発を行ってきた住宅メーカーで、輸入住宅を専門に扱っています。 大工を準社員と抱えている「棟梁システム」が特徴のハウスメーカー。 構造材には、厳選されたヒノキの集成材が使われています。 柱に桧の4寸を採用。 特許を取得している新冷暖房システム「Z空調」が特徴で、全棟「耐震等級3級」を実現しています。 大阪に本社を置く不動産デベロッパー。 注文住宅だけでなく、オフィスビルの建設やマンション分譲も手掛けています。 身体に良くないものは使わない。 健やかな無添加住宅の提供に努める。 「ヤマダ電機」が親会社のハウスメーカー。 規格住宅が主力ですがスマートハウスに力を入れています。 もともとは、エクステリアの企業として創立されたハウスメーカー。 システムバスやシステムキッチンの販売にも力を入れています。 アンティークな輸入住宅を中心に扱っているハウスメーカー。 独自に開発したオリジナルの漆喰「厚塗り漆喰」が特徴です。 3 坪単価61~70万円のハウスメーカー・工務店一覧 大手ハウスメーカーが中心となる坪単価帯。 木造だけでなく• 鉄骨造• 鉄筋コンクリート(RC住宅) など、工法にこだわったハウスメーカーも数多く見受けられます。 鉄筋コンクリート(RC住宅)が特徴。 一邸ごと、現場で職人がコンクリートを流し込むので、継ぎ目がない美しい外観が評判です。 国内に「自社保有林」を持っていて、木にこだわりを持つハウスメーカー。 柱や壁を少なくできる「ビッグフレーム構法」が有名です。 積水化学工業が販売している住宅ブランド。 ほとんどの建材を工場でつくる「鉄骨系プレハブ」と「木質系プレハブ」が特徴。 積水ハウスとは別会社です。 コンクリートパネル工法が主流で、火災に強く、頑強な構造の家づくりが特徴です。 大和ハウス 戸建住宅の販売棟数では第3位のハウスメーカー。 木造もありますが、「Xevo」などの鉄骨造が販売の主流です。 トヨタグループの住宅販売部門。 鉄骨造の自由設計を特徴にしていて、構造材の防サビ技術が有名です。 パナソニックグループの住宅総合メーカー。 環境性能の高いパナソニック商品を多く取り入れた住宅が評判です。 東京を中心に販売しており、35年保証システム、24時間電話対応、定期巡回などのメンテナンスサービスが評判です。 パネルを接着剤でひっつける「木質パネル接着工法」を採用。 グッドデザイン賞を20年以上連続で受賞しており、デザイン性が評判です。 木造のツーバイフォー工法のみですが、全館空調システムを標準装備しているのが特徴です。 無印良品が手掛ける住宅シリーズ。 有名な建築家が開発協力や監修をしていて、デザイン性が高く、間取りの変更が可能な「SE工法」を採用しています。 コンクリートパネル工法で火災に強く、頑強な構造の家づくりが特徴。 35年の無償点検などメンテナンスが評判です。 本社はシアトルにある、アメリカ発の輸入住宅メーカー。 耐久性や耐熱性に優れたヒノキ科の「ウェスタンレッドシーダー」を使用しているのが特徴です。 北欧住宅をメインに輸入住宅を手がけているハウスメーカー。 「年間30棟まで」という制限があり、品質の高くデザイン性に優れた住宅が評判です。 関西を中心に販売している北米輸入住宅専門の工務店。 「全館空調システム」が標準装備なっていることで評判です。 4 坪単価71万円以上のハウスメーカー・工務店一覧 「高級住宅」と呼ぶにふさわしいハウスメーカーが並びます。 無垢の床材• 最新の住宅設備 など、お金にこだわらない家づくりをされる方が多く、 坪単価が100万円を超えることも珍しくありません。 北欧・北米の輸入住宅メーカー。 「高機密高断熱」な家づくりが特徴で、ウェルダンオリジナルの床暖房システム「蓄熱式温水床暖房」が評判です。 スウェーデンに工場を持ち、生産もスウェーデンで行っている輸入住宅メーカー。 「高気密・高断熱住宅」が売りで、木製サッシや24時間換気システムが評判です。 こだわりの本格派輸入住宅メーカー。 高級感のある本格的なオーダーメイド設計が評判です。 高層ビルと同じ「重量鉄骨造」で、非常に頑強な家づくりが特徴。 30年間メンテナンスフリーの外壁「へーベル」が評判です。 デザイン性の高さが評判で、外部の建築士やインテリアコーディネーターと家づくりができるのが特徴。 内装やデザインの選択肢が非常に豊富なことでも有名です。 >>> 実際の坪単価はどれくらいになるのかしら? 【2018年版】大手ハウスメーカーの坪単価ランキング が発表した、大手ハウスメーカー8社の 実際の坪単価(平均)は次の通りです。 ハウスメーカー 本体価格 床面積 坪単価 1 三井ホーム 3954万 42. 2㎡ 93. 8万 2 住友林業 3770万 40. 5㎡ 93. 1万 3 積水ハウス 3700万 42. 5㎡ 87. 0万 4 ヘーベルハウス 3074万 36. 2㎡ 84. 9万 5 大和ハウス 3370万 40. 0㎡ 84. 3万 6 積水ハイム 3030万 37. 6㎡ 80. 6万 7 パナホーム 3473万 43. 2㎡ 80. 3万 8 ミサワホーム 2712万 37. 2㎡ 72. 9万 ちなみに、大手ハウスメーカー8社のデータを単純に平均すると、 POINT• 工務店よりハウスメーカーの方が坪単価は高い• 大手ハウスメーカーになると、坪単価が90万円を超えることも…• 坪単価ランキングは目安にしかならない• 坪単価以外にも、実際には多くのお金がかかる 注文住宅の価格が高くなるのは、広告費や人件費も大きな原因。 ただ、広告費や人件費分は値引きもされやすく、 300万円以上の値引きをされることも…。 相見積もりを取れば、安くて品質の高い注文住宅を建てることができますよ。 >>> あなたに合った理想の注文住宅を手に入れる方法 注文住宅を建てると生活が快適になりますが、デメリットも多く失敗しがち。 失敗しやすい注文住宅を成功に導く一番のコツは 設計にとことん時間をかけること。 特に間取りは大切で、家族の要望に合わせた部屋の配置が大切になってきます。 思い悩み、家づくりがなかなか進まなかった私が頼ったのが「」。 「タウンライフ家づくり」では、あなただけの 「オリジナルの家づくり計画」を複数のハウスメーカーが提案してくれます。 実際に「タウンライフ家づくり」を利用してみて、あなたに伝えたいメリットは5つ。

次の