高橋 きよみ。 高橋幸宏

高橋きよみピアノ教室

高橋 きよみ

CM情報 『対話』篇 企業名 サントリー 商品名 リフタージュ 出演者 松本孝美さん(53歳女性) 高橋喜代美さん(64歳女性) CM放送時期 2018年~ CMの公式動画はアップされてませんが、見た目がせいぜい40代くらいの女性が2人登場して 『何歳に見えます?』 と問いかけてくる内容のものになります。 老眼になったら、リーディンググラスのおしゃれを楽しみましょう。 その後、 結婚を機に、30歳で芸能界を一時引退されます。 細野さんLAでのライブ本当に素晴らしかった。 いや〜元気だ!会場もいい感じ、メンバーの演奏も最高でした,,, バンダイクともお久しぶり、色々な懐かしい人達共会えたし、バックステージ写真はまだ沢山。 妻子はもう渡英しました。 僕は永住ビザ申請の為ここに単身赴任中です。 ビザ申請に英語のテストもあるんです!どんだけ上から目線なのか、妻がイギリス人なんでビザは取れると思うのですが。 知世ちゃんとバンドされてるそうでw 羨ましいです — yukihirotakahashi room66plus 結婚時期などの詳細は明かされてませんが、その後お子さんももうけており、旦那さんである高橋幸宏さんのツイッターにも『妻』とか『子』っていう単語がちらほら登場してます。 60代にして奥さんがこれだけ綺麗だったら、旦那さんも相当奥さんに優しいんじゃないかな?って気がしますねw 「奇跡の50代」、高橋喜代美さん登場!30年前の現役モデル時代と変わらぬ瑞々しさはため息もの。 透明感あふれる美しい肌の持ち主、彼女がいつまでも「乾かない女性」でいるために心がけていることは? — 集英社MyAge/OurAge MyAgeOurAge 芸能界の一時引退後は、専業主婦として仕事を全くしてない時期や、会社経営をされてた時期がありました。 そういった時期を経て、50代にして 『奇跡の50代』 として、モデル復帰! 雑誌やCMでの活動を再開されてます。 高橋喜代美さんがノンノの専属モデルをされてた当時のファンの方も、『変わらない美しさ』に再度ため息を漏らすことでしょう。

次の

発表会について

高橋 きよみ

娘さんと一緒にメルボルンで大学に通い、教育学を学んだ高橋さんにお話を伺いました。 ラトローブ大学の教育学部を選んだ理由は? 私がMaster of Eduction コースを選んだ理由は、私のバックグランドからですね。 私は、もともと教育に携わる職についていまして、日本では中学の英語の教師なんです。 ですから、興味のある異文化交流ということも含め勉強するなら、Eduction と決めていました。 でも、専攻は決まっていましたが、数ある大学の中から一つの大学を選ぶのには慎重になりましたね。 今の大学を選ぶ前に、3年程前、日本からオーストラリアとニュージーランドの大学に下見に行きました。 ニュージーランドでは、クライストチャーチ、ウェリントン、オークランドの3つの大学を見学に行き、ここメルボルンでは、今の大学を含めて2校の大学を見学しました。 何故、La trobe Universityに決めたかというと、見学に行った時の印象がすごく良かったんです。 まずは学校の雰囲気と、後は何と言っても教授を含めスタッフがすごく親切にして下さって。 見学に行った際、直接、教授ともお話ができ、入学後の勉強について不安になる事もたくさんあったのですが、いろいろと参考になるお話を聞くことができて、すごく勇気づけられたんです。 ここLa trobe Universityなら、今後の厳しい勉強生活も何とか乗り切れるだろうと、自分との相性の良さを感じたので決めました。 ラトローブ大学に入学するまでの道のりは? かなり長期的に留学計画をしましたので、日本でもそれなりの準備はしていました。 とりあえず大学に必要な英語のレベルを調べて、日本でTOEFLのテストを受けてみました。 そしたら、必要なレベルに全然達していなくて、これでは・・と思って、TOEFLの通信教育をやり始めました。 期間は、約半年ぐらいだったと思います。 といっても、当時は仕事との掛け持ちでしたので、なかなか勉強する時間が取れなくて進みませんでしたけど・・。 あとは以前にも、イギリスやアイルランドなど、1ヶ月~3ヶ月の短期留学に2~3度行っていたことがありますので、語学留学は始めてではないんですけど、海外の大学で勉強するのは、今回が始めてでした。 メルボルンに来て、大学に入学の前には、3ヶ月間大学付属の語学学校に通っていました。 正直いって、ここでの勉強はメジャーコースより大変でした。 大学入学準備の為のアカデミックコースだったので、本当に、寝ている時以外は勉強していた感じですね。 毎日、毎日、マメに宿題はでるし、さらに、エッセイやレポートの提出もあるしで、何時間やってもやっても終わらない状態でした。 本当に一生分、勉強したような気分です。 でも、ここで鍛え上げられたからこそ、大学の専門課程に入ってから苦労しないで済んだのは確かですね。 日々追われる課題の締め切りのプレッシャーにも負けない、自分自身のコントロールと時間のコントロールの方法も身に付けました。 この時期があったからこそ、自分自信にやっていける自信がついたっていうのでしょうか・・・。 留学生活で楽しいこと、大変なことを教えて下さい 先程もお話したように、語学学校では辛い思いをしましたけど、その間は、クラスメートに励まされたり、勇気づけられたりして、良い思い出もたくさんできました。 学生もいろいろな国からやってきますし、彼らと接することで異国の文化も学び事が出来ましたしね。 年齢差があっても年齢に関係なく、皆、仲良く付き合ってくれました。 一緒に食事にいったり、息抜きに皆でパァーと飲みに出掛けたりすることもありましたし、それは楽しかったですね。 助けあって何とか切り抜けたという感じです。 英語もさることながら、語学学校当時は、全くコンピューターのスキルがなくて、キーボードを打つのもままならないし、データのセーブの仕方も解らないしで、七転八倒していたんです。 その時もクラスメート操作を教わったり、助けてもらったりで、皆親切にしてくれましたよ。 彼らも、私のあまりのコンピュータースキルの無さに同情したんでしょうかね。 今だから言えますけど、私の変わりにクラスメートにタイピングしてもらったりもしました。 大学に入学してからは、語学学校の成果あってか勉強に関してはスムーズに行って、学生生活を楽しめましたね。 でも、最初の学期は授業の50%しか理解できなくて毎授業テープに録音していました。 よくよく周りのオーストラリア人の生徒に聞いてみたら、彼らも「全く解らない」と言っていたのでホッとしましたけどね。 先程の話と重複しますけど、語学学校で論文やエッセイなど山のように書いていましたから、書くことにもなれましたし、構成もしっかりできるようになっていましたし。 あとは、プレゼンテーションも語学学校の方が厳しかったんですよね。 「大学に入ったら、こんな大変なプレゼンテーションもたくさんやらなければいけないんだ。 」って思っていたのですが、大丈夫でした。 プレゼンテーションもオーストラリア人の生徒は何も準備してこないんですよ。 彼らは喋れますからね、言葉で補った発表をするんですけど、私なんか言葉で補えない分、しっかりリサーチして準備して発表するんですよ。 彼らと比べて時間を掛けた分、進化を問われると言うか、最終的には良い評価をもらえて嬉しかったですね。 でも、何と言っても国際色豊かな生徒と様々な年齢の学生達と学生生活を送れたことが一番楽しかったことかな。 ホームステイでの生活はいかがですか? メルボルンに来た当初から2年半、ずっと同じ所でホームステイをしていますね。 ホストファミリーは、オーストラリア人の50歳前後のご夫婦です。 ホームステイにもいろいろあって、中には残念な話も耳にしますけど、私は本当に恵まれていて彼らにはとても親切にしてもらっています。 ホストファミリーは、オーストラリア人の50歳前後のご夫婦です。 ホストマザーが日本に留学した経験もあってか、日本の文化にも理解を示していますし、日本語も喋れるんですね。 私の場合は、中学生の娘も一緒に留学していますから、英語が解らない最初のうちは、日本語で会話してくれていましたね。 娘が徐々に英語に慣れていった時点で、会話が英語に変わりました。 困っている事があったら、必ず相談に乗って手助けしてくれる、本当に親切なご夫婦ですね。 来豪当初、ビザの事で困った時には、移民局まで一緒に出向いてくれて交渉してくれたり、娘の学校探しで困ったりした時も、一緒に学校探しを手伝ってくれたりしました。 週末には、グレートオーシャンロードなどの観光地にも、連れて行ってくれたりもしましたね。 夜遅くなる時は、ホストファーザーも車で迎えに来てくれたりもしますよ。 あとは、娘が寂しいから犬が欲しいって言ったら、犬も飼っていいよっていってくれて。 本当は、娘が言い出したのに、彼らも、きちんと面倒見てくださってね。 私もガーデニングが好きだっていったら、家の庭の一部を私専用にしてくれたりもしました。 ホストペアレンツも自分の娘のように可愛がってくれていて、今では、すっかり家族の一員みたいになっています。 日本に帰国する時は、娘は置いて帰ってくれって、言われているぐらいです。 彼らとは、本当に良い出会いになりました。 やはり、ホームステイの良いところは、その国の暮らし・異文化をそのまま体験できることだと思います。 学校が休みの日には何をしていましたか? ホストファミリーと過ごす事も多かったですね。 ゴルフに連れて行ってもらったり、彼の家族がホリデーハウスを持っていて、そこで長期休暇を一緒に過ごしたりなどもしました。 日本ではしていなかった事も、ここオーストラリアに来て始めるきっかけになりました。 ゴルフもその一つですし、週末のホームパーティーなんかもそうですね。 仲間うちでわいわいがやがやとお互いの家を開放しあって週に1度はやっている感じですね。 パーティーですから、勉強以外の話をするきっかけにもなりますし、日頃言いにくい事が話せたりとか、英語が上手く話せないというネガティブ思考の気持ちもパーティーの雰囲気に盛り上げられて薄くなりますね。 何だか、英語が上手くなったような気持ちになりますよ。 ホームパ-ティーは、いろいろな国のいろいろな世代の人達と出会う良い機会だと思いますね。 あとは、オーストラリアのワインに魅せられてます。 週末には、ワイナリー巡りもたくさん行きました。 簡単に表現するとオーストラリア産のワインは、ナチュラルで濃い感じですね。 防腐剤が入っていないので、ぶどうそのままの味がしてフルーティーです。 今回日本に帰国する際も、たくさん持って帰る予定でいます。 日本に居る家族が、持って帰るのを楽しみに待っているんですよ。 留学生活(卒業)後の目標や夢について 大学は既に卒業し、今回一度日本に帰国するのですが、最終的に基盤となる国はオーストラリアなのか日本なのか、またはオーストラリアと日本を往復する生活になるのかは今は決めていないです。 仕事の方もまだ定かではないのですが、新しい事を始めても良いかなという思いもあります。 と言いましても、エデュケーションに関連することなのですが、そうですね、できればオーストラリアやニュージーランドと日本を結ぶ仕事をしたいですね。 具体的には、中学生や高校生の子供達が、海外に住むきっかけのお手伝いが出来たらと思っています。 そういう気持ちを持っている子供も日本に多くいると思うのですが、実際どうしたら良いのか解らないという子供達の手助けが出来れば良いなと思っています。 私と同世代の方は、ある程度社会通念とか価値観とか固まってきていますよね。 それを打ち砕くのはもうすごく難しいし、おそらく日本にいたのでは出来ないと思うんですよね。 でも、海外に出てみて1年・2年と生活していく中で違う発想もしてもいいや、こんな生活もあるな、などいろいろなものを見る・知る、きっかけとなると思います。 留学は、人生を変えられるとでもいうのかな。 私は、子供にも大きい人間になって欲しいという希望もありましたし、子連れであっても可能性はあることだと思います。 では最後に、MTSCを利用した感想を教えて下さい 日本在住中からメールでやり取りをしながら留学の手続きをして頂きました。 私の場合は、私だけではなく娘も一緒の留学でしたから、不安な点もたくさんあって、こんな細かい事までと思うような事もカウンセラーの方にメールで質問しました。 毎回、いろんな的確な助言をして下さって大変心強かったです。 英語圏での生活だから、海外で生活しているから日本人との関わりを避ける方も多くいらっしゃると思うのですが、私の個人的な見解で話をさせて頂くと、日本人同士での情報交換もすごく重要だと思います。 何も知らない場所に来て、自分一人で情報収集をしていたらどれだけの時間を費やしたら自分の欲しい情報に辿り着けるのか検討もつかないですよね。 日本語情報センターであるMTSCを利用したら、数分で欲しい情報が手に入るかも知れない。 特に、オーストラリアの学校の情報やメルボルンの基本的な生活情報などは確実に手に入ります。 ですから、MTSCのような場所を上手く利用すれば自分のメリットにもなりますよね。

次の

高橋喜代美の若い頃(non・noモデル)や美容の秘訣は?夫はミュージシャンって?

高橋 きよみ

概要 [ ] であると同時に、、、、、として活動している。 また、、としての顔も持つ。 立教中学校(現:)・立教高等学校(現:)卒業(高校の3年後輩にがいる)。 ソロ・デビューした(昭和53年)から(昭和55年)前半までは、「 高橋ユキヒロ」とカタカナ表記の名前を名乗っていた。 高校在学中からとして活動。 や YMO のメンバーとしての活動が有名。 その他、と共に結成した「」、とのユニット、としての活動を始め、様々なミュージシャンとのコラボレーションやプロデュースも手掛けている。 の出展の際の音楽を担当したり、監督の映画の音楽監督を務めたこともある。 近年は自身の体調などの関係から、披露される機会が少なくなったが、本職はドラマーである。 その厳格なまでに正確なリズムと少ない音数で多彩な表現を可能とする独特のタイトな演奏は、特にYMO世代のミュージシャン達から高くリスペクトされている。 音楽活動の他に、これまでに「Brother」 BUZZ SHOP CO. 、「Buzz Brother」 BUZZ SHOP CO. 、「Bricks」 BUZZ SHOP CO. 、「Bricks Mono」 PLAN・NET-WERK CO. 、「YUKIHIRO TAKAHASHI COLLECTION」 WAG Inc. といった自身のファッション・ブランドのデザイナーも務めている。 (昭和58年)には、『』のを務めた。 その他、やへの出演、の発表など、その活動は多岐に渡っている。 映画『』では主演を務める。 俳優のと交流が深く、『』、『』などに出演した際には、シュールなコントに挑戦している。 趣味は。 の治療のために始めたものだが、以来すっかり夢中になってしまい、ラジオ番組で中継を行ったことすらある。 釣り同好会「東京鶴亀フィッシングクラブ」(旧:東京鶴亀磯釣り会)の会長である。 兄は、元で音楽プロデューサー。 姉は、日本のファッション界におけるの第一人者である。 ファッション・ブランド「soe」のデザイナー伊藤壮一郎は伊藤美恵の息子、高橋の甥に当たる。 兼の大岩Larry正志は高橋家の次女の息子であり、伊藤壮一郎の従弟にあたる。 また、近代文学研究者のは、従兄弟。 また、現在の妻は「」モデルであった高橋喜代美(当時の芸名は「しもいきよみ」)。 (平成21年)より、を利用している。 略歴 [ ] (昭和27年)、東京に生まれる。 小学校5年生頃にはすでにドラムを叩いていたという。 立教中学校(現)時代、同級生のと「ブッダズ・ナルシィーシィー」というバンドを結成。 主にパーティー等で活動していた(後に東郷は高橋の兄・信之のプロデュースでフォークグループ「」としてデビューする)。 高校在学中からとして活動を開始。 にフォークバンド「」のサポートメンバーとして加わる。 しかし、『』ヒット以後の歌謡曲路線に合わず、と共に離脱。 生活デザイン学科 在学中の(昭和47年)、の誘いを受け、脱退した角田ひろ(現:)の後任として「」に加入。 ミカ・バンドは海外(とりわけ)において評価されている。 にはの全英ツアーにおいてを務めた。 帰国後、解散。 ミカ・バンド解散後、「」を経て、(昭和53年)からはソロ活動を開始。 そして同年「Yellow Magic Orchestra YMO 」を結成。 (昭和54年)から(昭和55年)にかけて2度にわたるワールドツアーを敢行した。 YMOは世界的な大成功を収め、日本のみならず世界の音楽シーンに多大な影響を与えた。 高橋の作曲としては「」が有名。 結成当初、YMOのメンバーはヴォーカルを取らない(ゲスト・ミュージシャンに任せる)という意向を細野は持っていたが、坂本の推挽で高橋が「中国女」のボーカルを手がけたことにより、ボーカリストとしての才能も発揮。 またファッション・デザインの才も発揮して衣装のデザインも手掛けていた。 高橋は当時、自身のブランド「Bricks」や「Bricks-MONO」のデザイナーだった。 YMO結成前、当時の坂本龍一のぞんざいな服装を見た高橋は「かっこいいのにもったいない」と初対面の時に思ったそうである。 1980年(昭和55年)には「POP THE HERO '80s」()のパーソナリティを(準レギュラーに当時のマネージャー伊藤洋一と共に)担当。 ソロやYMOの活動の一方で、(昭和56年)には鈴木慶一と供に「(ビートニクス)」を結成し、活動を開始する。 (昭和57年)、個人事務所「」を設立。 (昭和58年)4月より、「」()のパーソナリティを担当。 同年12月、YMO「散開」(解散)とともに放送終了。 YMO散開以降、ソロ活動を本格化させ、また「」としてもマイペースに活動。 (平成元年)には「」がを迎えて一時再結成。 (平成4年)3月には、高橋信之、田中信一と共に、「AGENT CON-SIPIO」を設立。 翌(平成5年)には録音スタジオ「CONSIPIO STUDIO」とレコードレーベル「CONSIPIO RECORDS」を発足。 同年2月、YMO「再生」(再結成)を発表し、東京ドームにてコンサートを行う。 (平成9年)には自らも「CONSIPIO RECORDS」に移籍したが、現在は休眠状態である。 (平成14年)からは細野晴臣と共にYMO以来のユニット「スケッチ・ショウ」を結成、活動を開始する。 (平成16年)にはスケッチ・ショウ+坂本龍一のユニット「 HAS 」として、エレクトロニカイベント「sonar」に出演。 (平成17年)には再び東芝EMI(現:)と契約。 翌(平成18年)3月に7年ぶりのソロアルバム「BLUE MOON BLUE」をリリース。 スケッチ・ショウで実践したエレクトロニカの手法を通過させた新機軸のポップ路線を展開した。 アルバム発表後は、、を主要メンバーに迎え、ライブハウスからロックフェスまで、各地でライブを精力的にこなした。 10月には恵比寿ガーデンホールで開催された「SONAR」への出演を交えながら、新宿ICC、仙台メディアテーク、東京都現代美術館の3箇所で「ミュージアムツアー」と称したライブを行い、インプロヴィゼーション中心のクオリティの高い演奏を披露、新たなる次への展開を窺わせた。 また同年、キリンラガービールのテレビCMとの連動企画で「」がをボーカルに迎えて二度目の再結成。 10月にはアルバムをリリースした。 同じくには同CMの企画でYMOがこれも二度目の再結成。 CMでは「ライディーン」のセルフカバー版「」を披露し、同時にネット配信を開始。 5月にはチャリティ団体「Smile Together Project」主催のライヴに(HASとして)出演、また7月には「」に出演。 の主催。 (平成20年)、新バンドを、、、、、と共に結成。 同年7月2日にアルバム「floating pupa」リリースした。 (平成21年)3月11日にはオリジナル・アルバムとしては22作目となるニュー・アルバム「Page By Page」がリリース。 をサポートに迎え同年6月6日には3年ぶりのソロ・ライヴ、7月には自ら「念願だった」というに出演、10月にはフェス形式のライブハウス公演に登壇するなど単発的ながら充実のライブ活動を展開した。 (平成22年)、の2ndアルバムをリリース。 (平成24年)12月22日、東京・渋谷のにて高橋幸宏の還暦を記念するライブ「高橋幸宏 60th Anniversary Live」が開催された。 (平成26年)、新ユニットを、、、、、と共に結成。 同年7月27日にLIVEアルバム「TECHNO RECITAL」リリースした。 (平成27年)LOVE PSYCHEDELICOのツアーに帯同。 活動実績 [ ] 音楽プロデュース [ ] 、、、、、、、、、、、、、、、など。 演奏参加 [ ] 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、など多数の作品に参加(ドラムをはじめ、キーボード、コーラスなど)。 その他 [ ] の出展用の音楽を制作、監督映画『ガクの冒険』では音楽監督を務めた。 の「RZ-1」に内蔵されたドラム音の監修を行った。 ソロ・ディスコグラフィ [ ] シングル [ ] オリジナルリリース タイトル カップリング 順位 /SEVEN SEAS 1 1978年6月21日 C'Est Si Bon Back Street Midnight Queen - 2 1980年6月21日 音楽殺人 スイミングスクールの美人教師 - 3 1980年12月5日 悲しきブルーカラーワーカー ミラーマニック - /¥・E・N 4 1983年1月1日 ARE YOU RECEIVING ME? AND I BELIEVE IN YOU 91位 5 1983年6月25日 前兆 ANOTHER DOOR 50位 6 1985年4月25日 POISSON D'AVRIL -四月の魚- 君にサープライズ! A DOG SMILED(2000年6月16日)• YT 33位 14 1995年10月25日 Fate Of Gold 49位 15 1996年11月13日 Portrait With No Name 49位 /コンシピオレコード 16 1997年9月19日 A Sigh of Ghost 99位 17 1998年3月18日 A Ray Of Hope - 18 1999年10月20日 The Dearest Fool 88位 東芝EMI 19 2006年3月15日 BLUE MOON BLUE 93位 20 2009年3月11日 Page By Page 56位 21 2013年7月17日 Life Anew 40位 22 2018年10月24日 Saravah Saravah! 29位 ライブアルバム [ ] オリジナルリリース タイトル 順位 /¥・E・N 1 1984年1月25日 13位 /イーストワールド 2 1991年8月23日 74位 /コンシピオレコード 3 1998年9月18日 Run After You Yukihiro Takahashi Live 1998 - 4 2009年3月11日 A Night in The Next Life-Perfect Premium Discs- 300位 5 2014年7月23日 TECHNO RECITAL 43位 Nishi Azabu Records 6 2015年8月23日 HEART OF HURT LIVE 2014 Seas of Seeds - カバーアルバム [ ] オリジナルリリース タイトル 順位 /イーストワールド 1 1993年1月27日 Heart of Hurt 28位 サウンドトラックアルバム [ ] オリジナルリリース タイトル 順位 /¥・E・N 1 1985年4月25日 28位 /T・E・N・T 2 1987年5月21日 - /イーストワールド 3 1991年8月23日 ガクの冒険 - /コンシピオレコード 4 1992年1月25日 うみ・そら・さんごのいいつたえ - 5 1993年8月30日 あひるのうたがきこえてくるよ - 6 1996年11月10日 しずかなあやしい午後に - 7 1996年12月10日 The Show vol. 6 Yohji Yamamoto Collection Music - ベストアルバム [ ] オリジナルリリース タイトル 順位 /¥・E・N 1 1985年11月28日 THE BRAND NEW DAY - /T・E・N・T 2 1993年5月21日 THE BEST WAY - /イーストワールド 3 1995年6月7日 I'm Not In Love. Remix - トリビュートアルバム [ ] オリジナルリリース タイトル 順位 9 2012年8月8日 51位 映像作品 [ ]• (11月18日)• A Fragment(1984年)• 新青年(1985年)• 高橋幸宏ジャパンツアー 1986 YT(1986年)• A La Vie Prochaine(1990年)• Gone 2012年6月27日• 『』 前兆 蜉蝣 POISSON D'AVRIL -四月の魚- 映画『』主題歌 悲しいウイークエンド 『』CMソング 今の僕から… 『強力わかもと』CMソング Providence 『』CMソング FAIT ACCOMPLI 『』CMソング 愛はつよい stronger than iron 『ブティックJOY』CMソング 元気ならうれしいね 『ちゃんと、ちゃんと。 キャンペーン』CMソング 素敵な人 1992年企業キャンペーン CMソング 青空 『'94秋キャンペーン』CMソング 精一杯の微笑み 『オプチューン』CMソング 二人でくらしてみたいね AJINOMOTO『ちゃんと、ちゃんと。 キャンペーン』CMソング Split Spirit 映画『』エンディングテーマ ユニット・ディスコグラフィ [ ]• Sadistic Mika Band()• HOT! We Are Just Taking Off()• 出口主義 - Exitentialism()• The Show vol. METALIVE(2016年)• METAHALF(2016年) 作品を発表したレコード会社 [ ]• 出演映画 [ ]• (1983年)• (1984年)• (1984年) - 桂木次郎 役• () - 根本昌平 役(主演)• (2006年)• (2007年)• (2009年) - ビリー 役• (2020年公開予定) - 爺・ファンタ 役 ゲーム音楽 [ ]• (、)• (、)• (、)• (、)• (、ジャレコ) メインテーマを担当。 著書 [ ]• (鈴木慶一と共著、パルコ出版、1985年)• (JICC出版局、1989年)• (JICC出版局、1992年)• (写真:、大栄出版、1997年)• 私的名曲ガイドブック PHP研究所、2012年) 関連書籍 [ ]• 『対談集 夢の中で会えるでしょう』 2018年10月10日発売、mille books C0073 - 対談相手の1人。 テレビ番組 [ ]• (系列)• (系列)• (テレビ朝日系列)• (系列)• (日曜午後5時ノンスクランブル放送枠)• (2019年1月1日、/1月2日、) テレビアニメ [ ]• Episode26、ノーマン役 ラジオ番組 [ ]• 坂本龍一の(NHK-FM、 - 、ゲストとして不定期に)• (ニッポン放送、、)• (、 - 、毎週日曜日 20:00〜21:00) CM [ ]• 「スーパーニッカ」() - CMソング(『』から3曲他)• () - CMソング(『』で機材としてCZ-5000を使用)• TR-XX L70型() - CMソング• 「強力わかもと」() - CMソング• SW20型() - CMソング• BG型() - CMソング(として)• (現・)「サリダ」()• 「ブティックJOY」() - CMソング• 「HOT! 1エビピラフ」他() - CMソング• 「'94秋キャンペーン」() - CMソング• 「KAFEO」()- 役で出演。 「イエローラベル」()• ・()• 他、多数。 脚注 [ ] [] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2015年7月)• 「特集 高橋幸宏」『MUSIC MAGAZINE』 2013年8月号、• 「総特集 高橋幸宏」『 詩と批評』 2013年10月臨時増刊号、 関連項目 [ ]• - 姉• - 甥• - 兄• 外部リンク [ ]• room66plus -• 高橋のマネジメントが関連会社「株式会社ヒンツ・ミュージック」に移った旨の記述有• この項目は、(・・・・など)に関連した です。 - 2. - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. - 9. EGO - 10. BROADCAST FROM HEAVEN - 11. A Day In The Next Life - 12. Life Time, Happy Time - 13. YT - 14. Fate Of Gold - 15. Portrait With No Name - 16. A Sigh of Ghost - 17. A Ray Of Hope - 18. The Dearest Fool - 19. BLUE MOON BLUE - 20. Page By Page - 21. Life Anew ベスト.

次の