かんぽ 生命 不祥事。 「かんぽ生命保険」のニュース一覧: 日本経済新聞

かんぽ生命の不祥事で保険業界全体に不信感 見直し機運高まるか

かんぽ 生命 不祥事

かんぽ生命の株価続落は深刻。 不祥事銘柄に投資もチャンスはあるのか? 「かんぽ生命保険」(7181)が引き起こした保険の 不正契約問題の余波が拡大し続けています。 次々と新情報が報道され、保険の営業見直しを余儀なくされた 「かんぽ生命」。 株価も下がったままです。 果たして今後の業績向上、株価回復はあるのでしょうか? 不祥事銘柄と化したかんぽ生命への投資の可能性について考えていきたいと思います! 4月にもかんぽ生命株価は大幅下落。 今回の続落はさらに深刻か? 実は渦中の 「かんぽ生命保険」の株価は 4月にも急落しています。 その時の内容はでも書きましたが、 日本郵政が自社で保有しているかんぽ生命株を大量に売り出したことによるものでした。 つまり、業績が悪化したり不祥事が発覚したから…という理由ではなく、需給バランスが崩れて株価が下がったことを意味します。 しかし、今回はもろに 不祥事発覚です。 それも連日メディアに取り上げられています。 さらに今回 深刻度が大きいなと感じたのは、保険契約者(お客)だけの問題ではなく、社内での厳しい営業ノルマが従業員を暴走させたという事実です。 毎日厳しいノルマを突き付けられ、いけないこととは知りながらもお客さんに不利益を与える保険契約を結ばせた。 こんな営業活動が横行していたということで、衝撃が大きかったですね。 朝日新聞デジタルによれば、契約書類を偽造して契約させていたことも発覚しています。 この真っ黒なブラック体質を根本的に改善していかない限り、社会的な信頼を回復させることはできそうもありません。 それは営業成績や利益を回復させることが困難なことを意味します。 となると、かんぽ生命の株価が本格的に回復、成長していくのはまだ遠い先の話になるのかなあ、という気さえしてきますね。 不祥事銘柄の買いはチャンス。 その中でも、2018年秋に発生した日産のカルロス・ゴーン会長(当時)の逮捕は、非常にインパクトの大きい事件でした。 参照記事 の中で詳細は書きましたが、ゴーン氏が逮捕される前に 1000円近くあった日産株価は、その後急落。 その後すぐに一時的に回復しましたが、 現在も株価は730円前後と逮捕時よりは 30%近く落ちたままですね。 本格的な業績回復と株価上昇までは、かなり時間がかかりそうです。 かんぽ生命の場合、まだ膿が出し切れていないようですし、しばらく保険営業を休止して、迷惑をかけたお客への賠償などもしなければならなくなるでしょう。 訴訟問題に発展しても不思議ではない事例が多く、現在のところ先行き不透明感が否めません。 まずは信頼回復と社内体制の見直し。 二度と同じことが起きない仕組みづくり。 その後は、厳しいノルマを課さなくても契約が取れるような営業体制の構築。 同社には問題とやらねばならないことが山積ですね。 しかし、これを乗り越えることができれば、徐々に業績が回復していく可能性はあるのかなと感じています。 失った信頼を取り戻すには、非常に長い時間がかかりますが地道にやっていくしかないですね。 会社が倒産さえせず、上場を継続してさえいれば、業績回復見通しが立つことで株価にもポジティブな影響が出てくることが考えられます。 ちなみに、直近の かんぽ生命保険の株価チャートは以下の通りです。

次の

かんぽ生命の不祥事続き追加売り出しに暗雲

かんぽ 生命 不祥事

こんにちわ!!ポン太です。 今日は不祥事が続くかんぽ生命などの郵政グループについて記事を書いていきたいと思います。 このブログを普通に読んでくれている方は判断力のある人だと思いますが、ブランドを信じて安易に手を出すと危険であるという話がしたいです。 やはり自分の資産を運用する場合はファンダメンタルズを確認の上で、人気の真ん中にお金を置いていくのが良いんじゃないかなと思います。 あと、他人が進めたものに安易に手を出さないことも重要だと思います。 不祥事が続くかんぽ生命株価、郵政グループ3社が半値へ。 顧客に虚偽の説明をして保険料を二重に払わせるといった不正行為が蔓延していたのを重く受け止めての処分ということです。 そもそもゆうちょグループはもともとも国営企業でしたが、ゆうせい民営化の政策で民営化しました。 しかしながら、その事業自体は収益性に乏しくかんぽ生命は売り上げが右肩下がりの状況です。 今の若い人たちはなかなかかんぽ生命の保険などには入らないのではないかと思います。 ネット保険が台頭してきていますからね。 購買層が先細る中で右肩下がりの大手企業は上からの数字の圧力も厳しいと思われるのでこのような不正に走ってしまったのだと思います。 売出価格から半値になった株価。 ゆうちょのブランドも期待に沿えず。 上場時3,730円の株価が現在は1,872円の半値へ ゆうちょグループの一角であるかんぽ生命ですが不正販売問題が起こってから株価が下がり続けて、現在では株価が半値の1,872円になっています。 上場時に買った投資家の方は全員大きな含み損を抱える状況で、これを保有していたら泡吹いていたと思いますw ゆうちょと言えば日本でもブランド力があると私は思っていますが、ブランドだけで購入してしまうと損をしてしまう可能性がありますね。 ソフトバンクの株も売出価格は1,500円でしたが今現在のところ1,455円となっています。 企業の名前は抜群ですが、こういったものに釣られて手を出してしまうと損をしてしまうのが株式投資の怖いところでもあります。 ファンダメンタルズの確認は最低限だと思うのですが、数字には表れないビジネスモデルの評価やその会社自体の投資家からの人気と言うのも考慮に入れて購入したほうが良いと思います。 と言ったような順番で株価を見るようにしています。 例えばAppleとかVISAなどは投資家からの強い人気を感じます。

次の

かんぽ生命の不祥事から思うこと

かんぽ 生命 不祥事

2019年8月5日 7:00 「郵便局で売っている『かんぽ』なら安心と思っていたのに大ショック。 いったい、どの保険を選べばいいのか…」 埼玉県在住の専業主婦・村上良子さん(仮名・54才)はそう言ってため息をつく。 7月10日、かんぽ生命が保険商品の不適切販売を謝罪したことにより、同社のずさんな営業方法が次々と明るみに出た。 更新時に2つの保険を重複して契約し、二重に保険料を支払わせるなど顧客が不利益を被っていた事例は10万件を超え、金融庁が改善命令を出す事態に発展した。 ファイナンシャルプランナーの長尾義弘さんが解説する。 しかし、ほかの保険会社と比較して保険料が安いわけではない。 商品としても単独の医療保険はなく、終身保険や定期保険の特約のみ。 そうした商品を売ってノルマを達成するため、顧客本位ということをないがしろにした結果でもあります」 国営企業をルーツとした保険会社の不祥事は、契約者のみならず国民全体に大きなショックを与えた。 同社は9月以降も営業を自粛するというが、保険業界全体に対する不信感は募るばかりだ。 実際、本誌・女性セブン7月25日号に掲載した「保険会社に勤務する200人の本音リスト」で発表した「実際に入っている・入りたくない死亡保険ランキング」には大きな反響が寄せられた。 特に多かったのは、「自分の死後、家族にお金を残せるのかはもちろん気になるところだが、それ以上に気がかりなのは、病気やけがをした時に本当にしっかり保障してくれる保険はどれなのか」という戸惑いの声だった。 なかには、「テレビCMで繰り返し流れるがん保険は入るべきなのか」という疑問も多かった。 2人に1人はがんになる現代日本で、病気の保障が気がかりなのは当然だろう。

次の