ポケットwi-fi 2年契約。 auのポケットWi

【1年間だけwi

ポケットwi-fi 2年契約

【2020年4月19日最新!】違約金なし&2年縛りなしのWiMAXが存在した! WiMAXは通常、普通にプロバイダで契約をすると、 2年間の契約期間があります。 その間に解約をしてしまうと違約金が発生してしまいます。 解約しても 違約金なしのWiMAXや、 縛りなしのポケットWiFiはないのでしょうか? 違約金なし&縛りなしのWiMAXやポケットWiFがあれば、 安心してインターネットができますね! そこで今回は、違約金なし&縛りなしのWiMAXやポケットWiFがないか大調査しました。 違約金なし&2年縛りなしのWiMAXが本当にあるのか WiMAXは契約期間が2年のプロバイダがほとんどで、更新月以外に解約した場合、 違約金(解約金)が発生します。 それなのに、途中解約しても違約金の かからないWiMAXなんて存在するのでしょうか。 結論からお伝えすると、 違約金なし& 縛りなしのWiMAXは存在します! その中でもおすすめのWiMAXは、以下の2社です。 WiMAX・WiFi 月額料金 2年間の 月額料金総額 契約事務 手数料 契約期間の 縛り 途中解約時の 違約金(解約金) 公式サイト 3,300円 66,240円 無料 無し 無料 SPACE Wi-Fi 3,680円 76,560円 無料 無し 無料 SPACE Wi-Fi カシモ WiMAX 3,580円 81,520円 3,000円 2年 0か月目~12か月目まで:19,000円 13か月目~24か月目まで:14,000円 24ヶ月ごとの契約更新月:0円 25か月目以降の更新月以外:9,500円 カシモ WiMAX Broad WiMAX 3,411円 81,594円 3,000円 3年 0か月目~12か月目まで:19,000円 13か月目~24か月目まで:14,000円 25か月目以降の更新月以外:9,500円 36ヶ月ごとの契約更新月:0円 Broad WiMAX UQ WiMAX 4,380円 106,868円 3,000円 2年 0か月目~12か月目まで:19,000円 13か月目~24か月目まで:14,000円 24ヶ月ごとの契約更新月:0円 25か月目以降の更新月以外:9,500円 UQ WiMAX 表を見てみると、縛りなしWiFiとSPACE Wi-Fi以外 契約期間の縛りがあり、途中解約した場合には 最大19,000円の違約金が発生します。 縛りなしWiFiとSPACE Wi-Fiだけが契約期間の縛りがなく、途中解約の場合でも違約金(解約金)がありません。 他社のWiMAXやポケットWiFiよりも 安心して利用することができます。 違約金なしでもサービス内容は大手WiMAXと同じ 「違約金なしでさらに縛りもないから、他社のWiMAXよりもサービスや質が 劣るのではないか」 そう思う方もいるかもしれません。 しかし縛りなしWiFiを契約したからといって、他社のWiMAXよりも劣るということは ありません。 なぜなら、WiMAX回線はすべてau関連会社である「 UQ コミュニケーションズ」が提供しているからです。 GMOとくとくBBや Broad WiMAXなどの大手プロバイダで契約しても、実際に利用するWiMAX回線は すべて同じです。 もちろん縛りなしWiFiやSPACE Wi-FiでWiMAXを契約すれば、UQ コミュニケーションズのWiMAXを利用することになります。 よって申し込みする窓口が異なるだけで、WiMAXの速度や質はどこで申し込みしたとしても同じであり、 快適にWiMAXを利用することができます。 違約金なし&縛りなしWiMAXの詳細 縛りなしWiFiの詳細 月額料金 月額3,300円! 契約事務 手数料 無料 口座振替 手数料(月額) 口座振替契約なし 途中解約時の 違約金(解約金) 無料 端末代金 無料 支払い方法 クレジットカード 提供端末 WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX05 Speed Wi-Fi NEXT W04 SoftBank Pocket WiFi 603HW Pocket WiFi 502HW プロバイダ 株式会社クーペックス 月額3,300円は業界最安値 縛りなしWiFiは 月額3,300円で利用でき、業界最安値の月額料金です。 1年間利用した場合、支払い総額は39,600円と4万円を切ります。 他社のWiMAX、ポケットWiFiは6万円から7万円必要なので かなり安いことがわかります。 さらに!縛り無しWiFiは12か月利用すれば、月額料金がさらに安くなります。 13か月目以降は 月額2,800円と3,000円を切ります。 他社のWiMAXやポケットWiFiの場合、値段が上がるケースが多いのですが、縛りなしWiFiは逆に下がります。 長く使えば使うほど お得になり、安く使えるのが縛りなしWiFiの更なる 強みです。 さらに 違約金なし&契約期間の 縛りなしです。 使いたい機種をこちらで指定することはできませんが、 業界最安値の月額料金で毎月の通信料を抑えることができます。 違約金無し&縛りなしWiFiの中で、最もおすすめです。 申し込みしてから最短で翌日から使うこともできるので、忙しいサラリーマンにも論文の締め切りが間近な学生にもおすすめです。 縛りなしWiFiの申し込み方法 違約金なしの縛りなしWiFiはこちらの から申し込みできます。 月額料金 契約期間中ずっと 月額3,680円! 契約事務 手数料 無料 口座振替 手数料(月額) 無料 途中解約時の 違約金(解約金) 無料 端末代金 無料 支払い方法 クレジットカード 口座振替 提供端末 WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W04 SoftBank Mobile Wi-Fi E5383s プロバイダ 株式会社スペースエージェント SPACE Wi-Fiは月額料金3,680円のみ SPACE Wi-Fiとは、もともと 民泊用の物件に設置するために開発されたWiFiです。 しかし民泊用WiFiだけでなく、幅広い方々に使ってもらいたいということで、 誰でも契約できるWiFiとなりました。 月額料金3,680円となっており、他社のWiMAXやポケットWiFiと比較しても 安いです。 さらに、契約時に必要な契約事務手数料も 無料となっているので始めやすくなっています。 契約期間の縛りもなく、途中解約した場合でも 違約金なしで安心して契約できます。 口座振替での契約も可能 ほとんどのWiMAXやポケットWiFiがクレジットカードでの契約となっていますが、SPACE Wi-Fiは口座振替での契約が 可能です。 他社で口座振替契約した場合、本人確認書類や口座振替申し込み書等が必要になり、契約完了するまで 2週間ほどかかる場合があります。 しかしSPACE Wi-Fiは、 メールで本人確認書類や口座振替申込書を送ることができます。 さらに申し込みした 当日の14時までに本人確認書類や口座振替申込書をメールで送れば、 その日にWiFiルーターを送ってもらうことができます。 口座振替の場合でも、最短で 翌日からWiMAXやポケットWiFiが使えるので、 すぐに使いたい方にもおすすめのWiFiです。 また他社のWiMAXやポケットWiFiで口座振替契約をした場合、振替手数料 毎月200円別途請求されることがあります。 SPACE Wi-Fiであれば、口座振替であっても振替手数料は 無料となっているので月額3,680円以上かかることはありません。 1つ目のポイントは、WiMAXかポケットWiFiか選ぶことはできません。 SPACE Wi-Fiを契約すると、WiMAX端末(Speed Wi-Fi NEXT W04)もしくは、SoftBankのポケットWiFi(Mobile Wi-Fi E5383s)どちらかが送られてきます。 各WiFiルーターのスペックはこちらです。 4mm 重さ 約140g 約128g キャリア WiMAX SoftBank (ソフトバンク) 通信速度 下り最大440Mbps ハイスピードエリア:708Mbps 下り最大300Mbps 連続通信時間 最大約10. 5時間 最大約13時間 同時接続台数 最大10台 最大10台 どちらのWiFiルーターも速度・バッテリーの持ち時間ともに申し分ありません。 動画視聴やSNSなども快適に行うことができ、 使い放題で利用できます。 もし万が一、通信状況が悪くてインターネットに繋がらないという場合でも、サポートセンターに連絡すればルーターを 交換してくれるので安心です。 2つ目のポイントは、SPACE Wi-Fiを解約した時はルーターを返却する必要があります。 ルーターはレンタルとなっているので、紛失や破損しないように大切に扱いましょう。 紛失や破損してしまったときは、10,000円が発生する場合があるので注意しましょう。 SPACE Wi-Fi申し込み方法 SPACE Wi-Fiは以下の申し込みすることができます。 チェックしてみて納得すれば、 申し込むボタンをタップします。 申し込むボタンを押すと、お客様情報を入力する 申し込みフォームに飛びます。 ここで名前や住所、支払い方法など入力していきます。 一通り入力したら、申し込みフォームの一番下に同意する箇所があるので、 同意するにチェックを入れます。 チェックを入れたら申し込み内容を確認するので、 確認するボタンを押しましょう。 申し込み内容に間違いがなければ、申し込むボタンを押して 申し込み完了です。 申し込みが完了したら、自動返信メールで申し込みした内容が送られてきます。 クレジットカードで申し込みした場合、 16時までの申し込みで即日WiFiルーターが発送されます。 翌日WiFiルーターが届き、設定すればインターネットに接続することができます。 口座振替で契約の場合は、メールの指示に従って、免許証や保険証などの本人確認書類を送りましょう。 メールに記載のURLへ進めば、口座登録できるフォームに飛ぶので口座登録も忘れずに行いましょう。 申し込みした当日の 14時までに本人確認書類と口座登録が完了すれば、その日にWiFiルーターが即日発送されます。 Broad WiMAXは違約金なしでは「無い」 補足として、Broad WiMAXも違約金(解約金)なしでWiMAXを解約できるサービスを行っています。 「 ご満足保証」というサービスを行っており、株式会社リンクライフが解約違約金を負担してくれます。 しかし解約違約金を負担してくれる条件として、「 Broad WiMAXと提携している代理店から他社のインターネット回線を申し込み」する必要があります。 つまりBroad WiMAXを解約した後、上記の回線と契約しなければ解約違約金が発生してしまうのです。 ネット回線の環境が必要なくなった場合には、解約違約金が発生してしまいます。 引っ越し先住所では何もインターネット回線が提供されていない場合でも、解約金が発生してしまうので注意しましょう。 Broad WiMAXは本質的に解約違約金なしというわけではないので、やはり SPACE Wi-Fi が一番安心して利用することができます。 まとめ いかがでしょうか。 違約金なし&縛りなしのWiMAXは存在します。 違約金も契約期間の縛りもなければ、トータルでコストを抑えることができます。 解約時にWiMAXモバイルルーターを返却しなればなりませんが、WiMAXを安く使いたい方におすすめです。 違約金や契約期間が気になってWiMAXを利用できなかった方でも、 や SPACE Wi-Fi を使って、WiMAXでのインターネットを楽しんでくださいね!.

次の

ワイモバイルのポケットWi

ポケットwi-fi 2年契約

そういう時のためにポケットWiFiを契約する人が増えてるよ!普段はポケットWiFiを利用して、スマホの通信を節約してるんだね! ポケットWiFiのメリットについて メリットは大きく分けて4つあります。 一つずつメリットについて解説していきます。 1.持ち運び可能なモバイルルーター ポケットWi-Fiという位ですから、 ポケットに入れて持ち運ぶ事ができます。 上記の写真でもあるように、大きさはiPhone6sと同じかそれよりも小さいです。 カフェでノートPCを使って仕事をしたり、旅行や出張先でWiFi環境がない時に使用したり、自宅のホームルーターとして使用する人も居ます。 利用方法は人それぞれですが、 持ち運べるというのは光回線と違い大きなメリットでもあります。 スタバやカフェで使ってる人も見かけるようになったね! 2.携帯電話よりも通信費が安い(実は格安SIMよりも安い) ポケットWi-Fiを使う人で多いのが、 携帯電話の通信費が高いから、代わりに モバイルルーターを契約したと言う人です。 スマホの通信費は 50GBが6,000円だったりと高額です。 その点、ポケットWi-Fiなら 20GBが月額2,400円(NEXTmobile)、 無制限プランは3,100円(NEXTmobile)で利用できたり、高速通信で人気の WiMAXは月額3,480円で利用できたりします。 実は携帯電話会社だけでなく、格安SIMの大容量プランよりもポケットWi-Fiを契約したほうがデータ容量が大きく料金が安いです。 NTTの開通工事って立ち会わないといけなかったりと予定空けるのが大変だけど、ポケットWi-Fiなら直ぐに使えて良いね! 4.レンタルプランも豊富! 2018年位から急に増えてきたのが、ポケットWi-Fiのレンタルです。 ポケットWiFiと言えば2年もしくは3年という長期契約が普通でした。 しかし、レンタルWiFiであれば「 1日だけ」「 1ヶ月だけ」「 半年だけ」といった レンタル期間を自由に設定できます。 その分、通常のポケットWiFiよりも少しだけ料金が高かったりしますので、レンタルWiFiは不向きとなります。 契約期間の縛りなくポケットWi-Fiを使いたいという人には「レンタルWiFi」がおすすめです。 ポケットWiFiのデメリットについて 残念ながらポケットWi-Fiにもデメリットはあります。 契約を検討している人は必ずデメリットを確認してから申し込みをしてくださいね。 1.通信制限がある ポケットWiFiには月7GB、20GB、30GBといった通信制限が設けられている場合が多いです。 通信制限になると速度が遅くなり、動画を視聴するとカクカクしたり場合によっては、見れない事もあります。 WiMAXのギガ放題プランは月間無制限と言われていますが、 直近3日間で10GBを超えると翌日の18時~2時まで 速度制限になります。 基本的に ポケットWiFiは通信制限が有るものと覚えて置いてください。 よく知ってるね!実は最近、無制限WiFiが乱発してるんだよね! 2019年3月に販売が開始された「どんなときもWiFi」を筆頭に、• めっちゃWiFi• よくばりWiFi• Mugen WiFi• 限界突破WiFi• NEXTmobile• hi-ho gogo WiFi• どこよりもWiFi• クラウドWiFi東京• ポケモバクラウド• ギガWiFi といった 無制限と記載したポケットWiFiのサービスが出ています。 しかし、実際の所、通信障害や実は 150GB、300GBで速度制限を設けていたという事が多いです。 無制限と思って契約すると、速度制限にかかってしまったという場合がありますので気をつけてください。 開通工事等で待たされるのは嫌だという人も多いですが、2週間~1ヶ月程度で開通します。 通信量に縛られるよりも光回線を使って快適にネットが使える方が良いです。 今 人気の光回線は「ドコモ光」です。 ドコモ光では最大20,000円のキャッシュバックが貰えて、新規工事が無料になるお得なキャンペーンを開催中です。 2.充電する必要がある モバイルルーターによって違いはありますが、連続通信時間は約5時間~20時間となっています。 長時間使う人の場合は、 毎日充電しないと、使用途中でバッテリーが切れて電源が落ちてしまったと言う事もあります。 長期間使っていると、携帯電話同様、バッテリーの持ちも悪くなっていきますので、使える時間が短くなっていきます。 寝るときに携帯電話を充電している人は、一緒にモバイルwifiルーターも充電するようにするのがおすすめの方法です! 3.速度が不安定のためオンラインゲームにはNG 通信速度が重要なオンラインゲームにはポケットWi-Fiは不向きです。 例えば、「PUBG」「フォートナイト」「Apex Legends」「スプラトゥーン2」「スマブラSP」等、どれも人気の対戦型オンラインゲームとなっていますが、 これらのゲームにポケットWi-Fiを使用するのはおすすめしていません。 問題なく使えたという口コミもありますが、 光回線とポケットWi-Fiを比較した時点で、速度、通信の安定性、PING値等、すべてにおいて光回線が上回っています。 強めに書きますが、 これらゲームをするのにポケットWi-Fiを契約しようと考えている人は辞めた方が良いです。 僕も実際に試したけど、数試合じゃわからなかったけど、10試合以上したらたまにラグが起きる現象があったから、ガチでプレイする人にはおすすめしないという事だよ! ポケットWiFiでスプラトゥーン2等が動作するかしないかでいえば、 動作はしますが、対戦相手にも迷惑がかかってしまう場合がありますので、極力避けたほうが良いです。 ネットゲームをラグや遅延なく快適にプレイしたい人は、光回線を引くしか方法はありません。 4.携帯電話会社からの購入はNG ポケットWi-Fiはdocomo、au、SoftBankといった携帯電話会社でも取り扱いがありますが、 月額料金が高額なので契約はおすすめしておりません。 下記は月額料金の一例ですが、 月額料金 高速データ通信量 docomo 6,400円 5GB au 4,380円 無制限(3日で10GBの制限有) SoftBank 3,696円 7GB 表の通り、全体的に月額料金が高く、月々のデータ通信量の縛りが厳しいです。 auだけは月額4,380円で月間無制限に使えるWiFiですが、これはWiMAXのギガ放題プランとサービス内容が同じです。 そのため、月額料金が安いWiMAXのプロバイダから購入したほうが安く使えてお得になります。 携帯電話会社のポケットWiFiは高いので、他社から買うようにしてね! ポケットWiFi契約時の注意事項 ポケットWiFiを契約する時に、必ず確認した方がいい点を挙げていきます。 1.契約期間は2年間?3年間?それとも!? ポケットWi-Fiは2年から3年契約が主流となっております。 特に月間無制限に使える WiMAX(3日で10GBの制限有り)では、3年契約が普通となっていますので長期契約が無理と言う人は気をつけてください。 途中解約をしてしまうと、「契約解除料」もしくは「解約違約金」が発生しますので注意してください。 違約金については、9,500円~40,000円と業者によって違いますので、 契約前に必ず確認しましょう! 人気ポケットWiFiの違約金比較表を作ってみました。 契約期間 違約金 どんなときもWiFi 2年間 0~12カ月目:19,000円 13~24カ月目:14,000円 25カ月目:無料 26カ月目以降:9,500円 Mugen WiFi 2年間 1年未満:9,500円 1~2年未満:5. 000円 25ヶ月目以降:0円 GMO WiMAX 3年間 1~12ヶ月目:19,000円 13~24ヶ月目:14,000円 25ヶ月目以降:9,500円 更新月:0円 NEXT mobile 2年間 0~12ヶ月目:19,000円 13~24ヶ月目:14,000円 25,49ヶ月目:0円 26ヶ月目以降:9,500円 上記はWiMAXを除いて、全て無制限のポケットWiFiの違約金の比較です。 見ての通り「Mugen WiFi」が違約金が安く、さらに 25ヶ月目以降は解約違約金なしとなっております。 今後5G対応のポケットWiFiが出てくる可能性も高いので、「違約金が安い」WiFi会社と契約しておくというのも大切です。 2.最大速度にだまされるな! WiMAXから発売された「W06」や「HOME L02」は最大速度1. 2Gbpsとなっており、理論上は超高速通信が可能です。 しかし、実際に使ってみればわかりますが、通常時の速度は10Mbps~100Mbpsが良い所です。 電気屋のセールスマンが、 W06は光回線に匹敵する速度ですと、嘘を言ってくる人もいますので注意してください。 光回線とポケットWiFi(WiMAX含む)を比較した場合、光回線の方が速いです。 契約時に端末の最大速度に目が行きがちですが、実際そこまで大きく変わりません。 モバイルルーター選びの際は、速度よりも「 バッテリー容量」「 連続通信時間」等を気にした方が良いです。 3.「データ通信容量無制限!使い放題」に気をつけて 「WiMAXなら月間データ通信量無制限」という謳い文句には気をつけてください。 WiMAXの場合、今流行りの「どんなときもWiFi」や「Mugen WiFi」と違い、 3日で10GBの速度制限があります。 そのため無制限と思って契約しても、動画を見てたら速度が遅くなったという事もあります。 無制限に使えるポケットWiFiも増えていますので、わざわざWiMAXを選ぶという事もないです。 当サイトで無制限に使えるポケットWiFiというのは、• 1日の制限なし• 3日の制限なし• 1ヶ月での制限なし 本当に無制限に使う事ができるポケットWi-Fiをさしています。 無制限WiFiでも、使い過ぎると速度制限になる可能性があります。 参考までに、「限界突破WiFi」は1日5GB、クラウドWiFi東京は1ヶ月300GBの制限を設けています。 どんなときもWiFiに関しては、2020年3月20日時点で通信障害が出てるためおすすめできません。 例えば、 Broad WiMAXでしたら「安心サポートプラス(月額550円)」及び「My Broadサポート(月額907円)」は加入必須です。 オプション加入せずに契約してしまうと、初期費用18,857円が請求されますので注意が必要です。 他のプロバイダも オプション契約必須のところがありますので、契約時は注意が必要です。 5.月額1,000円台で使える?安いのは最初の1,2ヶ月だけだった カシモWiMAXを例にしますが、初月0円、1ヶ月目1,380円と異常なまでに月額料金が安くなっています。 しかし、2~24ヶ月目 3,480円、25ヶ月目以降に関しては4,079円と高額の月額料金になっています。 契約期間の3年間の合計金額を考えると、そこまで安くないというのが事実です。 このように最初の1,2ヶ月だけ安いプロバイダには注意して、 契約期間の総額を比較したほうが結果的に安く利用できます。 6.利用エリアは大丈夫?電波は受信可能? どんなに高性能のポケットWiFiやモバイルルーターを契約しても、 電波が圏外でしたら意味ないですね。 電波は大きく分けて2つに分かれます。 それでも不安という人は、 30日間全額返金補償のある「」もしくは、WiMAXが良いという人は 15日間無料で試せる「」がおすすめです。 モバイルルーターの選び方は? ポケットWiFiの契約時にモバイルルーターを選びますが、どれを選んだらいいのかわからないと言う人多いと思います。 ネクストモバイル等の一部プロバイダでは端末が選べなかったりします。 下記の表はWiMAX契約時に選べるモバイルルーターとなっております。 最大下り速度 特徴 WX06 440Mbps 2,4GHz、5GHzを同時に使える W06 1. 2Gbps 高性能ハイモードアンテナ搭載 WX05 440Mbps バッテリーの持ちが良く、WiMAXハイパワー対応 W05 758Mbps 特になし 2020年2月時点での最新端末はWX06になります。 どの端末が良いか悩む人も居ると思いますが、当然ですが、最新端末の方が高性能です。 WiMAXの端末で言えば、「WX06」「W06」がおすすめとなっています。 ポケットWiFi・モバイルルーターのおすすめランキング! 1.WiMAX最安値!GMOとくとくBB WiMAX(月額割引プラン) GMOとくとくBBの月額割引プランは3年間の月額料金が安く利用できます。 WiMAXのギガ放題プランのため月間無制限に使えて3日で10GBの速度制限しかありません。 覚えておいて頂きたいのが 3年間利用して一番安く使えるポケットWi-FiがGMOとくとくBBです。 実は他のホームページで「月額1,000円台で使える格安のポケットWiFiはカシモWiMAX」といったように見る人に誤解を与える文章を記載しているホームページが多いからです。 なおカシモWiMAXの3年間の総額支払い費用は「130,368円」です。 GMOとくとくBBの月額割引プランは「129,904円」となっており、どう見てもGMOとくとくBBの方が安く使えます。 しかもカシモWiMAXの130,368円は旧端末のW05を選んだときの料金となっており、最新端末のW06を選んだ場合は3年間の費用はもっと高くなります。 その点GMOとくとくBBは旧端末でも最新端末でも料金が変わりません。 月額料金が安く、コスパが良く、最短即日発送、20日以内キャンセルOKとGMOとくとくBBは一番おすすめです。 月額料金(1~2ヶ月目) 2,590円 月額料金(3~24ヶ月目) 3,344円 月額料金(25ヶ月目以降) 4,263円 最大速度 下り1. 2Gbps/上り75Mbps 通信制限 3日で10GB迄(月間制限無し) 契約期間 3年間 端末代 無料 キャッシュバック 3,000円 GMOとくとくBBならハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)が無料で使えるよ! 月額料金は驚愕の2,590円~3ヶ月以降も3,344円と格安でWiMAXのギガ放題プランが利用できます! 2.レンタルという選択肢も有り「縛りなしWiFi」 「縛りなしWiFi」は国内専用の無制限のレンタルWi-Fiです。 契約事務手数料3,000円• 契約解除料0円• 月額料金3,300円(1日2GBプラン)• 月額料金3,000円(1ヶ月20GBプラン)• 月額料金4,300円(WiMAXプラン) 上記の通り、月額料金以外にかかる費用がありません。 縛りなしWiFi(縛りなしプラン)の特徴として、 レンタルWiFiのため、いつ解約しても契約解除料0円のため解約金は請求されません。 2年、3年といった契約期間が嫌という人に人気です。 月額料金 通常プラン:月額料金3,300円 ライトプラン:月額料金3,000円 WiMAXプラン:月額料金4,300円 通信制限 通常プラン:1日2GB ライトプラン:1ヶ月20GB WiMAXプラン:3日で10GB 契約期間 特になし(縛っちゃうプランは3年契約) キャッシュバック なし 契約期間の縛りがないWiFiだよ!いつでも解約は無料! テレワーク・在宅勤務等でとりあえずネット環境を整えたい人にも「縛りなしWiFi」は最適です。 契約期間の縛りなし!在庫有の最短翌日発送! 3.無制限にポケットWiFiが利用可能「どこよりもWiFi」 どこよりもWiFiは、1日3GBや3日で10GBといった速度制限なしで無制限にネットが使えます。 無制限というと、• どんなときもWiFiの通信障害(後日新規受付停止)• 限界突破WiFiの速度制限(1日5GB制限) というのが記憶に新しいですが、今のところ「どこよりもWiFi」での通信障害や速度制限になったという口コミは御座いません。 さらに「Go to 応援キャンペーン」を開催中のため、 半年間は月額料金が2,880円で利用できます。 無制限プランが月額3,380円(1~6ヶ月目は2,880円)とお得だよ! 在庫有!最短翌日発送! 4.無制限のWi-Fiは「ゼウスWiFi」 ゼウスWiFiは無制限のポケットWiFiとなっており、 1日3GB、3日で10GBといった速度制限なしで利用可能です。 実際に私も利用していますが、1日10GB利用しても制限になりません。 24時間動画を見続けても動画が止まることなく快適に視聴出来ています。 無制限WiFiは新規受付停止している所が多い中で、ゼウスWiFiは今も 申し込みが可能となっております。 さらに、月額料金もキャンペーン中のため安く、• 1~6ヶ月目:2,980円• 7ヶ月目以降:3,280円 という格安でポケットWi-Fiが持てるというのも魅力的です。 無制限に使えるポケットWiFiを検討しているという人には、今一番おすすめのサービスです。 人気のため注文が殺到していて、申し込みから発送まで1~2週間程かかるから、直ぐに欲しいという人にはおすすめできないかな。 但し、この料金で使える無制限WiFiは他にないので、少し到着まで時間かかりますが、待つというのも一つの手です。 月額料金 1~6ヶ月目:2,980円 7ヶ月目以降:3,280円 通信量 無制限 本体代 レンタルのため無料 契約期間 2年間 ゼウスWiFiデビューキャンペーン中のため 最初の6ヶ月間は月額料金2,980円! 5.1年契約、1年以内の解約金1,000円「BIGLOBE WiMAX」 BIGLOBE WiMAXは契約期間が短く、 契約途中の解約金が1,000円と安いWiMAXです。 注意点としては、解約時の違約金が安いですが、• 月額料金3,980円と少し高い• 端末代19,200円がかかる となっております。 しかし、端末代については、 翌月に15,000円のキャッシュバックが貰えますので、実質4,200円で最新のモバイルルーターが手に入ります。 なお、端末代を支払いたくないという人には「SIMのみの契約」も可能となっておりますので、既にWiMAX端末をお持ちの人にはSIMのみプランがおすすめです。 そうだね!長期間使うかわからない人にBIGLOBE WiMAXはおすすめだよ! 月額料金 3,980円 通信制限 3日で10GB迄(月間制限無し) 契約期間 1年間 1年以内の解約は違約金1,000円 2年目以降は違約金0円 キャッシュバック 15,000円 BIGLOBE WiMAXは最短翌日発送です。 解約金が安いので、いつまで契約するかわからないという人におすすめです。 モバイルWiFiのおすすめはどれかなと探している人には、迷わずおすすめしたいです。 おすすめの理由としては、• 月額料金が安い• 制限なしで無制限に使える• 解約違約金が安く25ヶ月目以降は0円• 30日全額返金保証有 となっており、ポケットWiFiを使ってみたいけど、電波・速度が心配という人でも「 30日間全額返金保証」があるので、気軽に試すことができます。 さらに、解約違約金が他社よりも安い設定になっており、 大きな負担なく途中解約する事も可能です。 まとめ『本当におすすめできるポケットWiFiは少ない』 ポケットWi-Fiを提供してるプロバイダは沢山ありますが、結局のところ上記で紹介している4社がベストな選択となります。 月額料金・キャッシュバック・契約期間、全てにおいて比較した結果です。 回線Boyでは何回も注意点としてあげていますが、 最初の1,2ヶ月だけ安いプロバイダには気をつけてください。 最後にこれだけは覚えておいてください。 WiMAXの最安値はGMOとくとくBBの割安プラン• 20GB以下の最安値はネクストモバイル(20GBプラン)• 契約期間の縛りがないレンタルWiFi「縛りなしWiFi」 また、ポケットWiFiは初期契約解除制度が設けられていますので、通信速度に満足いかない場合は、直ぐに初期契約解除を申請しましょう。 初期契約解除の期間は8日間と短いです。 ぜひ、貴方にあったポケットWi-Fiを見つけていただき、快適なインターネットライフをお過ごしください。

次の

【契約期間なし】レンタル専用ポケットWiFiのおすすめ3社を徹底比較

ポケットwi-fi 2年契約

ポケットWiFiを買いたいけど、どこの業者から買っていいかわからない人多いですよね。 電気屋さんやショッピングモールに行けば、営業マンの方が今一番安いのはコレですと教えてくれますが、それが本当か嘘なのかわかりません。 電化製品と違い「価格. com」で調べても、どれが本当に安いのかわかりません。 当サイトから購入する必要はありませんが、ポケットWiFiの一般的な料金を知っておきましょう! 安いWiFi10社の価格一覧(比較) 安いWiFiを選ぶうえでの注意点としては、• 高額な初期費用がかからないか• 最初の1,2ヶ月だけ安くない• 速度制限は有る?自分にあったデータ通信量を選ぼう 大きくわけて3つあり、特に注意した方がいい点としては、 3年契約なのに、最初の1、2ヶ月だけ安くして、業界最安値級と語ってるポケットWiFiです。 選しました。 Nextmobile 2,400円 月20GB 2年契約 総支払額57,600円• GMOとくとくBB(割安プラン) 2,170円~3,480円(高額キャッシュバック)月間無制限 3年契約 総支払額122,660円• カシモWiMAX 1,380円~ 月間無制限 3年契約 総支払額130,368円• Broad WiMAX 2,726円~ 月間無制限 3年契約 総支払額128,626円• So-net WiMAX 3,380円~ 月間無制限 3年契約 総支払額145,656円• BIGLOBE WiMAX 3,980円~ 月間無制限 1年契約 総支払額47,760円• GMOとくとくBB 3,609円~(高額キャッシュバック)月間無制限 3年契約 総支払額152,160円• UQ WiMAX 3,880円 月間無制限 2年契約 総支払額93,120円 料金比較表だけだとみづらいので、おすすめする3社をピックアップしました。 ネクストモバイル 月20GB月額2,400円• Mugen WiFi 無制限 月額3,280円• ネクストモバイルなら 月額2,400円と格安でWiFiが利用できますが月20GBの速度制限があります。 Mugen WiFiは月額3,280円と少し高いですが、 通信制限はなく使い放題のポケットWiFiです。 3日で10GBの速度制限はありますが、最大速度1. 2Gbpsの人気端末W06が無料で貰えます。 月どれくらいデータ通信量を使うかで契約するポケットWi-Fiが変わってきます。 たくさん動画を視聴したいという人は制限がかからないどんなときもWiFiがおすすめです。 料金を徹底比較する前に「必ず」知っておくこと ポケットWiFiは毎月キャンペーンが変わったりして、ホームページの情報が古いときがあります。 当サイトでは毎月更新を心がけており、常に最新の情報を掲載するようにしておりますが、 契約時は必ず公式サイトの料金プランをご確認ください。 なお、ポケットWiFiは携帯電話と一緒で、 2年契約 or 3年契約の縛りが有ります。 最近は特に3年契約が多いです。 契約期間の途中で解約すると違約金が請求されてしまいますので、注意が必要です。 違約金の金額は契約プロバイダーによってかわってきますが、一般的に1万円~3万円前後となっております。 解約する理由として、「電波が入らない」と理由が上位を占めておりますので、電波状況については公式サイトにて必ずチェックしてください。 携帯電話会社とのWi-Fiの契約はおすすめしていません docomo、au、SoftBankの3キャリアと直接ポケットWiFiの契約はおすすめしていません。 なぜなら• docomoのポケットWiFi 月5GB 月額6,400円• auのポケットWiFi 月間無制限(3日で10GB制限) 月額4,380円• SoftBank 月7GB 月額3,696円 docomoとSoftBankは無制限ではなく月に5GBと7GBといった速度制限があるにも関わらず月額料金が高いです。 auの場合はWiMAXと使えるエリア、速度、通信制限、全て同じにも関わらず、WiMAXよりも高い月額料金となっておりおすすめできません。 当サイトでは、 携帯キャリアから購入するよりも、月額料金が安いポケットWiFiを解説しています。 ご自分にあったポケットWiFiを選んでいってください。 auスマホを利用中の人は、WiMAXを契約すれば毎月のスマホ代が安くなる「auスマートバリューmine」のオプションを利用できます。 そのためauユーザーの人にはWiMAXをおすすめしています。 カシモWiMAXは最安ではない! カシモWiMAXは1,000円台から使えるポケットWiFi、激安で使えるという書き込みを多く見かけますが、 1,000円台で利用できるのは最初の1,2ヶ月だけとなっており、3年間のトータル費用を考えると、もっと安いプロバイダーはたくさんあります。 カシモWiMAX 3年間合計額 130,368円 GMOとくとくBB 3年間合計額 122,660円 上記のとおり、GMOとくとくBBの方が安く使えて、GMOの場合は5,000円キャッシュバックも貰えます。 何も知らずにカシモWiMAXを契約してしまう人が多いので、気をつけてください。 また、 カシモWiMAXは2年契約の受付が終わってしまい、3年契約プランのみとなっております。 カシモWiMAXの2年契約のプランは月額料金も安くおすすめできたのですが、3年契約になると3年目の月額料金が高いため現在はおすすめしておりません。 月額料金を安く、契約期間の縛りをなくすなら「縛りなしWiFi」今大人気! 無制限のWi-Fiを安く使いたいのであれば レンタルWi-Fiの「縛りなしWiFi」が一番おすすめです。 解約金0円、月額料金3,300円で月間無制限のポケットWiFiが利用できます。 レンタルという事で避けられがちですが、 3年契約プラン(縛っちゃうプラン)なら「 月額2,800円」という 訳のわからない激安料金設定となっています。 縛っちゃうプランは契約期間の縛りがあるので無理ですが、縛りなしプラン(月額3,300円)であれば いつ解約しても契約解除料を取られることはありません。 デメリットとしては、端末がレンタルのため、利用終了後は返却しないといけません。 人の使った端末を使いたくないという人にはレンタルは向いておりませんが、これだけ安く使えるのは「縛りなしWiFi」だけです。 月額3,300円で解約費0円という驚異的な安さのレンタルWiFiです。 短期間の利用でもいいですし、長期間使い続けても良いですね! 当サイト経由でもかなりの人がレンタルをしています。 解約金0円の縛りなしWiFiは月額料金3,300円とおすすめです!! 2020年5月 1番安いポケットWi-Fi ネクストモバイル 月20GBの高速通信が月額料金2,400円 ネクストモバイルでは「20GB 2,400円」「30GB 2,700円」と2つのプランを用意しております。 一番安く使える20GBプランは大人気ですが、30GBも料金が安いです。 ポケットWiFiを安く使うならネクストモバイルです。 ネクストモバイルのメリットとして• 2年契約• 月額料金が安い• 月20GB迄高速通信可能• SoftBank回線• 工事不要の最短即日発送 安いWiFiで2年契約と言う事無しのポケットWiFiです。 月20GBじゃ足りないと言う人は、30GBプランという選択も有りです。 しかも、FS030WのモバイルルーターはSIMフリーです。 ネクストモバイルの契約期間が終わったら格安SIMを入れて安く使うことも可能です。 月額料金 2,400円 お支払い方法 クレジットカード(一部のプランは口座振替有) 安いWi-Fiと言えばネクストモバイル月額2,400円!! 月間無制限の安いWiFiはどこ? ネクストモバイルは月20GBの制限がありますが、 WiMAXのギガ放題プランのように月間無制限の安いプロバイダはどこでしょうか。 2年契約のWiFiはネクストモバイルを除いてほぼ終了しましたので、ここからは3年契約のWiFiの紹介になります。 GMOとくとくBB WiMAX(割安プラン) 3年間総支払額:122,660円• Broad WiMAX 3年間総支払額:128,626円• So-net WiMAX,Biglobe WiMAX 3年間総支払額:145,656円• カシモWiMAX(最安級プラン)3年間総支払額:130,368円• hi-ho WiMAX 3年間総支払額:132,080円• UQ WiMAX 3年間総支払額:155,628円• mobile(無制限プラン)3年間総支払額:155,628円• JP WiMAX 3年間総支払額:131,100円(1万円キャッシュバック有) 2018年12月までは、GMOの次に安いのがSo-net WiMAXでしたが、 2019年1月よりSo-net WiMAXの月額料金が3,380円から3,620円に値上がりされたため、 Broad WiMAXの方がSo-net WiMAXよりも安くなりました。 上記のように安いWiFiのプロバイダは日々変化していきます。 今日安いのがGMOでも明日はわかりません。 損をしないためにも購入前に料金をチェックしましょう。 3年契約 月間無制限の安いWiFiは「GMOとくとくBB WiMAX」 高額キャッシュバックで有名なGMOとくとくBBですが、実は キャッシュバックを無くした 月額料金が安いプランもあります。 GMOとくとくBBの割安プランは• 初月 月額2,170円の日割• 1ヶ月目~2ヶ月目 2,170円• 3ヶ月目~36ヶ月目 3,480円 上記の通り、安くポケットWiFiを利用する事ができます。 GMOとくとくBBの割安プランのメリットとして• ギガ放題プラン• au 4G LTE無料• 機種代金無料• 送料無料• 最短即日発送(平日15:30,土日祝日14:00迄)• auスマートバリュー適用可能• 20日以内キャンセルOK 他社と比較するとサービス内容も充実していて、 GMOとくとくBB以外の選択肢ってまず有り得ません。 注意点としては、3年契約が終わる時に解約をしないと自動で3年契約が更新されてしまいます。 4年目以降の月額料金は4,263円と高くなってしまうため、必ず3年で解約するようにしましょう! GMOとくとくBBのネット上の評判は悪かったりもしますが、充実したサービスと月額料金の安さはWiFi業界トップクラスです。 GMOとくとくBBなら最初の 2ヶ月間2,170円の3ヶ月目以降も3,480円と格安で月間無制限のWi-Fiが利用できます! 3年契約 月間無制限の2番目に安いWiFiは「Broad WiMAX」 2019年に入ってから各社が値上げをする中で、以前と同じ月額料金でギガ放題が使えるBroad WiMAXです。 気づいたら 3年契約の中で2番目(GMOの次)に安いWiFiとなっていました。 さっそくBroad WiMAXの月額料金を見ていきましょう!• 初月2,726円の日割り• 1~2ヶ月目 月額2,726円• 3~24ヶ月目 月額3,411円• 25ヶ月目以降 月額4,011円 25ヶ月目以降は4,011円と月額料金が少し高いですが、 3年の総支払額で見ると安いWiFiです。 Broad WiMAXのメリットとしては• 他社WiMAXからの乗り換え時にBroad WiMAXが違約金負担• 8日以内なら初期契約解除制度有• 渋谷・秋葉原・大宮・梅田の店舗で当日受取可能• 最新機種はもちろん全端末無料• PC・タブレットのセット販売有 乗り換え時の違約金負担や、ノートパソコンセットの販売等、他社では行っていないサービスが多いのがBroad WiMAXの特徴です。 Broad WiMAXを申込みお客様で多いのが、GMOとくとくBBはちょっと嫌だなという人が申し込む傾向にあります。 GMOよりは少し高いですが、他社と比較すれば安く使えます。 WiMAXのプロバイダで2番目に安いBroad WiMAX。 他社からの乗換えなら一番お得です! 完全無制限WiFiで安いのは「ポケモバクラウド」 ポケモバクラウドは今流行りの無制限WiFiの中で、月額料金最安値で利用できます。 制限なしのWiFiと言えば「どんなときもWiFi」でしたが、どんなときもWiFiは通信障害を度々発生したため、新規受付を停止しております。 なお、料金面でもポケモバクラウドの方が月額3,250円と格安で利用できます。 そのため「 安いポケットWiFiを探している」という人におすすめできます。 本当に無制限に使えるか当サイトで検証を行った結果、月に300GB使用しても高速通信が使えているのを確認しています。 毎日動画を視聴したい、ゲームで利用したい、携帯の通信料金を安くしたいという人におすすめのポケットWiFiです。 月々2,760円で月20GB迄使えるWiFiは今まで存在していません。 それ程お得なキャンペーンということです。 なお、毎月20GB以上利用予定の人は、無制限のポケットWiFiを選んだほうが間違いありません。 「」のページにて、無制限のポケットWiFiはどれを選んだら一番お得かを説明しております。 さらに格安のWiFiを求めるならWi-Fiのレンタルを使おう!! ポケットWiFiのレンタルならWiMAXのギガ放題プランが月額3,200円で利用できたり月25GBプランが2,500円となっており、 プロバイダと契約するよりも安くWi-Fiを使う事が可能です。 WiFiレンタルのメリットとして• 契約期間の縛りが無い• 月額料金が安い• 自然故障なら端末交換無料 となっており、一度レンタルした事ある人は、購入よりもレンタルをおすすめする傾向にあります。 理由としては月額料金が安いということです。 レンタルにはデメリットもありますので気をつけてください。 初期費用が高い業者がある• キャッシュバック等のキャンペーンが無い• 端末が故障した場合弁済金を請求される場合がある• 最新機種が使えない、端末が選べない• 在庫に限りがあるため使いたいときにレンタルできない場合がある 上記のようにレンタルでは基本的に端末を選ぶ事ができません。 もし壊してしまったら、自然故障以外の場合は弁償しなければいけなかったりとリスクもあります。 それでも、激安でWiFiが使えるようになるので、WiFiのレンタルも考えてみてはどうでしょうか。 「」にてレンタルのWiFiを比較しておりますのでぜひご覧ください。 一番安くWiFiを使いたいのであれば、レンタルWiFiを検討してください。 但し端末が故障したときに弁償するというリスクはついてきますので覚えておいてください。 例えば格安SIMで有名な楽天モバイルで契約した場合、 端末代(MP01LN)10,800円(分割も可能)が発生しますが、 月額料金は「3GB 900円」「5GB 1,450円」「10GB 2,260円」と格安でWiFiを持つことができます。 何故10GB以下は格安SIMがおすすめかというと、 格安SIMは月20GB以上になると料金が高額になります。 楽天モバイルでは「20GB 4,050円」となっており、ネクストモバイルの20GB 2,400円と比較する圧倒的ネクストモバイルが安いのがわかります。 楽天モバイルでは、ポケットWiFiのプロバイダでは行っていない「 余ったデータ通信料を翌月に繰り越し」できるサービスを行っております。 毎月上限まで使う人は少ないと思いますので、今月はデータ通信たくさん使いそうと言う月まで繰り越しておくのもいいですね。

次の