エアコン コンセント 位置。 エアコン取り付けの際なぜ専用コンセントの確認が必要なの?

エアコン取り付け時のエアコン専用コンセントとコンセントの形状

エアコン コンセント 位置

失敗しないための4つのポイント• 必要な家電をチェックする• 普段の生活を振り返る• コンセントは多めに設置する• コンセントの位置や高さを考える 便利なコンセント位置と高さ 出典: 一般的なコンセントの高さは25cm。 ただ、 必要な家電によって便利な位置と高さは違ってきます。 代表的な家電に最適な位置と高さを紹介します。 掃除機• 勉強机・書斎机• 洗濯機• 冷蔵庫• エアコン• 高齢者 1 掃除機に便利なコンセントの位置と高さ 毎日の生活の中で、最もコンセントの抜き差しをする電気製品は掃除機じゃないでしょうか? 一般的な掃除機のコードの長さは4~5m。 掃除の手間を省くことを考えると、 出来るだけ抜き差しせずに広い範囲を掃除できる場所にコンセントを配置する必要があります。 一般的には、掃除機用のコンセントの高さは30~40㎝だと言われていますが、抜き差しの便利さを一番に考えると、80㎝~1mにするのもアリ。 ただ、コンセントの高さは揃えた方が見栄えが良いですし、1mの高さにあるととても目立ちます。 また、コンセントの位置が高いと、掃除機のコードが垂れた状態で使用することになるので、掃除機への負担も大きくなります。 2 勉強机・書斎机に便利なコンセントの高さ 子どもの学習机やダイニングテーブルの高さは70㎝が大半。 そのため、コンセントの位置は80㎝がお勧め。 3 洗濯機の便利なコンセントの位置と高さ 便利な高さは? 洗濯機用のコンセントは、漏電防止のために洗濯機より高い位置にする必要があります。 洗濯機より20㎝程度上にコンセントがあると使いやすいと言われていますが、洗濯機はいつか買いかえるもの。 今の洗濯機の高さに合わせると、次の洗濯機を購入する時に不便になってしまいます。 一般的な105~120㎝の高さにするのがお勧め。 便利な位置は? コンセントの位置は、水栓の位置と合わせて背面にするのがお勧め。 なぜなら、 ホースや電源コードが洗濯機の裏に隠れ、正面から見た場合スッキリするから。 ちなみに、水栓とコンセントは20~30㎝離すと使いやすいと言われています。 4 冷蔵庫の便利なコンセント位置と高さ 便利な高さは? 冷蔵庫のように長期間動かさない家電のコンセントは、 ホコリがたまりやすく火災が発生するリスクが高くなります。 そのため、冷蔵庫のコンセントは普通より高い位置に配置することで、人目に付きやすくしています(一般的には170~180㎝)。 便利な位置は? 冷蔵庫用のコンセントは、冷蔵庫のすぐそばに配置しなければなりません。 というのも、 冷蔵庫用のコンセントに延長コードを使うことはNG。 延長コードを使うと電圧不足になる可能性があり、冷蔵庫がうまく働かなくなるからです。 5 エアコンの便利なコンセント位置と高さ 一般的なエアコン用のコンセント高さは床から190㎝、天井から50㎝前後。 ただ、この高さだと コンセントの位置がエアコンの下に来るので、コンセントやコードが非常に目立ちます。 天井から15㎝程度の高さにしたり、天井面にコンセントを持ってくると、コンセントがエアコンの上に来るのでスッキリした見た目に。 6 高齢者に優しいコンセントの高さ 高齢者だけでなく体の不自由な人にとって、一般的な25㎝の高さにあるコンセントは体の負担が大きいもの。 将来のことを考え、バリアフリーの住宅を目指すなら、 コンセントの高さを40~45㎝にするのがお勧め。 高さと位置については分かったわ!でも、コンセントっていろんな種類があってよく分からないんだけど… コンセントの種類と違い コンセントは使用方法や目的に応じて様々なタイプがあります。 電源(100V用と200V用)の違い 日本で一般的なコンセントは100V用のコンセントなので、家電の多くも100V専用のモノが多く売られています。 100Vと200vの違いは、電圧の違い。 200Vの方が電圧が高いので、大きな機械を動かせますし、電気を流す力も強くなるので、 エアコンや床暖房、レンジなどよりパワフルに動くようになります。 そのため最近では、一般住宅でも200Vの電源が使われるようになってきています。 コンセントの種類 コンセントの種類は数限りなくあるので、代表的なモノを紹介します。 3口コンセント 2口と3口タイプがあり、家で一番多く付けることになるコンセント。 エアコン専用コンセント エアコン設置にはエアコン専用のコンセントが必要。 エアコン専用以外のコンセントを使うと事故のリスクが高まります。 情報コンセント テレビやパソコン、電話など幅広い家電に対応できるコンセント。 コンパクトに収まり、別々に付けるより値段もお得。 防水アース付きコンセント イルミネーションや高圧洗浄機、庭でのバーベキューなど、屋外の電気使用がスムーズになります。 やっぱり、実際の図面を見ないと分かりにくいわ!部屋ごとにどんなことに気をつけたらいいの? 部屋別、便利なコンセント配置図 コンセントの数は多めが正解で、 「2畳あたり1カ所( 2口以上) 」が目安。 部屋の対角線上に分けて配置すると、延長コードなしで家電製品が使えるようになり便利です。 基本的な場所としては、 各部屋の入口の照明スイッチの下にコンセントを設置するのがお勧め。 入口付近は物を置かないのでコンセントが隠れる可能性が少ないからです。 ただ、部屋ごとで使う電化製品は違うので、コンセントの数もそれに合わせて変える必要があります。 キッチン・ダイニング• リビング• 子供部屋• 外回り 1 玄関のコンセント配置図 玄関コンセント配置図 玄関入ってすぐ 玄関は特に汚れやすい場所なので、 掃除機用のコンセントは必需品。 水槽や電気を使うインテリアにも使えます。 シューズクローク内 除湿機や乾燥機用にコンセントがあれば、雨で濡れた靴や服・傘などの雨具を乾かすのに便利。 電動自転車の充電用としても使えます。 関連 2 キッチン・ダイニングのコンセント配置図 キッチン・ダイニング・コンセント配置図 キッチンに必要なコンセントの数は、家電の数を考える必要があります。 冷蔵庫• 電子レンジ• 炊飯器• トースター• 電気ケトル• コーヒーメーカー など、「常に差しておく家電用」と、「必要に応じて使うキッチン用品」にコンセントあると便利。 ダイニングテーブルの上か下にコンセントがあると、ホットプレートや卓上電気鍋、パソコン用に使えます。 関連 関連 3 リビングのコンセントは位置図 リビングコンセント配置図 リビングも家電製品が多い場所の1つ。 リビングにはいつも使う「情報機器用」と、「季節に応じた家電用」の2つで考える必要があります。 掃除機• テレビ• パソコン機器• 固定電話の回線• スマホやタブレットの充電• エアコン• 扇風機• こたつ• 電気カーペット• 電気ストーブ• アイロン リビングにはソファーやテーブルなどがあり、 模様替えによっては配置が変わるので、どこからでも使えるように多めにコンセントを設置するのが正解。 関連 4 寝室のコンセント配置図 寝室コンセント配置図 「部屋に入ってすぐ」と「部屋の奥」の2か所にあると便利。 「部屋に入ってすぐ」は掃除機用として、「部屋の奥」はベッドや机を置くことになるので、 スマホの充電用や電気スタンドの電源になります。 5 子供部屋のコンセント配置図 子供部屋コンセント配置図 子供部屋はコンセントの数を考えるのが難しい場所の1つ。 というのも、子どもの成長に従って必要な電化製品が違ってくるから。 エアコン• テレビ• オーディオ• PC本体・プリンター・ルーターなど• スマホの充電用 など、 子どもが大きくなった時にどんな家電が必要になってくるかで考えることが大切です。 関連 6 外回りに必要なコンセント 外回りコンセント配置図 洗車やガーデニングなど、屋外で電化製品を使うことは意外に多くあります。 高圧洗浄機• 電気自動車の充電• イルミネーション• ガーデン用ライト• 芝刈り機 特に、 お庭がある家ではメンテナンス用にコンセントは必需品。 関連 コンセント増設の追加料金 コンセントの数は多めが正解ですが、 たくさん設置しようとすると追加の費用がかかってきます。 私は一条工務店で家を建てましたが、標準使用では数が少なく、至る所にコンセントを追加することに。 コンセントの追加料金は種類によって違います。 POINTコンセントが足りない生活は本当に不便。 「必要と思う場所にはどんどん付ける」ぐらいが正解! まとめ 間取りと同じように、コンセント配置図も設計士さんがたたき台を考えてくれます。 図面をもとに、 自分たちの生活や必要な家電を考えて、コンセントを増設したり移動させたりするのが、打ち合わせの基本的な流れ。 家が出来てから後悔しないためには、 新しい家での生活を想像しながら図面を考えていく事が大切です。 あなたに合った理想の注文住宅を手に入れる方法 注文住宅を建てると生活が快適になりますが、デメリットも多く失敗しがち。 失敗しやすい注文住宅を成功に導く一番のコツは 設計にとことん時間をかけること。 特に間取りは大切で、家族の要望に合わせた部屋の配置が大切になってきます。 思い悩み、家づくりがなかなか進まなかった私が頼ったのが「」。 「タウンライフ家づくり」では、あなただけの 「オリジナルの家づくり計画」を複数のハウスメーカーが提案してくれます。 実際に「タウンライフ家づくり」を利用してみて、あなたに伝えたいメリットは5つ。

次の

コンセントの位置は重要! 注文住宅で後悔した「電源計画」について│海の近くに建てた家

エアコン コンセント 位置

エアコンの設置は高さに注意を エアコンのコンセントを天井付近に作ることを考えている場合、エアコンのサイズと設置場所を考えておかなければなりません。 エアコンのまわりには一定の空間が必要なので参考にしてみてくださいね。 しかし、天井が高い部屋だと中途半端な位置にコンセントがついてしまう場合もあります。 さらに、エアコンよりもコンセントが低い位置にあると、コードが垂れ下がってしまうため、あまり見栄えがよくありません。 天井までの高さに余裕があれば、エアコンの上にコンセントを作り、見た目をすっきりさせることも可能です。 エアコンの大きさや天井の高さにもよりますが、天井からコンセントまでは50cmくらいのスペースを確保しておきましょう。 そして、エアコンと天井や左右の壁との間は5cm以上の空間をとりましょう。 エアコンをぴったりくっつけてしまうと、効率よく作動させることができません。 他にも、カーテンレールがエアコンのそばにある場合も、ぶつかっていないことを確認するとよいでしょう。 エアコンの風の吹き出し口に妨げるものがあると、エアコンの効きが弱まってしまいます。 エアコンを効率よく使うためにも、周囲に邪魔なものがないことを確かめてくださいね。 エアコンはベランダに近くてもだめ! エアコンは部屋に風を送る室内機と、外に熱を吐き出す室外機にわかれているタイプが多いです。 そのため、室内のエアコンの取り付け場所だけでなく、室外のスペースも確保しなければなりません。 ここでは、室外機を設置する際の注意点について紹介していきます。 室外機を置くのに適した場所は? エアコンを設置する場所が決まったら、室外機を置く場所があるかどうか確認しましょう。 エアコンを使っていると、室外機を通してあたたかい空気が外に出ます。 そのため、室外機を設置する際も壁などがまわりにない場所を選びます。 特に、室外機の上部は開放するようにしましょう。 室外機には直射日光が当たらないように注意して、雨風にさらされにくい場所に設置するようにします。 もしも室外機に直射日光が当たってしまうようなら、日陰を作るのも1つの方法です。 よしずやすだれのような昔ながらの日よけは、通気性も確保できるのでおすすめです。 エアコンを使っているときは室外機が振動します。 水平に設置できていないと、室外機の騒音が気になることもあるようです。 そのため、できるだけ水平な地面に室外機を設置した方がよいでしょう。 排水ホースはどこに置くか? エアコンには室外機に向けて、ドレン管やドレンホースと呼ばれる排水ホースがついています。 排水ホースは室内に設置したエアコンから、壁にあけた穴を通じて室外機へとのびています。 エアコンをベランダの近くに設置した場合、排水ホースから出てきた水でベランダが水浸しになってしまうおそれがあります。 ベランダが水浸しになってしまうと、ベランダにシミができてしまったり、洗濯物を干すときにうっかり踏んでしまったりすることもあります。 エアコンの排水にはカビやホコリがまじっていて、衛生的にもよくありません。 マンションなど、ベランダ以外に室外機を置く場所がない集合住宅の場合は、ベランダにある排水溝に向けて排水ホースを設置しましょう。 壁の中の柱に注意 窓のない壁の中には、耐震に重要な柱や筋交いが入っている場合があります。 なにも考えずに家の壁に穴をあけてしまうと、せっかくの耐震構造が台無しになってしまうかもしれません。 穴をあけられる壁の場所を知ることで、エアコンのコンセントの高さを決めることもできるのではないでしょうか。 設置箇所に迷ったら、業者に相談してエアコンにも家にも安全な場所につけてもらうとよさそうです。 エアコンのコンセントは天井に近くてもいいの? エアコンのコンセントは天井に近ければいいというものではないようです。 天井とエアコンの間があまりに広いと見た目がよくない気もしますが、天井に近すぎるのもあまりおすすめできません。 その理由として、天井に近すぎると、エアコンのコンセントを抜き差しするときに負担が大きくなることがあげられます。 エアコンのコンセントは頻繁に抜き差しするものではありませんが、ほこりがたまると火災の原因になる場合もあるので、掃除をしやすい場所に作るとよさそうです。 また、火災報知器がついている場合は、エアコンと近すぎると風が当たって煙を感知しにくくなるおそれがあります。 エアコンのコンセントにあわせてエアコンの位置が天井に近くなるので、火災報知機に影響が出ないように気をつけましょう。 エアコンのコンセントが天井の近くにあると、エアコンもぴったり設置できるし、コードが見えにくいので見た目はすっきりとします。 しかし、コンセントにあわせてエアコン本体を天井に近づけすぎるとこれらのデメリットもあるので注意しましょう。 エアコンのコンセントはなにがいいの? エアコンは家の中でも多くの電力を消費する家電です。 また、エアコンを使用する部屋の大きさによっても必要なパワーが違うため、必要な電圧に応じてコンセントの形状を使いわけるようになっています。 いつも使っているコンセントでエアコンを使用すると、電力が大きすぎるためにブレーカーが落ちてしまったり、他の家電が壊れてしまったりする危険性があります。 また、適したコンセントを使用していないと、コンセントが熱を持ってしまい発火してしまうおそれもあります。 エアコンのコンセントには単相100v用と単相200v用があります。 使いたい部屋の大きさによって適したコンセントも変わりますので紹介していきます。 単相100v用 おもに家庭でよく使うサイズのエアコンに適しています。 一番小さい電力のエアコンは円の中に2本の棒が並んでいるマークのコンセントです。 6畳から8畳程度の部屋に使用します。 15アンペアまでの電流に対応しています。 子供部屋など個人の部屋につけるエアコンに向いています。 その次に大きい10畳から12畳用のエアコンは、円の中にアルファベットのIとLが並んでいるようなマークのコンセントを使用します。 こちらは20アンペアの電流まで使用できます。 リビングなど少し広いサイズの部屋によさそうです。 単相200v用 単相200v用のコンセントは4キロワット以上の電力が必要なエアコンに使用します。 突起が3本出ているコンセントは15アンペアまで使用可能で、14畳から16畳用のエアコンに適しています。 さらに、1番大きな電力を使えるコンセントは同様に3つの突起があり、上の片方の突起が直角に折れ曲がっています。 こちらは16畳以上の部屋で使う大型のエアコンをつける場合に使用します。 待機電力がカットできるエアコン用のコンセント エアコンは気候のよい春や秋にはあまり使う機会がありません。 しかし、エアコンを使わなくても、コンセントをさしたままにしておくと待機電力を消費してしまいます。 エアコンの待機電力を節電するにはコンセントを抜いておく方法がありますが、コードが垂れ下がるとあまり見た目がよくありませんよね。 また、頻繁にコンセントを抜き差しするとプラグの劣化が早まるおそれもあるので、あまりおすすめできる方法ではありません。 エアコン用のコンセントの中には、スイッチと一体型になったタイプもあります。 コンセントをさしたままでも、付属のスイッチを切ることで待機電力がかからずに節電できるので、これからエアコンのコンセントをつける場合は検討をおすすめします。 古い建物などでは新しいエアコンに対応したコンセントがない場合もあります。 エアコンのコンセントが天井付近にある場合は、どのようなコンセントがついているか確認してみましょう。 エアコンのプラグに適していないコンセントを使うと、思わぬ発火や故障の原因になります。 まずは使いたいエアコンとコンセントがマッチしているか、業者に確認してみることをおすすめします。 まとめ エアコンをつけるときには設置場所はもちろん、エアコンのコンセントの高さや、室外機の設置場所、エアコン用のコンセント有無などさまざまなことを考えなければなりません。 エアコンの設置工事において、壁に穴をあける場合もあるので、家の構造に無理のない範囲で工事を行うことも大切です。 エアコンは一度設置するとなかなか買い替える機会のない家電です。 長く安心して使うためにも、適した位置につけることが望ましいですね。 エアコンを理想的な場所に設置するためにはコンセントの位置も大切です。 適した位置にコンセントがあるかわからない場合や専用のコンセントの設置をご希望の際は、業者に相談や依頼してみてはいかがでしょうか。 コンセント工事・取替・増設を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

コンセントの位置は重要! 注文住宅で後悔した「電源計画」について│海の近くに建てた家

エアコン コンセント 位置

先日、エアコンを交換のため家電量販店でエアコンを購入し、今日工事をしてもらいました。 結果としては、写真のような工事結果です。 交換前は、エアコンの裏側のコンセントをそのまま利用して設置されていましたが、今回は、安全上の理由から、コンセントボックスを引き出して、接続したという説明でしたが、雑に工事をされたとしか見えませんでした。 取り付け工事費は基本工事費の15000円。 (取り外し、処分費用は別です) 教えていただきたいことは、下記3点です。 (奥さんが工事に立会い、サインはしています) 直す場合、コンセントボックスの穴はパテ埋めし、外のコンセントBOXは、壁に固定する方法であれば、2000円の費用で行うとのこと。 私は素人ですから、量販店の店員や取り付け業者の説明が正しいのか判断できません。 (特にパテ埋めなんかしたら、その後に問題はないのでしょうか?) このままだと、見栄えも悪いので何とかしたいのですが、どう施工すべきなのかも含めて是非、エアコン工事に詳しい方のアドバイスが頂けると助かります。 今回、初めて質問させていただいたのですが、正直、こんなにたくさんの方に短期間にご回答を頂けるとは思っていませんでした。 エアコンの工事の後に、落ち込んだ気分で質問をさせて頂いたのですが、皆さんから親身で誠意あるご回答をたくさんいただき、本当に救われました。 ご回答頂いた皆様に改めてお礼申し上げます。 今は量販店の本社に対して、今回の業者の対応は問題があるのではないか確認していますが、あまり期待はしておりません。 本社からの回答がどうあれ、安全も考えて、信頼できる電気工事店さんにコンセントの移設をお願いしようと思っています。 ありがとうございました。 ベストアンサーは、皆さんにつけたかったのですが、工事の問題点と危険性を分かりやすくご回答していただいたchapacoさんとさせていただきましたが、他の皆さまにも大変感謝しております。 この工事の写真を見て問題と思うのは、(1)元のコンセントがあった場所から延長のためのケーブル(グレー色)を引き出していますが、その接続部が外から丸見えで、かつケーブルが固定されていないので簡単に動いてしまい電線の接続部に力がかかる可能性があること。 (2)エアコンのACプラグが差さっているコンセントとプレートの裏側がおそらく何のカバーもされておらず、グレーのケーブルとコンセントとの接続部がやはりむき出しになっているであろうこと、です。 電気工事のルールでは、電線と電線、また電線と器具(この場合コンセント)との接続部は容易に外部の何かが触れたりするような状態にしていけないことになっています。 この写真の状態では埃が溜まるどころか使用者が掃除をするときに手や、掃除器具が100V印加されている接続部に簡単に触れてしまいますし、エアコンから水漏れしたとき簡単に水がかかってしまいます。 またゴキブリや鼠も入り放題で大変危険です。 (電気工事士の資格を持っていれば当然知っているはずですし、コンセントの移設は電気工事士でなければ行ってはいけません。 )電気に関して素人のお客にはそれが意味する危険を予測できないのに、お客がそれを見て何も言わなかったからこの状態で完了としてしまうのはいけません。 コンセントの移設(当然に規定に準じた工事が前提)にエアコン取り付け工事以外の費用がかかるのは致しかたないです。 方法は現場の状況に合わせていろいろ考えれられますが、要は電気の接続部分が露出しないこと、ケーブルに万一何かが触れても接続部分に力が加わらないこと、後から接続部の点検ができるようにしておくことが必要です。 工事の良し悪しの議論は他の方のコメントを参照していただくとして、現状のままでもっと見栄えをよくする方法はあります。 まず、エアコン裏側の旧コンセントの穴が目立ちますから、ここにはコンセント用の目くらパネル(コンセントプレート、あるいはカバープレートと呼ばれるもの)を電材店やDIY店で買ってきて取り付けます。 コンセントプレートには真中に穴が開いて電線が引き出せるタイプ(おもに電話配線用)もありますので、それを選んでください。 穴が開いた壁にそれをどう取り付けるかですが、もともとそこにコンセントが差し込めるようになっていれば「取付枠」という金具がついているはずなんですが、それが撤去されていれば、それも買ってきて先に取り付けます。 こうすると穴が開いたままの壁は綺麗に塞がれて、収まりが良くなります。 次に宙ぶらりんになった新しいコンセントですが、これを格好よく固定するのには、ちょっと工夫がいります。 下の柱と左の柱を利用して、その隅に取り付け(固定)するのが見栄えよくなると思うのですが…いちばん簡単な方法は先に説明した「取付枠」を数個の小さな「L金具」を利用して下の柱と左の柱にネジ止めすることです。 その「取付枠」に新しいコンセントのパネル(プレート)を取り付け、周りの隙間をエポキシパテで埋めます。 日曜大工に慣れていれば、簡単な作業です。 これでスッキリとした収まりの良い仕上がりに化けます。 みなさん書かれてますが、こんな屑みたいな仕事する人間いるんですね。 電工資格がないのに行ったなら「違法」です。 電工資格あってこの工事なら下手をすれば「行政指導」が入るレベルでしょう。 人の手が容易に届くところで触れるような状態で結線してはダメだというのがあったと思います。 つーか、自分はまずやるなら保護のためボックスなり壁裏になるように施工して蓋しちゃいます。 Fケーブルも隠蔽を優先に。 不可能ならモール使いますけどね。 配管のパテ埋めは実際ありますし、近所でもやってるところあります。 でももう少し丁寧にできないものでしょうかねぇ。 既存コンセントを外して延長~プレートを固定しないのは流石にまずいでしょう。 腰高プレートを知らない工事業者を結構見てるのですが、これくらい隙間があればノックプレートでもいけるのに。 下見しなかったうえに普段持って歩いてないか知らない工事業者なのでしょう。 コンセントも固定してない時点で。 電気量販店に 「妻がサインはしたが、まさかここまで酷い素人工事をされてるとは思ってなかった」 「この工事は電気工事士資格を有したものが作業したとは思えない」 と伝えてはどうでしょう。 ちなみに電工資格がない人間が今回の配線延長をするのは法律で禁じられています。 なので持ってない人間が施工したとすれば大事なので、その辺も覚えておいてください。 未だ不思議なのですが、ホームセンターなどでコンセントや配線売ってて誰でも買えますよね? でも、あのコンセントやFケーブル(今回の工事に使った配線)を使った正規の工事は電工資格を持ってないとできないものばかりです。 無資格者はプレートから配線を外すことも、繋ぐことも、延長することも禁じられています。 なのに売ってるし、やってる人間もいるのです。 電気工事をする人間がプロばかりではないのですよ、困ったことに。 ご回答ありがとうございます。 また、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。 私も工事後の状態を見て本当にプロの仕事なのかと目を疑いました。 量販店の方にもそのように伝え、最初は店員さんや店長さんも、「ひどい仕事だと思います」と言ってくれていたのですが、施工業者と連絡をとり、妻に説明し了解を貰っていると業者から言われたあとは 別料金で別工事でという事ばかりで、「この業者の工事内容や対応には問題がありました」という謝罪はありませんでした。 別料金での工事となることは理解しますが、こんな工事をする業者を派遣したことに対する謝罪や業者への指導する旨の説明をして欲しかったです。 私は今まで電気工事をする人は、みんなプロだと思っていました。 プロばかりでないことも今回勉強できたので、今後は事前に予備知識をつけて、しっかり立ち会うようにしたいと思います。 ためになるアドバイスをありがとうございました。 正解の回答ばかり出ていますので重複しないよう質問者のするべき手順を記します。 問題は今回の機種はエアコン専用線を設ける必要がありそうなくらい消費電力の大きそうなタイプに見えますので壁の中で他系統線に圧着端子で接続されているだけなら危険が大であること。 この部分は見栄え、追加コストより安全を重視すべきです。 (配管はさておき、電気配線部分だけでも)。 購入店の専従業者は個人の請負みたいな輩が多いので電気工事士資格所持者はほぼいません。 購入店側でやり直してくれるのがベターなんですが。 ・購入店は¥15000-の範囲の取付工事を承諾した所を主張してくるでしょうから「危険を承知で工事した」所をついて対応します。 交換前の機種は消費電力も小さかったでしょうし。 ・設置工事自体は電気工事士資格を要さない事が経産省通達で記され判例も出ましたが明らかに危険が増大する工事をした部分については勝訴判例も沢山あります、どうぞ大クレーマーになってでも「安全」を確保して下さい。 この際見た目は二の次です。 こんなド素人の工事・・・¥15000-なんて高過ぎます。 ご回答ありがとうございます。 危険が無いかという観点では販売店に確認していなかったので確認してみます。 ただ、今回のコンセントはエアコン専用の線になっています。 現状では危険な状況のようなので、ブレーカーを落としておきます。 エアコンの容量は大きくないのです 100V、冷房時2. 2kw)。 安物なので外観は大きいのですが・・・。 今は店舗の方と交渉中ですが、納得できない状況なら、本社にはあげてみるつもりです。 大クレーマーになる自信はありませんが、主張はしっかりしておきたいと思っています。 具体的な対応をまとめて頂いて感謝しています。 ありがとうございました。 量販店の場合、100%下請け工事業者に施工をさせるわけですが、標準工事以外の場合、かなりの確率でその下請け業者の判断に任される部分が多いです。 (現場到着してみたら標準工事外であった・・・と言うケース、その場で追加料金の確認を説明して施主納得の上、工事を行うのが本筋ですが、実際のところ業者の判断で標準工事内の費用で済ましてしまうケースも多い) 写真を見る限り、室内機とコンセント位置が重なってしまったので、コンセントを移動した、と言う事のようですが・・・。 (1)通常であるなら別料金で旧コンセントをブラインドキャップで埋め、別の位置に露出タイプ(可能であれば埋め込み型)のコンセントを設置するのが本筋。 恐らく、業者の手持ち部品にブラインドキャップ、露出コンセントがなかったのでこのような方法になったのでしょう。 本来なら日を改めて、と言う事になるのでしょうが、二度手間を嫌ったのでしょうね。 (2)工事業者に直接交渉するのではなく、購入先の量販店に言うべきでしょう。 ただ、別途費用が必要になる事は間違いなし。 この際の「クレーム」とは、費用のことではなく、「工事の前になぜ説明がなかったのか」と言う点でしょう。 (3)コンセントが室内機と重なるため、故障などで必要な時にコンセントを抜くことができなくなる。 現実的、物理的にコンセントプラグが室内機と壁との隙間に入らない為、実際には不可能なケースが多い。 このケースは、施工前に現場見積りをしていれば避けられたはずですが、量販の場合、現場見積りはよほどの事でない限り行わないでしょう。 繰り返しになりますが、工事着工の前に説明がなかったことが最大の問題です。 Q 最近エアコンを付けることになりました。 希望位置がエアコンコンセントから遠く、あきらめかけていたのですが、 エアコンコンセント延長工事という工事があることを知り、 希望の位置に取り付けられそうだと知りました。 エアコンは通販で既に購入済で、取付は業者に頼むつもりです。 さっそくエアコンコンセント延長工事についてWebで調べてみました。 しかし結局どのような工事なのか概要が分かりませんでした。 Web上では業者のコンセント延長工事と料金があるだけで、 工事内容まで説明されたページを見つけることはできませんでした。 料金的にはそれなりに差があり高い場合で6,000円台、安い場合で3,000円程度でした。 ここで気になるのは料金差があるのだから工法 大袈裟? も色々バリエーションがあるのか?ということです。 もちろん仕上げの良さや腕、という差もあるのでしょうけど、それだけかどうか?が気になります。 エアコンコンセントは100Vで、 内側を見てみると白黒緑 緑がコンセントのアースに接続 のFケーブルが来ています。 気にしているのは ・工事方法や処置 ケーブルの接続 圧着? の仕方?引出し方? コンセント周りのや体裁?その他 にどんなバリエーションがあるのか? ・延長状態で200V化できるのか? ・また元の位置にコンセントを復旧設置できるのか? あたりです。 詳しい方、おられましたら教えて頂ければ幸いです。 最近エアコンを付けることになりました。 希望位置がエアコンコンセントから遠く、あきらめかけていたのですが、 エアコンコンセント延長工事という工事があることを知り、 希望の位置に取り付けられそうだと知りました。 エアコンは通販で既に購入済で、取付は業者に頼むつもりです。 さっそくエアコンコンセント延長工事についてWebで調べてみました。 しかし結局どのような工事なのか概要が分かりませんでした。 Web上では業者のコンセント延長工事と料金があるだけで、 工事内容まで説明されたページを見つけ... A ベストアンサー 本職です。 下の方の回答と補足を踏まえて回答します。 >希望位置がエアコンコンセントから遠く… 同じ部屋の中で移動ですか、それとも全然別の部屋へ持って行くのですか。 同一部屋なら移設という考えで良いですけど、別の部屋ならそれはそのままにして新たに 1回路増やすほうが良いです。 >料金的にはそれなりに差があり高い場合で6,000円台、安い場合で3,000円程度… それはあなたが業者に聞いた値段ですか、それともどこかの Web にあった話ですか。 Web ならWeb を過信して、業者にこの値段でやれなんて言ってはいけませんよ。 ----------------------------------------------------------- >延長の配線は露出でいいと思っています。 見た目は気に… すぐそう言われる方も多いのですが、いんぺい工事ができるならそのほうがずっと時間の節約になることもあります。 工数も減り美観も良いと一石二鳥です。 >手の届かない位置を想定していますので… 素人さんが無理と思っても、意外なところから入れたりするものです。 専門家に診断を仰ぎましょう。 >法が許せばモールも不要、ステップルで固定し… 法的にモールが必須なわけではありませんが、最近の家はステップルで固定すること自体が困難です。 天井や壁の仕上げ材は、薄いベニヤ板や石膏ボードなどがほとんどで、ステップルはまさに豆腐に鎹 かすがい 、糠に釘なのです。 モールを両面テープで固定するのが最も簡単な方法であることもあります。 要は、素人さんにそこまで細かく指図されると、業者もやりにくいと言うことです。 >Fケーブル引出の為の口のついた専用のカバー… ということはやはり、見た目を気にしていると言うことですね。 見た目を気にしないのなら、既存コンセントの周りにぶすっと穴を開けて引き出して、法的な問題はありません。 >また圧着して延長した場合、元に戻そうとすると最初よりは電線が短く… >元々のコンセントの復元で支障が出ないか心配… 1センチかせいぜい 2センチ短くなるだけですが、現状は全く余裕がないのでしょうか。 本職の電気工事屋さんがした仕事なら、10センチぐらい余裕を取っとおくのが普通です。 >差込コネクタなら短くならないと思いますけど、… 差込コネクタでも再接続する場合は、元の部分を切ってしまって新たな心線を出します。 1~2センチ短くなるのは、圧着の場合と同じです。 >でもこの辺の工事はWeb上では詳しい説明どころか概要すらみつからない… 素人さんがそこまで気にかけるのも珍しいですからね。 本職です。 下の方の回答と補足を踏まえて回答します。 >希望位置がエアコンコンセントから遠く… 同じ部屋の中で移動ですか、それとも全然別の部屋へ持って行くのですか。 同一部屋なら移設という考えで良いですけど、別の部屋ならそれはそのままにして新たに 1回路増やすほうが良いです。 >料金的にはそれなりに差があり高い場合で6,000円台、安い場合で3,000円程度… それはあなたが業者に聞いた値段ですか、それともどこかの Web にあった話ですか。 Web ならWeb を過信して、業者にこの値段でやれなんて... Q 新築建売を購入し、引渡し後、前のアパートで使用していたエアコンを引っ越し業者に頼み、2階の居室に移設しようとしたところ「エアコンコンセントのパネル上部から天井までの距離が300mmしかない為、このエアコン(高さ285mm)の取り付けは難しい。 無理やりに取り付ける事は出来るが、保障はしない。 」と言われました。 確認したところ、2階の各部屋が同じ状態です。 しかし、1階は380mmであり、新品の取り付けも問題ありませんでした。 この状況を売主に伝えて確認してもらったところ… 工事担当者「エアコンコンセントは床からの距離で施工しています。 2階は1階よりも天井が低い為、この状態になりました。 」 私「この状態では自分のエアコンが取り付けられない為、コンセントの位置を移動してください。 」 工事担当者「作業は壁紙と石膏ボードを剥がして行うしか方法が無く、費用のかかる問題なので、会社で相談しないとわからない。 」 ここまでで、この日の確認は終了。 後日、営業担当者から連絡があり「うちで建てた物件は他も同じ位置に取り付けているので、補修の対象にはなりません。 」との事です。 重要事項説明、添付書類の平面図にはエアコン取り付け部分が明記してあるのに、その部分にエアコン取り付け不可なのは、重要事項の説明不足には当たらないのでしょうか? 建売とはそんな物なのでしょうか? 回答をよろしくお願いします。 新築建売を購入し、引渡し後、前のアパートで使用していたエアコンを引っ越し業者に頼み、2階の居室に移設しようとしたところ「エアコンコンセントのパネル上部から天井までの距離が300mmしかない為、このエアコン(高さ285mm)の取り付けは難しい。 無理やりに取り付ける事は出来るが、保障はしない。 」と言われました。 確認したところ、2階の各部屋が同じ状態です。 しかし、1階は380mmであり、新品の取り付けも問題ありませんでした。 この状況を売主に伝えて確認してもらったところ… 工事担... エアコンは正常に取り付けても、プレートの厚さの隙間は出来るので、プレートエアコンの下に少し入り込む感覚でつける。 Q 新築にあわせてエアコンを隠蔽配管で設置してもらいました。 外観は綺麗に配置されているのですが、室内をみてびっくり! 確かに配管は隠れていますが、電源コードがエアコンから出ていてコンセントに刺さっている状態です。 その場でクレームをいったもののこれ以上電源コードを隠すのは無理といわれる始末。 自分のイメージするエアコンの隠蔽配管は配管はもちろんのこと電源コードもエアコンの後ろから壁の中に隠れて見えなくするのが当たり前だと思っていたのですがそれって難しいことなのでしょうか? 隠蔽配管でエアコンを取り付けた方がいらっしゃいましたら電源コードはどのような配線になっているのでしょうか?教えていただけると助かります。 エアコンは三菱ムーブアイです。 A ベストアンサー 電源コードは メンテナンスの関係もあり難しいです 通常の家庭用の電気製品はコンセントで運用する事により 雷が付近に落ちているような時や 本体の基盤が故障し 止まらなくなった時はコンセントを抜き対処が出来ます 残念ですが 辛抱をお願いします それともう一つ残念なお知らせが 隠蔽配管は 最初は良いのですが 10年もすると本体が故障し交換になります。 その時は配管の断熱材も劣化しており 交換が必要になりますが 壁の中は通常の電器店では対応が出来ないので 別に配管を露出で行うことが良くあります。 ハウスメーカーでその説明をする業者はまず居ませんので 今の内に 万一の時は対応するように交渉をされておくことをお勧めします Q 新築の家を購入しました。 大手電気店でエアコンを購入したのですが、取り付け工事についての質問です。 現在は実家暮らしで、家には4台のエアコンが取り付いていますが、全てのエアコンは室内から見た時には室内機とコンセントの配線しか見えない状態で、それが普通だと思っておりました。 しかし今日知人宅に行った時に何気なくエアコンを見たら、室内機とコンセントの配線以外に、かなり太いホースのようなもの これをダクトと言うのでしょうか? が室内を這っており見栄えが悪く、何故そのようになっているのかと疑問に思いました。 出来る事なら部屋の内側にはホースのようなものは這わせたくはないのですが、そういう事は可能なのでしょうか? ネットで調べたところ、下手な業者に依頼するとそのような不恰好な事になるというような記載があったのですが、上手い業者であれば、ホースのようなものは室内の見えるところに這わせなくても済むのでしょうか? ちなみに新築なので、まだ壁にはエアコン用の穴は開いていません。 それと、実家に取り付いている4台のエアコンのうち、最近1台を買い換えたのですが、前に取り付いていた時は天井からエアコンまでを吊るす様な形でL字型の金具がついていたのですが、今回はその金具がなくなり、エアコンとコンセントの配線のみでスッキリしたものになっていました。 この金具は取り付けないようにする事も出来るのでしょうか? 取り付けない方が見た目は良いので… わかる所だけでも結構ですので、アドバイスよろしくお願いいたします。 新築の家を購入しました。 大手電気店でエアコンを購入したのですが、取り付け工事についての質問です。 現在は実家暮らしで、家には4台のエアコンが取り付いていますが、全てのエアコンは室内から見た時には室内機とコンセントの配線しか見えない状態で、それが普通だと思っておりました。 しかし今日知人宅に行った時に何気なくエアコンを見たら、室内機とコンセントの配線以外に、かなり太いホースのようなもの これをダクトと言うのでしょうか? が室内を這っており見栄えが悪く、何故そのようになっている... でも、柱や筋違い、窓の位置とか、いろいろの要因で、どうしても室内機とダクトの距離が離れたら、見栄えの悪いホースが室内をはうことになると思えます。 なので、室内機の後ろの適切な位置にダクトをもうけることができれば可能ってことですね。 ちなみに、私の家も先日やっとエアコンが使えるようになりましたが、室内側ではホースは全く見えませんね。 Q いつもお世話になっています。 去年、自室に初めてエアコンを購入したのですが、エアコン専用コンセントがありません。 今は床付近にある通常の100vコンセント(平行縦穴2個が3つある一般家電用です。 )に延長ケーブルを使って使用しています。 今のところ問題なく使えています。 しかし、購入時と工事の時「このエアコンは100vコンセントタイプですので専用コンセントがないなら延長ケーブルを使って下さいと。 」言われたので使っていたのですが、説明書を良く読むと延長ケーブルは駄目だと書いてあるのに最近になって気がつきました。 すぐにメーカーに電話確認すると今すぐ延長ケーブルを外して下さいと言われて困っています。 この場合どういった工事が必要なのでしょうか?エアコン専用コンセントとは100vでも大掛かりで多額な費用がかかってしまいますか?家は鉄筋コンクリなので壁の中に電源を引っ張ってくることはかなり難しいのではととても不安なのですが、、。 この3つのコンセントをエアコン専用にして2000W以上対応の延長ケーブル(売っているかわかりませんが)を使えば別途工事は要りませんか? とにかく、突然のことで大変どうしたらいいのか分かりません。 何十万と工事費用が掛かるならエアコンを手放そうと考えています。 回答頂けると助かります、宜しくお願いします。 いつもお世話になっています。 去年、自室に初めてエアコンを購入したのですが、エアコン専用コンセントがありません。 今は床付近にある通常の100vコンセント(平行縦穴2個が3つある一般家電用です。 )に延長ケーブルを使って使用しています。 今のところ問題なく使えています。 しかし、購入時と工事の時「このエアコンは100vコンセントタイプですので専用コンセントがないなら延長ケーブルを使って下さいと。 」言われたので使っていたのですが、説明書を良く読むと延長ケーブルは駄目だと書いてあるのに最近... A ベストアンサー 多分無理でしょう、それは、ひとつのブレーカー(大元ではなく小さいほう)当たり20Aまでなので、その部屋のコンセントがひとつのブレーカーから来ている場合は、その部屋のコンセント全体で20Aまでと考えてください。 一般住宅の場合、通常ひとつの部屋に二つ以上のブレーカからのコンセントを設けることは、エアコン用などの専用コンセントを設ける場合以外ではあまり行いません。 その部屋につながってるブレーカーを切ってみて、すべてのコンセントが切れるようであれば、すべて合計で20Aまでです。 他にも大きな電力を必要とする機器を使うようであれば、やはり専用コンセントが必要になります。 専用コンセントを取り付ける場合、壁の中に配線を通すのは困難な場合が多く、露出配線(配線が見える状態)になる場合が多いのですが、これは現場を見なければ判りません。 また費用についても同じです。 ただ、何十万円なんてことはまずないしょう。 かかっても数万円程度でしょうから、一度電気店で見積もりを取ってみてはどうですか? Q 200vのエアコンの電源が来ているかどうかの確認方法 平成9年1月完成の中古のマンションを買いました。 20畳ほどの部屋用に、エアコンの安いのをネットなどで探していますが、200Vのエアコンが見つかりますが、このマンションで使えるのか如何かが分かりません。 早い話、隣の部屋の人に聞けば分かるかとも考えぬではないのですが(相手さんが私と同様に、電気に疎い人だったら話にならないと思い)まだ聞いてはいません。 どのようにすれば、私の部屋でも200Vの機種がOKかどうかが分かるのでしょうか? なお、前の住人は、10畳用のエアコンを2台並べて設置して使っていた??(ボルト穴と壁面の変色から推定)と思われますが、そんな使い方もあるのでしょうか? ひょっとしたら、10畳用2台の購入代金のほうが、大型1台より安かったのかも・・・・ A ベストアンサー 始めまして、以前エアコンの取り付け業者に勤めていた者です。 >宅内に200V電源が、来ているかどうか? ご質問者の自宅へ、行く事が出来ないので 正確な判断は出来ませんが、以下判別方法をお伝えいたします。 お住まいを管轄している電力会社との契約は、単相三線契約でしょうか? 基本的に言って、契約容量が40A以上であれば単相三線式ですが、30Aの場合にも単相三線契約が、ありますのでご注意を 2. 「- -」若しくは「¬ -」の形状であれば、200Vで使用しても大丈夫な形状です。 因みに#2さんが書いて下さった「- 」は、100V専用のコンセント形状ですから このコンセントのまま、200Vを印加 通電 してはだめですよ。 なお上記 違法工事 の場合、正規のモノ 200V専用 に交換しなくてはイケませんが 交換に関しては、電気工事士二種以上の技術修得者でなければ 違法工事となりますので、こちらもご注意を願います。 始めまして、以前エアコンの取り付け業者に勤めていた者です。 >宅内に200V電源が、来ているかどうか? ご質問者の自宅へ、行く事が出来ないので 正確な判断は出来ませんが、以下判別方法をお伝えいたします。 お住まいを管轄している電力会社との契約は、単相三線契約でしょうか? 基本的に言って、契約容量が40A以上であれば単相三線式ですが、30Aの場合にも単相三線契約が、ありますのでご注意を 2. A ベストアンサー 1)外壁に吊るす。 2階の外壁に吊るすという事だけはおやめください。 これをやむ負えずやるのは総2階のアパート位です。 稀にそういう家を見ますが、外壁の破損、金具の劣化、室外機の振動の伝搬など、いい事など一つもありません。 2)次に屋根。 屋根は瓦なのか金属屋根か、スレート屋根かによりますが、屋根の場合は下で支えられるので、金具も色々あり、しっかりと固定出来るかもしれません。 しかし、屋根に穴を開けると言う事がどういう事かは認識しておく必要があります。 もちろんそう簡単には問題にはなりませんが、何せ屋根ですから、出来ればそのままにしておきたいものです。 また振動は2階に伝わりますし、場合よっては音も気になるでしょう。 3)ベランダ。 これは一見良さそうですが、ベランダは家から張り出して設置するので、振動はベランダ全体に響いて、家自体に伝わります。 こう書くと、「そんな煩くて振動の酷い室外機は今時無い!」と指摘されるかもしれません。 しかし音の伝搬がどういうものなのか、設置場所や方法によって増幅されたりしないのか、などを考慮すると、少なくとも私はお勧めしません。 またベランダの場合は、子供が登るという危険性があります。 室外機の上に登り、手すりを越えてと考えると怖い話です。 4)1階に下ろす。 確かに効率は悪くなります。 しかし室外機を外壁から離せば振動は地面に伝わるので、振動や音はかなり小さくなります。 もちろんメンテナンスも楽ですし、落下事故も無いでしょう。 デメリットは邪魔になる事と、ホースが壁を這う事でしょうか。 出来れば色を工夫しましょう。 室外機が屋根や2階にあるよりは目立たないかも?しれません。 是非1階に下ろしましょう。 1)外壁に吊るす。 2階の外壁に吊るすという事だけはおやめください。 これをやむ負えずやるのは総2階のアパート位です。 稀にそういう家を見ますが、外壁の破損、金具の劣化、室外機の振動の伝搬など、いい事など一つもありません。 2)次に屋根。 屋根は瓦なのか金属屋根か、スレート屋根かによりますが、屋根の場合は下で支えられるので、金具も色々あり、しっかりと固定出来るかもしれません。 しかし、屋根に穴を開けると言う事がどういう事かは認識しておく必要があります。 もちろんそう簡単には問題にはな...

次の