アコム 無職 借り れる。 無職でも借り入れできる金融【簡潔まとめ】

カードローンの即日融資は無職でもOK?借りられる条件は4つ

アコム 無職 借り れる

記事の目次• アコムはブラックでも借りれるのか? アコムに限らず大手消費者金融の審査はコンピューターによる自動審査です。 借入申込者が記入した申込内容を点数化し、それと同時にアコムが加盟している信用情報機関から取得した個人データをもとに契約することができるのか、契約できるとしたらいくらまでお金を貸しても大丈夫なのか調べます。 ほとんど人の手を介することがないため、審査時間も最短で30分と超早く、審査に通ればその後の契約手続きの時間を含めても合計で60分くらいあると借入できるようになります。 唯一人の手を介するとすれば、それは在籍確認です。 在籍確認とはアコムに借り入れを申し込んできた人が確実に勤務しているかどうか、勤務先として記入した連絡先に電話して確認する作業のことを言います。 さて問題になるのがアコムブラックでも借りれるのか、という点ですね。 ではどのような状態であればブラックというのかご存じでしょうか。 もしかしたらアナタが勝手に誤解して自分をブラックとしているかもしれません。 よくブラックとして誤解されがちなのが、他社借入件数が多いことや、過去に一度くらいは返済期日を忘れたことがある、またはクレジットカードのショッピング代金やキャッシングをリボ払いにしている、ことなどです。 金融機関、とくに銀行カードローンになると以上の内容は返済能力と関わる部分もあるため、審査に大きく影響を与えることにはなる可能性は高いですが、それだけではブラックとは言いません。 そもそもアコムの審査基準が公表されてない以上、どのような人がお金を借りることができないのか、またはどのような人であればお金を借りることができるのか断定することは難しいですね。 ブラックの条件については順を追ってご説明するとしますが、アコムに申し込んで審査に通らなければブラックということでもありません。 ブラックでなくても一定の基準を満たさないことにはアコムの審査を通ることができませんね。 ただし、一般的に言われるブラックの状態の人はアコムの審査に通過することは、まずもって難しいと考えた方がよいでしょう。 関連記事をチェック! ブラックがアコムから借りる方法 一般的にブラックという人は、信用情報に異動情報と呼ばれる情報がある人です。 異動情報とは、借りたお金を長期間延滞したり、法的な手段によって借りたお金を減額したりゼロにしたりする、以下のようなお金に関する大きなトラブルを起こした時に記録される情報になります。 債務整理• 長期間の延滞• 保証会社に代位弁済を受けた• 携帯電話やクレジットカードを強制解約された このような情報を異動情報と呼び、異動情報は事故を起こした債務の契約が終了してから5年間は信用情報に記録され続けます。 ブラックの人がアコムから借りるためには、個人信用情報機関に登録されている異動情報が消えるまで待つ以外方法はありません。 国内には、以下の3つの個人信用情報機関があります。 株式会社シー・アイ・シー(CIC)• 株式会社日本信用情報機構(JICC)• 全国銀行個人信用情報機関(KSC) それぞれの情報機関において、異動情報が登録されている期間は以下のようになっております。 情報機関 異動情報が登録される期間 CIC 契約期間中および契約終了後5年以内 JICC 当該事実の発生日から5年を超えない期間 KSC• 任意整理、個人再生、代位弁済契約期間中および契約終了後から5年を超えない期間• 官報情報破産手続開始決定等を受けた日から10年を超えない期間 それぞれの登録期間はこのようになっていますが、アコムはCICとJICCに加盟していますので、ほとんどの人は5年を経過すると借りられるようになります。 ただし、銀行カードローンの場合には、銀行がKSCに照会しますので、自己破産をした人は10年を超えなければ借りることができません。 関連記事をチェック! 2年~3年で消えることもある 先ほど紹介しましたように、それぞれの情報機関では、異動情報を5年~10年登録しています。 しかし、いずれも「5年を超えない期間」や「10年を超えない期間」としているように、必ずしも5年や10年登録されているわけではありません。 中には2年~3年で異動情報が消えている人もおり、そのような人はアコムなどから借りることができるようになります。 インターネットで「ブラックでも借りられた」というような記事は、早い期間で異動情報が消えたために、ブラックではない状態で借りられたということです。 自分の信用情報に異動情報が登録されているかということは、情報機関で「本人開示」することで確認できますので、5年や10年を待たずに借りたいという場合には、先に調べることをおすすめします。 ただし、本人開示は無料で行うことができず、1,000円程度の費用がかかってしまいますので、注意が必要です。 CICであれば、クレジット決済でスマホの画面上から確認することができますので、「過去に大きなトラブルを起こした」という心当たりがある人は、まずは本人開示をしてみるとよいでしょう。 異動情報がなければアコムから借りることができる可能性は決して低くはないですよ。 関連記事をチェック! ブラックとは何か? そもそもブラックとはなんでしょう? ブラックとは金融事故を起こした人のことを言い、信用情報機関に登録されています。 巷で言われるようなブラックリストが存在し、金融事故を起こした人を特別にリスト化しているわけではありません。 ブラックとは前述の通り金融事故を起こした情報が信用情報機関に登録されている人のことを言います。 信用情報機関はお金に関するあらゆる契約、例えば住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードの利用状況や奨学金、細かく言えば端末機器代を含んだ携帯電話料金の支払いなど、お金に関する契約の一切が登録されています。 アコムを含めたお金を貸す金融機関は、借入申込者から申し込みを受けると必ず信用情報機関から個人情報を取得し審査を行います。 信用情報機関は金融機関から照会を受けると、お金に関する契約の情報を提供し、提供を受けた金融機関はその情報をもとに契約可能なのか、契約できるとしたらいくらまでお金を貸しても大丈夫なのか審査を行うのです。 信用情報機関に登録されているデータに金融事故情報があると、基本的に契約することはありません。 アコムは消費者金融のトップを走る企業です。 金融事故に対しては厳しく対処し、厳正な審査を行うことで知られています。 ブラックとして登録される情報には、3か月以上の長期滞納や債務整理情報などが含まれます。 信用情報機関は全部で3箇所ありますが、どこか一箇所にでも金融事故情報が登録されればそのデータは他の信用情報機関にすぐに共有され、金融機関が信用情報機関に照会を行えばすぐにわかるシステムになっています。 金融事故を起こしてしまうと少なくても5年間から10年間の間はブラック扱いされてしまい、アコムの審査で通ることはまず不可能です。 しかし冒頭でご説明したような他社借入件数が多いとか、1回くらいの返済遅れでは金融事故とはなりませんので、この程度のトラブルを抱えた人はブラックとは呼びませんよ。 ブラックでもアコムからお金を借りる方法 ブラックでもアコムからお金を借りるには、信用情報機関から金融事故情報が削除されるまで待つよりほかありません。 長期延滞は5年間、任意整理や自己破産、個人再生は7年から10年の間はアコムからお金を借りることはできません。 信用情報を開示して、自分の信用情報に金融事故情報が記録されている場合には、アコムなどの大手消費者金融や銀行からお金を借りることは、残念ながら諦めた方がよいですね。 関連記事をチェック! アコムの審査ではここがチェックされる! アコムの審査に通るにはまず申し込み条件を満たしていなければなりません。 その上で以下の条件を満たしているかどうか確認しておきましょう。 他社借入件数3件以内• 他社返済状況に遅れがない たとえ金融事故を起こしてブラックとなっていなくても、上記の条件を満たしていないとなかなかアコムの審査には通りませんよ。 一般的には借入件数が4件以上を多重債務者と言うので、すでに3件以上の他社借入があると、4件目の審査に通過することは非常に難しくなってしまいます。 また、アコムは消費者金融として総量規制の適用を受けるので、他社からの借入額の合計がすでに年収の3分の1を超えている場合には絶対に借りることはできません。 ブラックでなくても、他社借入の返済やクレジットカードの支払いに恒常的に遅れている人は、アコムの返済も遅れる可能性が高いと判断されてしまうので、審査に落とされてしまう確率が高くなります。 アコムに申し込む前には最低限、上記3つの基準だけは満たしておくようにして下さい。 関連記事をチェック! 自分の信用情報を確認するには? 自分の信用情報を確認する方法は、信用情報機関によって以下のように異なります。 特に、CICはスマホやパソコンの画面上で開示結果を確認することができるので、非常に手続きが簡単です。 CICとJICCはクレジットカードで開示料金を支払うことができるので、非常に簡単ですが、KSCだけは1,000円分の郵便為替を郵便局で購入する必要があるので、この点だけはかなり面倒と言えるかもしれません。 自己破産や個人再生と言った官報に記載される事故を起こしていない場合には、CICに金融事故情報(異動情報)がなければ、他の信用情報期間にも異動情報が記録されていないと考えることができます。 まずは、最も簡単に確認することができるCICだけ確認しても十分でしょう。 ブラックリストに登録される条件とは? ブラックリストの登録される条件は、先ほど説明したように、お金に関する大きなトラブルを起こした場合です。 債務整理や、長期間の延滞、保証会社による代位弁済、クレカや携帯電話の強制解約などです。 最も注意しなければならないのは、長期延滞と代位弁済です。 クレジットカードは支払期日に遅れると、信用情報には「遅延」と記録されます。 そしてこの遅延の状態で支払いをしない状態が61日に達すると、「遅延」から「延滞」という情報に自動的に切り替わる仕組みになっています。 「遅延」は金融事故情報ではありませんが、「延滞」は金融事故情報です。 60日以内に支払うか、61日になってしまうかによって、信用情報へのダメージは非常に大きく異なるので、絶対にクレジットカードや借入金の返済には61日以上遅れないようにしてください。 次に、代位弁済です。 銀行カードローンなどの銀行ローンには保証会社の保証が必ずついていますが、銀行は一定期間支払いに遅れた情報が継続すると、保証会社に代位弁済請求を行います。 代位弁済が行われた段階で、信用情報はブラックになりますが、代位弁済を銀行が行うタイミングは銀行によって異なります。 長い場合には2ヶ月以上待ってくれることもありますが、銀行によっては1ヶ月の遅れで問答無用に代位弁済を行なってきます。 一般的には長期延滞の金融事故情報が記録されるよりも早いタイミングで代位弁済が行われることが多いので、銀行カードローンの遅れにはくれぐれも注意するようにしてください。 関連記事をチェック! ブラックリストに掲載されない場合もある 金融事故情報だと思っていても、ブラックにならないケースもあります。 特に長期的な延滞の際に、金融事故情報に自動的になるのはクレジットカードだけで、銀行ローンや消費者金融のローンの場合、事故として登録するかどうかは、個別に銀行や消費者金融が決めています。 このため、銀行や消費者金融が「返済に遅れてもやむを得ない事情がある」と判断した場合には事故として登録されないケースもあるのです。 よく「返済に遅れそうな時には自分から連絡を入れること」などのアドバイスをインターネット上に見かけますが、これは、返済に遅れる事情をしっかりと伝え、債権者がその事情について理解をすれば、ブラックにならない可能性もあるためです。 いずれにせよ、心当たりがある人は、一度自分の信用情報を確認し、自分が本当にブラックなのかということを知っておく必要があるでしょう。 関連記事をチェック! 自分でブラックを解除することはできる? 自分でブラックを解除することはできません。 信用情報が恣意的に書き換えることができてしまったら、信用情報の信憑性が何もなくなり、審査に公平性も信頼性も保つことができなくなってしまいます。 ブラックと意図的に解除することができるのは、記録されている情報に間違いがあった時のみで、それ以外のケースで解除することは保存期間を経過しない限りは不可能なのです。 「ブラックだと都合が悪いから、消してくれ」などと言っても絶対に不可能ですよ。 アコムとブラックリストに関するみんなの口コミ アコムでブラックになってしまった人の口コミには以下のようなものがあります。 この人はアコムの返済を滞納してブラックになってしまった人で、さらに奨学金の借入があるというケースです。 金融事故情報が登録されているのは、おそらくアコムの長期延滞という情報だけです。 今は完済して2年たつということですので、あと3年経過し、完済から5年たてば金融事故情報は信用情報から消えてブラックではなくなります。 奨学金は期日通りにしっかりと返済しているのであれば関係ありません。 奨学金の借入があるからといって、アコムでの金融事故の情報が残ってしまうということなありません。 金融事故はあくまでも、借入金1件ごとに記録されるものですので、アコムでの金融事故の情報が消えれば、その時に奨学金や他の借入金の残高が残っていたとしてもブラックではなくなります。 関連記事をチェック! アコムの申し込み条件 アコムで唯一公表されているのが申し込み条件です。 ブラックかどうか判断する前に、まずはアコムの申し込み条件に適していなければ審査されることなく申し込み段階で審査落ちです。 では申し込み条件を見てみましょう。 年齢20歳以上69歳まで• 継続安定した収入がある• パート収入やアルバイト収入でも申し込み可 まずは以上の3点の条件を満たしていなければ、アコムの審査に通ることはありません。 高校卒業してすぐに就職した未成年や、70歳を超えて年金収入のみの高齢者はそもそも申し込み条件を満たしていません。 アコムの審査に通るためにはブラックかどうか、というよりもまずはパート従業員やアルバイト従業員でも、とにかく仕事をしており、それも継続的長期に仕事をして安定した収入を得ることができていれば、とりあえずアコムに申し込むことが可能です。 アコムの審査透過率が高い インターネット上の消費者金融比較サイトなどランキング形式で審査の通りやすさや、審査が甘いとか厳しいとかを公表しているところが多いですね。 そのようなサイトは何を基準にして審査が通りやすいとしているのかと言うと、大手消費者金融が公表している決算資料を基にしています。 決算資料にある成約率、つまり何人アコムに申し込んで何人審査に通過しているのか、それを審査透過率などと表現していますが、アコムは直近で49. そのためアコムは審査に通りやすいまたは審査が甘いと言われているゆえんです。 しかし成約率は申し込み順番によって数字が変わってきます。 最初にアコムから申し込むのかプロミスから申し込むのか、またはアイフルから申し込むのかによって数字は大きく変わってくるでしょう。 なぜならアコムを含めた消費者金融の貸付は総量規制対象だからです。 パート収入やアルバイト収入の人は年収が100万円前後であることが多いように、総量規制で言うとおよそ30万円が借りることができる上限額です。 つまりパートやアルバイトの人は消費者金融と契約できても1件です。 アコムの審査透過率が高いからと言って、アコムの審査は通りやすいとかアコムの審査は甘いというわけでは決してないのです。 アコム保証の銀行ローンも借りれない アコムはカードローンなどで直接貸付する事業の他にも、銀行のカードローンを保証する「保証業務」も行っています。 アコムが保証する代表的な銀行ローンは、同じグループの三菱UFJ銀行の「バンクイック」です。 個人が借入する銀行のローンは、主な審査を保証会社が行いますので、バンクイックの審査はアコムが行います。 ブラックの人がアコムから借入できないことと同じように、アコムが審査をするバンクイックも借りることができません。 また、他の保証会社が保証する銀行ローンでも、ブラックとなっている人は保証してもらうことができませんので、借りることができません。 アコムが保証する銀行カードローン アコムではバンクイック以外にも、全国にある多くの銀行カードローンを保証しています。 ここで、アコムが保証会社となっている銀行カードローンの一部を紹介していきます。 セブン銀行「セブン銀行カードローン」• じぶん銀行「じぶん銀行カードローン」• 北海道銀行「ラピッド」• 青森銀行「青森銀行カードローン」• 足利銀行「モシカ」• 北陸銀行「クイックマン」• 八十二銀行「八十二銀行カードローン」• 中京銀行「中京銀行カードローン」• 第三銀行「第三銀行カードローン」• 広島銀行「広島銀行カードローン」 このように、多くの地方銀行のカードローンもアコムが保証しています。 貸金業法が改正されて以降、アコムが直接貸付する事業は低迷していますので、多くの銀行カードローンを保証して、収益を確保しています。 関連記事をチェック! 半永久的にアコムで借りれないことも 通常は、債務整理や代位弁済をすると、5年~10年を超えない期間内に借りることができるようになります。 しかし、過去にアコムで債務整理などをしてブラックとなった場合、アコムではその情報を半永久的に記録しています。 この場合には、5年~10年を超えて情報機関から異動情報が消えたとしても、アコムからは借りることができません。 ブラックとなった原因にアコムが関係している場合には、アコム以外の消費者金融から借りるようにしましょう。 アコム保証の銀行カードローンも半永久的に借りられない 過去にアコムで債務整理などをしてブラックとなった場合には、アコムが保証する銀行カードローンも半永久的に借りることができません。 理由は先ほどお話ししたものと同じであり、アコムの審査ですぐに落されてしまいます。 そのため、【アコムが保証する銀行カードローン】のところで紹介したようなカードローンは、5年~10年を超えたとしても借りることはできませんので、注意しなければなりません。 アコムは多くの銀行カードローンを保証していますので、アコムで債務整理などをした場合には、借りられるカードローンが限定されてしまいます。

次の

アコムは無職でお金を借りる方法借入する方法

アコム 無職 借り れる

お金がないからカードローンで借入を…と考えている方も多いかと思いますが、カードローンを利用するにも条件があります。 「お金がないから…」という理由ですぐに借入ができるわけではないんですね。 特に現在ニートなど無職・無収入の状態にある方は、カードローンの利用条件を満たしていないため、審査に通過することはできません。 これは三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」でも同様です。 アコムのカードローンを利用するためには、必要とされる条件をクリアしていることが大前提です。 ニートの場合、今の段階でカードローンを契約することは不可能なので、お金を借りるにはどうすればいいか?その方法をご紹介していきましょう。 ここをチェック!アコムを利用するための審査条件 まず申し込み前にチェックしておきたいのが、アコムのカードローンを利用するための審査条件です。 アコムを利用できる人と利用できない人の違いは、審査条件を満たしているかどうか?にあります。 自分が審査をクリアできているか確認してみましょう。 20歳以上であること• 安定した収入があること• 返済能力があること アコムにおけるカードローンの貸付対象者は以上の条件を満たしている方になります。 年齢、収入、そして返済能力というポイントに目を向けてみましょう。 仕事と収入とカードローン審査 カードローンの多くは成人している方が利用対象となります。 つまり、20歳を超えてないの方はカードローンでお金を借りることはできない、というわけですね。 そして、と同様に求められるのが「仕事」と「収入」です。 カードローンで返済をするには安定収入が必要となりますし、安定した収入を得るためには仕事をすることが必要不可欠です。 もし現在仕事をしていない、収入もない…という状況であれば、カードローン審査に通過できる確率はゼロに等しいでしょう。 そのため、ニートの場合は残念ながらカードローンでお金を借りることはできないのです。 ニートはNG!無職・無収入がお金を借りられない理由 ニートがカードローンでお金を借りられない理由としては、無職・無収入であること、そして返済能力がないことが挙げられます。 借入をしても返済する余裕がない• 返済トラブルが起きる恐れがある• カードローン利用者としての資格がない 一般的に収入に余裕があり、今後も継続して安定収入が望めるような状況であれば、があると判断されます。 返済能力がない状態はその逆となります。 無職・無収入のニートには、カードローンを利用するにあたって十分な返済能力が望めないため、審査では否決という結果になってしまうのです。 【おすすめの記事】 バイトや派遣でも大丈夫?まずは仕事を始めることから では、現在ニートであるみなさんがカードローンでお金を借りるためにはどうすれば良いのでしょうか?まず必要となるのがニートの状態から抜け出すことになるわけですが、そのためには仕事をして収入を得ることが第一となります。 仕事に就くことからスタート• 勤続年数は少しでも長く• 収入が安定するまで待つ ニートの方は、アコムのカードローン申し込みをする前に、以上のようなポイントに注意してみてください。 仕事に関しては正社員ではなくてもOK!バイトやであっても、安定収入があればアコムのカードローン審査条件は満たすことができます。 ただし、仕事に就いてすぐにカードローンの申し込みをするよりも、が少しでも長い状態が望ましいです。 勤続年数が長いほど審査に通過する可能性も高まりますからね。 収入が安定するまで待って そして何より重要なのが「安定収入を得られる状況であるか?」というポイントです。 カードローンの申し込みをするタイミングとしては、収入が安定してくる時期まで待つ、ということも注意しておかなければなりません。 仕事をしていたとしても、収入面に問題がある場合はカードローン審査に通過することは難しくなりますので、収入が安定するまで待つことも視野に入れておきましょう。 今までニートという状態だったため、カードローン申し込みのスタートまでには時間がかかってしまうかもしれませんが、カードローンを利用する条件はそれだけ厳しいものだということです。 特にアコムのような大手消費者金融は、中堅業者などに比べると審査基準もより厳しい傾向があります。 場合によっては審査落ち…というケースもあるので、あらかじめ理解しておきましょう。 ニートでも借りられるなんてありえない!安全な金融業者選びを 以上でご紹介してきたように、アコムのカードローンでニートの方がお金を借りることは不可能となっています。 無職・無収入の状態では、アコム以外ので借入をすることもできません。 しかし、消費者金融の中には悪質な業者も紛れていることは事実。 ニートでも融資をしてしまうような金融業者は絶対に利用しないようご注意ください。 お金を借りるなら、アコムのように安全な金融業者を選んでくださいね。

次の

カードローンの即日融資は無職でもOK?借りられる条件は4つ

アコム 無職 借り れる

それは確かに難しいかも知れないね。 それじゃあ今回は、アコムが示す安定した収入は、どんなものを指すのかも説明していくね。 アコムから借入を検討した場合、自分の収入で借入ができるかどうか、心配になる方も多いでしょう。 中には、 「無職なんだけど、借入はできる?」 「どんな収入を安定した収入っていうの?」 など疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、無職でもアコムでお金を借りることができるのか、アコムが示す安定した収入とはどんなものなのか、詳しくご紹介していきましょう。 これを読めば、どんな収入があれば借入ができるのかわかるので、審査を受けやすくなりますよ。 ぜひ読み進めてくださいね。 ぜひお願いします!無職でも借入ができるといいんですけど・・・ アコムでは、申し込み条件に「安定した収入がある方」としてします。 無職ということは、仕事をしていないということになりますね。 仕事がないということは、一般的には収入がないと考えられます。 収入がない場合、「安定した収入がある」とは言えないので、 借入をするというのは難しいでしょう。 基本的にアコムからお金を借りるには、働いて収入を得ているということは必須条件になります。 アルバイトやパートでも、働いていなければ収入を得ることができないからです。 収入がなければ、返済をしてもらうことも難しいですよね。 そのためアコムでは、無職の方が借入をするのは難しいのです。 そもそも無職とはどんな状況なのか 無職とは、字のごとく職が無い状態をいいます。 失業した場合やニートも、同じ状態といえますね。 しかし、次の3つのような方の場合は、無職とは呼びません。 1週間のうちに働いて賃金を得た場合• 家事手伝い• 不労所得を得ている人 1週間のうち1日しかシフトが入ってなかったとしても、働いて賃金を得ていれば収入になりますし、会社などに属していなくても不労所得があれば無職とはいわないのです。 無職は、経済的活動を一切行っていない方をいいます。 当然、本人に収入がない場合は借り入れできない! 経済的な活動をしていない、決まった職についていない人を無職といいますが、専業主婦は無職に含まれません。 専業主婦は、家庭の仕事を担っています。 そのため収入はないものの、現実的に言えば無職ではないのです。 しかし、アコムでは本人に収入がなければ借入をすることができません。 それは、職業に就いているということよりも、安定した収入があることを前提としているためです。 どんな職業でどんな働き方かよりも、毎月安定して収入があり返済が滞る恐れがないことを必須条件としています。 では、安定した収入とはどんなものなのか、次の項目を見ていきましょう。 安定した収入があれば借りられる!• 親からの仕送り• ギャンブルで得た収入• 生活保護の給付金• 国や自治体からの支給された補助金• 失業保険の給付金 親からの仕送りやギャンブルで得たお金が、一般的なアルバイトの収入よりも多いからといって、安定した収入とはなりません。 この6つはあくまで一過性のものであり、継続した収入とはいえないのです。 特に失業保険の給付は期間が決まっていますし、補助金も同様です。 生活保護に関しても、国からの援助なのでカードローンだけではなく、クレジットカードも作ることができません。 毎月決まった収入を得ることができ、それを継続することが簡単に予測できる収入を、「安定した収入」と判断されるのです。 無職の人がアコムからお金を借りるには何をすべきか? 安定した収入は、正規雇用だけではないよ。 無職の人がアコムからお金を借りるためには、毎月収入を得ることが必要です。 しかし、 「そんな簡単に就職できるなら、とっくにしているよ!」 と思う方も多いですよね。 もちろん、正規雇用で就職した方が借入をしやすいのは事実です。 しかし、これまで説明したように、安定した収入は正規雇用だけではありません。 アルバイト・パートでも、毎月収入を得ることが大切になります。 ただし、短期的アルバイトや、日雇いといったアルバイトは安定した収入とは判断されにくいので注意しましょう。 短期アルバイトは雇用期間が決まっていて、先に収入を得ることができるか保証がないこと、そして日雇いはいつ仕事がなくなるかわからないことなどが原因としてあります。 少なくとも、同じアルバイトを6ヶ月以上続けてから申し込むようにしましょう。 弱みに付け込み簡単にお金を借りられる闇金には要注意! とんでもないことに巻き込まれる可能性もあるよ! 収入がない、収入が少ないからこそお金を借りたい!という人が多いですよね。 本来であれば貸金業者は、 収入の3の1までしか貸付をしてはいけないという総量規制に縛られています。 そのため、収入のない無職の方に貸せる枠はありません。 この総量規制を遵守するために、少なくとも安定した収入が必要なのです。 しかし、街で見かけるような、「収入がなくても貸付OK!」といった広告を出している業者もいます。 この広告の時点で、 総量規制を違反していることがわかりますよね。 また、貸金業者としてではなく個人として貸し付ける個人貸付を行っている人もいます。 あくまで個人間のやり取りなので、総量規制の対象外になりますが、それでも利息禁止法に反した、法外な利息を要求されることもあるのです。 どこからも借りられない!でもお金はどうしても必要!といった方の弱みに付け込むように、闇金は誘うので注意しましょう。 甘い話には裏があると思ってくださいね。 まとめ 今回は、無職でもアコムから借入ができるか、安定した収入とはどういったものかなど詳しくご紹介しました。 重要なポイントは、次の5つです。

次の