周防九曜。 佐々木(涼宮ハルヒシリーズ) (ささき)とは【ピクシブ百科事典】

九曜「――OH――MY――コーンブ……」

周防九曜

概要 第9巻『分裂』より登場。 光陽園学園に通う女子高生でとしばらく付き合っていた。 ただし、付き合っていた理由は谷口を標的であると勘違いしていたためだったので、人違いに気付くと同時に振っている(振った時期はよりによってバレンタイン直前だった)。 容姿、言動が一般の人間に比べて異質であり、その存在を認識することにより周りの人間に異様な存在感を与える。 その正体は、 天蓋領域がとコミュニケートするために作り出した ヒューマノイド・インターフェース。 その能力は未知数ではあるが、天蓋領域への許可申請を行わずともに引けを取らない強さを持つ。 スピンオフ 第6巻で登場(ただし、名前は明かされていない)。 本作ではになっており、長門や朝倉同様、天涯領域のような超常の存在とは関係のない少し無口な少女として光陽園学園に通っている。 ひょんなことから谷口と出会い、合同文化祭で彼とデートする。 関連イラスト.

次の

涼宮ハルヒの分裂について質問です。何故主人公のキョンは周...

周防九曜

 ̄ ̄:. :、:. :`:. 、 /:. iヽ:. :、:. :\ /:. : i:. i: l:. :i:. :イ:. :i:. : :. : :. :i:. l i i:. :l:. l :. :ハ:.! ハ ,ィf示ト、 ,ィf示ト. : i:! :l:. ゝ':. :ゝハ. : ィ:. :i:. ヾハ从:> ィハ从乂. ' ヽ! ` ` ,、. : : : : :冫 _ _ ̄冫: : : :. : : : : :. : : : : l : : : :. 本人も「キョンの中学時代の友人」を自称する。 キョンと仲が良く、周りからは2人が付き合っているように誤解されていたほど。 話し相手が男友達のときのみ、一人称が「 」の男言葉となり、「くつくつ」と笑う独特な喋り方になる。 下の名前は不明である。 また現在の苗字は小学校卒業後に家庭の事情で変わったものらしい。 と同じく容姿端麗で成績優秀。 しかしその性格は常識的であり、ハルヒのようにへんちくりんな行動は起こさない。 が、佐々木もその独特な喋り方や考え方という面で見れば変人である。 他にも「閉鎖空間を創りだす能力をもつ」「周囲に未来人・宇宙人・超能力者がいる」「一番仲が良いのがキョン」など、ハルヒとの共通点が非常に多い。 彼女がキョンに好意を持っている事を匂わすような描写はいくつも見られる。 だがの語り手はキョンであるため、キョン視点ベースではそういうものが無い。 やる夫スレにおいて 当初は原作の「分裂」のみの登場で(続刊が4年以上上梓されなかったため)、アニメにも未登場。 キャラの詳細が不明にもかかわらず、二次創作で人気を維持し続けていた。 公式イラストは数枚しか無いのに、の種類はやたら豊富。 基本的に知性派。 原作どおりキョンとの共演が多く、友人または恋人同士だったりする。 ハルヒと共演する場合は、敵対関係だったり、キョンを巡る恋のライバルという場合もある。 原作でのキャラが固まりきっておらず、その役柄や性格付けは作者ことに自由に行われているため、では様々な性格の彼女を見ることができる。 相手の性別によって口調を変えるという設定はほとんど採用されることはなく、常に「僕」の男口調で話していることが多い。 また口調を変える場合も原作とは違った条件となっている場合もある。 容姿的には同作品に巨乳要員がかなり多い為、貧乳もしくは控えめな美乳として描かれることがほとんど。 巨乳として扱う場合は別途の巨乳AAが使用されている。 なお佐々木の出演数に対して、佐々木版のと言える橘京子・・藤原の3人の登場機会は少ない。 主な作品• - 十条紫苑役。 の先代エルダー。 - ロサンゼルス市警察署長。 ハルヒらの上司。 - らが旅先で出会う超能力者。 - チーム「」のサブリーダー。 やる夫と友情を育む。 - 『ラブラブラブラブラブラブミー』の主要人物。 - 冷酷残忍な凄腕の剣客。 - ヒロイン。 やる夫が偶然知り合った舞台女優。 - やる夫のパートナー。 彼の萌え談義に冷静にコメントを返す。 - 大内家家老筆頭、陶隆房役。 - 時折やる夫達の前に現れ助言をするベルベットルームの住人。 何故かやる夫のことを良く知っている。 関連項目• - 対照的な存在? 直接的な交流は薄い。 - お互い「親友」と呼んでいる。 外部リンク• - 登場作品リスト.

次の

スオウ クヨウ【周防九曜】の例文集・使い方辞典

周防九曜

概要 第9巻『分裂』から登場。 の中学3年の時のクラスメートであり同じ塾仲間だった。 容姿はに、「十人中八人が一見して目を惹かれる」と評される美少女。 一人称が「 僕」の であり、話し相手が 男友達だと男言葉、女友達だと女言葉になるという癖の強い喋り方をする。 またキョンの「 やれやれ」と言う口癖は、元々は彼女の口癖だった。 またと同じく 「恋愛感情は一時の気の迷いで精神病の一種」と言う持論を持つが、彼女がキョンに好意を持っている事を匂わすような描写が作中ではいくつも見られる。 その正体は ハルヒと対を成すもう1人の神的存在。 性格こそ正反対なれど、2人にはいくつかの共通点がある。 (前述の恋愛に関する持論や頭脳明晰な美少女である所) 「驚愕」の初回限定版特典小冊子「」の「Rainy Day」によると好きな天気は雨である。 ボクっ娘、ヒロインのライバル、初登場からの 4年間の放置などもあって二次創作が盛んである。 残念ながら登場時期の関係上、アニメやゲーム作品には一切登場していない。 閉鎖空間 彼女が発生させる閉鎖空間はハルヒのものとはいくつもの違いがある。 また入れるのはら、 佐々木によって超能力を与えられた者のみ。 クリーム色で安定している。 (ハルヒのものは、灰色で不安定)• 佐々木自身は入れない。 (ハルヒは無意識のうちに入った事がある)• 常に通電している。 (こちらも通電こそしているが電気製品の電源はOFFになっている) ネタバレ 本項は『驚愕』におけるネタバレを含んでいます。 実はハルヒと同じ小学校に通っていた。 しかしクラスが一緒だったわけではなく、彼女は遠くから憧れの眼差しで見ていたらしい。 また卒業後に苗字が現在の佐々木姓に変わったとも言っており、元の苗字は不明。 もちろんハルヒは気づいていない。 スピンオフ 北高との合同文化祭の実行委員として登場。 過去の経歴は殆ど本編と同じだが、他の登場人物と同じく特殊な力を持ってるわけではないため、周防や藤原などといった人物は周囲にはいない。 久しぶりに再会したキョンと急接近し、彼に「男子から告白されて困っているので、自分と付き合う『』をしてほしい」と依頼したものの…… 関連イラスト.

次の