私が見た未来 ヤフオク。 Office 365 をヤフオクで安価で購入しました。購入時は、メルアド...

Office 365 をヤフオクで安価で購入しました。購入時は、メルアド...

私が見た未来 ヤフオク

木曾路はすべて山の中である。 あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。 一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。 東ざかいの桜沢から、西の十曲峠まで、木曾十一宿はこの街道に添うて、二十二里余にわたる長い谿谷の間に散在していた。 道路の位置も幾たびか改まったもので、古道はいつのまにか深い山間に埋もれた。 名高い桟も、• 初めてギメル(Gimel)のジュエリーを見たとき、そのブランド名もありますが、モチーフやそのセンスに海外のハイジュエリーブランドだと思いました。 しかしながら、そのジュエリーの醸し出す雰囲気に日本的な美意識を感じ、調べてみたら日本のジュエラーだったのです。 ギメルは穐原かおる氏が1991年に創立した、兵庫県の芦屋市に工房を持つ高級ジュエリーブランドです。 2000年 バーゼル・フェア(宝石と時計の世界的な宝飾展)に出展し、花や植物のデザインを、ストーンの美しく繊細なカラーグラデーションで表現したジュエリーは、まずは世界で評判となりました。 穐原氏によって選び抜かれた宝石とデザイン、職人による高い技術を駆使して作られたジュエリーは、生産も限られ希少価値も高いのです。 オークションハウスのサザビーズに「未来のアンティークジュエリー」と讃えられるほど。 『私達が失ってしまったもの 今 失われゆくもの このかけがえのない美しい自然を ジュエリーに表現する それがギメルです』 というスローガンのもと、うっそうとした緑の中にある工房で、豊かな自然からのインスピレーションからデザインされたジュエリーは、華やかすぎない奥ゆかしさも感じますが、 よくよく見ると、その圧倒的で繊細な技術と質の高さにさらに驚かされるのです。 四季折々の自然、花や葉のモチーフに、ダイヤモンド、ガーネット、サファイアなどを、美しいカラーグラデーションにパヴェセッティングしたジュエリーは、とりわけ美しいのです。 大小さまざまな大きさの高品質のストーンを、一つ一つ高さを揃え、ぶつからないように隙間なくびっしりと敷き詰めた、ギメルならではの精度の高いパヴェセッティング。 さらにその裏側は、ハチの巣のような六角形のハニカム構造のオープンセッティングとなっており、隅々まで磨き上げられ、その反射で光を取り込んだストーンが、最大限に美しく見えるように惜しげもない手間がかけられています。 ジュエリーの裏側にも、比類のないこだわりを持つギメルのジュエリーは、蜂や虫などがこっそりと潜んでいたりもして、ユニークな遊び心さえデザインされ、特に蜂の巣のようなハニカムの上に蜂が配された裏側のデザインは感動的で、どちらが表かわからないほど。 ひっくり返した時に持ち主だけが知りうる、密やかな贅沢もまた魅力なのです。 実際に手に取ってギメルのジュエリーを見ると、一つ一つのストーンの質の高さ、技術の高さや繊細さ、ストーンのグラデーションカラーの豊富さに惚れ惚れとします。 特にカラーダイヤモンドなどは、これだけ豊富にどうやって集めているのだろうと感心すると共に、穐原氏のこだわりやギメルの真の良さを理解する業者がたくさんついているのだろうと感じます。 ギメルのジュエリーの繊細で高貴、日本的な奥ゆかしさのある美しさは唯一無二。 実物を見ることができる店舗は少ないのですが、知る人ぞ知る、その魅惑的なジュエリーは一見の価値があり、すぐに虜になること請け合いです。 何時間でも見ていたくなります。 高価なものが多いのですが、「いつか私も…」と思わせてくれるジュエリーたちです。

次の

宅配で届いたダンボールが気になります。

私が見た未来 ヤフオク

算数・数学ライブラリ 今回は、インターネットサービスを幅広く手がける、ヤフー株式会社 ヤフオク! カンパニー事業推進本部の佐藤和明さんに、「ヤフオク! 」と数学の関係についてお話をうかがいました。 着なくなった服を売るなど、ヤフオク! を利用されている方も多いかもしれません。 どんなお話が聞けるのか楽しみです。 佐藤さん、本日はよろしくお願いいたします。 佐藤さん: よろしくお願いいたします。 IT企業という感じがする、おしゃれなオフィスですね! ヤフー全体では、どのくらいの社員さんが働いているんでしょう? 佐藤さん: 流動的ですが、ヤフー全体では5,000人以上が働いています。 私が働いているのは、その中でもヤフオク! カンパニーという、 ヤフオク! を手がける事業会社です。 社内にカンパニーがあるんですね。 ヤフオク! は、日本ではいつからサービスを始められたんですか? 佐藤さん: 日本では1999年からスタートしたので、15年ほど前から運用しています。 日本のインターネットオークションの第一人者として、現在では約1000万人の方に利用していただいています。 ヤフオク! って、本当にいろいろなものを取り扱っていますよね。 佐藤さん: そうですね。 取引の中心となっているのは、家電やファッションなどのふだんの生活で頻繁に使うものに加え、自転車・オートバイや、昔のおもちゃや硬貨の製造過程で出たエラーコイン、電話番号やドメイン、そして「官公庁オークション」においては地方自治体など行政機関の差し押さえ品など、多種多様なものが出品されています。 なるほど。 オークションは相対的に価値が決まるので、その人によっては価値がゼロでも、ある人にはとても価値をもつという現象が、目に見える形で体験できるのがおもしろいですよね。 佐藤さん: そうですね、まさに社会と市場の原理がよく見えるサービスですね。 佐藤さんはヤフオク! 事業の中で、どのようなお仕事をされているのですか? 佐藤さん: ヤフオク! 全体の売り上げや経費などを管理し、事業の先の見通しを立てます。 たとえば、ヤフオク! の事業で利益をあげるためには、多くの人に商品を出品していただき、取り引きをしていただくことが重要です。 たくさんの人に利用していただくため、アクセスの誘導は効果的にされているか、ユーザーインタフェースは使いやすいかなどを考えながら改善し、収益につなげていく必要があります。 具体的には、どのように数学を使っているのでしょうか? 佐藤さん: そうですねもう本当に数字だらけなんです。 たとえば、オークション利用者の年齢や性別などを集計するときは、数字のデータとして提示されますよね。 そこからどのような情報を読み取るかという能力が必要になります。 人間の行動を数字に置き換えることで、比較検討できる材料になりますよね。 佐藤さん: そうなんです。 ほかにも天気やイベントごとなども売り上げに関連してくるので、これから先の見通しをたてるときには、それらの数字も考慮しなくてはいけません。 それはどういうことですか? 佐藤さん: 雨や雪が降っている日って、あまり外出したくないですよね。 そうなると家でオークションをする人が多くなるので、売り上げがあがります。 また、オリンピックなどの行事があればテレビやスポーツ用品の出品が多くなります。 このような人間行動に基づくデータが必要となってくるのです。 ヤフオク! のトップ画面 すごいですね! 数字を集めて未来を予想するんですね! 佐藤さん: 数学を使うのは先の見通しをたてるときだけではなく、現状の改善をするためにも役立っています。 ウェブサイトは、文字やアイコン、バナーなどをどこに置くかというだけで、アクセス数が変わります。 さまざまなパターンを試しながら、最適解を探る。 これも数字を集積することで、はじめて可能になる作業と言えますよね。 改善の方向を定めることができるんですね! 佐藤さん: はい。 ヤフオク! のページを見ていただくと、昔と比べてかなり使いやすくなっていると思います。 ネットオークションサイトはたくさんありますが、そのなかでお客さまに選ばれ、使い続けていただくためにも、使いやすさを追求することはとても大切なことです。 他に、数学を使用されている事例などありますか? 佐藤さん: これは考え方なのですが、これから使われる経費を予想したとします。 たとえば、経費Aが100万円、経費Bが100万円、合わせて200万円の経費といったようにです。 ところが、これが実際の結果としては経費Aが50万円、経費Bが150万円で200万円の売り上げになったとします。 AとBを合わせた経費は200万円なので、問題はないように思えるかもしれません。 でも、その内訳は決定的に違いますよね。 佐藤さん: そうです。 「答えが同じでも式が違う」ということです。 学校の数学でも習うように、式というのは考え方の記録です。 式を追うことで、自分がものごとをどのように理解していたのか把握することができます。 このような数学的思考は、私の仕事のみならず、社会では絶対に必要になってくる考え方です。 すばらしい考え方ですね。 当たり前のようでいて、意外と実践できていない人も多いとても重要な要素ですね。 佐藤さん: そうですね。 やはり、数学に強い人は重宝されると思います。 佐藤さんは学生時代、数学はお好きでしたか? 佐藤さん: 私は文系でしたので、数学を専門的に学習してこなかったんです。 中高生のころはどちらかといえば苦手でした。 今の仕事は、好むと好まざるとに関わらず数字に敏感にならざるを得ないので、もっと数学を学習しておけばよかったなと、今になって思いますね 笑。 佐藤さん、ネットオークションと数学の関係について、貴重なお話をありがとうございました! 佐藤さんの仕事での数学の生かし方は、実践的でインパクトがありました。 人間の行動を把握しようとするとき、数字なしでは成り立たないということなんですね。 昔では考えられない手軽さでできるようになったネットでの商品売買ですが、裏側では佐藤さんのような方が改善を積み重ねていたことを知りました。 改善のために数学が役に立っているということが分かる感慨深いお話でした。 今回お話を伺ったのは….

次の

◆自分と未来は変えられる!!

私が見た未来 ヤフオク

kokusen. jp 消費者の生活を向上させるための活動を行っていますが、その一環として紛争などの調停支援を行っています。 具体的に言えば、 「裁判に持ち込むほどではないが、解決できずに困っていること」の解決を支援しています。 ここには実に多くの相談が持ち込まれていますが、近年、オークションや通信販売など「相手が見えない状況でのトラブル」が増えています。 実際に3つの事例を見てみましょう。 2つはバイクの個人売買、1つは車の売買で全てインターネットでの取引です。 「エンジン一発始動」「アイドリングは安定」と聞いていたのに。。。 先ずはインターネットオークションで行われた、中古バイクの取引に関する争いです。 「エンジンはセル一発で始動」「アイドリングも安定」というのはネットで良く見られる表現ですが、鵜呑みにしてはいけません。 落札者の訴え - 一発始動なんて嘘! オーバーホールが必要だった この争議は落札者が訴えています。 落札したバイクについて、このような主張を行っています。 「エンジンはセル一発で始動」「アイドリングも安定」と書かれた中古バイクをオークションで落札したところ、届いたバイクは、 エンジン上手く始動せず、オーバーホールが必要な状態だった。 バイクの状態はひどいもので、ガスケットからのガソリン漏れや、ヒューズボックスがむき出しでショートの危険性があるなど、 そのまま乗ったらバイクが燃えても不思議ではない状態だった。 更にガソリンはあかさびで変色していた。 何とか修理しようと、 整備業者に 3 度にわたり修理を依頼し、キャブレター清掃、プラグ等の交換、ガスケットの修理を行ったが、アイドリングを安定させる事が出来なかった。 落札者の要求 - 修理費用を払え! 落札者は出品者に対して何度か連絡を行いましたが、逆にクレーマー扱いされたため国民生活センターに相談を持ち込みました。 落札者の希望は、既に支払った 修繕費用とキャブレターの交換費用を出品者に支払ってほしいというものでした。 出品者の返答 - なぜ下見しなかった?NCNRだって言っただろ この訴えに対して出品者は自分に責任は無いと返答しています。 落札条件として 「落札前に不明点は質問するか下見をして欲しい。 出来ないならノークレーム・ノーリターン」と明記してあったこと及び、落札者が 下見無しで落札していることをその根拠としています。 また、出品前に自分で確認した際にはバイクに問題は無かったので、不具合はバイクの輸送中か輸送後に起きているとも言っていました。 更に次のような主張もしています。 修理後もアイドリングが安定しないなら、修理の手順が間違っているのではないか。 そもそも 現物を見に来れないならなぜバイクの状態について、質問や写真の要求を行わなかったのか?• オークションで「悪い」の評価を付けられたため迷惑している。 謝罪してほしいのはこちらの方だ。 双方の主張は全く折り合わない状態でした。 和解内容 - 回収できたのは5,000円だけ。 評価も取り消すことに、 この争いは合意に達しています。 但し落札者からすれば全く納得出来ない内容であったように思います。 合意内容は次の通りです。 美品と言っていたタンクに大きな凹みが! 結局泣き寝入り 次に取り上げるのはバイクのタンクの売買に関する争いです。 この案件も訴えたのは落札者でした。 直ぐに出品者に連絡しましたが、ノークレーム・ノーリターンを理由に一方的に取引終了とされてしまいます。 その後、へこみの修理代金の見積もりを取り、見積額8,640 円の支払いを出品者に求めましたが、応答がありませんでした。 落札者はなんとか解決を図りたいと、オークションサイトの運営会社にも連絡しましたが、個々の取引には関与しないと断られてしまい、困り果てて国民生活センターに相談を持ち込みました。 落札者の要求 - 凹みの修理費用を払え! 落札者の希望はシンプルです。 へこみの修理代金 8,640 円を支払って欲しいというものです。 出品者の返答 - なんと完全無視 この相談を受け、国民生活センターの職員が出品者へ書面を郵送したり電話を掛けたりしています。 最初のうちは「調べてみる」との返答が出品者から得られていたようですが、その後 全く相手にされないようになりました。 その為センターの職員は 法律に基づいた書面を郵送して対応を依頼しましたが、これも無視されてしまいます。 オークション会社の返答 - 私たちは関係ありません。 出品者からの反応が得られず、仲裁手続きが進まない為、センターの職員はオークションサイト運営会社に対して、取引の詳細が分かる資料の提出を依頼しています。 しかしオークションサイト運営会社からは 「当事者間の紛争解決には関与しない」との文章が明記されたオークション利用規約の写しが送られてきたのみでした。 結果は調停失敗! タンクは自費で修理 センター職員が手を尽くしましたが、 解決の見込みが無いため仲裁手続きを断念しています。 修理費用の回収は出来ませんでした。 詳しくはこの案件の詳細はからご覧いただけます(PDF)。 あいにくですが、 落札者はこれ以上自分の傷を広げないために泣き寝入りするしかありません。 「修復歴なし」のはずが、東日本大震災で亡くなった方の水没車だった? 3件目は自動車の販売に関する争いです。 これまでの2件とは異なり、個人ではなく中古車販売業者から買取っています。 バイクの取引ではないのですが、 ネット取引のリスクが良く分かる事例なのでご紹介します。 落札者の訴え - 落札した車に不具合が頻発! この案件も訴えたのは落札者です。 「修復歴なし」と記載された軽自動車を約 76 万円で落札したところ、納車直後から様々な不具合がおきました。 出品者に連絡したところ、幾つかの不具合については部品代金を補償してもらえましたが、すぐに「ノークレーム・ノーリターンが原則なので本来は対応しないが、車を持ってくれば有償修理する。 しかしそちらで直したものは補償しない」と言われるようになります。 その後、落札者はその車を処分するために知り合いを通じて業者オークションに出品します。 ところがその車には 冠水の跡があり、メーターの改ざんも見られることから、オークションへの出品を停止されてしまいます。 落札者の要求 - 落札費用と輸送費を返せ! 落札者は「修復歴なしではない」と出品者に訴え補償を求めましたが、「ノークレーム・ノーリターンの取引」であるとして、相手にされなかったため、センターに訴えています。 要求は落札代金及び負担した陸送にかかった費用の合計約 85 万円を返金してほしいというものでした。 出品者の返答 - 現車確認を断ったのはあんただろ! 落札者からの要求に対する、出品者の反応は次のようなものでした。 「ノークレーム・ノーリターンで出品しており、 落札前に現車の確認を勧めていたが、落札者からの質問は陸送及びその他の費用のことだけであった。 よって返金には応じない。 但し買取希望であれば最近の事業者オークションの平均価格で買取をする。 但し輸送費などは負担しない。 」 交渉過程で明らかになった事実 - 東日本震災の水没車だった、しかも持ち主は死亡 出品者が仲裁手続きに協力してくれることになった為、手続きが開始されました。 しかしその後とんでもないことが判明します。 落札者が調査したところ、この車は平成 22 年(東日本大震災前年)には宮城県の方が所有していたのですが、 元所有者の死亡により東日本大震災の年に廃車となり、その後に出品者が持ち主となったことが分かったのです。 残念ですが、この落札者はあまりにも安易に結論を出してしまっています。 ネットオークションが上手く行ったのは偶然でしかない 如何でしたでしょうか? ネットオークションでの取引が如何にリスクが大きく、 事前に防止策を取っておかなければ、自分が大けがをするということがお分かり頂けたのではないかと思います。 勿論、ネットオークションを通じて良い売買を行えた方も多くいらっしゃいます。 ですが 取引が無事に済んだ方は細心の注意を払ったか、たまたま良い相手に巡り合ったかの何れかでしかありません。 個人売買は本当にお得なのか? バイクの個人取引をする目的は、「バイクが高く売れる」か「バイクが安く買える」かのどちらかでしょう。 決して個人売買の方が簡単だし安心だから、という理由ではないはずです。 それでは本当に「バイクの個人売買は高く売れる」のでしょうか、「バイクが安く買える」のでしょうか。 ヤフオク、メルカリの成約実績と、の買い取り実績を見てましょう。 個人売買とバイク買取 成約価格の比較 バイクの個人売買の殆どは高く売ること、安く買うことが目的です。 バイクの個人売買は業者との取引に比べて、多くの手間がかかりますから、それ相応に高い価格で売れないと意味が有りません。 安い価格で買えないとただの無駄骨です では本当に高く売れて安く買えるのでしょうか? 先ずはヤフオクとメルカリで成約実績を調べてみます。 対象としたのは、最も成約実績が多いであろう、ホンダのCB400SFです。 この車体は取扱件数が多いだけでなく、安定した需要がありますし、車体の完成度が高いために、走行距離が増えても価格が下がりにくいという特徴がありますので、サンプルとしてはうってつけです。 ヤフオクでのCB400sf成約実績 先ずはヤフオクでの実績です。 成約画面のスクリーンショットをご覧ください。 キチンとした情報をお伝えするために、細かな検索条件設定は行っていません。 bikebros. バイクの個人売買は負けるバクチ? ホンダのCB400sfのヤフオクでの成約実績は19万、メルカリでは18万でした。 しかし一括査定では確実に20万を超えます。 バイク売却は個人売買の方が得になるわけではないのです。 一方でバイクを買う場合にはどうでしょう? 買う場合にはメルカリやヤフオクの方がメリットがありそうです。 ですが、先に引用した、3つのケースを思い出してみて下さい。 このようなリスクを負っても安いバイクの方が良いのであれば、ヤフオクやメルカリでの取引に勝るものは有りません。 ですが、リスクを回避したい方には個人売買はお勧めできません。 バイクを個人売買で買うのは負ける可能性が高いバクチなのです。 バイクを 安心・満足 して売る方法 リスクを回避して、安心=安全に手配をしたいなら、先ずは最王手のバイク王に依頼を掛けてみてください。 他の買取業者に比べて、このようなメリットがあるからです。 日本全国に支店展開をしているので、対応が早い• 1社だけへの依頼となるので、しつこい勧誘電話が来ない• 買い取ったバイクの再販先が多いので、買い取れない可能性が低い バイク王への依頼は以下より行えます。 車種別に受付窓口が分かれています。 現在、バイク王のシステムの不具合から中型サイトではなく、 アメリカンサイトが表示されてしまいますが、支障なくお使いいただけます) 個人取引で高値がつく可能性が気になるのであれば、バイク王で見積もりを取ってからヤフオクやメルカリの売却実績と比較してみては如何でしょう。 バイクを少しでも高く売りたいなら 多少の手間がかかっても高い価格を願うなら、 を用いて下さい。 一括査定であれば、複数の会社から買取価格の提示を受けることが出来ます。 一括査定に依頼すると、最大8社が連絡をしてきます。 バイク王だけへの依頼に比べれば手間がかかりますが、 個人売買でかかる手間とは比較にならないほど簡単に手配が進みます。 さらに売却金額が支払われない事も、いつまでも名義変更が終わらずにイライラすることもありません。 全て業者任せでで、確実に手配が進みます。 バイクを 安心・満足 して買う方法 バイクを買う場合、 最初の値段だけ見れば個人売買よりも安く手に入れる方法はありませんが、問題はその後です。 挙げさせていただいた3つのケース• でも分かるように、個人売買では買った後の不具合は全て自分で行うのが基本です。 不具合の度にバイク店に修理を依頼したのでは、お金ばかりかかってしまい、結局損をするからです。 個人売買でバイクを買って得できるのは、そのバイクの不具合を全て自分で直せる技量と道具を持っている方だけです。

次の