クレア女神の夢と魔法の遺跡 終了画面。 クレアの秘宝伝3 設定判別 確定演出 打ち方 カスタム 解析

クレアの秘宝伝3【スロット新台】設定判別・打ち方・解析攻略まとめ

クレア女神の夢と魔法の遺跡 終了画面

またお馴染みの冒険カットイン演出やボタンプッシュ演出 クレア変身演出なども健在だ。 この間はプチRTとなっており、リプレイ確率が 大幅にアップしている。 尚、高確率中のチャンス目はボーナス確定となるぞ。 成功で10枚役を獲得できる。 10枚役を2回獲得した後は順押し適当打ちでOK。 尚、左リールに3連クレアをビタ押しすればカスタムを獲得可能だ。 【角チェリー停止】 成立役:チェリーorチャンスチェリー 中右リールにピラミッドを狙う。 中右リールピラミッド非停止・・・チェリー 中右リールどちらか中段にピラミッド停止・・・チャンスチェリー 【下段バー停止】 成立役:ハズレorベルorリプレイorチャンス目 中右適当打ち。 フラッシュ発生・・・チャンス目 【上段スイカ停止】 成立役;スイカAorチャンス目 ピラミッドを目安に中右リールにスイカを狙う。 スイカ揃い・・・スイカA スイカテンパイハズレ・・・チャンス目 【上段ピラミッド停止】 成立役:スイカBorチャンス目or強チャンス目 中右リールにピラミッドを狙う。 【バー下段停止】 レギュラー濃厚なのでレア役をフォローしつつ レギュラーを狙う。 【RT中】 基本的に通常時と同様に小役狙いでOK。 小役別のボーナス実質出現率は以下の通り。 カードは1、3、5、7、9G目に出現し、銅、銀、金、赤の4種類存在。 高設定ほど銀カード以上が出現しやすく、赤カードは設定56確定。 また、カードの出現はシナリオで管理されており 全て銀カード以上のシナリオが選択された場合は設定56濃厚となる。 詳細はを参照。 RT中にレギュラーを引いた場合はその終了画面で 同様の示唆を行っている。 124. 4k件のビュー• 『押忍!番長3』 (2017年4月3日導入済) タイプ:ボーナス+ART 導入台数:約30000台... 6k件のビュー• 『押忍!番長3』 (2017年4月3日導入済) タイプ:ボーナス+ART 導入台数:約30000台... 1k件のビュー• 『HEY! 5k件のビュー• 『アメリカン番長HEY! 1k件のビュー• 1k件のビュー• 34k件のビュー• 『アメリカン番長HEY! 3k件のビュー• 3k件のビュー• 9k件のビュー.

次の

クレアの秘宝伝3 女神の夢と魔法の遺跡(パチスロ)設定判別・ボーナス・RT・察知・解析・打ち方|DMMぱちタウン

クレア女神の夢と魔法の遺跡 終了画面

設定判別ポイント 奇数・偶数で出現しやすい色が異なる クレア頭が多い場合は偶数設定示唆 ベル・チェリーの2役をカウント• 7 斜めスイカでのボーナスが複数回出現すれば 高設定期待度大幅にアップ! チェリー+REG出現率も要チェック• 6 1回のREGで5枚のカードが出現 シナリオ管理• 88 高設定示唆・確定演出あり RT終了画面 or RT中のREG終了画面で出現 RT連チャン数に応じて出現率も変化• 2 全てのボーナスの当選契機を確認し、 それぞれメモに残すのがオススメです。 斜めスイカでのボーナスが複数出れば 高設定期待度はかなり上がります! あとはチェリー+REGは2倍の設定差があり、 出現頻度もそこそこありますので 設定判別においては重要なポイントです。 9ゲーム目 キャラ 設定1 設定2 設定5 設定6 クレア 子供 9. 出現ゲーム数とキャラ名を メモしておくと良いでしょう。 表の詳細版の方は細かく判別したい人にオススメ。 また、例外で銅カードの中でも 「神秘の秘湯」は高設定を示唆するので注意。 導入日未定• 2020年8月17日• 2020年8月3日• 2020年7月20日• 2020年7月6日• 2020年6月15日• 2020年5月18日• 2020年5月11日• 2020年4月20日• 2020年4月6日• 2020年3月23日• 2020年3月16日• 2020年3月2日• 2020年2月25日• 2020年2月17日• 2020年2月3日• 2020年1月20日• 2020年1月6日• 2019年12月09日• 2019年12月02日•

次の

クレアの秘宝伝3 設定判別 確定演出 打ち方 カスタム 解析

クレア女神の夢と魔法の遺跡 終了画面

初当りビッグ後のRTでボーナスを引かなかった場合は、上表の割合で終了画面が選択される。 「ビッグ後のRT中に1回だけボーナスを引いた際」のRT終了画面(orREG終了画面)選択率は上表の通りで、基本パターンは奇数設定の可能性が、偶数設定示唆画面は偶数設定の可能性が大幅にアップ。 また、設定2以上確定画面の選択率も飛躍的にアップする。 「ビッグ後のRT中にビッグを引き、その後のRT中に再度ビッグorREGを引いた際」のRT終了画面(orREG終了画面)選択率は上表の通り。 REG中のカード REG入賞後はまずモード抽選が行われ、設定5or6であれば全て銀カード以上が出現するハイモードが選択される可能性あり。 ただし、通常モードでもヒキ次第では5枚全てが銀カード以上になることもあるうえ、仮にハイモードが選択されていても「ハイモードが選ばれました」という告知は発生しないため、完全に見抜くことは不可能。 ……とは言え、ハイモードでは金カード以上の選択率が飛躍的にアップするため、「1回のREGで銀カード2枚・金カード3枚」のようなことが起こればハイモード濃厚となる。 また、金カードの選択率に関しては通常モードでも設定1と6で4倍の差が設けられているため要注目。 各モードごとの銅・銀・金・赤カード選択率詳細は下表の通りだ(画像タップorクリックで拡大)。 設定5or6のみ選択される可能性があるハイモード中は、金カードと赤カードの選択率が飛躍的にアップ。

次の