外壁 塗装 野田 市 楽々 相場 チェック。 外壁塗装の相場価格とお得な買い方をぶっちゃける!30坪、ラジカル塗料など坪数・塗料別価格表も │ 外壁塗装パートナーズ

千葉県野田市の「外壁塗装・屋根塗装」おすすめ業者を一覧で紹介!

外壁 塗装 野田 市 楽々 相場 チェック

千葉県北西部に位置する野田市は、東京のベッドタウンとして古くから住宅開発が行われてきた市です。 野田市は日本を代表する食品会社の創業地であることからその子会社も多く、「企業城下町」としても発展してきました。 古くからの住民も多く住む一方で、東京都区部へのアクセスの良さから、近年では野田市にマイホーム購入を検討するファミリー層も増加しています。 野田市で家のリフォームや塗装を検討する場合はどのようなことに気をつければいいのでしょうか? この記事では千葉県野田市で外壁塗装や屋根塗装を検討中の方に、 おすすめできる業者をご紹介します。 悪徳業者の見極め方やトラブルになった場合の対処法も解説していますので、ぜひ参考にしてください。 千葉県野田市で塗装工事をする前に… 千葉県野田市で塗装を検討する前に、まずは外壁塗装や屋根塗装を業者に依頼するうえで知っておくべき基礎知識を簡単にご紹介します。 外壁塗装・屋根塗装はどの業者に依頼するかが その先10年以上のマイホームに影響してきますので、業者選びは特に慎重に行う必要があります。 外壁塗装・屋根塗装の耐用年数は? 外壁塗装や屋根塗装の耐用年数は、その材質や塗料によって異なりますが おおよそ10~15年程度といわれています。 しかし、これはあくまで平均的な耐用年数。 お住いの環境や塗料の種類によって耐用年数が変わってきますので、実際に塗装工事を行うタイミングは、 ご自宅の外壁や屋根の劣化状況に合わせて決めるべきといえるでしょう。 早めの塗装がマイホームを長持ちさせるカギ 外壁や屋根の劣化症状は、 軽度なものであれば塗装でカバーすることができます。 しかし、これを放置しておくと症状が進行し、外壁材や屋根材そのものを取り換える大掛かりな補修が必要な事態に。 症状が進行しているほど、当然補修にかかる費用もどんどん高額になっていきます。 見た目にはわからなくても劣化が進んでいる場合もありますので、 定期的なメンテナンスをしておくことが結果的な出費を抑えるための重要なポイントになるのです。 外壁塗装・屋根塗装の費用相場に差があるのはなぜ? 外壁塗装の費用相場は、 40坪の住宅で約100万円といわれています。 しかし、実際に見積もりをしてもらうと、この金額から10万円単位でズレがあった…ということは決して少なくありません。 というのも、外壁塗装は さまざまな要因でその金額に差が生じてしまうものなのです。 以下はその一例ですが、実にさまざまな項目からその費用が決まることがお分かりいただけるかと思います。 住宅の築年数• 使用する塗料のグレード(質)• 住宅そのものの階数や構造• 使用する塗料の色数• 施工を下請けに依頼する業者かどうか• 業者の拠点から現地までの距離 お住いの構造や、希望する仕上がりによって決まるものもあれば、選ぶ業者によって価格が変わってくるものもありますので、 一概に「この家の塗装費用はいくら」とは決められないのです。 外壁塗装・屋根塗装は業者の技術を見極めづらい このように非常にたくさんのチェック項目があるだけでもややこしい外壁塗装・屋根塗装ですが、これをさらにややこしくしているのが 「素人の目にはその技術がわからない」ということ。 例えば、外壁や屋根の塗装で用いられる塗料は、水などで希釈して使うものが多いのですが、この希釈率(=どのくらい塗料を薄めるか)を守らないと、あとあと塗料が剥がれるなどの劣化症状が発生してしまいます。 しかし、こういった塗装における細かい技術は一般の人にはなかなかわからないもの。 つまり、 最初の業者選びがかなり重要になってくるのです。 悪徳業者やトラブルに巻き込まれるリスクも… しかもタチが悪いことに、外壁塗装や屋根塗装の 施工不良が発覚するのはだいたい施工から2~3年後。 つまり、施工したばかりの時点でそのクオリティを判断するのは至難の業なのです。 悪徳業者の場合、下塗りなど本来必要な工程を省いて施工費を浮かそうとするのがよくある手口。 数年後に施工不良が発覚しても「わからない」の一点張りで、結局泣き寝入りしてしまった…という被害者も実際にいらっしゃいます。 また、悪徳業者とまではいかなくても、職人の技術不足などで 本来の耐用年数よりも短い期間で劣化してしまうこともあり得ます。 こういった場合に備えて、万一の際の保証が手厚い業者を選ばなくてはなりません。 このように、外壁塗装や屋根塗装はその業者選びが何よりも重要になりますが、数ある工務店の中から信頼できる業者を探し出すのはとても面倒で難しい作業です。 どの業者を選べばよいのかお悩みの方は、 ぜひ一度業者選びのプロに任せてみませんか? 「外壁塗装ほっとらいん」では、優良な塗装業者だけを無料・匿名でご紹介しています。 ご自宅の塗装にかかる適性相場をぜひチェックしてみてください! 千葉県野田市の塗装業者事情 ここまでは、野田市に限らず外壁塗装・屋根塗装で一般的にいえる基礎知識についてご紹介してきました。 ここからは 野田市の塗装工事にフォーカスして、その具体的な特徴やポイントについて解説していきます! 野田市の「外壁・屋根塗装業者」その特徴は? 東京のベッドタウンとして栄えてきた野田市には外壁塗装業者も多く点在しています。 昔からの業者だけでなく大手塗装業者の支店もあるので、すべての業者を比較するのは難しいでしょう。 多くある塗装業者の中には、残念ながら悪徳業者といわざるを得ない、 施工不良や手抜き工事の多い業者も存在しています。 そのような業者に引っかからないよう、実際に野田市で塗装を行った人たちの口コミなどを参考にしながら、優良業者を見極めていきましょう。 野田市で失敗が少ない塗装業者の選び方とは? 外壁塗装や屋根塗装の工事は決して安い出費ではないうえに、大きな工事となります。 できるだけ失敗が少ない選択をしたいものです。 失敗をできるだけ防ぐ業者選びのポイントはいくつかありますが、 今回はそのなかでも重要な2点に絞ってご紹介します。 野田市の中でも交通量の多い地域と自然の豊かな地域では、塗料に求められる性能も異なります。 お客様の希望を取り入れつつ、住環境に適したアドバイスができるのは地域密着型ならではといえるでしょう。 また、 地域密着型の業者はお客様をとても大切にします。 変な施工を行ってしまえば口コミで悪い噂があっという間に広がり、リピーターはおろか新規のお客様を得るのも難しくなるでしょう。 そのため万一、施工不良があっても誠実に対応してくれますし、アフターケアも丁寧に行ってくれる傾向があるようです。 業者の中には異常に金額が高かったり安かったり、また1社だけ他社の見積書にはない工事が加えられていることもあります。 私たち素人には、このような違いは互いに比較することでしか見つけることができません。 そのため、最低でも3社以上の業者に見積もりを依頼する必要があります。 それによって誠実な業者であるか、または悪徳業者であるかを見極めることができるでしょう。 見積書を見る時は金額の高い・安いだけでなく、 具体的な内容が書かれているかもチェックしましょう。 本来ならば工事内容や使用する塗料などは具体的に記されていなければならない部分です。 それを「一式」などと曖昧に書かれているようであれば要注意!また 「付帯部」には何が含まれているかも確認しておくことをおすすめします。 悪徳業者だと二重請求することも珍しくありません。 そのほかにも見積書の内容に不明な点があれば、納得ができるまで質問しましょう。 その際、わかりやすいように画像などを使って説明してくれる業者であれば、信頼できる可能性が高いといえそうです。 野田市の気候・外壁塗装 外壁塗装や屋根塗装は、その日の気温や湿度に大きく左右されます。 気温や湿度によっては、外壁塗装を行うことができないこともあり得ます。 例えば以下のような条件下では、外壁塗装や屋根塗装を行うことはできません。 強風の場合 千葉県野田市は四季がはっきりしているものの、比較的穏やかな気候なので 「塗装に向いていない」という季節は特にありません。 しかし8月の猛暑の頃は、気温・湿度ともに上記の条件を超えてしまう場合があるので避けた方が無難です。 また雨が降ると施工自体できなくなってしまうため、緊急性がない場合は梅雨の時期も避けた方が良いかもしれません。 いずれにせよ、 時間的余裕を持って計画を立てることも大切です。 千葉県野田市のおすすめ「屋根・外壁塗装業者」一覧 ここからはいよいよ、千葉県野田市内にあるおすすめの屋根塗装・外壁塗装業者をご紹介します。 「外壁塗装ほっとらいん」による独自のリサーチで、この業者であれば安心して任せられるという業者を厳選してピックアップしました! さらに安心な選択をしたいなら… 上でご紹介した塗装業者は、基本的には安心できる優良業者といえます。 ただし、この業者に 直接連絡を取るのはちょっと待ってください! ご自身で直接業者に問い合わせてしまうと、万が一納得のいかない見積もりを提示された場合もなかなか断りづらくなってしまうもの。 一見優しい業者さんであればあるほど、納得いかない部分があっても断りづらくなってしまうという方が多いのです。 また、 外壁塗装を検討するのが初めての方にとっては、優良業者や適正価格をいきなり見極めるのはたいへん難しいはず。 「外壁塗装ほっとらいん」では、 塗装の専門家が無料かつ匿名で あなたのお家に合った塗装業者を紹介してくれます。 無料でアドバイスを受けられるのはもちろんのこと、 匿名なので気兼ねなく相談できます。 塗装業者選びでお悩みの方は、ぜひ一度利用してみてくださいね! 千葉県野田市で「優良塗装業者」を選ぶためのポイント ご自身で塗装業者を選ぶ場合、なんとなくよさそう…というその場の雰囲気で塗装業者を選んでしまうのは絶対に避けたいところ。 また、大幅値引きなどの甘い言葉に乗せられて契約してしまうというのも悪徳業者のよくある手口です。 ここでは、そういった罠に引っかからないための 「正しい優良業者の見分け方」について解説していきます。 歴史のある塗装業者 100%の判断基準とはなりませんが、 歴史のある塗装業者は少なくとも悪徳業者ではない可能性が高いでしょう。 悪徳業者はどうしても悪評が立ちやすいため、10年程度で潰れてしまう業者が多いのです。 創業から20年以上経過している塗装業者は、それだけ経営を続けられる実績があるといえます。 契約を急かさない 裏のある塗装業者は、他の塗装業者と比べられるのを恐れて契約を急かしてきます。 外壁塗装や屋根塗装は、相見積もりといって複数の塗装業者を比較するのが当たり前。 他の塗装業者と比較する時間をきちんと設けてくれる業者は、 自社の施工に自信を持っている優良業者と考えることができるでしょう。 ただし、他の業者と比較した後に「こっちのほうが安かったんだけど…」と塗装費用を値切るのはご法度。 優良業者ほど正当な価格設定をしていますので、大幅値下げなどはできないということもあわせて覚えておきましょう! 細かい質問や要望にも応えてくれる 外壁塗装や屋根塗装の見積書は、細かい塗料の名前や工程の名称などの専門用語が多いため、パッと見ただけでは何にどのくらい費用がかかっているのか理解しづらいものです。 わからないところがあれば、 業者の良し悪しを見抜くチャンスと考えてどんどん質問してみましょう!真摯に答えてくれる業者には安心して施工を任せてOKです。 施工のリスクやさまざまな施工法を提案してくれる どんな施工方法や塗料にも、メリットとデメリットの両方があるものです。 こういった施工のリスクについてもきちんと説明してくれる業者は、施工そのものも丁寧に行ってくれる可能性が高いでしょう。 逆に、この施工が絶対おすすめ!というように 一つの施工方法しか提案してくれない業者は、その腕前を疑ったほうがよさそうです。 千葉県野田市の悪徳塗装業者によくある手口4パターン 優良塗装業者の特徴についてご紹介したところで、続いては逆に 「悪徳業者」と言われるような塗装業者の特徴についてもご紹介していきます。 野田市で塗装を検討している方のうち、次のような特徴がみられた場合には今一度契約を見直してみてください。 突然の訪問営業 ある日突然やってきて「外壁塗装をしませんか?」と塗装をすすめてくる訪問業者。 きちんとした業者でも訪問営業を行うことはありますので一概にすべてが悪徳業者とはいえませんが、 基本的に訪問営業は信用しないに越したことはありません。 訪問営業をしなければならないということは、それだけ客足が遠のいているとも考えることができます。 本当の優良業者は、口コミなどを通じてお客さんのほうからやってくるものです。 絶対に信用してはいけない、とまではいいませんが、少なくとも その場で契約することだけは避けたほうがよいでしょう。 「足場代0」など10万円以上の大幅な値引き 少しでも塗装費用を安くしたい…という思いに付け込んで、 「今なら足場代0」などと大幅な値引きをしてくるのも悪徳業者によくある手口です。 外壁塗装や屋根塗装が高額になってしまうのは、塗装業を運営していくうえでそれだけの金額がどうしても必要だからです。 特に足場代などは、どれだけ企業努力をしても一定以下に金額を抑えることはできません。 そんな費用をタダとまで言い切ってしまうような業者は、 ほぼ間違いなく他のどこかで必要な費用を浮かせています。 うまい話には必ず裏があると考え、甘い言葉をうのみにしないよう注意しましょう! 「一式」など見積書の内容が不透明 すでにご紹介しましたが、外壁塗装や屋根塗装の見積書は素人目線にはとてもややこしい内容になっています。 このややこしさを利用して、 費用の内訳を「一式」などと省略して書いている業者は、悪徳業者と考えてほぼ間違いありません。 また、塗料の名前を具体的な商品名にせず「シリコン塗料」などとごまかしている場合も要注意。 事前に指定した塗料よりも 粗悪な塗料を使用される可能性があります。 危機感をあおってくる すでにお伝えしましたが、悪徳塗装業者はとにかく早く契約を取りつけようとしてきます。 ひどい例だと、訪問営業でいきなり屋根にのぼり、 業者自身が屋根材を壊して「お宅の屋根は今すぐ修理が必要です」とデタラメな話で契約を迫ってきたという話も… この例のように、特に屋根などご自分では確認できない箇所の劣化を指摘されるとつい信じてしまいそうになりますが、これでは悪徳業者の思うツボです。 今契約すれば割引になる、など今すぐ契約させようとしてくる塗装業者にも要注意。 とにかく 「いきなり契約しない」ということを徹底しましょう! 千葉県野田市の塗装業者とトラブルになった場合の対処方法 これだけ悪徳業者の危険性についてお伝えしましたので、ここまで読んでいただいた方にはそのような事態が起こらないことを願いますが、万が一施工後にトラブルが発生してしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか? 最後に、 野田市で塗装業者とトラブルになってしまった場合の正しい対処法についてご紹介します。 クーリングオフ 野田市に限らず、外壁塗装や屋根塗装は 契約後8日間以内であればクーリングオフ制度を適用することができます。 ただし、このクーリングオフ制度が適用できる条件は限られており、特に自分から業者に依頼した場合(訪問営業ではない場合)は解約ができませんので注意が必要です。 そもそも外壁塗装や屋根塗装の場合、 契約から施工完了までで8日を過ぎてしまうことがほとんどですので、クーリングオフ制度が適用できる機会というのはなかなかないのが現状といえるでしょう。 消費生活センター 残念なことに悪徳業者はクレーム対応にも慣れっこですので、あなた一人では太刀打ちできないことも予想されます。 そんな場合、 千葉県野田市の消費生活センターに相談するのも有効な手段です。 消費生活センターの詳細は以下の通り。 概要 詳細 住所 千葉県野田市鶴奉7-1 電話番号 04-7123-1084 ただし、消費生活センターも100%トラブルを解決してくれるとは限りませんので注意しましょう。

次の

外壁塗装の相場価格とお得な買い方をぶっちゃける!30坪、ラジカル塗料など坪数・塗料別価格表も │ 外壁塗装パートナーズ

外壁 塗装 野田 市 楽々 相場 チェック

外壁の塗装は、家の外観を美しく見せるだけでなく、家の構造の劣化を防ぐ役割も。 見た目が変わらなくとも、家の長寿命化のため、定期的に塗り替えるなどメンテナンスが必要です。 外壁にカビなどの付着や、手でこすったときに白い粉が付くチョーキングが見られると、塗り替えの目安と言われています。 モルタル壁の場合は、それに加えてクラックや割れにも注意しましょう。 塗り替えのみなら、張り替えに比べて工期も経費も比較的少なめです。 外壁塗料は大きく分けてアクリル樹脂系、ウレタン樹脂系、シリコン樹脂系、フッ素樹脂系の4種類。 シリコン樹脂系は戸建住宅で一般的に使われており、フッ素樹脂系に次いで耐久性が高い塗料です。 もちろん、より耐久性の高いフッ素樹脂系塗料での塗り替えも可能。 ほかにも、太陽光で分解した汚れを雨で洗い流す光触媒や、暑さ寒さを伝わりにくくする断熱塗料など、機能性に優れた特殊塗料が豊富に流通しています。 フッ素樹脂系や特殊塗料はその分コストも高くなるので、どの程度掛かるかなど施工会社と相談しながら決めるとよいでしょう。 外壁をリフォームする際は、屋根と同時に行うと足場を組む手間やコストが一度に済み、効率的です。 さらに、同時に塗り替えることにより新旧の見た目の差がなくなるので、より一層美しい外観に仕上がります。 サイディングとは板状の外壁材で、シンプルなものからレンガ調などのデザインをほどこしたものまで種類はさまざま。 中でも窯業系サイディングはセメントを主原料にしており、重厚な質感が特徴です。 他の素材に比べて耐久性、耐火性に優れています。 デザインも金属系サイディングに比べてバリエーション豊富で、落ち着いた外観や華やかな外観など、それぞれのニーズに合ったものが見つかりやすいのもポイントです。 サイディングを張るリフォームは、既存の外壁の上から張る「カバー工法」と、壁を撤去して新しく張り替える方法の2種類があります。 金属系サイディングに比べて重量がある窯業系サイディングは、家に負荷が掛かってしまうため、カバー工法での使用はあまり一般的ではありません。 壁を撤去して張り替えるとコストが高くなりますが、壁の内側の劣化を見つけて補修することも可能。 家の構造のチェックと同時に断熱や補強も行えば、より一層、家の長寿命化につながります。 ほかのサイディング材に比べて比較的安価な金属系サイディング。 ガルバリウム鋼板やアルミでつくられており、中に断熱材が入っているため断熱性、防音性に優れた素材です。 窯業系サイディングに比べて非常に軽く、家に負荷が掛かりにくいため耐震性も高いと言えます。 また、吸水性が低く凍害に強いのも特徴。 凍害とは、外壁材に水分が入り込んで凍ったり溶けたりを繰り返し、劣化すること。 金属製サイディングは特に、凍害が発生しやすい寒冷地などに向いているでしょう。 金属系サイディングは重量が軽いため、既存の外壁の上から張る「カバー工法」で施工するケースが一般的です。 ただ、既存の外壁を含む下地の劣化が激しい場合、取り付けた新しい壁がしっかり留まらず落下する恐れがあります。 外壁の状態を施工会社にしっかりチェックしてもらいましょう。 壁を撤去して張り替える場合はもちろんですが、カバー工法でも新しいサイディング材を張るので、塗り替えに比べてより新築に近い外壁に仕上がります。 さらに、外壁全体のリフォームだけではなく、アクセントとして外壁の一部に張り、家の印象を変えることも可能です。 メリット• 断熱性、防音性、防水性に優れている• 水分の凍結膨張圧によって外壁材が劣化する「凍害」に強い• モルタル壁や窯業系サイディングより軽く、耐震性に優れている• 窯業系サイディングより軽く、重ね張りをしても家に負荷が掛かりにくいためカバー工法に向いている• カバー工法なら、下地からつくり直す必要がなく、その分のコストを削減できる• 新しい外壁材を張るため、塗り替えに比べて外観が新築に近い仕上がりになる デメリット• 窯業系サイディングに比べ、色やデザインの種類が少なめ• ほかの素材に比べて衝撃に弱く、傷が付きやすい• 海に近いなど、塩害が発生しやすい地域では錆びが出て劣化が早まることも• サイディングをつなぐシーリング材が劣化すると、雨がしみ込み雨漏りの原因になる 外壁塗装・外壁工事 リフォームのポイント• 遮熱・断熱効果のある材料・塗料を採用すると、暖房費やメンテナンスコストが節約でき、トータルコストを抑えることができる場合があります。 外壁のメンテナンスサイクルは平均5~10年程度ですが、耐久性の高い材料を採用するとそのサイクルを延ばすことができます。 足場をかける費用がかかるので、屋根のメンテナンス時期も近いようなら、一緒にリフォームするのが良いでしょう。 代表的な外壁材としては、耐震性や防耐火性に優れいている窯業系(ようぎょうけい)サイディングがあります。 窯業系サイディング材とはセメント系材料に繊維質系の材料を混ぜることで、軽いながらも強度をもった外壁材です。 他の外壁材に比べて、施工の簡易さ(工期の短さ)が特徴で、レンガ・タイル調や木目調など、多種多様な種類もあることで最近人気の外壁材となっています。

次の

柏市,流山市,野田市 の屋根・外壁塗装費用シミュレーション|全国100店舗ペイントホームズ

外壁 塗装 野田 市 楽々 相場 チェック

ただし、条件によってはこれよりも高くなることもあれば、安くなることもありますので、どのような条件で相場価格が変動するのかをしっかり把握しておくことが重要です。 この記事では、外壁塗装に関する6,000件以上のご相談に対応してきた外壁塗装パートナーズだからお伝えできる、相場価格の考え方を解説します。 この記事を読めば• 延床面積ごとの相場価格• 塗料別の相場価格• 騙されずに外壁塗装をお得にする方法 が絶対にわかります! 目次• とはいっても、「120万円以下なら必ず適正価格」というわけではなく、• 塗装面積(延べ床面積)の大きさ• 使用する塗料の種類• 外壁の傷み具合 などによって、相場価格は異なります。 また、当然ですが、外壁塗装だけではなく、屋根塗装や付帯工事が発生する場合にはその分の費用が上乗せになることも忘れてはいけません。 つまり、 外壁塗装の見積価格が適正かどうかを見極めるためには、色々な条件を多面的に考えなければいけないということです。 ですので、この記事では外壁塗装の相場価格を様々な切り口でお伝えしていきます。 「塗料別」の相場価格(30坪の場合) 塗料によっても外壁塗装の価格には差がつきます。 塗料別の相場価格は以下の通りです。 各塗料の特徴もかんたんにまとめました。 「塗料別」の相場価格と塗料の特徴(30坪の場合) 塗料の種類 相場価格 塗料の特徴 アクリル樹脂塗料 70万円 最も安価で、紫外線に弱く耐久性は低い。 倉庫など塗り替えが多い場所には最適。 ウレタン樹脂塗料 80万円 安価でほどほどの耐久性がある。 安く済ませたいという場合におすすめ シリコン樹脂塗料 85万円 コストと性能のバランスが良い。 人気の塗料。 ラジカル塗料 90万円 シリコンよりも高性能な新世代塗料。 シリコン樹脂塗料と並び、選ばれることが多い。 フッ素樹脂塗料 100万円 価格は高いが耐久性は高い。 塗り替え回数が減るのでトータルコストには優れている。 無機塗料 110万円 セラミックやケイ素などの無機物を配合した高耐久塗料。 非常に高価で工事価格が跳ね上がることもある。 塗料はコスパも考えて選ぶのがおすすめ 30坪の場合、最も安価なアクリル塗料と最も効果な無機塗料では50万円程の差がつきますが、 では、高額な光触媒塗料や無機塗料はただの贅沢品なのかというと、そういうわけではありません。 なぜなら、基本的には価格の安い塗料ほど短寿命、価格が高い塗料ほど高寿命になる傾向があるからです。 耐用年数と価格のバランス、つまりコストパフォーマンスもまとめると以下の表になります。 0万円 ウレタン樹脂塗料 80万円 12年 6. 6万円 シリコン樹脂塗料 85万円 15年 5. 6万円 ラジカル塗料 90万円 17年 5. 3万円 フッ素樹脂塗料 100万円 20年 5. 0万円 無機塗料 110万円 20年 5. 5万円 ご覧の通り、総額の相場価格が比較的高いラジカル塗料やフッ素樹脂塗料、無機塗料も長期的に考えればお得であることがわかります。 ご予算とコストパフォーマンスのバランスを考えて最適な塗料を選ぶようにしましょう。 また、業者によって提案できる塗料は異なりますので、複数社から様々な塗料の提案を聞いて比較した上で契約をするのが、お得に外壁塗装をする一番のポイントです。 ちなみに コストを抑えるために、塗装をする部分ごとに異なる塗料を使うことも可能です。 例えば、外壁部分にはラジカル塗料を、直射日光や雨風にさらされることのない付帯部分にはウレタン塗料を使う、といった具合です。 塗料が劣化しにくい部分には安価な塗料を使うことで、トータルコストを下げることが可能になります。 8㎡ 62万円 71万円 76万円 80万円 89万円 98万円 ~30坪 99. 3㎡ 70万円 80万円 85万円 90万円 100万円 110万円 ~35坪 115. 9㎡ 78万円 89万円 94万円 100万円 111万円 122万円 ~40坪 132. 外壁だけでなく屋根塗装もセットにした場合の相場価格は以下の通りです。 8㎡ 73万円 84万円 90万円 95万円 105万円 116万円 ~30坪 99. 3㎡ 86万円 98万円 104万円 110万円 122万円 135万円 ~35坪 115. 9㎡ 98万円 112万円 118万円 126万円 139万円 153万円 ~40坪 132. 4㎡ 110万円 125万円 133万円 141万円 156万円 171万円 ~45坪 149㎡ 119万円 137万円 145万円 154万円 171万円 189万円 「築年数」によっても相場価格は異なる これはあまり意識されない点ですが、築年数が経っている建物ほど、工事代が高くなる傾向があります。 これは、外壁塗装自体の費用が高くなるというよりは、建物の傷みや劣化によって、付帯工事が必要になるケースが多いからです。 実際に弊社にご相談いただく方の事例を見ても、築年数が経っている建物ほど工事代が高くなっています。 建物の傷み具合によって異なるので一概には言えませんが、目安としては、• 外壁塗装の工事価格の内訳 外壁塗装 工事費の内訳 上の画像は外壁塗装の工事費の内訳です。 それぞれの割合は一般的なケースを想定しています。 画像の通り、外壁塗装の工事費は大きく分けて以下の5つに分かれます。 外壁の塗装費用• 付帯部の塗装費用• 足場代• 高圧洗浄費• 養生費 外壁の塗装費用 言葉通り、外壁を塗装するのにかかる費用のことです。 付帯部の塗装費用 付帯部の塗装費用とは「雨どい」や「軒天(のきてん)」「破風板(はふいた)」など、外壁部以外の塗装にかかる費用を指します。 ちなみに「雨どい」とは屋根から流れる雨水を集めて、地面に流す設備です。 「軒天(のきてん)」は軒下から見える屋根の裏面部分、「破風板」は屋根の側面です。 外壁塗装をする際にはこれらの付帯部も塗装をするのが一般的です。 足場代 外壁塗装の費用で大きなウェートを占めるのが足場代です。 高圧洗浄費 高圧洗浄とは外壁塗装をする前に、外壁を高圧洗浄機で洗い流すことです。 高圧洗浄をしないで塗装をすると、せっかく塗った塗料がはがれる原因となってしまいますので欠かせない工程です。 養生費 養生とは、ビニールや、マスカーという特殊なテープによって外壁塗装の塗料が飛散するのを防止する作業を指します。 足場にもネットを貼って近隣住宅や庭先への飛散を防ぎます。 外壁塗装をお得にする方法 ここからは、外壁塗装をお得にする方法について解説していきます。 外壁塗装をお得にする方法、ポイントは以下の3つです。 外壁塗装と屋根塗装を同時に依頼する• 大手リフォーム業者やハウスメーカーには依頼しない• 複数社から相見積もりを取る 外壁塗装をお得にする方法1. 外壁塗装と屋根塗装を同時に依頼する 外壁塗装と屋根塗装を別々に依頼せずに、同時に依頼すると、トータルでかかる費用を節約することができます。 なぜ、外壁塗装と屋根塗装を同時にやると費用が抑えられるのかというと、一番大きな要因は足場代です。 外壁塗装と屋根塗装を別々の機会に依頼すると、その都度足場代がかかってしまいますが、同時に依頼すれば1回分の足場代で済みます。 また、一度にまとめてしまえば、塗装業者がその都度足を運ぶ手間もかからなくなるので、その分を値引いてくれます。 とはいえ、屋根が全く傷んでいないのに、塗装をする必要はありません。 屋根塗装をしたほうがいい状況なのかを塗装業者に相談して判断してください。 外壁塗装をお得にする方法2. 大手リフォーム業者やハウスメーカーには依頼しない 外壁塗装を大手リフォーム業者やハウスメーカーに依頼する方は多いですが、あまりお勧めはできません。 なぜなら、単純に価格が高いからです。 大手リフォーム業者やハウスメーカーの外壁塗装が高い一番の理由は「工事が下請け業者になるので中間マージンがかかる」からです。 大手リフォーム業者やハウスメーカーに依頼しても、実際に塗装をするのは、ほとんど全てのケースで下請けの塗装業者さんです。 契約価格から工事代を差し引いた分が、まるまる大手リフォーム業者やハウスメーカーの利益分(中間マージン)となりますが、この利益分(中間マージン)がとにかく高いです。 (塗装に限らずリフォーム業界は中間マージンが高い傾向がありますが、外壁塗装の分野は特に高いです。 ) 大手の下請けでは、塗装業者さんの手に渡る工事代は本当にごくわずかなため、中には「不本意ながらも手抜き工事や塗料の転売をしなければ食べていけない」と嘆いてる下請け業者さんもいます。 (実話です) これは特定の会社の問題というよりは、塗装業界全体の悪しき慣習となってしまっていますので、大手リフォーム業者やハウスメーカーに依頼することは避けるべきです。 私たち外壁塗装パートナーズが、紹介する業者を「自社で塗装できる業者」に限定しているのもこれが理由です。 私たちは塗装業界の下請け構造によって外壁塗装が不当に高くなっている現状を根本から直したいと考えています ちなみに、大手リフォーム業者やハウスメーカーは「自社開発のオリジナル塗料」を提案しているケースも多いですが、実際には塗料名が異なるだけで、一般的な塗料メーカーの塗料と差はありません。 外壁塗装をお得にする方法3. 必ず複数社から相見積もりを取る 外壁塗装をお得にする方法、3つ目は「複数社から相見積もりを取る」です。 これはお得に外壁塗装をするためには必須だと思ってください。 1社だけで契約をするとほぼ確実に高額な契約を結ぶことになります。 なぜなら、先ほど「坪数や塗料などによって外壁塗装の相場価格は異なる」と解説した通り、外壁塗装は条件によって価格が変動するため、適正価格を見極めるのが非常に難しいからです。 言い方は非常に悪いですが、塗装業者からすると、複数社の見積り比較をせずに1社だけの提案で契約を進めようとするお客様は、業者に「カモ」と見られています。 見積りを比較するだけで数十万円安くなることがほとんどですので、わずかな手間を惜しまずに必ず見積もり比較をするようにしてください。 外壁塗装には助成金もある ちなみに、地方自治体によっては外壁塗装に助成金を用意していることがあります。 外壁塗装の費用を節約するために、地域の補助金が受給できるかどうかは必ず確認するようにしてください。 原則的に助成金の申請は着工前に行う必要があります。 うっかり申請前に着工してしまって助成金がもらえなくなってしまった、といったことにならないようにしましょう。 外壁塗装の助成金については以下の記事に詳しくまとめてありますので、詳細を知りたい方はご覧ください。 相場を知り、賢くお得に外壁塗装をしましょう この記事では外壁塗装の費用・価格の相場について詳しく解説してきました。 外壁塗装の坪数や塗料など、様々な要因で価格が変わってくるため、ご自身の住宅での適正価格を知ることは簡単ではありません。 また、残念ながら外壁塗装の業界では、相場を知らないお客様に対して、非常に高額な契約を勧めるケースが後を絶ちません。 自分の身を守るためにも、1社だけでは契約せずに、必ず相見積もりをとることを忘れないでください。 最後になりましたが、 「外壁塗装パートナーズ」は、建築士が運営する、良心的な業者だけをお客様に紹介することにこだわった見積もりサイトです。 自社で塗装ができて良心価格で提案できる• 現場経験5年以上の現場監督が在籍している• 本部チェックによる営業品質の評判が良い このような条件を満たした塗装業者だけをお客様に紹介します。 「外壁塗装で後悔したくない」とお考えならお気軽にご依頼ください。

次の