ポケモン ソード パーティ。 【ポケモン剣盾】初心者向け!対戦パーティ構築のやり方を解説!【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】初心者向けスタンダードパーティ【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ソード パーティ

対戦の基本はパーティ構築と知識! ポケモンバトルの 基礎はパーティ構築する力と知識の2つ!実際の対戦では運も絡んでくるが、この2点を抑えていることが強いプレイヤーの証だ。 上級者がいたら質問しよう 周りにポケモン上級者がいる場合、分からないことがあったらとにかく質問しよう!知識や経験が重要なゲームなので、自己解決するよりも質の高い回答が得られるはずだ。 パーティ構築の基礎 弱点を補完しながら組むと良い パーティ構築の基本は相性補完。 弱点を補いあって隙の少ないパーティを組むことが大事だ。 タイプを統一したパーティの場合、1つの技を連発されてるだけで負けてしまうということもありえる。 相性補完からパーティを組む例 1 が使いたいのでパーティを組み始める 2 ギャラドスの弱点はでんき、いわタイプ 3 でんき、いわタイプに強いを入れる 4 2体ともくさ、こおりタイプの技が等倍 5 3体目として両方半減するを入れる 物理と特殊を両方入れる パーティには物理技を覚えたポケモンと、特殊技を覚えたポケモンをバランス良く編成しよう。 片方の技しか編成していないと特定のポケモンを出されるだけで詰んでしまう。 強いポケモンを使用する 使用率が高く、強いと言われているポケモンは明確な役割を持っていたり、多くの役割をこなせるポケモンが多い。 使われているだけの理由を持っているので、こだわりが無ければ積極的に使うことをおすすめする。 使いたいポケモンは1,2匹に抑える 使いたいポケモンだけでパーティを組むと相性補完が全く出来ていないことが多い。 使いたい枠のポケモンは1,2匹にして、残りは強いポケモンで埋めた方が勝ちやすくなる。 強い人のレンタルパーティから学ぶ Twitterやブログなどで自分のパーティを公開している上級者も多い。 使ったことのないポケモンについて学ぶことも出来るので、強い人が紹介しているパーティをレンタルして勉強するのもおすすめだ。 とにかく対戦をして改善していく パーティが完成したらとにかく対戦してみよう。 対戦しているうちに苦手なポケモンや、あまり使わないポケモンが見えてくるはずだ。 あまり使わないポケモンを苦手な相手への対策ポケモンにすることで、より強いパーティになっていく。 基礎知識を身に着けよう 相性を覚える 画像引用元: 覚えるべきことの中で最も基礎となるのはタイプ相性。 自分のポケモンの得意不得意を分かっていないと正確な判断は行えない。 用語集で言葉を覚えよう 上級者は初心者に全く伝わらない用語を使用して会話していることも多い。 対戦や育成でよく見る単語は用語集で解説しているので、言葉の意味が分からない時は用語集を確認しよう。 相手の行動を予想して、対応できる行動を取るのがバトルの基本だ。 素早さ関係を把握する どちらが先に行動するかが対戦では非常に重要。 素早さの種族値を覚え、どっちが先に行動できるか把握しておこう。 具体的な数値を覚えなくても、どっちが速いかさえ分かっていれば問題ない。 その時点で流行しているポケモンの対策をすることで、勝率を伸ばせる。 流行を把握するにはランクバトルに挑むかSNSなどで情報収集をしよう。 ダメージ感覚を身につける 上級者は、技で発生するダメージ割合を身体で把握している。 過去の対戦で蓄積した経験によるところが大きいので、対戦を重ねてダメージ感覚を身に着けよう。 ポケモン仲間を作る ポケモンは1人でプレイするよりも複数人でプレイしたほうが圧倒的に効率が良い。 厳選1つ取っても2人で違うポケモンを厳選しておけば同じ時間で2種類のポケモンが用意できる。 タイプ相性ではなくポケモン単位で考える 上級者はパーティの補完を考える際にタイプ単位ではなく、ポケモン単位で考える。 このポケモンに弱いから違うポケモンを採用しようと考えられるのを目指そう。 ポケモン単位で考えてパーティを組む例 1 が使いたいのでパーティを組み始める 2 ギャラドスは、などに弱い 3 両方に対抗できるを入れる 4 2体ともに強くない 5 3体目としてを入れる 6 全体的にやに弱い 7 4体目としてかたやぶりを入れる ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】旅パにおすすめのポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ソード パーティ

主な役割 ・ダイマックスエースとして相手を一掃する ・サブアタッカーとしてエースの負担を軽減する 解説 ダイマックス時に「ダイジェット」として使用出来る「そらをとぶ」によって相手にドラパルトが居る場合でも動きやすく、「ダイホロウ」の防御ダウンや「ダイバーン」で炎技を持つ事から タイプでも数値でも受けを成立させづらいアタッカーとして運用が出来ます。 逆にそのどちらでも大きな効果が得られない高耐久ポケモンは突破しづらく、特に「カビゴン」は他ポケモンで削っていない場合不利な対面となる事が多いです。 ダイマックスせずとも最低限の火力は出せるので、選出段階では誰をダイマックスさせるか決めきれない、という場合でも柔軟な選出が可能です。 ゴーストダイブやそらをとぶは相手のダイマックスターンを消費させる事も可能だという点を覚えておきましょう。 特性が「すりぬけ」なので「ひかりのかべ」や「リフレクター」「オーロラベール」を使用する相手やキョダイマックスラプラスが「キョダイセンリツ」を使用した後でも安定したダメージを与えられます。 詳細なダメージ計算は以下に掲載されています。 主な役割 ・ダイマックスエースとして相手を一掃する 解説 1発で倒せる程度まで削った相手と対面させてダイマックスを使用し、ダイマックス技で倒して特性の「じしんかじょう」で火力を上昇させて次の相手に更にもダメージレースで勝利する、という流れが理想となるので、 基本的には他のポケモンである程度相手を削ってから繰り出すようにしましょう。 「ダイストリーム」で水技の火力を上昇、「ダイジェット」で素早さを上昇させられるので相手の手持ちを確認し、どちらがより適切かで撃ち分けて行くと更に安定したアタッカー性能を発揮します。 「ラムのみ」で一度だけ状態異常を無効に出来るので、「あくび」を使用してくるカビゴンや「link おにび」で弱体化を狙ってくる相手の前でも「りゅうのまい」による抜き性能上昇を狙えます。 素早さは1段階上昇で219となり、 最速ドラパルトも抜いている点を覚えておくと選択や判断の基準の1つとなります。 詳細なダメージ計算は以下に掲載されています。 役割 ・味方のダイマックスアタッカーの攻撃を通しやすくする為に相手を削る ・相手のダイマックスアタッカーのダイマックスターンを消費させる 解説 耐久ポケモンや相手のダイマックス受けに対しても「のろい」で安定したダメージを出す事が出来、対面する相手によってはミミッキュ1体で倒す事が可能です。 積みアタッカーを止める役割も担い易く、先発後発ラストと様々なシーンでの活躍が可能です。 特に 耐久ポケモンに強く立ち回れるという点が重要で、他のポケモンで厳しい耐久ポケモンが居る場合は積極的に選出したい一匹です。 具体的に誰を見たいかを決めて選出し、相手の選出や試合の流れによって柔軟に削る相手を決めていきましょう。 詳細は以下の記事内で紹介しています。 主な役割 ・多くの相手を削る ・鋼タイプに大ダメージを与える ・特殊アタッカー相手にダメージレースを仕掛ける 解説 特性の「いかく」と持ち物の「とつげきチョッキ」によって物理にも特殊にも対応しやすく、火傷状態による火力下降も無いので どんな相手にも安定したダメージレースを行いやすいポケモンです。 反面火力上昇技は持っていないので相手が防御を上昇する積み技を持っていたり、素の耐久が非常に高いと効果的なダメージが入りづらいので注意が必要です。 相手を倒し切るというよりは削ってダイマックスエースに繋ぐという役割が主ですが、ギャラドスが有効なダメージを与えづらいナットレイやドラパルトが苦手なカビゴンなどは可能な限りウインディで大ダメージを与えていきましょう。 パーティの使い方 基本選出は「マンムー」「ダイマックスアタッカー ギャラドスorドラパルト 」「ミミッキュ」となり、ステルスロックや他ポケモンで相手を削った後にダイマックスアタッカーで壊滅させる、というのが基本的な流れです。 相手のパーティに物理受けが多く存在する場合やドリュウズが出てくる可能性が高い場合は「ロトム」、基本選出で削りづらい、または相性が悪い特殊アタッカーは「ウインディ」を選出するなどして対応します。 相手があまり交代を行わなさそうなパーティであったり、出てくるであろうポケモンにステルスロックが効果的でない場合は別の先発を起用して対応しましょう。 相手の物理受けが厚く、ミミッキュも選出しづらいという場合は ダイマックスアタッカーを2体選出し、どちらかが機能停止しても片方で攻められるという環境を作っておくのも有効です。 こちらに物理ポケモンが多いので、 相手がどういう方法で物理を受ける構築かという点を想定しながら選出や立ち回りを選択していくと勝率が高まります。

次の

【ポケモン剣盾】旅パのおすすめポケモン|序盤から組めるパーティ【ポケモンソードシールド】

ポケモン ソード パーティ

対戦の基本はパーティ構築と知識! ポケモンバトルの 基礎はパーティ構築する力と知識の2つ!実際の対戦では運も絡んでくるが、この2点を抑えていることが強いプレイヤーの証だ。 上級者がいたら質問しよう 周りにポケモン上級者がいる場合、分からないことがあったらとにかく質問しよう!知識や経験が重要なゲームなので、自己解決するよりも質の高い回答が得られるはずだ。 パーティ構築の基礎 弱点を補完しながら組むと良い パーティ構築の基本は相性補完。 弱点を補いあって隙の少ないパーティを組むことが大事だ。 タイプを統一したパーティの場合、1つの技を連発されてるだけで負けてしまうということもありえる。 相性補完からパーティを組む例 1 が使いたいのでパーティを組み始める 2 ギャラドスの弱点はでんき、いわタイプ 3 でんき、いわタイプに強いを入れる 4 2体ともくさ、こおりタイプの技が等倍 5 3体目として両方半減するを入れる 物理と特殊を両方入れる パーティには物理技を覚えたポケモンと、特殊技を覚えたポケモンをバランス良く編成しよう。 片方の技しか編成していないと特定のポケモンを出されるだけで詰んでしまう。 強いポケモンを使用する 使用率が高く、強いと言われているポケモンは明確な役割を持っていたり、多くの役割をこなせるポケモンが多い。 使われているだけの理由を持っているので、こだわりが無ければ積極的に使うことをおすすめする。 使いたいポケモンは1,2匹に抑える 使いたいポケモンだけでパーティを組むと相性補完が全く出来ていないことが多い。 使いたい枠のポケモンは1,2匹にして、残りは強いポケモンで埋めた方が勝ちやすくなる。 強い人のレンタルパーティから学ぶ Twitterやブログなどで自分のパーティを公開している上級者も多い。 使ったことのないポケモンについて学ぶことも出来るので、強い人が紹介しているパーティをレンタルして勉強するのもおすすめだ。 とにかく対戦をして改善していく パーティが完成したらとにかく対戦してみよう。 対戦しているうちに苦手なポケモンや、あまり使わないポケモンが見えてくるはずだ。 あまり使わないポケモンを苦手な相手への対策ポケモンにすることで、より強いパーティになっていく。 基礎知識を身に着けよう 相性を覚える 画像引用元: 覚えるべきことの中で最も基礎となるのはタイプ相性。 自分のポケモンの得意不得意を分かっていないと正確な判断は行えない。 用語集で言葉を覚えよう 上級者は初心者に全く伝わらない用語を使用して会話していることも多い。 対戦や育成でよく見る単語は用語集で解説しているので、言葉の意味が分からない時は用語集を確認しよう。 相手の行動を予想して、対応できる行動を取るのがバトルの基本だ。 素早さ関係を把握する どちらが先に行動するかが対戦では非常に重要。 素早さの種族値を覚え、どっちが先に行動できるか把握しておこう。 具体的な数値を覚えなくても、どっちが速いかさえ分かっていれば問題ない。 その時点で流行しているポケモンの対策をすることで、勝率を伸ばせる。 流行を把握するにはランクバトルに挑むかSNSなどで情報収集をしよう。 ダメージ感覚を身につける 上級者は、技で発生するダメージ割合を身体で把握している。 過去の対戦で蓄積した経験によるところが大きいので、対戦を重ねてダメージ感覚を身に着けよう。 ポケモン仲間を作る ポケモンは1人でプレイするよりも複数人でプレイしたほうが圧倒的に効率が良い。 厳選1つ取っても2人で違うポケモンを厳選しておけば同じ時間で2種類のポケモンが用意できる。 タイプ相性ではなくポケモン単位で考える 上級者はパーティの補完を考える際にタイプ単位ではなく、ポケモン単位で考える。 このポケモンに弱いから違うポケモンを採用しようと考えられるのを目指そう。 ポケモン単位で考えてパーティを組む例 1 が使いたいのでパーティを組み始める 2 ギャラドスは、などに弱い 3 両方に対抗できるを入れる 4 2体ともに強くない 5 3体目としてを入れる 6 全体的にやに弱い 7 4体目としてかたやぶりを入れる ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の