トランペット 初心者 おすすめ。 激安ポケットトランペットって実際どうなの!?音色、使い心地などレビュー【吹奏楽】|こけけんのにっき

【トランペット】マウスピースの選び方 徹底解説♪

トランペット 初心者 おすすめ

スポンサードリンク トランペット初心者が早く上達するために毎日やる練習方法とは? まず最初は、これだけは毎日欠かさずにやっておきたいという練習を3つご紹介します。 ロングトーン ロングトーンとは、 一つの音を伸ばして吹く練習です。 一見単純な練習の見えてこのロングトーンには、テンポに合わせたブレスの取り方、音がまっすぐ伸ばせているか、音の処理 最後の切り方 など、気にかけなければならない点を挙げはじめたらきりがないほど重要な練習方法です。 慣れるまではテンポ60で 4拍ずつのロングトーンをして、徐々に8拍、16拍と長いものにもチャレンジしていきましょう。 タンギング タンギングとは、英語で舌を表す単語tongue タング に由来する 舌使いを表す用語です。 音を区切るときに必要になる技術で、金管楽器の楽曲には シングルタンギング、 ダブルタンギング、 トリプルタンギングなどが登場しますが、初心者の方は焦らずに シングルタンキングから練習しましょう。 リップスラー リップスラーとは、 同じ指のままスラーで2音以上を行き来する練習です。 マウスピースで唇をプレスせずに高い音を出したり、息のコントロールが上達したりするので、 音域を拡大するのに効果的な練習方法です。 2音のゆっくりなリップスラーからはじめ、慣れてきたら徐々に行き来する音を増やしたり、テンポを速くしたりして練習するといいでしょう。 Advertisement 関連する記事• 誰でも叩けば音が出せる打楽器ですが、良い演奏のためには基礎練習は欠かせません。 吹奏楽の打楽器に共通の基礎練習や、打楽器ごとの基礎練習はどうやったら良[…]• 「指揮者の先生がいなくて、合奏の指導を任されたけど、どうしたらいいの?」という部長さんや 「はじめて吹奏楽の顧問に就任したけど、どうやって指導したら良[…]• サックスをはじめてみたはいいけれど、どうにも上達を実感できない…そんな方は多いのではないでしょうか? 今回はそのような方に、上達が実感できるサックス初[…]• 吹奏楽部でパーカッションになったけど、やっぱりドラムも叩くんだろうな~とちょっと不安になっていませんか? 「手足をバラバラに動かすなんてムリムリ!」 […]• 楽器のレッスンや吹奏楽の練習などで「譜読み」という言葉をよく耳にします。 「譜読み」とは、初めて目にする楽譜から、調、拍子、テンポ、リズムなどから曲調[…].

次の

トランペット用マウスピースのおすすめ人気ランキング10選

トランペット 初心者 おすすめ

おすすめは、YTR-4335などの 初心者モデルです。 (YTR-4335はYAMAHAの初心者トランペットモデル) 4335は、とても良いです。 なんと言っても、トランペットの大御所と言えば Bach(バック)と言うメーカーですが、 このバックは、抵抗感があり、とてもじゃありませんが 初心者が吹くにはとても、向いてはいません。 クラシックにしろ、ジャズにしろ、YTR-4335がいいと思いますよ。 4335だと、お店によって違いますが、10万前後で買えますよ。 (9万~12万) あと、安いからと言ってネットで買うのは絶対にオススメできません。 トランペットは、ピアノと違って、同じ機種だからと言って 同じ音だとは限りません。 同じ種類でも、自分に合ったものと合ってないものがあります。 お店に行ったとき、「吹いてみますか?」などと言われると思いますが、 音も出せない初心者なら、「本当に初心者なんです。 」と言って、 吹かないように言えば大丈夫です。 恥ずかしいですしね・・・。 色は主に大きく分けて、金と銀があります。 金は、ハリのある、ジャズや賑やかな曲に向いていて インパクトのある音がでます。 こういう曲に向いています。 (ガーシュウィン作曲 ラプソディー・イン・ブルー) 銀は、金に比べ比較的、透き通ったような、輝く音がでます。 どちらかと言うと、金はカッコイいと言った音色ですが、 銀は、きれいと言うような感じです。 こういう曲に向いています (ワーグナー作曲 ローエングリンよりエルザの大聖堂への行列) 日本人のオケ団員(トランペッター)は銀が多いと思います。 また、ソロをよく吹く外国人トランペッターも銀が多いです。 しかし、インパクトを求める方が外国は多いので 金を買う人も多いと思います。 ここで、メリットとデメリットを教えます。 10年使うと考えたとき・・・ 金・・・10年後は金が禿げて、吹いているだけで、 サビ臭くなります。 しかし、その分日頃の手入れは、 そこまでしなくても大丈夫です(磨くなど・・・。 ) 指紋も目立ちませんし。 銀・・・10年後は、少し黒みがかかっています。 指紋も目立ちやすく、毎日磨かないと(拭く) 10年後は黒くなってしまいます。 磨いてもなるかもしれませんが・・・。 笑 そんなところです。 ですから、銀の方が長く使うと考えるといいかもしれません^^ 響きは断然Bachの方がイイですよ。 なので、しばらく使ってハイベーまでラクラク出たら、 バックに乗り換えることにオススメします。 (15万~20万前後のもの) 吹いてみると、やはり響きが違うとおもいます。 ヤマハは、周りに散るので、自分が吹いているには、 よく聞こえると思うのですが実際はまっすぐ飛んでないので ダメです。 Bachはまっすぐ飛ぶので、周りには素晴らしく響くのですが 自分では、あまり手応えがないかもしれませんが、良いですよ。 また、YTR-1335や2335もありますが、 これは、大切なパーツが付いていなかったりして (左親指を入れるフックがついてなかったりと) 支えができなかったりするので、絶対にこの2つは買ってはいけません。 4335が絶対に良いですよ。 最初の購入は。 アクセサリは・・・ オイル・スライドグリス です。 合奏したり、レッスンしたり、きちんと練習をしたい場合は、 チューナー、コンタクトマイク、電子メトロノーム 譜面台 こんなところです。 楽器は、普通ハードケースについてくるはずです。 持ち運びを簡単にしたい場合は、 弾圧性には優れてない、軽量ケースなどがあります。 まずはトランペットで何がしたいのでしょうか??? ジャズ?クラシック?吹奏楽?野球の応援団? トランペットを始めたいという気持ちはとても素晴らしいのですがとても難しい楽器です。 独学では99パーセント挫折します。 楽器店等で開かれている教室に体験入学することをお勧めします。 最初楽器はレンタルでいいと思いますよ。 もしそれでやれそうだと思ったら5~10万位の国産。 とりあえず持っているだけで満足ならば中国製の安いやつでも買いますか・・・ 本気で行けそうならば20万以上の楽器もいいですなあ。。。 アクセサリーは必要に応じて追々と言う事で。 まあ、バルブオイルとスライドグリスがあれば十分ですが普通楽器を買えば付いてくるでしょう。

次の

トランペットメーカー比較

トランペット 初心者 おすすめ

こんにちは。 かれこれ1年前に楽器選びのコツ的なブログを不定期シリーズとしたはいいものの、 最後に更新したのがいつだったかも覚えてないワケですが(涙; 開き直って再開致します! 前回はサックスの選び方編に続いて今回は急にw トランペット編! またまたツラツラと自分の思いの丈を書かせていただこうかと思います。 トランペットの場合サックスなどの木管楽器と比べると稼動する箇所が限られている為、クオリティの違いがわかりづらいかと思いますが、 だいぶ!だいぶざっくりとチェックポイントを申し上げると、 ・ピストンの作動 ・抜き差し管の作動 トランペットの場合やはりこの2点ではないかと思います。 詳しい知識が無くても解りやすいポイントですしね。 その他、 マウスピースとレシーバーのギャップが、、 とか、 ベルの響きが、、、 とか、 もちろんこだわりたい部分はたくさんあると思いますが、 幅広いメーカー・機種の中でこの2ポイントにストレスがないことが 重要であることをご理解いただきたいです。 さらに個人的に申し上げたいのが、 ピストン・抜き差し管については単純にスムーズに動いていればいいというわけではないということです。 トランペットのほとんどが金属でできています。 もちろん稼動するピストン・抜き差し管も金属製ですので、使い続ければ金属磨耗が進んで削れていきます。 (オイルを挿す隙間が大きくなっていきます) その結果、新品の時には高い機密性を保ち、息のロスが無い為、抜群のパフォーマンスを誇っていたのに、徐々に息漏れが発生してしまいます。 そういうワケで、出来れば長く機密性を保ちたい! 新品の状態で稼動部分の隙間が大きいと機密性を保てる期間が短くなってしまうのです。 その点でYAMAHAはスタンダードシリーズからハイグレードクラスまで素晴らしい機密性とスムーズな作動を実現しています。 たまにその機密性とスムーズな作動のギリギリのラインで製造した為に、オイルが切れるとすぐにひっかかりが出てしまい、「これは作動不良ではないか?」っというご指摘をいただくことがございますが、バルブオイルを挿してきちんと作動するレベルであればすり合わせの調整は必要ないです。 むしろピストンの機密性が高い状態を短くしてしまいますので、バルブオイルによって自然に金属磨耗が進み、馴染むまでそのままご使用いただくことをお勧めします。 数ヶ月ご使用いただいても作動にストレスを感じられるようでしたらメーカーの1年保証をご利用いただいて調整を依頼することをおすすめします。 消費するだけではない10年20年先を見据えた 「長く使う為の楽器」を販売しているわけですね。 そんな 「長く使うこと」 を前提にしており、且つコストパフォーマンスに優れたおすすめトランペットとして、 ・YAMAHA スタンダードシリーズ ・BACH 600? 400シリーズ をおすすめします。 本日はまず 「YAMAHA スタンダードシリーズ」から。 しかし、YAMAHAのスタンダードシリーズには大きく分けて3機種あり、 またそれぞれに「ラッカー仕上げ」と「シルバーメッキ仕上げ」と2種類ある為、 スタンダードシリーズだけで 6モデルあります。 何がどう違うの!!? っとなりますよね。 価格に差があるともちろんグレードも異なりますが、 それぞれに抵抗感や材質、仕上げ(塗装)が異なりますので、 お好みの吹奏感が得られるモデルを選んでいただければ嬉しいです。 また、イシバシ楽器店各店舗で様々な種類のセット内容をご用意しています。 ・大体のアクセサリーは先に揃えてしまっているので 楽器本体をとことんお買い得にお求めいただけるお買い得な単品販売 ・必要な周辺アクセサリーが全てセットになっている便利なセット ・練習場所がぐっと広がる練習用ミュートシステム:サイレントブラス(SB7X)が付属してるセット などなど。 少しの息でも慣らしやすい軽めの吹奏感で初心者の方や体の小さなお子様にもおすすめのモデルです。 ・ラッカー仕上げは明るくハリのある音色が特徴的。 ・シルバーメッキ仕上げは心地よい倍音を含む柔らかな音色が魅力。 リバース管を採用しスムーズな息の流れを実現しつつ、支柱を配置することで適度な抵抗感を出しています。 全体的なバランスの良さが特徴的。 フレキシブルな演奏を可能にするフットワークの軽さが魅力です。 こちらも仕上げの特徴として ・ラッカー仕上げは明るくハリのある音色 ・シルバーメッキ仕上げは心地よい倍音を含む柔らかな音色 ですが、全体的に煌びやかな音色が特徴的なので、 POPSやJAZZなどを始めたい方に最もおすすめしたいモデルです。 その柔らかな音色から、マイナーチェンジを繰り返しながら長く人気を得ており、吹奏楽の方に長年親しまれているモデルです。 加えて、現行モデルはベルは軽量化されている為レスポンスが良く、さらに操作性が向上しています。 こちらも仕上げの特徴として ・ラッカー仕上げは明るくハリのある音色 ・シルバーメッキ仕上げは心地よい倍音を含む柔らかな音色 ですが、ベルにゴールドブラスを採用している為、ラッカー仕上げでもしっとりと芯が太く、シルバーメッキはさらに深みが増しているイメージです。 色の好みで決めていただいたりしてもOKですし、 迷ったときにはどのような環境でどんなプレイヤーが使うのかで決めていただけるといいなーと思います。 ・長らく吹ける状況にない ・楽器の捨て方がわからない ・新しい楽器の購入を検討している など、 様々な状況で楽器を手放す際にはぜひ一度ご相談下さい。 思い出の詰まった楽器を現役のプレイヤーと縁を結ぶお手伝いをさせていただきます。 今回のザックリなご説明で不明な点が解消されない場合には、 店頭・メール・お電話などでお気軽にお問合せください。 また、当ページをご紹介いただく場合は、画像、動画等に直接リンクをしないようにお願いします。 既に在庫切れ、販売終了となっている場合がございます。 現在の正しい状況については下記店舗へ直接お問い合わせください。 また、当ページに掲載されている画像、文章等の転載、二次使用等はご遠慮下さい。 WEBSHOPの記事 管楽器情報• 店舗のご案内• 店舗の最新情報.

次の