レゾナンス編成 単色。 【デレステ】レゾナンスの評価と考察

レゾナンス

レゾナンス編成 単色

レゾナンスの最高構成は換えが効かないので下記のSSR5枚全てがない時点で人権ありません。 ・paレゾナンスひなこ(センター) ・paチャーム夕美 ・paユニゾン茜 ・paコーディネート輝子 ・cuチャームしき ・ゲストはトリコvoのcoしぶりんのみ 通常Liveにおいてレゾナンスは構成が非常に難しく、上記が組めないならはっきりいって弱いです。 ダブルシナジーレゾナンス構成でも170万すら行きません。 キュート理想のほうがずっとスコアでます。 なお、daレゾナンスは上記と同じ構成が組めないので、daではダメです。 GRANDのtrust me Lv32ならvo、daはダブシナレゾナンス。 viはトリプルシナジーが1番スコアが出ると思います。 grooveイベントは曲によりけりですが、1つ言えることは今の時代、ゲストがないイベントでライスパがはいることはもうほぼないかと思われます。 ユニゾン単色において、ライスパはもう殆ど理想に入りません。 いまはコンボナの時代です。

次の

【デレステ】イベント「LIVE Groove Dance burst(Unlock Starbeat)」攻略

レゾナンス編成 単色

2020年1-2月開催のイベント、「LIVE Groove Dance burst(Unlock Starbeat)」の攻略記事です。 報酬SR 予告1(上位): 予告2(下位):白雪千夜 基本的な走り方(SR入手まで) まとめとしては、SR1枚取りが目的であれば• 前半戦では営業を中心に行い、気が向いたらGrooveライブも行う。 余ったスタミナは営業に回す• 後半戦ではGrooveライブのスタミナ2倍消費を利用し、一気にptを稼ぐ といった流れ。 そのため、ダンス値の高いSRアイドルがサポメンに入ることもしばしば。 おすすめアイドルでは編成に入れるとお手軽に強くなる6人を紹介。 ただし全員フェス限定アイドルなので通常時のガシャでは入手できません。 ちなみにセンター効果「レゾナンス」についてですが、アンサンブル・プリンセス・コーディネイトといった複数の特技(単色編成の場合)を同時編成しなければ真価を発揮できないので上級者向け。 10000位~2000位以内を目指す人向け 10000位以内に入ると下位SR(千夜)のスターランクを15に、 2000位以内に入ると上位SR(蘭子)のスターランクを15にすることができます。 ここを目標とする人は多いと思いますが、以下では各順位を目指して走るにあたっての諸注意等を扱います。 (元データはより) 最低330pt、最高505pt。 またハコユレLv24、50をそれぞれ境に傾きが減少し、ハコユレLv50と99では25ptの差しかありません。 このため、基本的には安定してハコユレLv50を超えられる編成が重要と言えるでしょう。 ちなみに、昔はアンコールをリタイアして周回するのが時間効率として最高でしたが、獲得ptの変更により現在はアンコールをプレイした方が高効率な場合がほとんどです。 一応注意。 所要時間の目安 ボーダーの目安としては• 10000位:50000〜60000pt• 2000位:100000〜140000pt といった感じです。 2000位ボーダーは10万〜11万付近に落ち着くことが多いですが、P. の2曲目である"Palette"が実装されたイベントでは17万まで伸びたこともあるので、人気ユニットのイベントを走る際にはある程度の覚悟が必要。 これらの数字も参考に、以下にプレイ回数-獲得pt対応表を載せるので、目安として目標ptを稼ぐにはこのくらいプレイする必要があるということは把握しておきましょう。 しかしながら、時間効率・スタミナ効率が極めて悪いことを許容できるのであれば、 一応放置編成を使用することは可能です。 難易度は REGULAR推奨。 基本的には完全放置でアンコールまで可能ですが、1曲終えてライフが少ないまま次の曲へ行くとたまに死ぬので、休憩画面ではライフの残りに気を配る必要があるでしょう。 上のプレイ回数-獲得pt対応表に書かれた回数を2倍すればだいたいの必要回数が分かるはず。 ここで、フェス限の特技「ール・」持ちアイドル(以下)はボーカル・ダンス・ビジュアルのうちいずれかのステータスが突出して高いため、メイン編成およびサポメンにが多いほどアピール値は上昇します。 さらに、サポメンはスターランク分重複して選ばれる(例えば、メイン編成に入れているあるのスターランクが5の場合、サポメンに同アイドルが4人入る)ため、Grooveの時間効率を高めたりハイスコアを狙いたいのであればのスタラン上げは一考の価値あり。 スタラン上げにはスッスントレーナーチケットを使う、または同アイドルをスッスンするという2通りの方法が存在します。 後者に関して、センター効果「レゾナンス」を利用する編成においては同じの特訓前・特訓後を同時に組み込む場合もあるので、最低2人は残しておくことを推奨します。 PRO周回 MASTERで周回するのが難しい場合にはPROでの周回が選択肢に入ります。 4倍ほど多くプレイする必要がありますが、現実的な範囲ではあるかと思います。 Grooveライブはアンコール込みで1周10. ただし、1曲3分程度でLIVE PARTYを行うのは野良(部屋を作らない場合)ではまず安定せず、等で有志を募って周回を行う必要があるため色々な意味でハードルが高いのが実情。 効率が良いと言っても2桁順位を目指す場合にようやく選択肢に入ってくるぐらいの話だと思うので、参考程度の認識で問題ないと思います。 rrr19533739.

次の

デレステのスコアタ勢の方に質問です、いくつか編成の仕方を教えて欲し...

レゾナンス編成 単色

2020年1-2月開催のイベント、「LIVE Groove Dance burst(Unlock Starbeat)」の攻略記事です。 報酬SR 予告1(上位): 予告2(下位):白雪千夜 基本的な走り方(SR入手まで) まとめとしては、SR1枚取りが目的であれば• 前半戦では営業を中心に行い、気が向いたらGrooveライブも行う。 余ったスタミナは営業に回す• 後半戦ではGrooveライブのスタミナ2倍消費を利用し、一気にptを稼ぐ といった流れ。 そのため、ダンス値の高いSRアイドルがサポメンに入ることもしばしば。 おすすめアイドルでは編成に入れるとお手軽に強くなる6人を紹介。 ただし全員フェス限定アイドルなので通常時のガシャでは入手できません。 ちなみにセンター効果「レゾナンス」についてですが、アンサンブル・プリンセス・コーディネイトといった複数の特技(単色編成の場合)を同時編成しなければ真価を発揮できないので上級者向け。 10000位~2000位以内を目指す人向け 10000位以内に入ると下位SR(千夜)のスターランクを15に、 2000位以内に入ると上位SR(蘭子)のスターランクを15にすることができます。 ここを目標とする人は多いと思いますが、以下では各順位を目指して走るにあたっての諸注意等を扱います。 (元データはより) 最低330pt、最高505pt。 またハコユレLv24、50をそれぞれ境に傾きが減少し、ハコユレLv50と99では25ptの差しかありません。 このため、基本的には安定してハコユレLv50を超えられる編成が重要と言えるでしょう。 ちなみに、昔はアンコールをリタイアして周回するのが時間効率として最高でしたが、獲得ptの変更により現在はアンコールをプレイした方が高効率な場合がほとんどです。 一応注意。 所要時間の目安 ボーダーの目安としては• 10000位:50000〜60000pt• 2000位:100000〜140000pt といった感じです。 2000位ボーダーは10万〜11万付近に落ち着くことが多いですが、P. の2曲目である"Palette"が実装されたイベントでは17万まで伸びたこともあるので、人気ユニットのイベントを走る際にはある程度の覚悟が必要。 これらの数字も参考に、以下にプレイ回数-獲得pt対応表を載せるので、目安として目標ptを稼ぐにはこのくらいプレイする必要があるということは把握しておきましょう。 しかしながら、時間効率・スタミナ効率が極めて悪いことを許容できるのであれば、 一応放置編成を使用することは可能です。 難易度は REGULAR推奨。 基本的には完全放置でアンコールまで可能ですが、1曲終えてライフが少ないまま次の曲へ行くとたまに死ぬので、休憩画面ではライフの残りに気を配る必要があるでしょう。 上のプレイ回数-獲得pt対応表に書かれた回数を2倍すればだいたいの必要回数が分かるはず。 ここで、フェス限の特技「ール・」持ちアイドル(以下)はボーカル・ダンス・ビジュアルのうちいずれかのステータスが突出して高いため、メイン編成およびサポメンにが多いほどアピール値は上昇します。 さらに、サポメンはスターランク分重複して選ばれる(例えば、メイン編成に入れているあるのスターランクが5の場合、サポメンに同アイドルが4人入る)ため、Grooveの時間効率を高めたりハイスコアを狙いたいのであればのスタラン上げは一考の価値あり。 スタラン上げにはスッスントレーナーチケットを使う、または同アイドルをスッスンするという2通りの方法が存在します。 後者に関して、センター効果「レゾナンス」を利用する編成においては同じの特訓前・特訓後を同時に組み込む場合もあるので、最低2人は残しておくことを推奨します。 PRO周回 MASTERで周回するのが難しい場合にはPROでの周回が選択肢に入ります。 4倍ほど多くプレイする必要がありますが、現実的な範囲ではあるかと思います。 Grooveライブはアンコール込みで1周10. ただし、1曲3分程度でLIVE PARTYを行うのは野良(部屋を作らない場合)ではまず安定せず、等で有志を募って周回を行う必要があるため色々な意味でハードルが高いのが実情。 効率が良いと言っても2桁順位を目指す場合にようやく選択肢に入ってくるぐらいの話だと思うので、参考程度の認識で問題ないと思います。 rrr19533739.

次の