自転車 navitime。 ナビタイムの自転車ルート、無料と有料プランではどう違う?【ロードバイク初心者】

ナビタイムの自転車ルート、無料と有料プランではどう違う?【ロードバイク初心者】

自転車 navitime

ページコンテンツ• ロードバイクとNAVITIMEとスマートウォッチが最高の相性 スマートフォンは地図を見るには適してるが重いという難点 ロードバイクに乗っている時に、ハンドル周りにはベルや速度計を付けてますよね。 長距離の場合はスマートフォンを付けるという人も少なくないと思います。 確かにスマートフォンは画面が大きく地図が見やすいのですが、正直、ロードバイクの長距離ライドで地図が必要になる場面というのはそう多くありませんよね。 なので、私の場合はハンドル周りには速度計と自転車用ベルのみを付けています。 信号や休憩の際にスマホで地図をチェックすればおおよそ事足りてしまうと思います。 Wear OS対応のスマートウォッチなら自転車版NAVITIMEがある! Price: To be announced アプリ自体は基本的には有料なのですが、 Web(PC)からであればルート検索も含めて無料で使うことができます。 ロードバイク乗り必須の自転車版ナビタイムは月額300円から 自転車用NAVITIMEは有料ではあるのですが、すでにGoogle Playでは50万ダウンロードを記録している超人気のアプリになっています。 基本的にはスマートフォンにアプリをインストールした後に、スマートウォッチのアプリとして自転車NAVITIMEを入れて連携させることで、一定の通知をしてくれます。 自転車NAVITIMEとスマートウォッチでできること 振動で伝えてくれる意外と便利な「右左折通知」 自転車NAVITIMEはカーナビのようにルートを案内してくれる機能がメインです。 スマートウォッチのアプリと連携させることで、スマートウォッチに直接振動と表示で右左折通知を送ることができます。 適度な休憩を教えてくれる「距離通知」 単独ライドの際はついつい漕ぎすぎてしまったり、疲れてしまってあまり持続しないためにトレーニングにならないことがあります。 こうしたときは自転車NAVITIMEの距離通知機能を使うと、一定の距離を事前に入力しておくと、その距離に達した際に通知をしてくれます。 水分補給や休憩、時間とペースの把握にぴったりな機能です。 自転車用のNAVITIMEとルートラボはどっちが使いやすい? どちらも使い方が異なるので両方必要! 自転車NAVITIMEはナビタイム社が開発しているアプリなのでとてもよくできてます。 乗換案内などはGoogle Mapなどの競合に押されているところがありますが、自転車やバイク向けのマニアックなアプリでかなりの強みがあります。 ルートラボは残念ながらAndroidアプリが公式からは出ていませんが、サードパーティ製のものがとても良いのでぜひチェックしてみて下さい。

次の

緊急事態宣言による交通量と目的地検索の変化を分析。交通量は9割程度まで回復、自転車利用の検索は約2倍に、お出かけ需要は回復傾向

自転車 navitime

手軽で多種のルート検索 まず出発地と目的地を入力。 ともに、名称/住所/駅/バス停/電話番号に対応している。 都合によっては経由地を設定することも可能だ。 そして検索ボタンを押すとルート結果が表示される。 ルートは「推奨」「距離が短い」「坂道が少ない」「坂道が多い」「裏通り優先」「大通り優先」「サイクリングロード優先(有料プレミアムコースのみ)」の7種類を選ぶことができるようになっている。 特筆すべきは「坂道が多い」ルート。 自転車のトレーニングやダイエットを目的に、あえて選ぶ人もいるだろう。 そんな自転車乗りのハートをしっかりつかんでいるのが「自転車NAVITIME」なのだ。 また、高低差グラフでそれぞれのルートの起伏を比較し、走行ルートを選ぶこともできる。 地図は一般的なタイプと「高低差」「航空/衛星写真」の3種類を選ぶことができる。 しかし「航空/衛星写真」はバッテリーを激しく消費するので注意。 また、天候情報(降雨レーダー)を画面上に表示することもできる。 実際に走ってみよう ルートが決定し、いざ走り出そうとするときに押すのが案内開始ボタン。 ログを取得するときは画面上に表示されている「REC」ボタンをオンにする(有料プレミアムコースのみ)。 案内が開始されると画面上のロードマップに矢印があらわれ、音声ガイドとともに進行方向が指示される。 緑色の路線が走行ルートだ。 曲がる交差点が近づくと、矢印のナビゲーションと同時に交差点名を読み上げ、右か左への誘導が行なわれる。 うっかり曲がるところを間違えても、オートリルート機能により設定ルートへの復帰が可能だ。 また、ナビゲーション中でも現在の位置を高低差グラフで確認できるため、適切なギアチェンジやペース配分などの参考にもなる。 無事に目的地周辺に到着したら、画面上と音声ガイドでその旨を伝えてくれる。 そうしたらナビを終了させ、ログを取っているならば「REC」ボタンをオフしよう。 バッテリーの消耗対策は? 心配なのはスマートフォンのバッテリー。 GPSを使うことにより、バッテリーは思った以上に減りが早い。 そんな心配に対応するのが「ポケットモード」と「節電モード」。 長距離のライドにも対応できるように、電池の消耗を軽減する機能である。 前者は端末をポケットに入れて使う際、iOSならば近接センサーにより画面表示をオフにする。 後者は節電ボタンを押すことで画面をブラックにして走れる。 どちらも音声案内は継続されるので、ナビゲーションが止まることはない。 らくちんなスポット検索 指定した距離や走行時間から、その付近にあるコンビニ、カフェ、ラーメン店、自転車店などのスポットを検索することができるのも「自転車NAVITIME」の特長のひとつ。 自分がいる現在地点を中心に距離ならば1kmから150km、走行時間ならば約10分から約9時間40分までを選び、見つけたスポットを目的地として設定することが可能だ。 仲間と情報を共有するシェア機能 検索して示されたスポットや走行ログをメールやTwitter、Facebookなどで仲間と共有できる機能も備えている。 ツーリングの待ち合わせ場所や目的地を通知したり、おすすめのスポットやお気に入りのサイクリングルートを共有しよう(走行ログの共有のみ有料プレミアムコースの登録が必要)。 走行ログを取得しよう 自転車乗りは走行ログを取るのが大好き。 この「自転車NAVITIME」にも有料プレミアムコースに登録することで、走行ルートや距離、平均速度、消費カロリーなどを記録・閲覧できる機能がある。 実際に自転車で走ったルートを地図で見ることができるので、サイクリング後も楽しくライドを振り返ることができる。 記録機能 サイクリングロードを走るなら…… 全国の人気サイクリングロードをピックアップして、コース全体図や立ち寄りスポットなどを写真付きで紹介する特集コンテンツも搭載。 掲載しているのは、ちば里山若葉コース、ちばベイサイド美浜コース、瀬戸内しまなみ海道、安芸灘とびしま海道、荒川サイクリングロード、江戸川サイクリングロード、多摩川サイクリングロード、Cycle Aid Japan 2013(全12コース)。 気になる料金は? アプリのダウンロードは無料。 サイクリングロードを含めないルート検索、スポット検索、走行ログを除いたシェア機能は、無料のまま十分に使うことができる。 また、サイクリングロードを含めたルート検索、走行ログ、走行ログを含めたシェア機能を加えて、より高機能な使い方をしたいときは有料のプレミアムコースに登録しよう。 iOSならば月額250円(税込)から、Androidならば月額200円(税抜)から登録可能だ。 詳しいプランは下記リストを参考にしてほしい。 まとめると…… ナビゲーションアプリやナビゲーション機能付きのサイコンは数多くあるが、使ってみての感想は「さすがNAVITIMEから派生したサービス」というのが第一印象だ。 ユーザーインターフェイスは簡易で扱いやすく、初めて使っても戸惑うことがない。 走行中でも画面の地図を見ることなく、音声案内によりナビゲーションしてくれるのも重要だ。 そうした高い機能性と安全性を兼ね備えたものが「自転車NAVITIME」なのである。 ぜひ一度、ダウンロードして試してほしい。 決して後悔はさせない。

次の

緊急事態宣言による交通量と目的地検索の変化を分析。交通量は9割程度まで回復、自転車利用の検索は約2倍に、お出かけ需要は回復傾向

自転車 navitime

軽井沢は自転車で走りやすい環境が整えられている。 自転車NAVITIMEのナビでさまざまな観光スポットを効率よく巡ることができる スポーツとしての「サイクリング」ではなく、散歩感覚で自転車の街乗りを楽しむ「ポタリング」が注目を集めている。 観光地などで人気のスポットを回る際に、レンタサイクルでのんびりと走ったりするのだ。 行きと帰りのドライブの合間に、あえて現地の空気を感じながら自転車で走るのはなかなか気持ちがいい。 そんなポタリングのお供に便利なのが「自転車NAVITIME」だ。 紙の地図やガイドブックを見ながら走るのは危険が伴うが、自転車NAVITIMEがあれば、カーナビ並みの丁寧な案内で目的地までガイドしてくれる。 先ので訪れた軽井沢は、レンタサイクルが盛んな場所の1つ。 駅や宿泊施設の近くにレンタサイクルショップが多数あり、モデルコースがいろいろ用意されているので、気軽に自転車を借りて観光に活用できる。 今回はレンタサイクルを借り、自転車NAVITIMEで軽井沢探索を体験してみた。 自転車にもナビがあれば走りやすい 自転車NAVITIMEは、トータルナビゲーションアプリ「NAVITIME」を自転車向けにより使いやすく特化したアプリだ。 単純に出発地と目的地を指定し、最適なルートを検索するだけでなく、サイクリングやポタリングといった自転車に乗る目的に合わせてルートが選べるよう、多様な選択肢を用意している Android版は無料でダウンロードでき、推奨ルート(距離・時間・高低差などを考慮した自転車で走りやすいルート)の検索や、月間5キロまでのナビゲーションなどが可能だ。 店舗や施設の情報を検索することもでき、ルートの起伏を確認できる「高低差グラフ」といった便利な機能や、「消費カロリー」「日の入り時刻」などがチェックできる機能も備える。 プレミアムコースに登録すると、ナビゲーションの距離制限がなくなり、さらに経由地の設定や「距離が短い」「坂道が少ない」「坂道が多い」「大通り優先」「裏通り優先」「サイクリングロード優先」といったルートのバリエーションも選択できる。 走行ログの記録も可能だ。 プレミアムコースの料金は、spモード決済かソフトバンクまとめて支払いなら月額200円(税別)、Googleウォレット決済は月額300円(税込)。 iOS版は、アプリが400円(税込)。 サイクリングロード優先以外の、「推奨」「距離が短い」「坂道が少ない」「坂道が多い」「大通り優先」「裏通り優先」の6種類のルート検索とナビゲーションは、ダウンロードすればすぐに利用できる。 「サイクリングロード優先」のルート検索や走行ログ機能は、プレミアムコース(30日間200円/180日間1200円/365日間2200円(いずれも税込))に加入することで利用できる。 自転車NAVITIME特有の機能としては、高低差グラフが面白い。 目的地までどれくらいの高低差があるのか、事前に把握できると心の準備ができていい。 走行したルートや距離、消費カロリーなどはログとして保存できるので、後から走行ルートを振り返ることもできる。 走行ログをSNSなどで共有することも可能だ。 スポーツ? レジャー? 目的に合わせて走りたいルートを選択 箕浦のスマートフォン固定用クレードル「iH-500-STD」で自転車にスマートフォンを固定。 着脱も容易で扱いやすい。 軽井沢エリアは旧軽井沢を中心に半径2キロほどの範囲に観光スポットが集まっており、ポタリングにはとてもいい距離感。 まずは駅前にあるレンタサイクルショップで自転車を借りる。 行きたい場所は、ガイドブックなどで大まかに目星をつけておき、事前に自転車NAVITIMEで検索しておいた。 スマートフォンを自転車に固定するのに、専用のクレードルがあるととても便利だ。 今回は、箕浦(MINOURA)の「iH-500-STD」というモデルを利用した。 箕浦は自転車パーツのメーカーで、固定用のクレードルもさまざまなタイプを用意している。 固定できるスマートフォンのサイズに合わせて最適なモデルを選ぼう。 スマートフォンのホルダー部分とハンドルなどにホルダーを固定する金具は着脱式のものにしておくと、自転車を止めたときスマートフォンを外しておける。 駅からほど近い雲場池は、気軽に軽井沢の自然が感じられるすがすがしいスポット 軽井沢駅前からスタートして、まず向かったのは雲場池。 ここは湖面に映る紅葉などが美しいスポットだが、緑にもえる季節の空気もすがすがしい。 自転車NAVITIMEで「雲場池」を検索してルートに設定。 忘れずに走行ログの取得もスタートしておく。 駅から雲場池までは、旧軽井沢エリアへ向かう途中に少し寄り道する程度。 まだ少し肌寒かったが、湖の周囲を散歩する。 雲場池の次は、トリックアートが楽しめる「旧軽井沢森ノ美術館」へ。 前述のとおり、ルートを選ぶ際は、推奨ルートのほかに距離が短いルート、坂道が少ないルート、坂道が多いルート、大通り優先のルート、裏通り優先のルート、サイクリングロード優先のルートなど、目的に合わせた選択肢から選択できる。 効率的な移動だけでなく、運動のためにあえてハードなルートにしたり、裏道ばかりを通ったりできるのが自転車NAVITIMEならではだ。 今回は観光が主目的なので、推奨ルートや坂道が少ないルートを選択して走ってみた。 カーナビ同様の音声案内があるので、初めて行く場所でも道に迷う心配がないのが心強い。

次の