あどけない 意味 語源。 あどけないの名前の由来とは?|名前の由来語源なら《ユライカ》

わっしょい 掛け声 意味・語源・由来

あどけない 意味 語源

こけしとは? 人形玩具のひとつで、主に木製です。 一般的には、球形の頭部と円柱の胴だけのシンプルな形態をしており、顔や髪型、着物などを描いています。 伝統的なこけしは産地によって表情や模様、胴の形などに違いがあります。 こけしの由来と意味とは? こけしは、江戸時代(1603年~1868年)末ごろ、に東北地方の温泉地で湯治客の土産物として誕生したといわれています。 最も古い物は、文政(1804年~1830年)に宮城県蔵王連峰の東麓の遠刈田(とおがった)で作られ始めたとされ、天保(1830年~1844年)ごろには福島県の土湯(つちゆ)でも作られるようになったそうです。 江戸時代末ごろ、木地師(きじし・ろくろを用いて椀や盆などの木工品を作る職人)が山から下りて湯治客と接することが多くなりました。 それまではお椀やお盆、仏器や神器などを作っていた木地師が、湯治客の需要が別にあると知り、彩色を施した製品を作り始めます。 湯治客の多くは、農民です。 農閑期になると日ごろの厳しい農作業で疲れた体を癒すために湯治に来ており、木地師が作ったこけしは心身回復と五穀豊穣、山の神と繋がる縁起物と考えられ、湯治を終えて自分の村に帰る時に土産として持ち帰るようになりました。 こけしは子どもの玩具としてだけではなく、縁起物として重宝されたのです。 こけしは、「伝統こけし」と戦後、全国の観光地などで作られるようになった「新型こけし」、さらに現代感覚を個性的に表現する「創作こけし」に大きく別けることができます。 伝統こけしは、こけしが誕生したときの様式に従って作られ、産地、形状、伝承経緯などにより約10種類の系統に分類されています。 土湯系(福島県) 伝統こけし三大発祥地のひとつ。 頭がはめ込み式で、首をまわすとキイキイと音が鳴ります。 胴の模様は線の組み合わせが主体です。 鳴子系(宮城県) 伝統こけし三大発祥地のひとつ。 頭がはめ込み式で、首をまわすとキイキイと音が鳴ります。 胴は中ほどが細く、菊の花を描くのが一般的です。 遠刈田(とおがった)系(宮城県) 伝統こけし三大発祥地のひとつ。 切れ長の細い目、なで肩の細い胴が特徴で、胴の花模様は菊や梅を重ねたものが一般的です。 弥治郎(やじろう)系(宮城県) 頭頂にベレー帽のような多色のろくろ模様が特徴で、胴にくびれがあります。 作並(さくなみ)系(宮城県・山形県) 山形作並系ともいい、山形を独立系として扱う場合もあります。 遠刈田から伝わった技をもとに発展したといわれています。 蔵王系(山形県) 遠刈田の影響を受けて発展したといわれています。 胴は、菊や桜のほかにもさまざまな草花を模様として描きます。 肘折(ひじおり)系(山形県) 鳴子と遠刈田の混合の系統として発展したといわれています。 にんまりした表情が特徴です。 木地山(きじやま)系(秋田県) 頭と胴を一本の木から作る「作り付け」の手法が特徴です。 胴は太く、縦縞の着物に梅の花の前垂れ模様を描いたものが一般的です。 南部系(岩手県) 「キナキナ」と呼ばれるおしゃぶりが原型といわれています。 頭部がゆるいはめ込み式で、クラクラと動きます。 津軽系(青森県) 頭と胴を一本の木から作る「作り付け」の手法が特徴です。 津軽藩の家紋である牡丹模様や、アイヌ模様、ねぶた絵が胴に描かれています。 新型こけしは、全国の観光地で土産物として売られている「こけし人形」や、工芸的な「創作こけし」があります。 子消しが語源って本当? こけしは、地域によって呼び名が異なっていました。 木で作った人形だから木偶(でく)という言葉をつかって 「きでこ、でこころ、でくのぼう」、赤ちゃんがハイハイする様子を指す「這子(ほうこ)」という言葉から 「きぼこ、こげほうこ」、芥子人形(けしにんぎょう・衣装を着た小さい木彫りの人形)という言葉から 「こげす、けしにんぎょう」など、様々です。 「こけし」も戦前には「木偶子、木形子、木芥子、木削子、小笥子」など多くの当て字がありましたが、昭和15年(1940年)7月27日に、東京こけし会総会「第一回現地の集まり・鳴子大会」が開催され、 ひらがな三文字の「こけし」に統一されました。 ところが、こけしの語源を 「子消し」や 「子化身」などの当て字をし、貧困のために堕胎した子どもを慰霊するため作られたとする説が、1965年ごろからいわれはじめました。 これは、詩人である松永伍一(まつなが ごいち)が創作童話の中で唱えたもので、これが引用されていろいろなところで書かれるようになり、テレビなどでも取り上げられました。 印象に残りやすい悲しい物語だったこともあり、一般的に広がってしまったといわれています。 しかし、この説を裏付けるものは存在せず、民俗学的には 根拠のない俗説とされています。 こけしはもともと湯治客のお土産だったのですね。 「子消し」が語源という説も、根拠のない俗説といわれていますが、そういう悲しい時代が実際にあったことから、人々の間で広まったのかもしれません。 現在のこけしは、お土産としてだけではなく、インテリアとして人気があったり、各地のこけしをコレクションしてその違いを楽しんでいる人もいるようです。 表情がやさしい、かわいらしいこけしも増え、購入する人の心をくすぐるのかもしれませんね。 app. goo. app. goo. app. goo. app. goo. app. goo. 昔、山形に学生として住んでいたころ、地域のご老人とお話しして 実際に聞いた話です。 山形の庄内地方は今でこそ山形自動車道でつながれて おりますが当時は月山道のみが内陸とのつながる道でした。 冬季にはブリザードに襲われ視界1Mの地、昭和初期ではほぼ隔離された辺境の 地であったそうです。 そのような中、農作業の働き手として子供を多数設けて 生活していたものの、冬季の過酷な気象の中、特に女の子に食事を満足に与 えられずに死んでしまった。 そしてその子を供養するために作られたのがこ けし人形であったと聞いています。 昔はどうしても体力もあり家を継ぐ男の子にいっぱい食べさせ、家から出て いく女の子にはあまりご飯を与えられなかったと。 山形、鶴岡の冬は過酷。 雪の降る前にお米を蓄え、大豆等のたんぱく源、塩を 買いだめ、野菜は雪が降った後雪の中に埋め、一部は漬物に。 それでもどうしても肉類は手に入りにくく栄養不足になる。 もちろんほとんどの家では子供を殺したりはしなかったが、本当に貧しい 家では泣く泣く子供に手をかけた家もあると。 今でこそ、東北も裕福になりましたがかつては子供に泣く泣く手をかけ自分 が生きていくために子を消した事実があります。 子供に手をかけた親は、目にいっぱい涙をため自分の子供が成仏できるように 雪の中、近くのお地蔵さんに毎日かよったそうな。 それが村全体でもかなりの人数通っていたそうだ。 以上お聞きした内容です。 今の自民党政権等、過去のこのような悲しい事実も闇に葬り去りたいので 事実を隠ぺいするのでしょうね。 でも実際にはこのような悲しい過去が東北ではあった。 このようなことを 伝えてくれるお年寄りの方はしっかり事実を記録していってほしいですね。

次の

こけしの由来と意味とは?子消しが語源って本当?

あどけない 意味 語源

2,713• 560• 174• 115• 144• 487• 176• 119• 400• 161• 356• 114• 104• 129• 377• 135• 206• 271• 197•

次の

わっしょい 掛け声 意味・語源・由来

あどけない 意味 語源

2,713• 560• 174• 115• 144• 487• 176• 119• 400• 161• 356• 114• 104• 129• 377• 135• 206• 271• 197•

次の