モノタロウ 通販。 モノタロウなど便利な通販サイトを比較

モノタロウなど便利な通販サイトを比較

モノタロウ 通販

モノタロウの鈴木雅哉社長/1975年生まれ。 98年立教大学社会学部卒業後、住友商事入社。 2000年モノタロウに出向。 06年楽天をへて、07年に再入社。 12年より現職。 桃太郎ではなく「MonotaRO(モノタロウ)」。 その奇妙な社名の、強調された大文字には意味があった。 「MRO」とはメンテナンス、リペアー&オペレーションの略で、製品の原材料にあたる直接資材に対し、備品や消耗品などの間接資材を表す。 間接資材は直接資材より経費としての金額は少ない割に品目数が多く、商品分類ごとに仕入れ先も異なるため、購入には手間がかかる。 また、大量にまとめ買いをする大企業には安く、小口購入の中小企業には相対的に高く売られてきた。 モノタロウはここに目をつけた。 価格は発注規模に関係なくワンプライス。 ネットやファクスで簡単に注文ができ、ねじ1本からいち早く届ける。 サイトのトップページには、「ねじ・ボルト・釘・ビス」「梱包・テープ・物流・清掃用品」「科学研究・開発用品」などのカテゴリが並び、1個3円のばね座金から、800万円を超える磁場発生装置までが並ぶ。 取扱点数は約700万点。 このうち約12万点が「当日出荷」に対応する在庫商品だ。 製造業を中心に顧客の登録口座数は120万件を数え、2013年の売上高は345億円(連結)。 今期は426億円とする計画だ。 人はモノタロウをこう呼ぶ。 「間接資材のアマゾン」。 世界最大手のアマゾンと同じく、大型化・効率化で躍進してきたからだ。 兵庫県尼崎市。 巨大な物流センターを隣に構える本社で、鈴木雅哉社長は「最初からこのビジネスモデルを目指していたわけではない」と振り返った。 「創業時の計画は大企業向けの購買システムでした。 発注のデジタル化さえすればいいと考えていた。 でも事業を始めてみると、我々の商品は競合に対して、価格は高く、発注から納品までの『リードタイム』も長い。 試行錯誤のなかで、大企業よりも中小企業に通販のニーズがあることがわかってきました。 軍手や電球といった定番商品でも、『安く早く届ける』を徹底できれば、大きなニーズがあった」.

次の

ひょうご経済+|経済|工具通販・モノタロウ 猪名川に新物流拠点、22年に本格稼働

モノタロウ 通販

モノタロウ通販サイトとは? 工場や工場などの製造業、整備業またはオフィスなどで使う消耗品をネットで販売している会社です。 取扱商品点数が多く、商品を1個単位で買うこともできます。 種類が豊富で価格が安い、その上配送も早いということで利用している事業者が多いサイトです。 確かにモノタロウ通販サイトとは企業向けのサービスを行っています。 しかし実は 個人でも利用することができるのです。 法人向けと個人向けのモノタロウ通販サイトの違い。 送料も違うのか? 法人、個人事業者向けのホームページと 個人消費者向けのホームページが存在します。 法人、個人事業者向けの「モノタロウ」は取り扱い商品1000万点でキャンペーンなどが良く行われています。 まず最初に法人か個人事業者かのユーザー登録をして利用します。 その際にパスワードなどを設定するので、次回からログインの際にパスワードを入力して利用します。 一方個人向けのモノタロウの「 IHC MonotaRO」は取り扱い商品100万点で、ユーザー登録をしなくてもお買い物ができます。 どちらも3000円以上(税別)のお買い物で送料が無料となります。 3000円未満の場合500円(税別)の送料がかかります。 また、WEBでの注文のみですが、同日中の追加注文に限り金額に関わらず配送料、代引き手数料無料となります。 ただし、1回目の注文が送料無料の場合です。 1回目の注文が3000円未満で送料が発生している場合は2回目以降の注文が3000円以上でも1回目の注文に発生した送料は取り消されません。 そして大事なことは追加発注の住所が1回目の発注をしたときの住所と全く同じであることです。 最初の注文で部屋の階を3階と表記していたものを追加発注では3Fと表記してしまうと同一住所とみなされません。 モノタロウ通販サイトはカタログが無料でもらえる。 法人、個人事業者向けの「モノタロウ」にはカタログが存在します。 オフィス用品が掲載されているもの、車用品、建築用品などそれぞれ専門のカタログがあり、その種類は20冊ほどです。 そのカタログを 9冊まで無料でもらうことができます。 10冊以上となると料金が発生します。 個人消費者向けの「IHC MonotaRO」はオンラインショップオンリーなので、カタログは存在しません。 注文履歴から再注文ができるのは「モノタロウ」だけ 「モノタロウ」と「IHC MonotaRO」はカタログの存在だけではなく、注文履歴の違いもあります。 「モノタロウ」はマイページ機能があり注文履歴から商品の再注文ができますが、「IHC MonotaRO」にはマイページ機能や注文履歴はありません。 もともと法人や個人事業者向けの通販サイトだったからでしょうか? それでも豊富な取扱商品の中から個人で購入ができるというのはとても魅力的です。 つまりモノタロウはみんなの味方なのです。

次の

モノタロウ

モノタロウ 通販

ご回答ありがとうございます。 私はアプリで利用していますが、キャンペーンコードのメールなんて来たことがありません…。 必ずスマホのプッシュ通知のみです。 ちなみに発送完了のお知らせなどはメールで来ます。 結局使えないまま購入し、月曜に問い合わせました。 が、「通知から消してしまったキャンペーンコードの再確認はできますか?」 に対して 「少々お待ち下さい…」 3分経過 「申し訳ありません。 一度消してしまうとできないみたいです」 との回答のみでした。 もっと詳しく分かる人に繋いでもらいたかったです。 おはようございます。 自分のページでの確認が出来なかったため回答が遅くなりました。 本日、「プライベートブランド品、15%オフ」キャンペーンのメールが届きました。 ここまでは済んでいますね。 そのメールを削除してしまったので判らない、ということかと思います。 キャンペーンは1日限りとか、3日程度などとなっています。 期間はそれほど長くない場合がほとんどです。 今回は対象期間中だったということなので、マイページを見れば再確認できたでしょう。 尚、キャンペーン以外に値引きや何らかの付加サービスのクーポンを取得する場合もあります。 それらは上記のキャンペーン画面の下に「利用可能なクーポン一覧」として表示されます。 キャンペーンコードはモノタロウ側から適宜送ってくるもので、取得する方法があるわけではありません。 一方、クーポンは前月に一定金額以上の買い物をしたなどの条件を満たした場合に付与されます。 ごく稀に指定金額以上の買い物で値引き。 良くあるのが、コピー用紙一締めとか、注文金額にかかわらず送料無料といったところです。

次の