こちら こそ ご無沙汰 し て おり ます。 「ご無沙汰しております」の意味と正しい使い方 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

「ご無沙汰しております」と言われたら

こちら こそ ご無沙汰 し て おり ます

「ご無沙汰」の意味 「ご無沙汰」の「沙汰」とは「便り・知らせ」を意味する言葉です。 よって 「無沙汰」は「便りや知らせがない」という意味になります。 さらに「ご無沙汰」と、頭に「ご」をつけることで相手に対する敬いの気持ちを表しています。 挨拶として「ご無沙汰」を使う場合は、相手に対して長く相手に連絡をしなかった・顔を出さなかった「無沙汰」を申し訳ないと詫びる意味になります。 ビジネスシーンでは目上の相手や上司、クライアントに対しても使うことができます。 会話や電話をはじめビジネスメールや手紙などにも幅広く使えるため、覚えておくと非常に便利なフレーズです。 「ご無沙汰」の使い方 「ご無沙汰」は久しく会っていない・連絡していない相手に使う言葉です。 ですが久しくといっても、どの程度期間が開くと「ご無沙汰」していることになるかは人それぞれです。 またいくら「ご」がついていても「ご無沙汰」や「ご無沙汰です」では、目上の人に挨拶として使うのは失礼にあたるのでNGです。 「ご無沙汰」を実際に会話やビジネスメールで使うには、どのような言い回しや注意点があるのでしょうか。 ここからは、例文をご紹介しながら解説していくのでチェックしてみましょう。 相手「 ご無沙汰しております」 自分「こちらこそ ご無沙汰しております」 基本的に「ご無沙汰しております」といわれた場合は、メール・会話のどちらでも 「こちらこそご無沙汰しております」と返すのが最もスタンダードな返事の仕方です。 そのまま返すのが気になるという場合は「こちらこそご無沙汰しており申し訳ありません」「こちらこそご無沙汰してしまい失礼いたしました」など、語尾に変化を付けてもよいでしょう。 状況に応じて「お変わりありませんか」と相手の近況を気遣ったり、「その説はお世話になりありががとうございました」などお礼の言葉を添えると、より丁寧な印象を与えられるでしょう。 「ご無沙汰」の類語 「ご無沙汰」以外にも、似た意味の言葉はいくつかあります。 シチュエーションや相手に応じて言い換えられるよう、チェックしてみましょう。

次の

「ご無沙汰しております」と言われたら

こちら こそ ご無沙汰 し て おり ます

ご無沙汰しておりますの意味 敬語の謙譲語になる 敬語は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の三つに分かれます。 「ご無沙汰しております」の「おります」とは、その中でも「謙譲語」に属する言葉です。 丁寧語である「お久しぶりです」の謙譲語が、「ご無沙汰しております」という表現になります。 ご無沙汰の意味 「ご無沙汰」の「沙汰」は、「便り」や「知らせ」という意味です。 それが「無」ということですから、連絡が長い期間無いことを意味します。 さらに、接頭語である「ご」をつけて、相手に対する敬いの気持ちを表現したものが、「ご無沙汰」となります。 ご無沙汰しておりますの使い方 長い期間連絡を取ってない時に使う 最後に会ってから、目安として2~3ヶ月期間が空いた時に使うのが、良いタイミングです。 逆に、2~3日など、短い期間で使うと不自然な印象になりますので注意しましょう。 また、半年~1年以上期間が空いた場合には、「大変ご無沙汰しております」というように、「大変」を付け加えることでより自然な表現となります。 目上の人にも使える 「ご無沙汰しております」は謙譲語であるため、自分をへりくだり、相手を敬う意味合いがあります。 そのため、特にお世話になった人や上司など、目上の人に使うのに適した表現として、問題なく使用することができます。 目上の人から言われたときの返事 「ご無沙汰しております」と言われた場合、「こちらこそご無沙汰しております」と返します。 また、自分より目上の人から言われた場合でも、同じように返して問題ありません。 その際、「こちらこそご無沙汰して申し訳ありません」と、お詫びの言葉を添えるとより自然な表現となり、印象が良くなります。 目上の人から「お久しぶり」と言われた時の返答も、「ご無沙汰しております」と返すのが適切です。 英語での使い方 英語には、日本語のように丁寧語や謙譲語などの使い分けがありません。 日本語ほど礼節を厳しく言うことはありませんが、挨拶の大切さは同じです。 英語で「ご無沙汰しております」と伝える場合、実際に使われている表現はシーンによっていろいろありますが、代表的なパターンは以下となります。 使うときの注意点 お世話になっておりますとの併用 ビジネスシーンで定番の挨拶である「お世話になっております」ですが、「ご無沙汰しております」との併用は避けるようにします。 「ご無沙汰」という長らく連絡を取っていないことを意味する言葉と共に、「お世話になる」という何らかのコンタクトがあるのが前提の言葉を使うのは、矛盾していて不自然な表現であるためです。 場合により、「お世話になっております」と併用することもあるかと思います。 その際は「お世話になっております。 ご無沙汰いたしまして失礼いたしました。 」などと付け加えると、自然な表現になります。 メールや手紙での文章例 ご無沙汰して申し訳ありません。 「ご無沙汰」には、挨拶だけでなく、お詫びの意味合いも含まれています。 そのため、「ご無沙汰して申し訳ありません」と謝罪の言葉をひと言付け加えても不自然ではありません。 例 「久しくご連絡をしておらず、ご無沙汰して申し訳ありません。 」 大変ご無沙汰をいたしました。 最後に会ってから、または前回連絡を取ってから半年から1年以上の期間が空いている場合には、「大変ご無沙汰~」と表現します。 例 「大変ご無沙汰をいたしました。 」 ご無沙汰しております。 お元気ですか 「ご無沙汰しております」だけでも十分丁寧ですので失礼にはなりませんが、相手の近況を気遣う言葉を一言付け加えると、気持ちの良い文章になります。 例 「ご無沙汰しております。 お変わりありませんか?」 ご無沙汰しておりますの類似表現 お久しぶりです 「ご無沙汰しております」と似た表現で、「お久しぶりです」があります。 「ご無沙汰」にはお詫びの意味合いが含まれている一方で、「お久しぶり」にはその意味合いは含まれません。 また、「ご無沙汰しております」よりもカジュアルな表現のため、取引先や目上の人に使うのにはあまり一般的ではないので注意が必要です。 ビジネスシーンでは、「ご無沙汰しております」を用いるようにします。 まとめ 適切な表現で「ご無沙汰しております」と挨拶できれば、空いてしまった時間を埋め、その後のやり取りもスムーズになります。 さらに、相手を気遣う言葉や、時候の挨拶を付け加えることで、気持ちの良い印象を与えることができるでしょう。

次の

「ご無沙汰しております」の意味と使い方|「お久しぶりです」との違い

こちら こそ ご無沙汰 し て おり ます

ご無沙汰しておりますの意味とは? ご無沙汰しておりますの意味 ご無沙汰しておりますの「ご無沙汰」というのは、「便りが無い、暫く会う機会がなかった」という、「お久しぶりです」という意味です。 つまり「暫く連絡を取れておりませんでした」ということを表す言葉です。 ご無沙汰しておりますの「ご」は相手への敬語、「おります」は謙譲語です。 目上の方へ使用する丁寧な意味の言葉です。 メールの返信の際にも最初に付けることが出来ます。 ご無沙汰しておりますを使う場面 「ご無沙汰しております」というのは、ビジネスシーンで使われるものでしょう。 上司や取引先に使う言葉です。 それは、上司や取引先が敬うべき重要な相手であるからです。 堅苦しい挨拶ではありますが、ビジネスシーンでは使わざるを得ない言葉ですね。 実はビジネスシーン以外にも幾つか「ご無沙汰しております」を使う機会があります。 それが義実家へご挨拶をする場合、または恩師へのご挨拶の場合です。 年にお盆と正月のみの帰省であるなら、出てくる言葉です。 恩師も目上の方に当たるので会った時や、手紙の際は使いましょう。 「ご無沙汰しております」を使うのは良いですが、新商品のPRのメールの場合など返信は要らないという場面があります。 しかし、「返信不要」という敬語はぱっと思い浮かびますか?以下の記事ではその疑問にお答えしています。 「ご無沙汰しております」の方が丁寧な敬語です。 しかし「ご無沙汰しています」というのも少し崩した柔らかな敬語として目上の方にも使えるでしょう。 こちらの上司には「ご無沙汰しております」というのは堅苦しくなりすぎないだろうか?と感じた場合、「ご無沙汰しています」と言っても良いでしょう。 大事になるのは距離感です。 ビジネスにおける距離感というのはとても重要な点になってきますので、言葉の使い方には注意を払いましょう。 「息災」とは健康なことの意味です。 つまり、「お元気でしたか」ということです。 無病息災とは病気にならず健康に過ごせますようにということです。 こちらの「息災でしたか」ですが、メールなど文章でよく使われる言葉です。 会って話す際に「息災でしたか?」と聞くことはあまりないでしょう。 会って会話する際は「ご無沙汰しております」や先ほどのように「ご無沙汰しています」を使うのが妥当でしょう。 したがって、「ご連絡も差し上げず申し訳ありません」といった言葉に言い換えることができます。 「ご無沙汰しております」が形式張った言い方になります。 少しやわらかな聞こえになるのが「ご連絡も差し上げず申し訳ありません」です。 ここで注意しておきたいことがあります。 ついうっかり「ご無沙汰しております。 ご連絡も差し上げず申し訳ありません」と言ってしまうケースがあります。 二度同じ事を繰り返して言ってしまっていますね。 どちらか一方を使うようにしましょう。 「ご無沙汰しており、申し訳ありません」などにしましょう。 しかし、自らの立場からして近い立場であれば少し崩して「お久しぶりです」と言うこともあります。 この相手では「ご無沙汰しております」が堅苦しいと感じたときは、「お久しぶりです」で良いでしょう。 この相手とは今後も親交を深めていきたいと思っても、自らの立場と相手の立場についてはよく考えるようにしましょう。 「お久しぶりです」と言っても良い相手なのか、「ご無沙汰しております」が適切ではないかと色々考えます。 とても疲れることですが、それがあなたにとって最善の道となるのは確かです。 ビジネスシーンでのメールの中でも、社内メールはどの役職の方でも届くメールですね。 目上の方から下の役職の方にも同じように届きます。 この場合も形式が違ってくるのでしょうか?気になりますね。 以下の記事に答えが載っています。 「お久しぶりです」は距離感が掴みやすい言葉ですが、「久方ぶりです」は距離感が分かりにくいです。 親しくもなく、遠い距離感の相手でもない場合に使用すると良い言葉です。 親しい方に久しく会っていなかった時には「お久しぶりです」と言うでしょう。 それは歳や立場が近いとよく使用します。 「久方ぶりです」を使う相手を考えてみると、歳が離れており立場が近い方ではないでしょうか。 年齢を考慮してその分を敬った言葉となります。 ビジネスにおいては年齢だけでは上下関係が構築されません。 若くして目上の立場にある方もいれば、長年同じ役職をされる方も居られます。 「ご無沙汰しております」の類似語にも複数あることからしてもその場に見合った言葉がたくさんあるということです。 ご無沙汰しておりますのビジネスでの使い方・メール例文も ご無沙汰しておりますのビジネスでの使い方 ビジネスシーンでよく登場する「ご無沙汰しております」ですが、どのくらい会っていなければ使えるものでしょうか。 使い時は、2~3ヶ月以上会っていない、または連絡を取っていない場合です。 1年以上となってくれば、「大変ご無沙汰しております」と「大変」を付けても良いでしょう。 状況に応じて適切に使いましょう。 「ご無沙汰しております」に一言添えると丁寧さが増すことがあります。 ワンランク上の敬語ができる人物だと思われる一言を幾つかリストにまとめましたので、参考にしてみましょう。 ポイントは相手を敬う気持ちです。 ご無沙汰しておりますに付け加える一言• ・ご無沙汰しております。 いかがお過ごしですか?• ・ご無沙汰しております。 お変わりありませんか?• ・大変ご無沙汰しており、失礼致しました。 ・大変ご無沙汰しております。 件名を書き、本文の書き出しは上司の部署と名前を記載します。 その後、「お疲れ様です。 以前アドバイスを頂いた時はありがとうございました。 あれからご無沙汰しており、失礼致しました。 今回もアドバイスを頂きたくメールを送らせて頂きました」という具合に書き始めます。 重要なのは、前回の話題を持ち出すことです。 「あなたにしてもらったことがとても助けになりました」ということが伝わってくれば嬉しいものです。 そして目上の方への敬いの気持ちも表すことが出来ます。 「今回もアドバイス頂きたく」を「今回も助力頂ければ幸いです」というのも良いでしょう。 この場合にも「ご無沙汰しております」が使えますね。 以下が上司への伺いを立てる際の例文です。 失礼の無いように、自分の伝えたいことを押していくことが重要です。 件名には用件を短く書きます。 書き出しは部署と名前もしくは別の職場になっていた場合会社名を記入します。 その後、「ご無沙汰しており申し訳ありません。 取引先へのメール文も「ご無沙汰しております」を使用しましょう。 取引先への対応は職場のイメージを変える可能性のあることです。 慎重に言葉を選びましょう。 以下が取引先への営業のメールの例文です。 件名には用件を短く書き、自分の会社名と部署、名前を記入します。 本文の書き出しは、取引先の会社名と取引相手の名前を書きます。 その後、「大変ご無沙汰しております。 その節は大変お世話になりました。 今回ご連絡させて頂いたのは、弊社の新商品についてご連絡させて頂きました」などです。 以下の記事はビジネスメールの例文をまとめた記事です。 なかなか難しくて考え込んでしまうのがビジネスメールです。 とても参考になるのでチェックしてみましょう! ご無沙汰しておりますへの返事は? ご無沙汰しておりますと届いたメールへの返事 上司など目上の方から「ご無沙汰しております」と届いた場合、返事に困ったことはありませんか?この場合は特に難しく考えず、「こちらこそご無沙汰しております」と書き出し返事をすれば大丈夫です。 返事に限らず、相手の言葉に一言足して返すというのは会話において良い手法です。 文章に暖かみを出すことができます。 もっと丁寧に返事をしたいということであれば、いくつか定型文という訳ではありませんがご紹介できます。 ほとんどが先ほど言ったとおり一言付け加える形になります。 「ご無沙汰しております」に一言付け足して、次のように返事をしてみましょう。 ご無沙汰しておりますの返信• ・こちらこそご無沙汰しております。 お変わりありませんか?• ・こちらこそご連絡も差し上げず申し訳ありません。 ・本来ならこちらからご連絡すべきところを申し訳ありません。 目上の方からご無沙汰しておりますと届いた時に気をつけるべき敬語 まず、上司など目上の方への連絡はこちらからすべき事です。 それを目上の方からさせてしまった事への謝罪の言葉を付けます。 それに加えて、相手への気遣いの一言も付け加えると良いでしょう。 「お変わりありませんか?」や「息災でしたか?」などです。 このように書き始め、本題へ移りましょう。 上記に挙げた言葉で例文とすると、「本来ならこちらからご連絡すべきところを申し訳ありません。 息災でしたか?」が良い返事です。 「こちらこそご無沙汰しております。 ご連絡頂き誠にありがとうございます」という書き始めも適切です。 相手に敬意を払いましょう。 以下の記事の題材である「役職名の後に様や殿は付けるの?」という疑問は誰もが抱くものではないでしょうか。 敬称や宛名というのは難しいですね。 以下の記事がとても役に立ちます。 是非チェックしましょう!.

次の