イギリス ツアー おすすめ。 格安のイギリス旅行・イギリスツアーを探す(ヨーロッパ)【日本旅行】

イギリス旅行のおすすめプランは?費用やベストシーズン、安い時期、スポット情報などを解説!

イギリス ツアー おすすめ

世界中に溢れる魅力的な国々の中でも、一生に一度はヨーロッパ旅行をしてみたい!と思ったことありませんか? 特にイギリスは人気旅先ランキングにおいて、毎年上位にランクインしている人気の国です。 「イギリス」や「ロンドン」と聞くと、例えば音楽や観光地、王室など何かしら頭にイメージが浮かぶかと思います。 それほど日本人にとってメジャーな国でありながら、行ってみたいけど遠いし、お金も時間もかかる…と諦めている方もいるのではないでしょうか。 でも実はツアーを利用すると意外と楽チン!手頃にイギリスまで行けてしまうんです。 今回は初めてのイギリス旅行でも安心なツアーをご紹介します。 イギリスへいつか旅行に行き太刀雄考えている方は、ツアーを活用してみましょう。 例え英語が話せなくても、イギリスが初めての海外旅行であっても、完全にお任せできるのがツアーの良いところ。 イギリスは物価が高いので、個人手配で航空券を安く入手できたとしても、現地の宿泊や食事、移動代をプラスすると結構な金額になってしまうのが落とし穴。 さらにイギリスの観光ルートや、メトロ、バスなど交通手段の下調べ、荷物を持っての移動など、初めての場合は不安な点もありますよね。 一方ツアー旅行であれば、効率よく観光地を巡ることができ、食事場所や荷物の心配もなし!自分のスタイルに合わせてツアープランが組めたり、様々なコースが用意されているので快適な旅ができますよ。 添乗員がいるから安心 個人旅行とツアー旅行の大きな違いは、旅のプロである添乗員さんがいること。 ツアーによって異なりますが、出国時からの引率コースであれば、長いフライトの間も添乗員さんと一緒なので、何か気になることがあればすぐに対応してもらえるのが利点。 その他、現地空港から添乗員さんが案内してくれるパターンもあります。 言葉の壁やコミュニケーションなど、海外ならではの心配点をカバーしてくれる強い味方ですよね。 一番の魅力は観光地に関する知識を備えていること。 イギリスの歴史や由来を知ると、訪問した観光地の素晴らしさや感動が何倍にもなります。 帰国してからの土産話にも花が咲きそうですよね。 連泊ありで便利 旅先ならではの緊張感や疲れを癒してくれるホテルでは落ち着いて寛げるのが一番。 例え2~3泊であっても、自分の家のように荷物を広げてリラックスしたいもの。 短期間から長期間までイギリス旅のタイプも様々ですが、途中で宿を変わるコースだと移動のための荷造りが面倒ですよね。 でもちゃんと連泊コースがありますのでご安心を。 旅行会社やコースによって記載は異なりますが、予め連泊を売りにしているものや、宿泊ホテルが決まっているものがありますので確認しましょう。 個人ではなかなか手が出ないような高級ホテルの連泊コースがお得に提供されていることもあるので、お見逃しなく! 人気の観光地を効率よく イギリスは長い歴史を誇る国。 現在に至るまでイギリスの地を見守ってきた美しい建造物が並び、どこを切っても絵になるような街並みが魅力的です。 ただのんびりと街歩きをしているだけではもったいない。 特に初めてのイギリス旅行であれば、やはり効率第一ですよね。 ツアー旅行であれば観光地から観光地までの最短ルートが上手に組み込まれているので、メインスポットを無駄なく時短で巡ることができます。 移動中の風景も楽しめる道中、添乗員さんの話を聞きながらイギリスの街並みを眺めていると、旅感UPでとても充実した時間が過ごせますよ。 食事も多彩でイギリスを満喫 昔からイギリスの食事はイマイチだという話をよく耳にしたと思います。 ですが実際には美味しいものがたくさんあるんです! 是非旅の間に一度は食べていただきたいのが「フィッシュ&チップス」。 ふわふわの白身魚のフライと揚げたてポテトがたまりません。 そしてオススメ朝ごはん「イングリッシュ・ブレックファースト」。 卵やベーコン、ハッシュポテトのプレートに、白いんげんやキノコの煮込みがトローリ。 これにトーストを付けながら食べると最高です。 パブに行くとお得な価格で食べられますよ。 イギリス料理の定番「ミートパイ」やジューシーなお肉がたまらない「サンデーロースト」など肉料理もお得意。 そして忘れちゃいけない、ここは紅茶の国。 イギリスに来たならイングリッシュティーと「スコーン」で優雅なアフタヌーンティを堪能しましょう。 イギリス堪能プラン集 イギリスと一口に言っても、見所はロンドンだけではありません!イギリス人たちも訪れる人気観光地の湖水地方やエジンバラ、リヴァプールにコッツウォルズ…そしてイギリス南部へ行けばあの有名なストーンヘンジなどがあります。 日本にも各地方の良さがあるように、イギリスにも各都市でしか見られない風景があります。 まずは代表的なガイドブックを見て、どの都市へ行くか、何が見たいか、体験したいかのリストを作ってみるといいかもしれません。 各旅行会社が提案しているプランをざっと見れば、人気コースの検討がつきますよ。 ここではオススメの6つのイギリス旅行プランをご紹介したいと思います。 主要都市ロンドンツアー 短期間でイギリスを満喫するならロンドンからスタートしましょう。 ロンドンツアーで人気があるのは4泊6日コース。 本気でロンドンを満喫するには一週間あっても足りないほどですが、4泊出来ればメイン観光地を巡ってもまだ少し余裕が出来ますよ。 大英博物館、バッキンガム宮殿、ロンドン塔、ウェストミンスター寺院にタワーブリッジなど、これぞロンドン!という観光地を巡りましょう。 二階建てバス「ダブルデッカー」に乗るシティツアーに乗車するのもオススメ。 エンタメをプラスするなら、本場のミュージカル鑑賞に行ってみましょう。 お財布に優しい格安プラン 格安になるポイントは、直行便ではなく乗り継ぎプランであることや、航空会社の違い、ホテルグレードなどで価格が大きく変わってきます。 さらに安いものは食事なし、添乗員さんなしのパターンになってしまうので少しハードルが上がってしまいますが、激安価格では4万円前後(空港使用料など別途必要)から見つけることも可能です。 しっかりとプランニングされたイギリスツアーを格安に楽しむなら、最安値の時期を狙うのが良いでしょう。 ロンドンのベストシーズンは4~8月。 ツアー料金が安価になるのは1月中旬から2月下旬と、11月下旬から12月中旬にかけて。 意外と春休みのシーズンは高くないので学生さんは狙い目です。 期間限定の学割ツアーもあるので上手に利用を。 羽田発着直行便で行けちゃう ロンドン・ヒースロー空港までの直行便は、ブリティッシュ・エアウェイズ、全日空、日本航空の3社が運航しています。 フライトの所要時間は平均12時間45分。 復路は11時間45分前後です。 3社とも月曜から日曜まで毎日往復便があり、出発は9:45~11:40の間、現地着は13:35~15:30の間となります。 現地到着時刻がお昼から午後にかけてになるので、到着日には夕方から夜にかけてのロンドンを楽しんだり、夜景を見に行くツアーを組んでみてもいいかもしれませんね。 ちなみに羽田発の乗り継ぎ便利用の場合、ミュンヘン経由のルフトハンザ便が15時間台でヒースローに到着します。 乗り継ぎのトラブルを軽減するためにも、初めての方は直行便利用がベターでしょう。 地下鉄・バス乗り放題プラン 自由行動のフリーデイが組まれているコースでは、移動に便利なロンドン地下鉄(チューブ)・バス、オーバーグラウンド(在来線)が乗り放題になる「ロンドン・トラベルカード」が付いているプランがあります。 さらにDLR(ドックランズ・ライト・レイルウェイ)と呼ばれるライトレールタイプの鉄道やトラムも利用可能。 トラムやバスは移動しながら街の景色が見られるので、ただ乗っているだけでもとっても楽しいですよ。 目的地を設定するのではなく、この路線に乗ってみるという目的で、乗り物を活用してロンドンの街を楽しむのも素敵な観光の方法ですよね。 人気の2都市の街歩きプラン イギリスで人気の2都市を巡る街歩きプランなら、ロンドン+湖水地方がオススメです。 都会的なロンドンと対照的な自然に溢れる湖水地方は、イギリスで最も美しい風景として知られる国内最大の国立公園。 まるで絵本の中にいるかのような光景に出会えますよ。 そしてロンドン+リヴァプールも人気です。 リヴァプールといえば世界遺産に登録されている都市であり、ビートルズが誕生した場所としても有名ですよね。 ビートルズの歴史に触れられる施設「The BEATLES Story」の他にも、リヴァプールには観光名所がたくさんあります。 【上級者向け】通常のツアーでは行けない観光スポットプラン ありきたりなツアーではなく、別の角度からイギリスを楽しみたいという方は「ハリーポッター」の撮影地を巡るコースはいかがでしょうか。 ロンドンから鉄道で1時間ほどのオックスフォードには、あの有名な食堂のシーンに使われた「クライストチャーチ」や、ホグワーツ図書館として使われた「ボウドリアン図書館」などがありますよ。 イギリス国内の様々な場所で撮影が行われたので、オリジナルのハリポタツアーを計画するのも楽しそうですよね。 行きたいツアーが見つかる。 旅行会社紹介5社 どこの旅行会社を選ぶか。 時間に余裕があれば近所の旅行会社の窓口に直接行ってみるのも一つの方法ですが、インターネット上のみで販売している格安プランや特別コースがあることも少なくありません。 まずは各社のサイトで検索を。 料金やコース、細かいプラン内容など気になる部分をチェックしていくと、旅の輪郭がはっきりとしてきます。 希望プランが決まっていない場合、どんなコースがあるかを確認して、そこからプランを詰めていくというのもいいでしょう。 各社の強みや得意分野を比較して検討しましょう。 S H. Sの売りは格安ツアープラン。 他社との差別化に低価格を打ち出しています。 出来る限り価格を抑えて旅がしたい!という方にオススメです。 学生さんや社会人になりたての若い世代に特に人気があります。 とはいえ高級ホテルの宿泊プランや周遊プランなど、幅広い世代のニーズに応える様々なツアーが用意されていますよ。 中にはイギリスの6つの世界遺産を含む、11都市を周遊するという贅沢なプランも。 Sロンドン支店のサイトでは、オススメの現地ツアーの詳細も見られます。 JTB 誰もが知っている老舗ブランドJTB。 全国各地に約1,000店舗もの支店を持ち、イギリス現地にも支店があるため、旅の相談や最新の情報を電話やメールで手軽に入手できます。 インターネット、店舗どちらからも予約可能で、支払いに関して不安な点がある場合は予約のみネットで行い、支払いは直接店舗で行えます。 支店が多いからこそ可能なJTBならではのサービスですよね。 もちろん経験豊かな添乗員さんが旅先で同行してくれることも強みです。 相談から実際の旅までのサポートが手厚い旅行会社の一つです。 阪急交通社 添乗員さん付きのツアーで比較的安価なプランが多いのが阪急交通社の強みです。 サイトでの検索が大変わかりやすく、「添乗員同行」や「世界遺産」など簡単なキーワード検索でツアーが出てきます。 オプショナルツアーも多数用意されており、更新の早い現地情報ブログも旅の参考になりますよ。 阪急交通社では格安ツアー、ベテラン添乗員付きの少人数ツアー、自分で好きなようにアレンジのできるツアーと3つのプランから選ぶことができます。 オンラインサービスが充実していて利用しやすい旅行会社です。 航空会社 ANAやJALなどの航空会社が提供しているツアープランは、旅行会社のプランより値段が少々高めですが、各社のマイルを貯めているマイラーの方であれば特に検討をオススメします。 通常のフライトマイルよりも、自社ツアー利用時の方がかなりマイルが貯まるんです。 マイルの利点を除けば、他の旅行代理店と大きな違いはありません。 WEB限定ツアーや、マイル会員限定のツアーでお得なプランも用意されています。 航空会社主催なので、リアルタイムで更新される飛行機の空席状況が確認できて、予約時に座席指定が可能なのは便利なポイントです。 クラブツーリズム コースの魅力など、プロの意見を参考にしてツアーを決めたいという方にオススメなのが、クラブツーリズムが定期的に開催している無料の海外旅行説明会。 映像を見ながら、経験豊富な添乗員スタッフによるコースのポイントやおすすめコース、現地の最新情報などを直接聞くことができます。 年に数回開催されているので、スケジュールはサイトで確認を。 プランは「初めてのイギリス」「気軽に街歩き」などのキーワードから検索可能で、ひとり参加に限定したプランもあるので、ソロツアーを検討している方にもオススメですよ。 まとめ.

次の

イギリス・アイルランドの旅行・ツアー|ヨーロッパ|海外旅行|JTB旅物語 首都圏発

イギリス ツアー おすすめ

イギリス旅行がはじめての方からリピーターの方まで、イギリス旅行前にはお天気、見どころ、レート・・・などイギリスの基本情報をチェックして、楽しいイギリス旅行を計画しましょう! イギリスの基本情報 イギリス旅行に行く前にイギリスの基本情報をチェックしてください。 エジンバラ 美しい建築、街に刻まれた歴史、魅力的なショッピング街など、その独特な雰囲気をもつ。 現在の街の中心は新市街。 エレガントで背の高い石造りの建物が連なり、お洒落なショッピング通りプリンシズ・ストリートなどが街を彩っている。 一方、旧市街は、エジンバラ城、ホリルードハウス宮殿をはじめ多くの観光名所が集まっている。 丘の上でライトアップされたエジンバラ城の夜景は必見。 ストラトフォード・アボン・エイヴォン パディントン駅から列車で1本で行ける。 美しい町並みの広がるシェークスピアの故郷。 ウォーリックシャー南部は「シェークスピア・カントリー」と呼ばれている。 絵のように美しい村や古い教会、緑の大地、エイヴォン川の美しい流れが、英国カントリーサイドらしい風景を豊かに彩っている。 ロンドン 一日中晴れ、一日中雨などの天気はかなり少なく、大抵、晴れて曇って雨が降る。 夏でも夜は涼しく半袖ではいられないこともしばしば。 煉瓦や石造りの歴史ある建物と、街の中心にもそこここに見られる芝生の広場が、時間の流れに流されない伝統の街の魅力を物語っている。 相反してトレンドの最新を行くファッショナブル&モダンなイメージも同時に持つのがロンドンの特徴。 国名 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 首都 ロンドン 言語 英語、他にウェールズ語、スコットランド語、ゲール語 時差• 通貨 チップ ポーター:荷物1個につき0. 治安 外務省海外安全ホームページ 旅券 残存有効期間は、帰国時まで有効なものが必要です。 備考:シェンゲン協定非加盟 査証 6ヵ月未満の滞在は査証不要です。 出国用予約済み航空券、滞在費用証明が必要です。 イギリスの気候と服装 春夏秋冬のイギリスの気候はどんな感じ? 季節ごとのイギリス旅行での服装をご案内します。 10月〜11月(秋) 季節の移り変わりを感じることができるイギリスの秋では、肌寒く感じることも多いです。 セーターやパーカーなどで温度調節をすることをお勧めいたします。 気候 (気温、降水量) 都市名 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 ロンドン 最高 7 7 8 13 17 20 22 22 19 15 9 6 最低 -3 -2 3 6 9 12 14 13 11 9 5 2 降水量 75 53 57 47 51 50 48 54 53 57 83 77 東京 最高 6. 5 8. 4 10. 3 15. 9 20. 7 24. 4 27. 8 28. 9 25. 3 19. 6 14. 8 10. 2 最低 0. 6 1. 6 4. 8 10. 6 15. 1 18. 3 21. 8 22. 2 19. 3 13. 4 7. 5 3. 3 降水量 45 60 99 125 138 185 126 147 180 164 89 46 イギリスの世界遺産リスト イギリスの世界遺産をご紹介します。 イギリス旅行のハイライトとして人気の世界遺産もあるので、ぜひ旅行前に要チェックです!• バース市街• ロンドン塔• ・ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸 自然遺産 1986 ・ダラム城と大聖堂 文化遺産 1986、2008 ・アイアンブリッジ峡谷 文化遺産 1986 ・ファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園 文化遺産 1986 ・グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群 文化遺産 1986 ・セント・キルダ 複合遺産 1986、2004-2005 ・ブレナム宮殿 文化遺産 1987 ・ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会 文化遺産 1987、2008 ・ヘンダーソン島 自然遺産 1988 ・カンタベリー大聖堂、聖オーガスティン大修道院及び聖マーティン教会 文化遺産 1988 ・エディンバラの旧市街と新市街 文化遺産 1995 ・ゴフ島及びインアクセシブル島 自然遺産 1995、2004 ・河港都市グリニッジ 文化遺産 1997 ・オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地 文化遺産 1999 ・バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群 文化遺産 2000 ・ブレナヴォン産業用地 文化遺産 2000 ・ニュー・ラナーク 文化遺産 2001 ・ソルテア 文化遺産 2001 ・ドーセット及び東デヴォン海岸 自然遺産 2001 ・ダーウェント峡谷の工場群 文化遺産 2001 ・キュー王立植物園 文化遺産 2003 ・リヴァプール-海商都市 文化遺産 2004 ・コーンウォールとウェストデヴォンの鉱山景観 文化遺産 2006 ・ポントカサステ水路橋と水路 文化遺産 2009 ・フォース橋 文化遺産 2015 イギリス旅行のよくある質問 イギリス旅行の際のよくある質問をまとめました。 イギリス旅行へ行く前にぜひ一度ご確認いただき、安心・安全な素敵な旅にしてください。 いつ頃が観光に良いですか? イギリス周遊なら春〜秋がお勧めです。 5月は薄手のコートが必要。 9月も薄手のコートが必要。 9月はヒースの花が丘一面に咲き、丘がピンクや紫色に染まります。 天候はどうですか? 秋から雨量が増えます。 ロンドンをはじめ、全土において1日の天候が変わりやすく不安定です。 朝、晴れていても傘は必ず持参して外出してください。 ロンドンはスモークという別名があり、どんよりした天候のことが多いです。 服装で気を付けることはありますか? マナーハウスや高級ホテルでの夕食ではネクタイとジャケットが必要です。 優雅なアフタヌーンティーをご希望の方も同様です。 エンターテイメント鑑賞の時は、座席の等級によってはラフな服装でも構いませんが、それでも男性は襟付きのシャツを着用するなどの周りの客への配慮が必要です。 フリータイムのお勧めはありますか? 1日乗車券を購入してバスと地下鉄に乗って回ってみてはいかがでしょうか。 絵画がお好きな方は、ナショナルギャラリーがお勧めです。 イギリスの国立博物館美術館はなんと無料です。 またロンドン塔には、アフリカの星と名付けられた大きなダイヤモンドが展示されています。 日本円は使えますか? 空港やロンドン三越など一部の免税店だけです。 日本語メニューをおいているレストランはありますか? ロンドン三越やJCBカードと提携しているごく一部のレストランだけです。 ミュージカルのチケットは現地でもとれますか? 確実にチケットを入手したいのであれば、事前の手配をお勧めしますが、座席に拘りがなく、取れれば観ようという程度であれば現地で当日手配が可能です。 ピカデリーサーカス付近ではディスカウントチケットを扱っているお店があります。 バッキンガム宮殿の衛兵交替式は見られますか? ツアーにより異なります。 また、月により毎日衛兵交替式がない場合がございます。 パブはどうでしょうか? イギリスといえばパブが有名です。 一度はパブで食事をしてみてはいかがでしょうか。 ビールはパイントまたはハーフパイントとという単位で注文します。 多くのパブが昼休みなしで営業していますので早目の夕食を取りたいときには便利です。 季節ごとのおすすめ海外旅行をご案内します!• 三ツ星ランク以上の人気ホテルが格安!• 今がお買い得!旬でお得な商品をお届け!• 学生旅行におすすめの海外旅行プランをご紹介。 海外航空券+ホテルがリニューアル!!新規サービスの詳細をチェック!! イギリスのおすすめ特集 イギリスにおすすめの海外ツアーを探してください!• イギリス旅行説明会オンライン予約はこちら 人気の特集から探す 定番の特集から人気の海外ツアーを見つけてください!• ヨーロッパのおすすめ特集 ヨーロッパのおすすめ海外ツアーを探してください!• 人気のヨーロッパ商品シリーズ• ヨーロッパ情報• 日本旅行のヨーロッパ専門店。 ヨーロッパプラザ・ヨーロッパデスクはこちら 国・エリアから探す 気になる国・エリアの特集はこちら ヨーロッパ• 旅のお役立ち情報 旅行前、旅行後にお役立てください。 旅行の検討• 出発前の準備• その他• ヨーロッパ• アジア• ビーチリゾート• オセアニア• 北米・中南米• 中近東・アフリカ•

次の

格安のイギリス旅行・イギリスツアーを探す(ヨーロッパ)【日本旅行】

イギリス ツアー おすすめ

イギリス観光情報• ロンドン 歴史的建築物と現代的なビルが並ぶ世界有数の大都市ロンドン。 壮麗な姿を今に残す宮殿、世界最大級の博物館、建築物としても貴重な寺院、そして劇場にショッピングスポットとあらゆる観光名所が集まっています。 ストーンヘンジ 紀元前3000年から2500年頃にかけて造られた謎の巨石建造物。 日本語にも対応したオーディオガイドを聞きながら見学できます。 謎多き遺跡を様々な角度から見ることで、さらに想像力が刺激されるはず。 湖水地方 高い山が稀少なイギリスの中でも、標高1,000m近い山と多くの湖が点在する、起伏に富んだ自然豊かなエリアです。 有名なビアトリクス・ポターの絵本「ピーターラビット」の舞台とも言われています。 イギリスの気候 1日のうちで天気が変わりやすく、日が照りつけたと思ったらどしゃ降りになることも。 位置的には北海道よりも北になりますが、冬の冷え込みは日本の方が厳しいくらいです。 イギリスの服装 コンサートや観劇、高級レストランでの食事以外はカジュアルでOK。 年間を通して雨が多く、冷え込むこともあるので雨具と長袖の衣類は必須です。 スコットランドはさらに寒いので夏でもセーターの用意を。

次の