中学で習う英単語一覧。 英語の単語一覧|初心者に必要な中学英単語1128個とアプリや覚え方

重要中学英単語(1年生編

中学で習う英単語一覧

中一の英単語一覧 早速、中一で習う英単語を調べて一覧を作成しました。 一覧は品詞別にし、単語と意味だけでなく、「書けるか?」や「読めるか?」、そして「意味の理解」の項目を設けました。 これらの項目を設けた理由は、それぞれの英単語をどれくらい覚えているか確かめるためのものです。 名詞 中一で習う英単語の名詞は下記のとおりです。 ううむ。 どうも「January」や「February」などの長い単語が弱いようです。 代名詞は簡単だから全部覚えているだろうと思っていたのですが、その考えは誤りでした。 なんと「ourselves」と「themselves」を覚えた記憶がありません。 多分、子どもの頃は覚えていたのでしょう。 けれども、長い年月によって完全に忘れてしまったのでしょうね。 中一で習う動詞が少ないのは、意外でした。 さすがに少ないので、全部おぼえていました。 ちなみに助動詞の意味の欄は、それだけではなく用途や簡単な内容のメモにしています。 くれぐれも意味だと勘違いしないようお願いします。 一応、形容詞で副詞としての意味を持つものも記載しています。 助動詞と同じく数が少ない冠詞。 全部覚えていました。 助動詞や冠詞と同様、接続詞は数が少ないのですが、「so」の意味を忘れていました。 助動詞や冠詞などと同様、前置詞は数が少ないので、全部覚えていました。 フウ、安心安心。 しかし、中一の英単語の復習にもなったので、たいへん有意義な作業でした。 この一覧は今回だけでなく、今後の英単語の学習にも活用していく予定です。 とにかく中一で習う英単語を把握することができて良かったです。 英語学習のまとめ このように中一の英単語には何があるのか調べてみました。 一覧の作成は、中一の英単語の復習もでき、一石二鳥でよかったです。 しかし、20数年の歳月によって、すっかり忘れている単語が多いことに少々がっかりしました。 次回は、中二の英単語を調べることにします。 以上で今回の 英語学習「中学英語の学習。 中一の英単語を調べて一覧を作ってみたよ」を終わります。 英語学習ブログの他の記事 当ブログでは下記のようなエントリーもございます。 よかったら、お読みくださいませ。 syuhei-asahina.

次の

【中学勉強】英単語の覚え方のコツ、暗記法は?なぜ効率よく覚えられない?

中学で習う英単語一覧

「副詞」とは? 英語の副詞は修飾語で、名詞以外を修飾する言葉で、動詞、形容詞、あるいは文全体に情報を追加する語句のことです。 英語で副詞 は adverb と言います。 例えば ゆっくり — 歩く 注意深く — 探す などのように、動詞を修飾する時に使われます。 他にも、 信じられないくらい — 美しい など、形容詞も修飾し、文章全体にも詳しい情報を付け加えることができます。 英語の副詞と形容詞の違い 英語の副詞と形容詞の違いは、修飾する言葉にあります。 形容詞は、名詞を修飾し、副詞は、形容詞や動詞などをはじめ文全体など、名詞以外なんでも修飾する事ができます。 英語の副詞の位置: 副詞の位置は、副詞の種類により異なります。 頻度や程度を表す副詞:一般動詞の前、be動詞の後、または助動詞の後ろに付く。 時を表す副詞:文末に来る事が多い。 状態を表す副詞:動詞の後ろに来る事が多い。 副詞の種類 副詞は、文章の中で、頻度、時、場所、状態などを具体的に表す働きがあります。 「頻度」を表す副詞 どのくらい頻繁にしているのかを表す副詞です。 例:always(いつも)・usually(いつも)・often (しばしば)・sometimes, (時々)・rarely(めったに)・almost(ほぼ必ず)・annually(年に一度)・monthly(ひと月に一度)・weekly 一週間に一度)など 「時」を表す副詞 例:afterwards(後で ・then(それから)・before (~の前に)・yet/still (まだ)・recently(最近)など 「状態」を表す副詞 例:carefully(注意深く、丁寧に)・honestly (正直に)・quickly(さっさと、急いで、素早く)・well(よく、上手に、元気に)・safely(安全に)など 「程度や量」を表す副詞 例:absolutely(絶対に)・almost(殆ど)・simply (単純に)・exactly(正確に、厳密に)・actually(実際に)・quite(かなり)など 「場所」を表す副詞 例:everywhere(どこでも)・outside(外に)・inside 内に)・upstairs(上の階に)・somewhere(どこか)など 順接・逆接・結論などを指し示す副詞 文章を論理的に展開する時に使う言葉です。 例:also また)・however,(しかし)・ therefore(つまり)・Although(だけれども) 英語の副詞一覧 英語 副詞 意味 a little 少しだけ aback 後方に、後ろへ ablaze 燃えて abnormally 異常に、変則的に aboard 乗り物に乗って、乗車して、搭乗して about およそ、だいたい、約、~くらい abreast 横に並んで、並んで、肩を並べて、並行して abroad 海外に、外国に、海外へ、外国で abruptly 突然、不意に、急に、唐突に、出し抜けに absolutely まったく、完全に、絶対に、完璧に abstractedly ぼんやりと、上の空で、抽象的に abundantly 豊富に、十分に、ふんだんに academically 学問的に acceptably 満足に、了承可能に accidentally 偶然に、過失で、誤って accordingly 状況に応じて、必要に応じて accurately 正確に、精密に acoustically 聴覚上 acrid つんとする、にがい across 向こう側へ,横切って actively 活発に、積極的に、活動的に actually 実は、実際には、本当は acutely 鋭く adamantly 断固として、頑固に adeptly 巧みに adequately 十分に、適切に adjacently 隣接して、近隣で admittedly 疑いもなく afield 家を離れて after this 以後 afterward 後に afterwards 後で、後に again もう一度、再び ago 今から~前、過去に、以前に agreeably 快く、気持ちよく、愉快に ahead 前方に、先頭に、先に、 all まったく、全然、すっかり almost ほとんど、もう少しで、大抵 almost always ほぼいつも alone ひとりで、一人きりで、孤独で、単独で already すでに also また、さらに、やはり、~も、同様に、その上に alternately 交替に、かわるがわる、交代に、代わりに、交互に、 alternatively 別の方法として、代わりに altogether 完全に、全く always いつも、いつでも、常に amazingly ものすごく、驚くほど amply 十分に、豊かに、十分に、たっぷり anew 改めて、再び、もう一度 angrily 怒って、腹立たしげに、憤慨して、憤って annually 毎年、年刊で、年一回 anonymously 匿名で、名もなく anticlockwise 反時計回りに、左回りに any 全然、少しも、これ以上 anymore これ以上 anyway どうせ、ところで anywhere どこでも、どこにでも、どこへでも apace 速やかに、速く、急速に apart 別々に、離れて、ばらばらに apathetically 無関心に apparently 見たところでは、明らかに、どうやら apprehensively 不安な appropriately 適当に、ふさわしく、適切に approximately だいたい、ほぼ、約、およそ ardently 熱心に、熱烈に、熱狂的に arguably おそらく around 周囲に、周りに、辺に、あちこち as ~と同じく、~と同様に、~のように、~にために ashore 海岸へ、湖岸へ、岸へ aside 脇へ、端っこへ、別にして assuredly 確実に、確かに、自信をもって astray 道に迷って at the first まず atmospherically 大気に、大気中に、雰囲気を出して audibly 聞こえるように automatically 自動的に、機械的に、無意識に awash 水をかぶって、いっぱいで、あふれて away 遠く、遠くに、離れて、去って awfully とても、ひどく awhile しばらく、少しの間 awkwardly ぎこちなく、きまり悪そうに back 後ろへ、後ろに backward 後ろに、後戻りして badly まずく、悪く、ひどく、間違って、へたに barefoot 裸足で barely やっと、どうにか、何とか、わずかに、 barring ~を除いて、~がなければ basically 根本的に、基本的に before 以前に、前に、かつて、先に beforehand 事前に、前もって behind 後ろに、背後に belatedly 遅ればせながら beneath 地下に、下に beside そばに、そばで besides そのうえに、その上、加えて、それに加えて、だけでなく bit ちょっと、少し bitterly ひどく、激しく、悲痛に、辛辣に blare 鳴り響く、大きな音を立てる、耳障りな音を出す bluntly ぶっきらぼうに both 両方 breathless 息をきらせた breathlessly 息を切らせて briefly 手短に、簡潔に broadly 広く by the way ところで bungle 下手にする、失敗する、しくじる、 captivate 魅惑する、人をうっとりさせる、心を奪う carefully 注意深く、慎重に、気を付けて categorically 無条件に、絶対的に、断定的に、明確に causally 原因になって certainly 確かに chemically 化学的に chiefly 主に、第一に、まず一番に chronically 慢性的に chronologically 年代順に cleanly 綺麗に、清潔に clearly 明確に、すっかり cleverly 利口に、賢く clinically 臨床的に、臨床上 clockwise 時計回りに、右回りに closely 密接に、近づいて、接近して cohesively 結束して、凝集して、密着して coincidentally 同時に、偶然にも、偶然一致して collectively 全体的に、集合的に、団結して come here こちらへ comfortably 心地よく、快適に、楽に、安楽に commercially 商業的な comparatively 比較的、かなり competitively 競争的に、競争によって、競合的に completely 完全に、すっかり、全く、全面的に comprehensively 幅広く concernedly 心配して、念慮して conclusively 決定的に、確実に concurrently 同時 consciously 意識して、気付いて、自覚して、意識的に consequently 結果として、その影響として、結局、したがって considerably 非常に、相当に、かなり consistently 一貫して、矛盾なく、不変に、いつも conspicuously 目立って、目立つように、人目を引くように constantly 絶えず、いつも、しきりに、持続して continuously 連続して、継続して、切れ目なく、続けて contractually 契約上 conveniently 便利に、都合よく convincingly もっともらしく cordially 心から、真心をこめて、誠意をもって correctly 正確に、的確に costly 値段の高い、高価な、金のかかる counterclockwise 反時計回りに、左回りに courteously 礼儀正しく、親切に、丁寧に cowardly 臆病に、卑怯にも creatively 創造的に critically 決定的に cumulatively 累積的に、積み重ねで curiously もの珍しそうに daily 毎日 daintily 優雅に、上品に dangerously 危険に daybreak 夜明け dead すごく、全く、めちゃめちゃ、くたくたに、死ぬほど deadly 致命的に、ひどく、死人のように deceitfully 偽って decisively 決定的に deeply 深く、激しく、徹底的に、十分に、ひどく defensively 防衛的に、守備的に defiantly 反抗的に、反抗的な態度で definitely 明確に、確かに、はっきりと、絶対に、その通り、必ず deliberately 慎重に、ゆっくりと、熟慮して delightedly 喜んで、うれしがって、愉快に、楽しく densely 密集して、密集的に、濃く、高密度に、ぎっしりと desperately 必死になって、やけくそになって、必死に、死に物狂いに diagonally 斜めに、対角線的に differently 異なって、違って digitally デジタル方式で diligently 勤勉に、熱心に、一生懸命に、念入りに dimly ぼんやりと directly 直接的に、直接に、まっすぐ、直ちに、すぐに discombobulate 混乱させる、狂わせる、当惑させる、失敗させる dismally 陰気に distantly 遠く、離れて distinctively 独特に、はっきりと、明瞭に、区別して、弁別的に distinctly 明確に、明瞭に domestically 家庭的に doubly 二重に down 下へ、下りて downtown 都心に、繁華街に、繁華街へ、商業地区に drastically 徹底的に、思い切って、抜本的に、根本的に、猛烈に duly 正しく、正式に、正当に、きちんと eagerly 熱心に、しきりに early 早く、早くから、早期に、初期に、早めに easily 簡単に、容易に、気楽に、楽に economically 節約して、経済的に effectively 効果的な efficiently 能率的に、効果的に effortlessly 苦労なしで、楽々と、難なく either どちらの~でも elderly お年寄りの、年をとった elegantly 上品に else その他に elsewhere 他のどこかで eminently 著しく emotionally 感情的に、感情を込めて emphatically 力強く、強調して、断固として、きっぱりと en bloc 包括的に、一括して、そろって、ひとまとめに endlessly 延々と、果てしなく、無限に enjoyably 楽しそうに enormously 非常に、莫大に enthusiastically 熱狂的に enticingly 魅惑的に entirely まったく、全面に environmentally 環境的に、環境保護に関して envy ~を羨ましく思う equally 平等に、同様に、等しく、同じく equivocally 曖昧に、多義的に especially 特別に、特に、とりわけ essentially 本質的に eternally 永遠に、永久に、いつまでも ethnically 民族的に even ~さえ evenly 平等に、均等に、公平に、一様に eventually 結局、結局のところ、最終的に、ついに、そのうち、いずれ ever かつて、いつか、いつも everywhere どこにでも、至るところで evidently 明らかに、明白に、見たところ~らしい exactly 正確に、完全に、厳密に、ぴったり exceedingly 非常に exceptionally 並外れて、非常に、例外的に、よほど、特別に、群を抜.. exclusively 独占的に、排他的に、もっぱら、全く、のみ、だけ expeditiously 迅速に explicitly 明快に、はっきりと extensively 広く extraordinarily 並はずれて、異常に、極めて、甚だしく、驚くほど.. extremely 極端に、極めて、非常に、極度に fair 公正明大に fairly 公平に、公正に、正当に、適正に faithfully 充実に familiarly 親しく famously 周知のとおり、有名なことに、よく知られているように fanatically 狂信的に far はるかに、遠くに、遠くへ fast 速く fatally 致命的に、不運なことに、不運にも、運命的に favorably 好意的に、好意をもって、都合よく、有望に、有利に、順調に few ほとんどない、少数の、少ない、わずかの finally とうとう、結局、ついに、最後には financially 財政的に、財政上 first 先に firsthand 直接に、じかに firstly 第一に、まず最初に、初めに fiscally 財政上 fitfully 断続的に flatly きっぱりと fluently すらすら、流暢に foolhardy 無鉄砲だ forcibly 強制的に、無理やり、力強く forever 永久に formally 正式に formerly 以前は、かつては fortunately 幸いなことに、幸運にも、幸いに forward 前へ、前に、前面へ、前方へ frankly 率直に、正直に言うと frantically 死に物狂いで、非常に、狂喜して、必死に、熱狂して freely 自由に、十分に、勝手に、気前よく、制限されずに frequently しばしば、頻繁に、たびたび、しきりに freshly 取りたてで、できだての、新しく、新たに、作りたてで fruitfully 実り多く fruitlessly 成果なしに、結果なく fully 完全に、十分に、すっかり functionally 機能上、職務上、機能的に fundamentally 基本的には、もともと furiously 怒り狂って further さらに、それ以上、さらにそれ以上、もっと、さらにまた furthermore なおその上、おまけに、そのうえ、さらに gaily 陽気に gallantly 勇敢に、勇ましく generally 一般に、一般的に、たいてい gently 親切に、優しく、そよそよ、緩やかに、静かに genuinely 純粋に、心から gingerly とても慎重に、極めて慎重に、非常に用心深く、恐る恐る gladly 喜んで、愉快に、快く gradual 徐々に、次第に gradually 段々と、徐々に、次第に gratefully 感謝して、ありがたく思って、ご苦労に gratis 無料で、ただで gravely ひどく、重症に、重大に、厳かに、重々しく great 大変、強烈に greatly 大いに、堂々と grotesquely グロテスクに、異様に、不気味に、奇妙な grudgingly いやいや halfway 中途で、中ほどまで happily 幸福に、幸いにも、運よく happily 幸せに,楽しく hardly ほとんど~ない、ほとんど~しない harshly 厳しく、激しく、荒く、ひどく hastily 急いで、急に、早まって、慌てて、性急に headlong 真っ逆さまに、向こう見ずに heartily 心から、すっかり herewith 添えて、同封して、これと共に、これに添えて heavily 重く、大量に、重度に、重要に helpfully 役に立つように、有用に helplessly 仕方なく、どうしようもなく、頼るものなく here ここ、ここに、こちらに、こちらへ、ここで here ここに hereafter これから hereby これによって、この結果として、ここに herewith ここに同封して、これとともに、これによって heroically 勇ましく、英雄的に high 高く highly 高く、非常に、大いに、高度に、高位に、かなり historically 歴史的に home 家に、家へ honestly 実のところ、正直に、率直に、誠実に hopefully できれば、願わくは、うまくいけば、希望を抱いて horizontally 水平に horrendously 恐ろしく、すさまじく hotly 暑く、熱く how どう、どうやって、どういうふうに、どんなふうに、どうして however ところで、しかし、しかしながら hugely 非常に、大いに、極めて、とても hurriedly せかせかと ideally 理想的に、理想的には、申し分なく、完璧に ideologically 思想的に、観念的に idly 遊んで、何もしないで、怠けて、ぼんやり immediately さっそく、すぐ、直後、直前、直ちに、すぐ横に immensely 莫大に immorally 不道徳に impartially 公平に impractical 実際的でない、実用的でない impulsively 衝動的に、性急な方法で inadvertently 軽率に、不注意に、うっかりと、何の気なしに、思わず.. vigorously 精力的に、力強く、活気に、元気いっぱいに、勢いよく violently 激しく、猛烈に、乱暴に virtually 事実上、実質的に、ほとんど vividly ありありと、生き生きと vocally 声で warily 用心深く、用心して、慎重に、警戒して warmly 温かく、温かに、暖かく way ずっと、はるかに、とっくに、ずっと、かなり、あまりにも well 上手に、立派に、申し分なく、運よく、良く west 西へ whatsoever 何であれ、どんなものであれ whenever ~するときはいつでも、~であるときはいつも where どこ、どちら、どこへ、どこに、どこで、どこから whereabouts どの辺に、どのあたりに whereby それによって、そのために、どのようにして、何によって whole 全く、完全に wholly 全く、完全に why なぜ、どうして、なんのために widely 広く willingly 進んで、快く worldwide 世界中に、世界規模で wrongly 不正に、悪くて、不当に yesterday 昨日、きのう、昨今 yet まだ、今までのところは~ない zestfully 歓喜をもって、興味をもって、熱心に 以上、『英語の副詞(単語)一覧と副詞句の要点』について紹介しました。 副詞の使われ方や位置を理解すると、長文をスムーズに読むことができるようになります。 それほど英語の副詞の役割は大きいと言えます。 これらの副詞を学んだ後、たくさんの英文を読むと副詞の役割がわかってくるようになると思います。 ただ単語を覚えるだけではなく文章のどこに副詞が配置されるのかを知るためにたくさんの英文を読むようにしましょう。 また、スピーキングやライティングなどにも挑戦してみてください。

次の

無料で入手できる中学レベルの英単語一覧とその語彙レベル

中学で習う英単語一覧

上記グラフは新学習指導要領案などを元に大雑把に内容をまとめた表です。 細かい部分は実際と異なる可能性があるので、詳細は以下を参照ください。 今回の改訂のポイントの1つは国際的な基準であるCEFRを意識し、小中高通していわゆる4技能・5領域、つまり「聞く」「読む」「話す やり取り 」「話す 発表 」「書く」に焦点を当てている点です。 また、全体的に難易度が向上しており、指導語彙数も大幅に増加しています。 2019年までは中高合わせて3000語でしたが、2020年度以降は小中高合わせて4000~5000語と大幅に増えています。 CEFR CEFR Common European Framework of Reference、ヨーロッパ言語共通参照枠 とは、語学力を測る国際な基準です。 もともとはヨーロッパで使われていましたが、現在は多くの国で使われる指標となっています。 A1、A2、B1、B2、C1、C6の6つのレベルが使われており、に使われることもあります。 無料で入手できる中学生レベルの英単語一覧 無料公開されている英単語リスト 先述した通り高校で学ぶ英単語は具体的に決められてはいませんが、高校レベルの英単語リスト自体はいくつか存在するので紹介します。 中学向けのJEV 1200語 と組み合わせられますしね。 センター試験対策となる英単語リストが欲しい 大学受験を考えると、語彙数3000語では心もとないです。 CEFR-J Wordlistのレベル分けは小学校・中学校・高校・大学に沿って別れているわけではありませんが、2020年度以降の小中高での指導語数と比較すると、CEFR-J WordlistのA1~B1が該当すると思われます。 学校の英語も今後はCEFR-Jのレベル分けを意識してくると思われますので、CEFR-J Wordlistは英単語を小学校・中学校・高校で学ぶ英単語リストとみなせるのではないでしょうか。 なお、CEFR A1~B1レベルに対応した市販の英単語集が2018年3月に登場しました。 いち早くCEFRに取り組みたいという場合は利用してみてはいかがでしょうか。 英単語リストごとに掲載語数が異なるため単純比較はできませんが、新JACET8000の英単語は英検の英単語を多くカバーしていると言えそうですね。 なお、英検2級 高校卒業レベル の英文は語彙3000あれば95%カバーできるので、これで十分に感じる感もしれません。 この辺りについては以下の記事も参照ください。 英単語の一致可否は単語の形が完全に一致したか否かで判断します。 例えば beat、beatingは別の単語として扱います。 ただし、大文字・小文字の差は判断しません。 Beatとbeatは同じ単語として扱います。

次の