マイクラ 統合 版 ゾンビ トラップ。 【マインクラフト】ゾンビトラップの作り方!経験値取り放題

【マイクラ統合版1.14.3】天空トラップタワーの作り方!回路なし

マイクラ 統合 版 ゾンビ トラップ

動画も作っているので、良ければ見てってください 天空トラップタワーの概要 統合版・天空トラップタワーの概要を説明します。 天空トラップタワーは名前の通り、天空にトラップ(モンスターを湧かせて処理する場所)を作り、自動でアイテムを集める建築物です。 地上ではモンスターがバラバラに出現するので効率的に倒すことができません。 そこでモンスターが湧かない空中に足場を作り、そこにスポーンを集中させます。 2019年の統合版ver1. 11アップデートからモンスターの出現条件が変わり、 プレイヤーの半径25マス~54マス以内離れた場所にモンスターが出現するようになりました。 画像の赤丸で囲んだ範囲がモンスターの湧く場所です。 つまり、地上から54マス以上離した場所に足場を作り、意図的にモンスターを湧かせます。 天空トラップタワーは3つの層からできています。 「モンスターを湧かせる層」が2つ、「落ちてきたモンスターを水流で集める層」が1つです。 水流で集めたモンスターを待機場所に落とします。 天空トラップタワーの構造は上記のようになります。 1番上の層にモンスターが出現します。 落とし穴を沢山開けておいて自然にモンスターが落下するようにします。 落ちてきたモンスターを水流で集めて中央の穴に誘導します。 落下ダメージでモンスターを瀕死にし、プレイヤーが倒すことで経験値&アイテムをGETします。 アイテムがドロップするのでホッパーで拾ってチェストに集めます。 プレイヤーはチェストの前で待機するだけでOKです。。 天空トラップタワー上部の様子です。 出現したモンスターが下に落ち、水流で誘導されます。 天空トラップタワー下部の様子です。 22マス分落下させることで瀕死にします。 下の隙間からプレイヤーがモンスターを倒して経験値、アイテムをGETします。 下で待ってるだけで経験値とアイテムが貯まります! 天空トラップタワーで手に入るアイテム 天空トラップタワー1時間稼働でこれぐらいアイテムが集まりました。 「火薬」「腐った肉」「骨」が大量に手に入ります。 火薬はTNT爆弾や、打ち上げ花火(エリトラの推進力になります)に使うので沢山あると便利です。 「腐った肉」はで使うことができます。 エメラルドと交換できるほか、エンダーパール集めにも役立ちます。 エンダーパールはに行くために必須のアイテムです。 天空トラップタワー作りに必要な道具• 石ブロック…沢山• ガラスブロック…沢山• ハーフブロック…沢山• 木のボタン…沢山• バケツと水• ホッパー…2個• チェスト…2個 必要な道具は上記の通りです。 入手困難なアイテムはありませんが、石、ガラス、ハーフブロック、ボタンが沢山必要になります。 多めに用意しておきましょう。 平原、砂漠がオススメです。 逆に山、川、海は避けてください。 待機所づくり 空に向かって足場を伸ばします。 平原の高さが60~70なので、54マス以上離してトラップを作りましょう。 今回は余裕をもって、高さ170にしました。 足場にモンスターが湧かないようにガラスブロックを使うか(ガラスの上にはモンスターが湧きません)、十分な明るさを確保してください。 画像のようにチェスト、ホッパーを設置します。 ホッパーは必ずチェスト向きに連結してください。 スニーク状態(しゃがんだ状態)でチェストに向かってホッパーを設置すれば連結できます。 ホッパーの窪みの中に経験値オーブが入らないように、上にハーフブロックを置きます。 ホッパーの上にモンスターを落とすので、囲むようにガラスを設置します。 先ほどのガラスを22マス分積み上げます。 22マス分落下させることでモンスターを瀕死にします。 水流層づくり 先ほど作った2マスの穴の片方に目印ブロック(画像では黄色のブロック)を置いて 横に8マスずつ伸ばして、足場を作ります。 中央はこのような形になります。 目印ブロックを壊して2マス分の穴にしました。 目印を置かなかった方の穴にボタンを設置してください。 ボタンを置くことで水が流れ込むのを防ぎます。 先ほど作った足場からさらに7マスずつ広げます。 中央の足場から1段高くしてください。 画像のように、四隅にブロック3つ置いてください。 全て作るとこのような感じになります。 中央に向かって水を流します。 画像の赤い場所に水を置いてください。 四隅の3ブロックは中央だけに水を置くので注意してください。 わかりにくい場合は で確認してください。 水を流すとこのようになります。 外から中央に向かって水が流れます。 中央1マスだけ穴が開きます。 最初に目印を置いたマスに向かって水が流れます。 下から見るとこのようになります。 普通に作ると水が流れ込んでしまいますが、ボタンを設置したので流れ込みません。 これで2マス分の穴にモンスターが落下するようになります。 穴が1マスだけだとモンスターが混雑して落ちにくくなります。 さらに、1マスの範囲にモンスターが沢山集まると窒息ダメージが発生します。 そのため、2マスの穴に落ちるように設計しています。 4マスの穴にすると、下部でモンスターを倒す際にクリーパーが爆発する(隙間から目が合うと爆発する)ので2マスにしました。 これで水流層が完成しました。 湧き層づくり 次にモンスターの湧き層を作ります。 水流層の高さを3マス確保して、湧き層の床を作り始めます。 外側1マスをぐるっと掘って溝にします。 この溝からモンスターを落とします。 このままだとモンスターが溝に落ちないので、画像のように壁にボタンを設置します(床と同じ高さになるようにしてください)。 このようにボタンを置くことで、モンスターは足場があると勘違いして落ちるようになります。 外側だけでなく、中央の溝にもボタンを設置します。 画像の赤い場所全てにボタンを設置してください。 (床の側面に設置してください) これで湧き層1つ完成です。 先ほどと同じ湧き層を2層分作ります。 天井までの高さは2マスにしておきましょう。 統合版ではモンスターの湧き判定が「地表」と「地下」の2か所に設定されています。 「地表」は上空から見て、一番上のモンスターがスポーンできる足場のこと指します。 「地下」は地表より下のモンスターのスポーンできる足場のことです(洞窟など)。 2層分の湧き層を作ることで効率良くモンスターが湧くようになります。 湧き層を3層、4層、5層…と沢山作っても2層から下は全て「地下」扱いになるので、モンスターの湧き効率が2倍、3倍になるわけではありません。 「地下」で合わせて8体までしかモンスターが湧きません。 そのため、今回は2層までにしています。 天井にハーフブロックを敷いて湧き潰しをします。 この作業を忘れると天井が「地表」扱いになり、モンスターの湧き効率が半減してしまいます。 注意しましょう。 また、 松明で湧き潰しをしないでください。 松明を使うとモンスターは湧きませんが、天井の上が「地表」扱いになります。 必ずハーフブロックを使ってください。 これで完成です!お疲れさまでした! 離れすぎるとモンスターが湧かなくなるので注意しましょう。 自動処理する場合 「経験値はいらないけど、アイテムだけ欲しい」という場合は高さを調整して自動処理できます。 (プレイヤーが直接倒さないと経験値が出ないので、経験値はもらえません) 待機場所をさらに下げて、落下距離を30マスにしてください。 これで全てのモンスターが即死するようになります。 稀に防具装備のモンスターが死なない場合があるので、焚き火を設置しておきます。 焚き火の炎ダメージで確実に処理します。 あとはチェストの前で待機してるだけで、自動でアイテムが貯まります。 長時間放置するとファントム(数日寝ていないと出現する)が湧くので、待機場所には屋根付きの小屋を作っておきましょう。 y69の世界でy170に友達と協力して二時間ほどで作りました! mobの落下距離は22ブロックにして経験値が入るように、またクリーパーと目があって爆発しないようにチェスト周りを丸石で補強して使っています。 ドロップ品回収にも、修繕にもレベル上げにも使えてすんごい便利です笑 ただ記載されたブロックの必要量があやふやですこし苦労しました…! 私は地上まで水流エレベーターでつないだのでガラスを余計に消費しましたけどね笑 ボタンも丸石ブロックもガラスもハーフブロックもおおよそ1.

次の

【統合版マイクラ】はんぺん式ドラウンド(溺死ゾンビ)トラップの作り方【v1.14.60対応】

マイクラ 統合 版 ゾンビ トラップ

水のアップデート第2弾の内容• ウミガメの追加• ドラウンド(溺死ゾンビ)の追加• トライデントの実装• コンジットの追加 アップデートでドラウンドが追加された影響だと思うのですが、水の仕様が変わってしまいました。 その結果、ゾンビ(アンデット全てらしい)が水で浮かなくなってしまったんですよね。 そのため、影響を受けたのがゾンビトラップ。 今までは看板を水を交互に置いて水で浮かせていましたが、ゾンビが浮いてくれないので途中で詰まるようになってしまったんですよね。 実はこのゾンビトラップを動くように直すのは簡単です。 上に持ち上げる通路の看板を外し、全て水で満たしてから底部にソウルサンドを置くだけです。 アップデートで 気泡塔という仕様が追加されましたので、この仕様変更を利用しようというわけです。 もくじ• 気泡塔式ゾンビトラップを作ってみた せっかくなので、ちょっと仕組みを変えてみました。 下に落として上にあげる式、名付けて「ソウルサンド式ゾンビトラップ」!!! 左から落下してダメージを受け、そのあと気泡を使って右の処理層に上がってきます。 上に掘らなくて良い分、作りやすいですよね! では早速作り方を説明していきましょう。 落下する左側部分 ここはゾンビスポナー部屋から流れてくる部分です。 これまではこの位置から上に向かってゾンビを流していましたが、下に21マス掘って落とす仕様に変更してみました。 落下した後の部分 下まで落ちると、この左側の位置に落ちてきます。 落下時に水があるとダメージを受けてくれないので、看板を使って水が流れ込まないようにしています。 右側には、底部にソウルサンドが置いてあるので、気泡でゾンビがすごい勢いで上に浮き上がります。 流れ出さないように看板を使って水を堰き止めて、上まで完全に水で満たしてしまいましょう。 左と右をつなぐ通路の部分は3マスほど空いていますが、ゾンビは勝手に隅に行こうとするので勝手にエレベータに乗ってくれます。 気になるようであれば水を流してエレベータに誘導してもいいでしょう。 処理層作り エレベータに乗ると、右側の処理層に上がってきます。 ここにゾンビを溜めて一気にぶん殴る仕組みですw 好きなところまであげることができますが、待機位置を考えて作ってくださいね。 離れすぎると湧かなくなってしまいますからね。 そして、チビゾンビが出てこないようにハーフブロックで堰き止めています。 処理層を裏から見るとこんな感じ。 ホッパーを敷くかホッパー付きトロッコを使って自動でアイテム改修するのがオススメ。 ドラウンドを作れるように改造してみよう ドラウンドはゾンビを水に45秒浸しておくと作れるそうなので、ゾンビの処理層を水で満たせるようにする仕組みを追加しました。 処理層の天井に、シャワーを置きましょうw 水バケツ入り発射装置を設置します。 そしてレッドストーンとボタンを置いて、ボタンを押すたびに水が出たり止まったりという仕組みを作ります。 敵が全然沸かない!という方 多分、この通り作ってもゾンビが最大8体くらいしか貯まらないかもしれません。 おそらく統合版になってから、 ゾンビスポナーの湧き上限をカウントする範囲が広くなっています。 ですので、ゾンビを貯める場所をゾンビスポナーから遠ざけることで対応可能であることがわかりました。 沸かせたゾンビを水流かなんかで水平に流してみて、ゾンビを貯めて置いてもゾンビスポナーから敵が湧き続けるような位置を探すといいでしょう。 私はゾンビを貯める場所をゾンビスポナーの部屋からでる出口から同軸方向に15マス程度離してみたら、ゾンビスポナーからぶっ壊れるくらい湧くようになりましたw なので、ゾンビスポナーから同軸方向に20マス近く離せばいいんですかね? この改善をするとゾンビを殴る位置と待機所が離れてしまいますが、溜まる速度が早いのは大正義。

次の

【マイクラ】スイッチ統合版ソウルサンド式ゾンビトラップを作ってみたよ!水のアップデート第2弾 Ver.1.5対応|けい散歩

マイクラ 統合 版 ゾンビ トラップ

Contents• 落下式スケルトントラップとは 知ってる人ばっかりだと思うが一応説明ね。 スケルトンスポナーからスケルトンを湧かして高所に吸い上げ22マスの落下ダメージによって瀕死の状態にしたスケルトンを一か所に大量に溜めてぺちぺちトドメを刺すことで経験値とアイテムドロップをごっそりいただいてしまおうというトラップです。 6体制限とは スポナーからの一定範囲内に6体以上のモンスターが存在するときに、スポナーからの湧きが制限されてしまうこと。 スケルトンを溜める処理スペースと、スケルトンを搬送する経路に要注意、って感じです。 スケルトン湧き層 ではさっそくスケルトン湧き層から。 まぁよく見る感じの構造ですが、スポナーの下は4マス空けました。 スポーン範囲だけで考えると2マス空きで充分なんですけどね。 床から水で流して水泡エレベーターに向かう途中でどうしても1体詰まってしまうので、この詰まったスケルトンを6体制限の外に出したいという狙いです。 床がスポナーから縦方向に4マス空きなので、水泡エレベーター地点はスポナーから縦方向に6マス空いていることになり、多少スケルトンが引っかかってまごついたとしても6体制限範囲外ってことになります。 床自体をもう2マス下げて作ればスポーンしたとたんに範囲外に落とすことも可能ですね。 ん~、その方が良かったか? 【追記】このあと湧き層の床を2マス下げてみましたが、体感できる違いはありませんでした・・・。 水泡エレベーター この呼び方で正しいのかわかりませんがw ソウルサンドから発する泡でスケルトンを上方に押し上げるシステムですね。 最終的にスケルトンが落ちる処理スペースまで『22マス落下』させることで、落下ダメージによって瀕死状態にするための上昇エレベーター(縦水路)です。 画像左の縦水路の底にはソウルサンド。 スケルトンの入り口は水がこぼれないように看板を設置。 一般的にはスケルトンの縦幅に合わせて縦2マス空きで作ることが多いんですが、水流の切れ目で必ず1体が引っかかってしまうので、少しでもスムーズに流れてくれるように縦3マス空けました。 3マス空けの効果のほどは・・・ 微妙ですねw。 どのみち次の1体が押し出してくれるまでは引っかかってます。 まぁ2マス空けから見て悪化しているわけではないのでこのままで行きます。 ちなみに、湧き層のすぐ横に設置したので統合版では上昇時に6体制限範囲をスケルトンが通過してしまうことになります。 「上昇は一瞬なので湧きにはそんなに影響ないだろう」という点と「待機スペース兼処理スペースを湧き層のすぐ上に作りたかった」という理由でココに設置しましたが、効率を重視するなら横方向にあと4マススポナーから遠ざけた方が良いでしょうね。 アップデートによるゾンビの浮力変更 最近行われた水関係のアップデートにより、ゾンビ全般が「水に浮く」性質から「水に沈む」性質に変更になりました。 以前は水と看板を縦に並べるだけで勝手にスケルトンが上に吸い上げられていたんですが、アップデート後はこの方式では沈んだままになってしまいます。 解決方法として、今はソウルサンドが水に触れているときに発する泡の力を利用してスケルトンを上方に押し上げる方法が一般的です。 スケルトン横移動水路 次はスケルトン上昇後に落下穴まで運ぶ横水路。 水泡エレベーターの上端に看板を設置し、もう一マス上から水を流すことで横の水流を作っています。 水泡エレベーターの水を繋げてしまうと横方向の水流が1マスで途切れてしまうので、苦肉の策でこうなりました。 その割には引っかからずにちゃんと流れてくれますね。 そもそも、上昇後の横移動が1マスで済むように設計していればこんなことはしなくて済みますよ。 待機スペース及び処理スペース こちらは湧き層の直上に設置した待機スペース兼処理スペースですね。 待機スペースの中央には湧き層の湧きつぶし光源があります。 この使い勝手とエレベーターを6体制限範囲外に出すことを天秤にかけて、使い勝手を選びました^^ 下手に待機スペースをスポナーから離すと「ここにいてもちゃんと湧いてるのか?」っていう疑念がストレスになりますし・・・w スポナーの可動範囲 スポナーの半径14マス以内にプレイヤーが居れば、スポナーは稼働します。 処理スペースもごく一般的な形状ですね。 ちなみにスポナーからは湧き層縦2マス+天井ブロック1マス+スケルトンの足場用ホッパー1マスの計4マス縦方向に離れているので、6体制限からは外れています。 湧き層のすぐ近くに処理スペースを作る場合はここでも6体制限に気を付けてください。 範囲内にスケルトンが溜まる構造だと湧きが止まってしまいます。 処理スペース床のホッパーからはドロップしたアイテムをチェストに運ぶ経路を作りました。 自動仕分け装置までは作ってないですけどね。 ドロッパーでアイテムをいったん吸い上げて、さらにホッパーで3つのラージチェストに入れていく設計。 ラージチェスト1個だとすぐ満杯になっちゃうんで、狭いスペースでなんとか3つ分のチェストまで自動搬送している感じです。 ドロッパー裏のアイテムエレベーター用レッドストーン回路はこんな感じ。 回路はあんまり得意じゃないんで、上手い人ならもっと省スペース化出来るんじゃないかな?と思われます。。。 待機スペースの画像右側に見えているのは地上へ出る用の自分エレベーターですね。 スケルトン湧き効率 スポナーは10秒~40秒間隔で1体~4体のモンスターをスポーンさせる、という性能だそうです。 この秒数、体数の幅の中での確率的な偏りはわかりませんが、均一だとしたら10秒に1体ペースってことになりますね。 (仮説) で、今回作成したスケルトントラップを稼働してみたところ、5分で約30体のスケルトンが湧いていることを確認できました。

次の