回り将棋。 はさみ将棋のルールとやり方は?必勝法やコツ、定石の戦法も!

回り将棋のルールで

回り将棋

将棋で双六、金がサイコロ 1年中、休む暇もないこの世の中 せめて正月くらいはのんびりと遊んですごしたいものですね。 もっとも、このブログでは1年中遊んでいますが・・・ さて「正月の遊び」というと、皆さんはどんな遊びが思い浮かぶでしょうか。 凧揚げ 羽根つき 福笑い カルタ 双六 独楽回し けん玉 お手玉 百人一首なんかも含まれるかもしれません。 令和の日本で、正月にこれらをいくつもやっている人は もはやレアなのでは。 出来ることなら、ねずみが全部やって記事にしたいところ。 去年の正月は独楽回しの記事を書きました。 そして今年は双六です。 こういうシンプルな双六も、やっぱりいいよなあ。 うーん。 いったい誰が考えたのか・・・ 百人一首の もそうでしたが まわり将棋も公式ルールというものは存在しません。 しかしその歴史は古く 1830年に書かれた「嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)」という随筆に まわり将棋についての記載があるのが確認されています。 それだけの長い歴史があるから日本各地に普及したのでしょう。 しかしいろいろな人に聞いてみると、まわり将棋を知らない人も意外と多いような。 皆さんはもちろん知っていますよね? 金の向きによる数え方をまとめてみる まわり将棋は将棋駒を使った双六です。 自分の正面右下スミからスタートして、時計回りに外周を進みます。 4枚の金がサイコロ代わり。 盤上にポイっと投げます。 基本は 表になっている数なので、この場合は3ですね。 金が立った場合 金がタテやヨコに立つことがあります。 縦向きに立ったら10、 横向きに立ったら5 様々なローカルルールがあるとしても この数え方については異論のある人はいないでしょう。 まずは全部の金が表になった場合。 数値的には4ですが 続けてもう1回振れるというルールがあるようです。 全部ウラになった場合 次は全部の金が裏になった場合。 これは、 20にするというルールがメジャーのようですが 8とするルールもあるようです。 重なった場合、及び盤から落ちた場合 金が1枚でも重なったら 出た目の数だけ戻るというのが一般的です。 また、1枚でも盤から落ちた場合は進めません。 絶対そうはならんやろ 逆さに立った場合 そして、ほとんどあり得ないのですが 金が逆さに立った場合です。 これは 20とか 30とか 100とか 様々なローカルルールがあります。 仮に100なら、全部逆さになると400ですが そんなん数えてられないでしょうが! まあ計算するなら 1周32マスなので、盤を12周半すればいいのですが。 とりあえず、普通に振って逆さに立ったのを ねずみは見たことがありません。 ミケ「おっ、400や」 グレー「いや、振ってない振ってない」 ねずみ「いるよなー。 こういうやつ」 まわり将棋はリレー まわり将棋は、最初に歩を動かしていきますが 盤を1周してスタート地点に戻ったら 次の駒にリレーします。 改めて考えると、なんて面倒くさい遊びなんだろう。 しかも同じ駒で裏まで使って、さらにもう1周させるルールも。 まずは、どこかのカドにぴったり止まれば 次の駒に替えられるというルールです。 全部の駒を周回させてたら時間がかかってしょうがないから これは採用すべきでは。 あるいは次のカドまで飛べるというルールも。 格上駒の追い越し 格上の駒に追い越された駒は 内側にどけられて、1回休みになるというルールです。 これって、さらに差が開くだけだから 逆のほうがいいのでは・・・ おんぶ 相手の駒にぴったり乗ったら 次に相手が進むときに、一緒に連れて行ってもらえるルールです。 へいタクシー! 戦 同じ列で向かい合ったら、ゲームを一時中断して 盤を横切っての往復レースを行います。 そのレースに勝ったほうが、次の駒に昇格します。 なんか負けそうになった小学生が、その場で考えたようなルールだな。 ぴったり止まるまでエンドレス周回 最後はアンカーの王将が、スタート場所に帰ってくれば上がりです。 しかし、ぴったり止まらないとダメだという厳しいルールも。 普通の双六でもよくあるやつですね。 とは言え、まわり将棋でそれを採用するとしたらかなり面倒くさい。 王将になってから何周もすることになるのでは。 ねずみ「むぐーー。 どうしても上がれねえ」 クロ「こういうときだけ無駄に大きな目を出すなあ」 ミケ「上がるまで、ねずみだけ残業な」 といったところで、まわり将棋のルールをまとめてみました。 のんびりした遊びですが、これが遊べるくらいには 気持ちのゆとりを持っていたいものです。 そして年の初めには、まわり将棋をたしなみながら まわる季節に思いを巡らせるのもいいかもしれませんね。 と、なんとなく上手いことを書いておこう。 nezumileader.

次の

回り将棋

回り将棋

<目次>• 大人気のお楽しみ将棋「回り将棋」 そんな中から、今回は子ども達に大人気の「回り将棋」を紹介します。 「回り将棋」は将棋盤を使用した一種の「すごろく」です。 地方によって、その呼び名も「ふまわり」や「すごろく将棋」「出世将棋」といろいろですし、ルールもそれぞれです。 だから、今から紹介する以下のルールは、その一つにすぎません。 でも、ガイドが開いている子ども将棋教室「将星会」で、子ども達といっしょに工夫し、創り上げたものです。 題して将星会式「回り将棋」。 ご家族、仲間、友達で、ぜひお試し下さい。 将星会式「回り将棋」のルール・遊び方 それでは早速、そのルールを説明しましょう。 慣れるまでは、下記を印刷してプレイしてくださいね。 さあ、楽しい「回り将棋」の始まりです。 回り将棋の始め方 裏の駒がなければボーナス 全く裏の駒がなかった場合のルールです。 この場合は、もう一度振ることができるのです。 たとえば、画像の場合は裏の駒がありません。 再度振って、さらに裏の駒がなかった場合は、連続して振ることができます。 つまり何度でも繰り返し適用するルールなのです。 これを「落ち駒」と呼びます。 将星会ではテーブルの上としていますが、盤の上としても良いと思います。 もちろん、最初から床や畳の上に振る場合は、このルールは適用されません。 回り将棋の進み駒について 進めていく駒を「進み駒」と呼びます。 進み方にもいろんなケースがあります。 それについて説明していきましょう。 これを出世と呼びます。 そして、誰かの「銀」が一周したら上がりで終了です。 その時点での出世によって順位が決まります。 同じ格の場合は、進んでいる数で順位が決まります。 これを「寝かし(ねかし)」と言います。 駒を向かい合わせます 「戦」とは上の画像のように駒を向き合わせて、相手の位置との間を互いに往復し、先に戻った方の勝ちという特別ルールです。 ただし、先手後手がありますので、後手番までやって、後手も戻れば、引き分けです。 なお「戦」の間は「戦」に関係ない人はプレイが休止になります。 「戦」に勝てば1ランク出世です。 負け、引き分けの場合は何も変わりません。 先手は、いくさを仕掛けた方です。 戻りもありません。 あとはふつうと同じです。 回り将棋に途中参加したい時 3人で楽しんでいるところに「僕も仲間に入れて」と誰かがやってきたらどうしますか?将星会式「回り将棋」は、そんな場合のルールも考えています。 参加者の中で、もっとも格下の駒と同じ駒を、途中参加者の「進み駒」にしてスタートするのです。 これで途中参加も可能となりました。 あなた式「回り将棋」のすすめ 以上、ご紹介したのは、あくまでも将星会式「回り将棋」のやり方です。 どうぞ、試してみて、「ここは、こうした方がおもしろいぞ」という部分があれば、改良していってください。 ああでもない、こうでもないとルールを工夫していくことにも、おもしろみがありますよ。 そして、ぜひ、「あなた式回り将棋」をガイドに教えてください。 今回もお読みいただき、ありがとうございました。 今日も、将棋教室の休み時間には子ども達の歓声が上がっています。 【関連記事】•

次の

将棋│TNCおアソビ探偵団

回り将棋

厳密な規定が存在しないため、各地に多数のローカルルールが存在する。 将棋盤と将棋の駒を用意して、まずを対戦する人数分だけ揃え、を4枚揃える。 まず、「1九」と「9一」のマス目にを1枚ずつ置く 2人対戦の場合。 4枚をの上に投げる。 金将が向いている向きによって次のように読む。 ただし、金将が2枚以上重なったり(山)、1枚でも将棋盤の外に飛び出したり(川)したら金将の向きに関わらず0とする。 出た目の数後退するルールもある)• ぴったり角(カド、「1九」「1一」「9一」「9九」のいずれか)に止まったらに交換する。 これを繰り返し、香車で角(カド)に止まったらに交換し、桂馬で角(カド)に止まったらに交換する。 以下同様にして角(カド)に止まる毎に(金将の代わり。 成銀を使用せず直接角行に交換する場合も多い)、、、と交換していき、王将で角(カド)に止まったらあがりである。 備考 [ ] この他、ぴったり角(カド)に止まらなくても一周すれば次の駒に交換できるとするルールや、外から内側に駒を動かして「5五」に到達すればあがりとするなど様々なローカルルールが存在する。 以下は比較的メジャーな物の一例である。 下向きの金将となるのはごく稀である為、30から100などの高得点とする。 ただし、ぴったり角のルールがある場合ゲーム上24の倍数を引いた数と変わらない。 自陣以外の角にピッタリ止まると次の角に飛べる ワープ• 振り駒が重なった場合、数字の分だけ前に戻る ベッタ、だんごなど 、または無効 クソ• 振り駒が1つでも将棋盤から漏れた場合は無効 ションベン• 自分の駒が他人の駒と重なった場合上に乗れる。 下の駒のプレーヤーが駒を降ると一緒に進む事が出来る おんぶ 起点となるマス目に「1一」と「9九」も加えて、同時に4人まで対戦可能である。 歴史 [ ] この遊びの正確な起源は定かでないが、(文政13年)序の「」や、(明治40年)に発行された書物「」にも紹介されていることからそれよりも以前に遊ばれていることが推測できる。 関連項目 [ ]•

次の