外壁塗装 住宅ローン控除。 外壁 塗装 住宅 ローン 控除

外壁塗装を考えていたら住宅特定改修特別税額控除というものに出会った・・・

外壁塗装 住宅ローン控除

年末時点で 住宅ローン残高の1%分を、所得税から控除することができ、控除が受けられる期間は、10年間です。 (2019年10月から2020年12月末までの入居の場合は13年間)また、控除できる金額の上限は 40万円です。 納税した所得税額が住宅ローン控除の額よりも少ない場合には、控除しきれない状態となりますので、翌年の住民税からも、上限13万6500円以下で、控除される措置が設けられています。 控除を受けるためには、年末の確定申告を提出する必要があります。 次年度以降は 「住宅ローン残高証明書」を年末調整と一緒に会社に提出するだけでOKです。 実は、「住宅借入金等特別控除」は「建築基準法で規定された大規模な修繕や模様替え工事」にも適用することができるので、 外壁塗装や屋根修理の際にも使うことができるのです! 大規模な修繕や模様替え工事の規定として、国税庁は以下のように定めています 条件1:返済期間が10年以上のローンであること 外壁塗装のみのリフォームローンでも、住宅ローンとまとめた借り換えの場合もOKです!借り換えの場合はローン残高について注意が必要ですので、後程ご説明します。 条件2:居住用の住宅であること 会社の事務所や、投資用マンションなど、自分が住むわけではない物件は当てはまりません。 外壁塗装のみのリフォームローンでも、住宅ローンとまとめた借り換えでもOK! 外壁塗装のためにローンを組むことを検討した際、考えられるパターンが2通りあります。 外壁塗装の費用のみを借りる、 「リフォームローン」と、住宅ローンの残高と外壁塗装の費用をまとめて 「住宅ローンを借り換える」パターンです。 まだ住宅ローンが完済していない場合は、まとめて借り換えをすることで金利が有利になったりする可能性もあるので、検討してみましょう。 詳しくはこちらをご覧ください! もし住宅ローンを借り換えした場合、外壁塗装分が上乗せされているので、ローン残高が上がりますよね。 控除できる額に変更があるのでしょうか?また、住宅借入金等特別控除が受けられる「10年間」にも変更があるのか気になりますよね。 住宅ローンを借り換えた場合の、ローン減税のルールはこちらです! 1. 住宅借入金等特別控除額の計算明細書(税務署でもらいましょう。 でダウンロードも可能です) 2. 住宅取得資金に係る借入金の年末残高証明書(金融機関から送られてきます) 3. 増改築等工事証明書(工事の際に塗装業者にもらいましょう) 4. 負債契約書の写し(塗装工事の契約の詳細がわかる書類) 5. 給与所得の源泉徴収票(会社員の場合) 6. 塗装する建物の登記事項証明書(登記簿謄本) 7. リフォーム減税やリフォーム控除というのもあるけれど・・・? 住宅ローン減税、つまり住宅借入金等特別控除とは別に、リフォーム減税、リフォーム控除と呼ばれる 「特定増改築等住宅借入金等特別控除」という制度もあります。 住宅ローン減税との併用はできませんし、外壁塗装の場合は、断熱塗料を使った際など、「省エネリフォーム」に当てはまらなければ使えませんので注意しましょう。 「省エネリフォーム」として認められる場合はリフォームローン減税を受けることができます。 また、ローンを組まなかった場合でも、 「住宅特定改修特別税額控除」という「投資型減税」に当てはまりますので、断熱塗料を使った際はぜひ検討しましょう。 「特定増改築等住宅借入金等特別控除」と 「住宅特定改修特別税額控除」の内容や条件はこのように異なります。 外壁塗装のためにローンを組んだ際の参考にして、少しでも家計の負担を減らしたいという方は控除の申請をしてみましょう! 7. まとめ いかがでしょうか?税金周りの話は、種類や条件も複雑で、難しいですよね。 塗装業者の中には、こういった減税制度などにも詳しい業者もいます。 そのような頼れる業者を見つけて、書類の取得などをサポートしていただけるとありがたいですね!.

次の

外壁塗装を住宅ローン減税の対象にして節税する方法(計算式あり)

外壁塗装 住宅ローン控除

住宅を購入してから10年以上経過すると、様々な部分に経年劣化がみられ、リフォームを検討される方も多いかと思います。 リフォームというと内装のイメージがありますが、外壁塗装や屋根塗装に関しても、10年を目安にメンテナンスを行って必要に応じてリフォームを行うべきです。 ですが、外壁塗装・屋根塗装を行うとなると、やはり費用がかかってしまうこともネックになってしまうでしょう。 そんな時、利用したいのが「ローン控除」です。 少しでもお得に外壁塗装・屋根塗装を行うために、基本的なローンのことから、外壁塗装のローン控除に関する仕組みについても知っておきましょう。 外壁塗装は意外とかかる!そんな時はローンを利用しよう 皆さんは外壁塗装にどれくらいの費用がかかるかご存知ですか? 一般的な内装リフォームに比べてそんなにかからないだろうとお考えの方も多いかと思います。 しかし、実際は意外とかかってくるものなのです。 まずは外壁塗装にかかる大まかな費用から、基本的なローンに関する知識などについてご紹介していきましょう。 なぜなら、塗料の違いや外壁の面積、補修箇所など様々な点から外壁塗装の費用が変わってくるためです。 しかし、大体の相場として建坪30坪程度の外壁に中等級の塗料を使用した場合、施工総額は約60~80万円程度と言われています。 ここには屋根塗装は含まれず、木部や鉄部などの塗装、そして足場代金が含まれています。 劣化の状態によっては補修しなくてはならないため、さらに相場は変わってくるでしょう。 テレビCMだけでなくラジオやチラシなど、広告をたくさん見たり聞いたりできると、つい調べるのも面倒だからという理由から依頼されてしまう方もいらっしゃいます。 しかし、このような企業は費用が高くなるケースもあるので気を付けましょう。 見積もり項目の中に「諸経費」という項目があるのですが、この項目には現場における様々な経費の他に、一般管理費と呼ばれる広告・宣伝費なども含まれているのです。 つまり、広告や宣伝を大々的に行っている企業であればあるほど、諸経費が高くなる可能性があります。 諸経費の相場は総施工費の3~10%になるのですが、あまりにも大きい金額が適用されている場合はきちんと担当者と話し合うことが大切です。 まだ住宅ローンの返済がしきれていない状態で外壁塗装に数十万円かかるのは厳しいというご家庭も多いのではないでしょうか? 外壁塗装の料金支払いは基本的に契約時、もしくは施工時に一部を支払ってから施工完了後に残りを支払う形か、施工完了後に全ての料金を支払うかの2パターンに分けられることが多いです。 基本的にはまとまったお金を支払うことになるので、あらかじめ外壁塗装が行える程度のお金は用意しておく必要があります。 しかし、そのようなまとまったお金がなかなか用意できないという時は、ローンを利用してみましょう。 外壁塗装でローンを利用するなら、現在住宅ローンを借り入れている金融機関への相談から始めてみましょう。 多くの金融機関では金利の優遇制度を実施しているところもあり、住宅ローンを借り入れながらリフォームローンを実施することで別々の金融機関で借り入れるよりも金利面で得をする可能性があります。 ローンは長期での返済となるため、少しでも金利を抑えた方が利息分も減り、総返済額が少なくなるので検討してみましょう。 また、同じ金融機関に相談することで、外壁塗装での借り入れよりも既に住宅購入による大きなローンを利用していることで審査が圧倒的有利になり、借り入れできないというケースを回避できる可能性が高いです。 そういった面でも、まずは住宅ローンを借り入れている金融機関に外壁塗装でもローンを借り入れできないか、相談してみましょう。 銀行のローンとカードローンでは、どちらが比較的返済しやすいのでしょうか? 【銀行のメリット・デメリット】 銀行で借り入れるメリットとしては、何と言っても金利が低いことが挙げられます。 上記でも紹介したように、低金利であれば総返済額も下がるのでできるだけ金利の低いところを選んでみると良いでしょう。 また、銀行の場合は不動産担保の有無によって借り入れやすい形になります。 現在の住宅を担保に外壁塗装に関するローンを借り入れることは難しくないでしょう。 ただし、デメリットとしては銀行の場合低金利であることから審査が厳しいことが挙げられます。 審査基準は各銀行によっても異なりますが、例えば安定した収入があることはもちろん、銀行が指定する団信に加入すること、銀行が指定する保証会社の保証を受けられることなどがあります。 特に、団信への加入は健康的で長く働ける人に対する審査となっているので、持病を持っている方だと審査に落ちてしまう可能性も捨てきれません。 【カードローンのメリット・デメリット】 カードローンのメリットは、銀行に比べると短期間で借り入れしやすいという点が挙げられます。 銀行は審査や手続きに時間がかかってしまいますが、カードローンなら審査にかかる時間がかなり短く、借り入れまでがスピーディーです。 外壁塗装を行う時期を逃したくない、早めに外壁塗装を行いたいという方はカードローンを選ぶと良いでしょう。 デメリットとしては金利が高いこと、そして基本的に外壁塗装業者と提携を結んでいるカード業者しか利用できない可能性があることなどが挙げられます。 銀行に比べて高金利であるため、早期返済が難しいと余計な利息まで払うことになってしまいます。 また、外壁塗装業者の中にはカードローン業者と提携しているところもあり、外壁塗装業者が提携しているところでないとローンが利用できないという場合もあります。 銀行なら問題ありませんが、カードローンだとこのような問題も考えられるため、よく検討しておくことが大切です。 住宅ローン控除はリフォーム時にも該当する? 住宅ローンにも控除の制度があることはご存知でしょうか。 「住宅ローン控除」は住宅ローンを利用して家を建てたり、購入したりした時に減税される制度です。 長年住み続けている家は時が経つにつれて内装や設備などの劣化(経年劣化)が起きてしまいます。 簡単に取り替えできるものであれば大規模な工事は不要ですが、老朽化が激しい場合は大規模なリフォームが必要となるでしょう。 また、内装や外装のイメージや機能性を変えたい場合や、ライフスタイル、家族構成の変化によってリフォームを行う方も多いです。 リフォームも住宅ローンで行うことができますが、この場合でも住宅ローン控除を活用することはできるのでしょうか。 リフォームの住宅ローン控除の場合、リフォームでの費用が減税対象に該当する場合に税金が返還されます。 これは国が行っている「住宅借入金等特別控除」と呼ばれる制度です。 この制度は持ち家だけではなくマンションリフォームや新築物件のリフォーム、中古住宅の購入にあたる際のリフォームでも対象になります。 これに該当すると毎年10年間、年末の住宅ローンの残高1%程が減税となって返還される仕組みとなっているのです。 そのため、返済期間が10年以上でなければ利用することはできません。 例えば2400万円の住宅ローンを借りてリフォームを行った場合、控除対象となる金額は次のようになります。 適用期間は10年間なので、とても大きな減税であると言えるでしょう。 ・省エネ改修減税 ローン型・投資型 ローン型の場合に対象となるのは5年以上のローンで、最大約62万円の控除となります。 投資型の場合は最大25万円が控除となり、太陽光発電の設置では35万円の控除です。 ・バリアフリー改修減税 ローン型・投資型 ローン型では5年以上のローンが対象であり、最大約65万円が控除されます。 投資型では最大20万円の控除です。 ・耐震改修減税 耐震改修減税は住宅ローン、省エネ改修減税、バリアフリー改修減税のそれぞれと併用することが可能です。 減税は最大25万円になります。 リフォームで住宅ローン控除するための条件 住宅ローン控除は住宅購入だけではなく、リフォームでも適用されるため、返済期間のうち10年は減税の対象です。 ただし、この制度を利用する時は、控除対象となる条件があります。 一体、どんな条件があるのかご紹介しましょう。 機器を取り換えるだけの小規模な工事もあれば、間取りを変更する、大きな設備を変更するなど大規模な工事となることも多いです。 リフォームで住宅ローン控除の対象となるためには、大規模な模様替えの工事が条件となっています。 大規模な模様替えの工事とは建物主要構造部の一部分以上を対象にした工事です。 そもそも模様替えとは、素材や使用を減価して工事前と比較しても、資産価値の低下を抑える工事になります。 建築基準法の規定では、構造上重要な部分でない仕切壁を除いた家屋の壁、間柱を除いた柱、最下階の床を除いた床、屋外階段を除いた階段や屋根のどれか1つ以上、半分の修繕や模様替え工事が控除の対象です。 外壁は構造で重要な壁であるため、外壁塗装は大規模な模様替え工事に当てはまります。 ただし、部分的な塗り替えのような小規模の工事は対象から外れるので注意しましょう。 現在は平成26年4月1日から平成31年6月30日の間に住宅を取得して住み始めることが適用条件となっています。 時期によって適用期間の条件が変動する可能性もあるので、最新情報をチェックしておきましょう。 外壁や屋根以外の塗装は主要構造部に当てはまらず、控除対象に外れる可能性があるので注意しましょう。 補助金や助成金を受ける場合は、差し引いた金額が適用されます、 なので、補助金・助成金をリフォームローンと併用する場合は、受給額を差し引いて100万円以下にならないように気を付けてください。 控除の適用には減税手続きを行う人が、その年に所得した合計金額にも条件があるのです。 住宅ローン控除を受けるためには、その年の合計所得額が3000万円以下となっています。 これは年収の合計金額ではなく、各種控除を実行した上の合計所得金額が条件なので注意しましょう。 他の控除を受けた上で合計所得が3000万円以上の場合は住宅ローン減税の対象外となります。 ただ、長期返済は利息の負担が多くvなるデメリットがあります。 低金利が続く現在は利息による総返済額の増加を軽減するために、繰り越し返済やボーナス払いを活用して短期返済をする人が増えているのです。 住宅ローン控除は10年間の所得住民税が控除対象となるため、リフォームで適用するためには返済期間が10年以上でなければなりません。 リフォームの場合は住宅購入よりやや安くなる傾向があり、比較的に短期返済が可能ですが、控除を利用する場合は10年以下にならないように返済計画を立てましょう。 国税省によると、増改築後の住宅床面積が50平方メートル以上でなければなりません。 リフォームで床面積が50平方メートル以下になった場合は適用されないので気を付けましょう。 外壁塗装の際も床面積が50平方メートル以下の住宅は対象から外れてしまいます。 自営業で店舗付き住宅を所得されている方は、居住用スペースの床面積も確認しておきましょう。 住宅を取得した時期とは別に、リフォームから居住する期間にも条件が設けられています。 控除の条件ではリフォーム後から6ヶ月以内に居住することが定められています。 ほとんどのリフォームは生活しながら工事ができ、外壁塗装でもそのパターンが一般的でしょう。 しかし、塗料のニオイが気になる、落ち着いて暮らせないなどの理由から貸家で暮らすケースもあるので、その場合はリフォーム後から居住までの期間に注意してください。 住宅ローン控除は年末に適用されるため、居住から引き続き10年間は12月31日まで居住することも条件です。 そのため、自分が所有していない・暮らしていない賃貸物件、手続きを行った人以外の家族・身内の名義で住宅ローンの融資を受けた場合、控除の適用から外れてしまいます。 平成20年以前にリフォームして居住している場合、自分が暮らしている家屋の増改築に限定されていましたが、平成21年の税制改正で自己所有の家屋を増改築し、平成21年1月1日以降に居住した場合は控除の対象となるので、国税庁に相談してみましょう。 原則、耐震性能を持たないと思われる古い住宅の場合、住宅ローン控除が適用されません。 目安では木造住宅は築20年以内、鉄筋コンクリート造は築25年以内と条件があります。 ただし、築20年以上でも瑕疵保険に加入している、住宅性能評価書の耐震評価等級1~3を得ている、耐震改修工事により耐震基準適合証明書が交付されている場合は、適用される可能性があるでしょう。 築数が20年以上の場合も国税庁に相談してみると良いです。 このように、住宅ローン控除を利用するためには様々な条件が必要となります。 控除制度では手続きを行う本人が住む家のリフォームのみに対象となるため、手続きを行う本人が別居している状態では控除を受けることはできません。 また、工事も100万円以上からの大規模な工事であることも大切な条件となります。 減税を受ける年の所得合計金額も3000万円以下であるなど、細かい条件があるので、利用する前に条件と合致するかをしっかり確認してから手続きを行うようにしましょう。 住宅ローン控除を活用すれば負担なく外壁塗装やリフォームが行えるので、外壁塗装を含めた大規模のリフォームを検討している方は、ぜひ利用することをおすすめします。 該当しない方もいらっしゃるかと思いますが、それぞれの注意点に対して該当される方は住宅ローン減税を受ける前に確認しておきましょう。 【共働きで住宅ローン控除を受ける場合】 住宅ローン控除は住宅ローンの借入残高の最大1%が還付されるものですが、夫婦で住宅を購入し、夫婦2人の名義で住宅ローンを借り入れている状況で、夫婦どちらも所得税を納税している場合は、住宅ローン控除の対象になります。 これは、夫婦どちらも控除の対象となるため、夫と妻がそれぞれ所得税・住民税の還付を受けることができます。 共働きでこれから住宅ローン控除を受けたいという時は、ぜひ効果的に使った方が良いでしょう。 ただ、気を付けてほしいポイントとして、返済が進めばその分控除額も減少していくことになりますが、それに伴い産休や育休、介護休暇の利用によって収入が減ったり、退職を余儀なくされて収入がゼロになってしまった場合、最初から2人の名義で住宅ローン控除を受けているので、妻から夫、もしくは夫から妻へ控除枠を移動させることができません。 控除枠が移動できないということはその人の控除が受けられなくなってしまうことを意味しているので、住宅ローンによる毎月の負担が今まで以上にアップしてしまう可能性が高いです。 共働きによる住宅ローン控除は、このようなケースも起こり得るということを念頭に置きつつ、控除を受けるようにしましょう。 【転勤になってしまった場合】 住宅ローン控除の条件として、取得してから6ヶ月以内は入居し、その年の年末まで居住していなくてはなりません。 しかし、住宅ローン契約者が仕事の関係上転勤になってしまった場合はどうだろう。 控除が受けられないと思いきや、実は条件をクリアすれば住宅ローン控除が認められる場合があります。 もしも転勤になってしまったら、適用条件に当てはまるかどうか確認してみましょう。 ・単身赴任にした場合 住宅ローン契約者・住宅所有者は別のところへ転勤となり、その配偶者や扶養親族、その他親族が家に住んえいる場合、住宅取得から6ヶ月以内に親族が入居し、引き続き入居して、さらに転勤となった人が戻ってきて取得した家に戻ってくることが認められた場合、単身赴任でも住宅ローン控除が受けられます。 ・家族揃って引っ越す場合 家族揃って転勤する場合、残念ながら住宅ローン控除は受けられません。 ただし、条件によっては住宅ローン控除対象期間の残っている期間に再びその住宅に戻ってこられれば、控除の再適用を受けることができます。 例えば住宅を取得してから1年後に転勤、2年後に戻ってきた場合、最初の1年間は住宅ローン控除を受けられますが、転勤していた2年間は控除が受けられません。 しかし、その後また戻ってくることができれば住宅ローン控除適用は10年以下であるため、再適用されればそこから7年間は住宅ローン控除が受けられる形となります。 このように、それぞれケースによって気を付けなくてはならないポイントがあるので、万が一自分がそのケースに当てはまったとしても焦らないよう、事前にチェックしておきましょう。 住宅ローン控除は全ての住宅ローンに適用される? 住宅ローン控除を受ける際には、新築住宅やマンション、中古住宅によって様々な条件がありますが、「住宅ローン」についてはどうなっているのでしょうか? 金融機関や借入の年数などによって控除の対象にならない場合はあるのかと疑問に思う人も多いでしょう。 そこで、住宅ローン控除は全ての住宅ローンが対象となるのかを解説していきますので、ローンを検討している方は参考にしてみてください。 対象となるには、銀行で借りる住宅ローンやフラット35などの住宅ローンを利用することとなります。 しかも、その他にも条件があり借入期間が10年以上でないと対象とはならないのです。 なので、銀行などの金融機関から借り入れを行い10年以上、例えば15年や20年でローンを組めば住宅ローン控除の対象となります。 控除の対象外となるローンは、金融機関以外で借り入れを行う場合のローンになります。 以下に詳しくその内容を紹介しましょう。 ・勤務先からのローンの場合 務めている会社によっては、家を建てた際にお金を貸してくれるところもあります。 1%以上の利率で借りている場合には、住宅ローン控除の対象となるのですが、無利子 0% であったり、1%未満の低金利でお金を借りていたりするのであれば、控除の対象にはなりません。 ですが、平成29年度の税制改正により利率0. 2%未満に引き下げることが決まったので、平成29年1月以降からであれば0. 2%以上の利率で勤務先から借り入れを行うのであれば、問題ありません。 ・親族からの個人的なローンの場合 無利子で借りられる場合も多いので、活用する人もいますが両親や親戚などの親族からローンをする場合には、住宅ローン控除の対象にはなりません。 住宅ローン控除の趣旨としては、10年以上の借入を金融機関にすることで利子が大きくなり負担も多くなるので、国がその利子の一部を肩代わりすることで持家の取得を促す趣旨となっているので、それ以外の項目になる場合は対象外となってしまうのです。 以上のことから住宅ローン控除の対象となるには一般的な金融機関から10年以上の期間で借りたお金となります。 ですが、親族や職場から無利子で借りた場合、控除の対象とはなりませんが利息はなくなるので、どちらが有利となるのか計算をしてからローンの借入先を決断すると良いでしょう。 外壁塗装費用は住宅ローンで支払うことはできる? 家に長年住んでいるとリフォームが必要となってきます。 水回りの修理や床の張り替えなどがありますが、外壁塗装には多くの費用が掛かってしまいます。 その費用は一括で支払わなければいけないのか、それとも住宅ローンを利用しても良いのか疑問に持つ人も多いでしょう。 そこで、外壁塗装の費用を捻出する方法を紹介していきます。 業者に依頼して修理をお願いすると予想以上の金額で驚く人も多くいます。 一括で支払うことが難しい場合には、ローンとなりますが住宅ローンを借りているのに、更にローンができるのか心配する人もいるでしょう。 そういった方には、「リフォームローン」をおすすめします。 リフォームローンは住宅ローンを利用していても使えるので安心です。 そして、住宅ローン控除の対象にもなるのです。 工事費用が100万円以上で返済期間が10年以上、リフォーム面積が50㎡以上であることなどが条件となっていますが、その条件がクリアしているのであれば控除の対象となるので、リフォームローンをする際には確認してみましょう。 ・住宅ローンを依頼した銀行に相談する 住宅ローンを利用している銀行に相談してみましょう。 住宅ローンと同時に支払っていくこととなるので負担も大きくなります。 なので、無理の無い範囲で返済できるよう低金利でローンを組めるよう設定してある金融機関も多いので、確認をしてみましょう。 また、リフォームローンを組むためには住宅ローンと同様に審査が必要となります。 住宅ローンを組んだ時に既に審査には通っているので、相談もしやすいでしょう。 ・外壁塗装の業者によるリフォームローン 外壁塗装の専門業者の中には、クレジット会社によるリフォームローンを取り扱っている業者もあります。 業者が手続きをしてくれるので、自分で金融機関を探したりする手間がないのでスムーズに手続きを行うことができます。 金利の高さや支払い能力から自分に合った方を選びましょう。 以上のことからまとまった資金がなくても外壁塗装は行えることが分かりました。 少しでもお得に外壁塗装のリフォームを行えるよう、自治体によるリフォーム支援制度や住宅ローン控除などを上手に利用していきましょう。 基本的な支援分類は、下記の項目となっています。 ・耐震 ・バリアフリー ・省エネ ・環境対策 ・防災 ・同居対応 ・その他(防犯・ガス設備普及・空き家活用・景観整備など) いずれかの項目に当てはまれば支援を受けることができるかもしれません。 外壁塗装であれば、遮熱・断熱塗料を使えば省エネに該当される可能性が高いです。 各自治体によってリフォーム支援制度は異なるので、必ず住んでいる地域のリフォーム支援制度を確認するようにしましょう。

次の

外壁塗装でも遮熱塗料や断熱塗料を利用すれば住宅ローン控除を受けられる!

外壁塗装 住宅ローン控除

外壁工事の費用で減税する方法とは 外壁工事で節税をする方法として「住宅ローン減税」があります。 住宅ローン減税とは、外壁工事の費用を10年以上の長期ローンにすることで翌年の所得税から工事料金の一部を翌年の所得税から減額できる制度です。 たとえば外壁の大規模工事で1,000万円のローンを組んだとします。 最初の年の年末に900万円のローンが残っていたとしたら、翌年の所得税や住民税から最大で9万円が減税されます。 翌年の年末に800万円のローンが残っていたら、翌々年の所得税や住民税から最大で8万円が減税されます。 このように、毎年の年末に残っているローン額の一部が翌年の所得税や住民税から引かれるお得な制度が住宅ローン減税です。 住宅ローン減税を適用できる期限は2021年の12月です。 外壁で対象となるリフォーム工事は、• 大規模な模様替えや改修• 省エネ工事• 耐震改修• 増改築 の4つです。 大規模な模様替えや改修とは、外壁や屋根といった主要構造物で過半数を超える部分の修繕工事を指します。 外壁や屋根のような、住宅の主要構造物のにおける工事のことで外壁の塗装や張替えが該当します。 省エネ工事は、遮熱塗料の利用や遮熱性能がある窓の設置など、省エネルギーに役立つ工事です。 耐震改修は、耐震基準を満たすために必要な工事のことです。 増改築は、住宅の面積を広くするなど建物全体の大きさを変える工事などを指します。 上記に該当しない工事は控除を受けることができません。 住宅ローン減税で工事費用を控除する条件 外壁リフォーム工事で住宅ローン減税を適用するには細かい条件をクリアしなくてはいけません。 住宅ローン減税を適用するための条件は以下の7つです。 登記上の床面積が50㎡以上であること• リフォームに際して10年以上のローンを組んでいること• 建物の所有者であり居住していること• 中古住宅の場合は耐震性能を満たしていること• 合計所得金額が3,000万円以下であること• 増改築等の場合は工事費が100万円以上であること• 工事から半年以内に居住していること 詳しい情報を知らなければ間違えやすいためしっかりとチェックしましょう。 2-1. 登記上の床面積が50㎡以上であること 住宅ローン減税を利用するには、外壁リフォーム後の住宅における床面積が50㎡以上なくてはいけません。 注意したいのが、床面積は登記上の数値という点です。 リフォーム会社の図面に書いてある床面積が50㎡でも、登記上の数値が49㎡だと住宅ローン減税を適用できません。 2-2. リフォームに際して10年以上のローンを組んでいること 外壁リフォームの工事だとしてもローンを組んでいなければ減税の対象とはなりません。 住宅ローン減税では10年以上のローンを組んでいることが前提条件です。 減税制度を利用したい人はリフォーム工事を10年以上のローンにして支払いましょう。 2-3. 建物の所有者であり居住していること 控除を受ける本人が建物の所有者であり実際に住んでいなければ、住宅ローン減税の恩恵を受けられません。 友人や家族などの親しい人が住んでいたとしても意味がないため気をつけましょう。 2-4. 中古住宅の場合は耐震性能を満たしていること 外壁リフォームの場合は中古住宅ですので、住宅ローン減税を受けるには建物に規定の耐震性能があることを証明しなくてはいけません。 耐震性能を証明する方法は2つあります。 築年数で証明する• 耐火建築物ではない場合(木造など)は築20年以内• 耐火建築物(鉄筋コンクリート造など)は築25年以内 証明書や保険によって証明する• 建築士が耐震性能を証明する「耐震基準適合証明書」がある• 耐震等級1以上を証明する「既存住宅性能評価書」がある• 住宅瑕疵担保責任保険法人による「既存住宅売買瑕疵保険」に加入している 上記うち1つでも条件を満たしていれば耐震性能を有していると認められます。 知識がない状態で自力で取得するのは難しいため、上記の書類が欲しい場合は不動産業者に相談するとよいでしょう。 2-5. 合計所得金額が3,000万円以下であること 国税庁が示す合計所得金額が3,000万円以下でなければ住宅ローン減税は受けられません。 合計所得金額とは、• 事業所得• 不動産所得• 給与所得• 総合課税の利子所得・配当所得・短期譲渡所得及び雑所得の合計額(損益通算後の金額)• 総合課税の長期譲渡所得と一時所得の合計額(損益通算後の金額)の2分の1の金額• 退職所得金額• 山林所得金額 これらすべてを合計した金額です。 会社員で副業や投資をしておらず土地や退職金が無いのなら、給与所得以外を気にする必要はほとんどありません。 2-6. 増改築等の場合は工事費が100万円以上であること 住宅ローン減税において外壁リフォームは「増改築等」の条件に当てはまります。 増改築等の場合、住宅の主要構造部の工事費用が100万円以上でなければ住宅ローン減税は受けられません。 主要構造部ではない場所としては、庭の塀や倉庫などがあります。 外壁リフォームの場合、工事をしたかどうかが見た目ではわかりにくいため「増改築等工事証明書」が基本的に必要です。 「増改築等工事証明書」はリフォーム会社が作ってくれるため、住宅ローン減税を利用する場合は業者に作成を依頼しましょう。 2-7. 工事から半年以内に居住していること 外壁リフォームの工事期間中は自宅に不在でも構いませんが、引き渡しから6ヵ月以内には居住している必要があります。 また、控除を受ける年の年末まで住み続けなくては住宅ローン減税が適用されません。 住宅ローン減税の控除金額 住宅ローン減税が適用されると、年末にあるローン残高の1%を所得税から控除できます。 控除とは、支払う金額を減らすことです。 控除の上限額は年間40万円で、10年間で最大400万円の減税ができます。 たとえば1,000万円で20年のローンを組んで増改築をしたとします。 ローンを支払う1年目の年末に950万円の残額があれば、翌年の所得税から最大で9. 5万円が減税されます。 翌年の年末に900万円のローンが残っていれば、翌々年の所得税から最大で9万円が減税されます。 これが10年目まで繰り返されるのです。 住宅ローン減税の金額が所得税で控除しきれない場合は、住民税からさらに控除してくれます。 ただし、住民税からは年間136,500円までしか減税できません。 所得税と住民税、どちらからも控除できなくなると残りは減税されることなく消えてしまいます。 また、他に補助金などを受け取っている場合は、ローン残高から補助金などを差し引いた額の1%で計算します。 減税されるからといって無理にリフォーム費用を増やすのはやめましょう。 住宅ローン減税は税金を減らすために使えるだけで、支払いをしなくてもいいわけではありません。 減税目的で高額なリフォームをしてしまうと支出額が予想以上に増えてしまい後悔するでしょう。 住宅ローン減税を利用する際に必要な手続き 住宅ローン減税を利用するにはどのような手順を踏めばよいのでしょうか?申請に必要な書類と、減税手続きの方法を紹介します。 4-1. 減税の申請に必要な書類 住宅ローン減税の申請には以下の書類が必要です。 住民票(居住の確認)• 残高証明書(住宅ローンの確認)• 登記事項証明書、請負(売買)契約書など(取得年月日・住宅取得の対価の金額・床面積を確認)• 給与の源泉徴収票など(所得税額などの確認)• 耐震基準適合証明書、既存住宅性能評価書、既存住宅売買瑕疵保険の付保証明書のいずれか(耐震性の確認) 他に、リフォーム工事業者が作成する「増改築等証明書」が必要となる場合があります。 4-2. 減税手続きの方法 住宅ローン減税を申請する方法は、対象となる年の翌年に税務署で確定申告をするだけです。 注意してほしいのは、住宅ローン減税を利用するなら会社員(給与所得者)も確定申告をしなくてはいけないことです。 給与所得者だと本来は会社で年末調整をするだけで済むのですが、減税制度を利用する場合は会社で年末調整をした後に減税のために確定申告をしなくてはいけません。 サラリーマンが住宅ローン減税を利用する場合は「確定申告書A」と「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書」を利用します。 書式は2つとも以下から手に入れることが可能です。 確定申告は毎年2月中旬〜3月中旬に申告ができます。 住宅ローン減税を利用する場合には他に以下の書類が必要です。 給料の源泉徴収票• マイナンバーカードまたは通知カード 源泉徴収票は年末調整後の1月に会社から発行してもらえるでしょう。 確定申告について詳しく聞きたい場合は予約して税務署に相談すると確実です。 1月以降は税務署の相談窓口が混み合うため、年末までには相談することをおすすめします。 ただし、減税制度を適用して2年目からは、給与所得者にかぎり確定申告が必要ありません。 会社の年末調整時に「残高証明書」を提出するだけで簡単に処理ができます。 まとめ 外壁のリフォーム工事で減税をしたい場合は以下の条件をすべて満たす必要があります。 リフォームをした建物の登記上の床面積が50㎡以上ある• 外壁リフォームの工事費用が10年以上のローンになっている• 建物の所有者かつ居住している• 中古住宅の場合は耐震性能を満たしている• 合計所得金額が3,000万円以下• 外壁リフォームの工事費が100万円以上• 工事から半年以内に居住している 条件を満たしていれば、年末に残ったローン額の1%を10年間は減税することが可能です。 年間で40万円までが上限で、必要書類を揃えて税務署で確定申告をすることで住宅ローン減税を受けられるでしょう。 100万円以上の外壁リフォームを検討している人は住宅ローン減税の制度を利用して支出を抑えましょう。

次の