太田 基裕。 「イノサンmusicale」メインキャスト決定!ダブル主演に中島美嘉と古屋敬多(Lead)をキャスティング!その他に梶裕貴、荒牧慶彦、太田基裕、浅野ゆう子などの豪華俳優陣の出演も決定!|Jnapi L.L.C.のプレスリリース

太田基裕 公式ブログ

太田 基裕

自分の人生にとって何が大切なのか 分かっていますか? この授業では様々な方達の人生の価値観を知ることで、自分らしい生き方を学ぶことが出来ます。 落語家の柳亭小痴楽さんをMCに、各分野でご活躍されている方をゲストにお迎えします。 ・自分の気持ちに嘘をつきたくない。 ・家族との時間を何よりも大切にしたい。 ・お金を稼げなくても好きなことをやりたい。 ・死ぬまで成長し続けたい。 ・社会に貢献していきたい。 など、様々な「人生の美学」についてゲストの方に語って頂きます。 なりたい自分に成長するには、自分らしい生き方を見つけることが必要です。 多様な価値観に触れることで、自分にとって何が大事なのかを見極めていきましょう。

次の

太田基裕がミュージカル「刀剣乱舞で脱ぎます!?芸能界入りのきっかけは?

太田 基裕

名前:太田基裕 よみ:おおたもとひろ あだ名:もっくん 生年月日:1987年1月19日 出身地:東京都 血液型:A型 身長:178cm 所属事務所:株式会社アバンセ 特技:ギター・作曲・スキューバダイビング 趣味:韓国語・アルトサックス・ウクレレ・カメラ・旅行 現在31歳の太田基裕さん。 ファンの方や役者仲間からは『もっくん』というあだ名で親しまれています。 性格はマイペースで内弁慶だという太田さん。 ギラギラとした感じが苦手で『平和主義』な方なのだとか。 学生時代には内気で恥ずかしがりや、目立つのが好きではなかったそう。 マネージャーさんからは『ネガティブな不器用キャラを演じているが、実は適応能力が高い』『舞台に上がると華がある』と褒められていました。 芸能界に入ったのは妹さんのアシストがあったからです。 妹さんに感謝ですね! また、父親や母親はSNSによく登場することから家族仲はとても良いように感じます。 家族を大事にする方って素敵ですよね。 太田基裕の出身高校大学 太田基裕さんの出身高校や大学についてみていきます。 太田さんの出身高校は公表されていませんが、 中学高校は6年間男子校に通われていたそうです。 地味なタイプで高校時代のクラスメイトはおそらく自分を覚えていないと思う、と発言しています。 男女共学の高校だったら、イケメン過ぎて地味なタイプでもすごく目立ったでしょうね。 太田さんの 出身大学は青山学院大学だとネット上では言われています。 実際に太田さんのブログにも『青山学院大学』らしき卒業証書が写っていましたので可能性は高そう。 ちなみに太田さんは9月卒業だったそう。 在学中は迷い・不安・葛藤の日々だったとも語っています。 舞台の稽古にお仕事と勉強との両立は難しかったのかもしれませんね。 しかし、半期留年されてもきちんと卒業されているのは素晴らしいですね。 太田基裕の出演作品や経歴 太田基裕さんの出演作品や経歴についてみていきます。 学生の頃は恥ずかしくカラオケにはいかず、行ったとしても歌わないタイプだったという太田さん。 友達とのカラオケで歌うことすら恥ずかしかった太田さんがなぜ俳優の道に進むことになったのでしょうか。 学生時代を地味に過ごしてきた太田さんはどこかで目立つ子を羨ましいと思い、芸能界に憧れがありました。 人前で歌うのは恥ずかしかったけれど、家ではギターを弾き好きなバンドの真似をしていたそう。 そんな姿をみた妹が高校1年生の時、芸能界を勧めオーディション話を見つけ、オーディションに合格。 しかし、事務所に入っても仕事はなくこれからどうしようかな~と思っていたそう。 そんな太田さんの俳優人生を大きく変えたのはミュージカル『テニスの王子様』のオーディションに受かったこと。 そして2009年に『テニミュ』伊武深司役で舞台デビュー。 そんな初舞台の稽古場は知り合いもおらず、ギラギラ感にあふれた若手の先輩俳優陣に圧倒され、怖くて苦痛だったようですが 笑 稽古はコツコツと頑張っていきました。 それ以降、 舞台『弱虫ペダル』シリーズ 今泉俊輔役、『メサイア』シリーズ 五条颯真役など人気舞台に出演しています。 5次元舞台だけではなく、 『ジャージー・ボーイズ』『スカーレット・ピンパーネル』『手紙』など本格ミュージカルにも出演し、活動の幅を広げています。 その他、太田さんの出演作品は• 『マグダラなマリア』シリーズ• 青の戯れ 主演 アヒト 役• ROCK MUSICAL BLEACH 朽木白哉 役• 『Club SLAZY』シリーズ Bloom 役• ハンサム落語• 刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ 主演 白狐丸 役• 超歌劇『幕末Rock』 高杉晋作 役• ミュージカル『刀剣乱舞』• ミュージカル『アメリ』 ニノ 役 など様々な作品に多く出演されています。 刀ミュの千子村正、テニミュの伊武深司、ペダステの今泉俊輔など人気作品への出演で太田さんの存在を知った方も多いのではないでしょうか? 韓国映画や韓国ドラマに憧れて俳優になった、という経緯もありますので、映像作品にも多数出演できるといいですね。 映画『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』の劇中では作詞作曲を担当した『キミにDive』を披露したこともあります。 学生の頃から音楽に興味があり、ギターも弾けることから、歌手活動にも期待ができますね。 太田基裕の炎上理由は西平風香? 太田基裕さんを調べると『炎上』という気になる言葉が…。 一体どのようなことで炎上したのでしょうか。 調べてみましたが、太田さんに炎上している様子はありませんでした。 しかし、気になるツイートが。 その内容は• 2013年頃に西平風香さんと同棲をし始めたけど今は別れた。 太田さんも彼女の存在を匂わせていた といったものでした。 お相手は女優の特命戦隊ゴーバスターズに出演していた西平風香さん。 昨日のメイク。 リップはナチュラルにしたー。 — 西平風香 nishihirafuuka 名前:西平風香 生年月日:1992年1月11日 出身地:神奈川県 身長:160cm 所属事務所:フリー 現在は別れているというお2人。 舞台で共演していたという共通点以外はなにも見つけられませんでした。 ちなみに太田さんの匂わせTwitterはコチラだと言われています。 スヌーピーの人形あったからさ、写真撮ろうとしたら、映画館スタッフさんに撮りましょうか?と言われ、撮ってもらいました。 そんなシュールな写真。 お見せしましょうか。。 え、、誰??笑 — 太田基裕 motohiro ota motohiro0119 一見すると普通のツイートですが… 映画館のスタッフがお写真をとってくれているのに、なぜかスマホを手に持っている不自然な点から匂わせだと言われています。 お友だちと一緒だった可能性もありますが…。 (だったら隠さないで良いですよね…) この写真をアップして一度削除して再度アップされたこともあり、怪しむ方が多かったようです。 西平さんと付き合っていたという確証もないので実際のところは本人たちにしかわかりません。 太田基裕の彼女や好きなタイプ 太田基裕さんの彼女や好きなタイプについてみていきます。 太田さんに彼女の噂は現在ありません。 好きなタイプは気配りのできる女性で周りが見える人と過去(2013年)に語っています。 最近のインタビュー(2017年)では• 外見のタイプはなし• 完璧すぎない子 など。 ダメな部分が愛おしくなってしまい、自分が引っ張っていきたいそうですよ。 結婚願望については、 2017年時点で『自分のことでいっぱい』とのこと。 31歳という年齢の太田さんですが、結婚はもう少し先になりそうですね。 太田基裕 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は主に舞台で活躍する太田基裕さんについてのまとめ記事でした。 ジャンルに縛られることなく様々な舞台に活躍している太田基裕さん。 5次元舞台だけではなく、様々な舞台に挑戦していますので、今後も活動の場が広がっていきそうですね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

太田基裕とは

太田 基裕

Jnapi L. なお、中島美嘉は今回が舞台初挑戦となります。 また、国王ルイ16世の斬首刑の指揮を執った実在の死刑執行人「シャルル-アンリ・サンソン」役をミュージカル「プリシラ」にて「アダム」役を熱演した古屋敬多 Lead が演じ、ダブル主演を務めます。 「アラン・ベルナール」役には、アニメ「進撃の巨人」で主人公「エレン」役を演じる声優の梶裕貴が武田航平とダブルキャストにて出演。 梶裕貴はミュージカル初挑戦になります。 その他「ジャック」役を荒牧慶彦、「デュ・バリー」役を貴城けい、「ルイ16世」役を太田基裕、「アンヌ・マルト」役を浅野ゆう子がそれぞれ演じます。 その他メインキャストの配役はこちらになります。 マリー-アントワネット役:小南満佑子 アンドレ役:前山剛久 フェルゼン役:鍵本輝 Lead オリビエ役:多和田任益 グリファン役:佐々木崇 ド・リュクセ役:林明寛 注:一部の役名は略称 チケットに関しましては2019年6月中旬日より主催者先行・ファンクラブ先行での販売を予定しております。 詳しくは公演公式サイトにてご確認ください。 【イノサンについて】 タイトルの「イノサン」とは、フランス語のInnocent(イノサン)、日本語で「無垢」を意味する。 18世紀フランス革命で国王ルイ16世を処刑した実在の死刑執行人一族サンソンの長兄シャルル-アンリと妹マリー-ジョセフを圧倒的な筆致で描く歴史ドラマ。 「処刑」というセンセーショナルな内容を芸術的に描く作品として国内外で高く評価される。 『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2013年9号より連載2015年20号まで連載され、現在は、続編『イノサン Rougeルージュ』を『グランドジャンプ』にて連載中。 コミックスは紙&電子累計150万部に登る。 第17回、第21回文化庁メディア芸術祭で審査委員会推薦作品に選出。 第18回手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)読者賞ノミネート。 2017年には[ルーヴル美術館特別展]に出展。 【中島美嘉について】 2001年ヒロイン役を射止めたテレビドラマ『傷だらけのラブソング』(フジテレビ)で女優としてデビュー。 歌手としても第44回にて日本レコード大賞最優秀新人賞など、数々の音楽新人賞を受賞。 第45回日本レコード大賞にてベスト・アルバム賞・金賞・作詞賞を受賞。 「MIKA NAKASHIMA TRUST OUR VOICE 2009」では全国36公演10万人を動員。 NHK紅白歌合戦に過去7回出場している日本を代表する歌姫である。 その他、映画・ドラマ・アニメの主題歌を歌い、自身も女優として出演。 世界的に有名な映画「バイオハザード」にも出演し話題となった。 【本件のお問い合わせ先について】 Jnapi L. 渉外プロデューサー:遠藤 幸一郎 mail: endo jnapi. tokyo TEL:080-4000-3176.

次の