生理喉渇く。 生理の時の喉のトラブル、関係ないようで実は関係してた!

喉が渇く仕組みは?偏頭痛と喉の渇きは病気のサインって本当?

生理喉渇く

異常に喉が渇いた時の原因と対処法! 普段から美容や健康に気を遣っているモデルさんは、一日に1. このため、運動などをしていなくても 喉の渇きを感じること自体はごく当たり前だと言えますが、 やたらと喉の渇きを訴え大量に水分を摂る場合は注意が必要です。 なぜなら、それは病気の可能性があるからです。 飲み物をたくさん飲むことが病気?と思うかも知れませんが、喉の渇きを侮ってはいけません。 そこで今回は、 異常に喉が渇く原因とその対処法についてご紹介したいと思います。 なぜ喉が渇くのか?一般的な原因は? そもそも、どうして人は 喉の渇きを感じるのでしょうか。 まずはそのメカニズムを、簡単にご説明したいと思います。 私達人間の体は、約60%が水分でできています。 そして、その60%のうち、わずか3%が失われただけでも脱水症状を起こします。 ただし、脱水症状はすでに体の水分が足りない状態となっていますが、そうなるのを防ぐために体には2つの仕組みが備わっています。 汗をかくことで大量の水分が失われると、血液に含まれる塩分濃度が上昇します。 これを感知した脳が、血液中の塩分濃度を調整するために口渇中枢を刺激し、喉が渇いたという指令を出しています。 唾液の量が少なくなる原因には、加齢によるものや風邪薬などの副作用、ストレスなど様々なものがあります。 また、加齢による唾液量の低下は、本人が水分不足に気付きにくいという側面があることから、高齢者における真夏のの原因の一つとも言われています。 そのため、高齢者の場合は喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分補給をすることが大切になります。 異常に喉が渇く場合、病気の可能性もあるの?その病気は? 喉の渇きを感じることは、ごく当たり前の体のメカニズムと言えます。 なので、喉が渇くのは何か問題があるのか?と、必要以上に心配することがありません。 例えば、人前で発表をしなくてはいけない時やスリル満点の映画を見ている時など、緊張や不安などから喉の渇きを感じることはありませんか? これは、強い興奮状態から自律神経のバランスが崩れることで、唾液の分泌が抑えられてしまうことが原因と考えられます。 また、女性の場合は生理前になると喉が乾きやすくなりますが、これもホルモンバランスの乱れが自律神経に作用しているからと言われています。 この他にも、朝の起床時の喉の渇きは寝ている間に水分が失われたことが原因のため、自然な現象と言えます。 しかし、上記のような状況とは全く無関係の状態で、 常に水分が欲しいと感じるような喉の渇きは、やはり異常と考えざるを得ません。 特に、水分の摂取量が増えたのと同時に、トイレに行く回数が増えたり、尿量が増えている時は 糖尿病や腎臓病の可能性があります。 また、先述したような緊張や不安の状態から、一時的に自律神経の働きに乱れが起こることは誰にでもありますが、それが継続的に続いてしまう自律神経失調症を患うと、唾液の分泌量が減ってしまい常に喉の渇きを感じるようになります。 一般的な喉が渇いた時の対処法 高温時や運動時などの喉の渇きには、「喉が渇いた」と感じる前から、少量ずつこまめに水分補給をすることで対応してみましょう。 水分は一気に摂取しても、全てが吸収されるわけではないので、汗をかくことがわかっている時は特に、時間を決めて水分補給を行うことが大切です。 その際には水やお茶よりも、スポーツドリンクや経口補水液がよいでしょう。 また、朝起きた時に喉の渇きを強く感じる方は、 寝る前にコップ一杯程度の水を飲んでおくのも効果的です。 起床時に水分を摂るのもよいですが、その際には冷たいものよりも常温の方が、胃腸への負担が掛からず安心です。 さらに、生理前に飲み物が欲しくなる場合には、冷たいものよりも温かい飲み物を摂るのがよいでしょう。 冷たい飲み物は、血流を悪くしてしまうため、生理痛の症状を悪化させる恐れがあります。 このように、一般的な喉の渇きに関しては、どれほど過敏になることなく水分を摂ることで対処して構わないでしょう。 常に喉が渇いている時の対処法 喉が乾いているからといって、飲み物を多く摂ってしまうと腎臓に負担が掛かってしまいます。 そのため、喉の渇きを感じないようにすることも大切です。 例えば、塩分の多い食事は血液中の塩分濃度を高めてしまい、喉の渇きを感じやすくなってしまいます。 また、カフェインやアルコールなどには利尿作用があることから、飲むと体内の水分が減ってしまい、返って逆効果となってしまう場合があります。 喉が乾きやすい方は、このような食事や水分の摂取方法に気を付けることが大切です。 その他、口が乾燥すると口渇感から水分を多く摂ってしまいがちなので、空気が乾燥する季節には加湿器やマスクを使って乾燥を防ぐことも効果があると言えるでしょう。 そして、ストレスによる自律神経の乱れは、本当は十分に水分が足りているにも関わらず、唾液の分泌量が減るために喉の渇きを感じやすくなりますので、リラックスをする時間を設けたり、ストレスの元から離れてみることも大切です。 やたら喉が渇く原因はストレス?重大な病気が潜んでいるの?のまとめ 喉の渇きは、誰にでもごく当たり前に起こる生理現象のため、それ自体がすぐに病気に結び付くわけではありません。 しかし、飲んでも飲んでも水分が足りないと感じたり、トイレがやたらと近くなったと思った時は、重大な病気が原因の可能性があります。 喉の渇きくらいで病院へ行くなんて・・と思うかも知れませんが、早期発見により症状の悪化を防ぐことができますので、おかしいなと思ったら躊躇わずに病院を受診するようにしましょう。

次の

”生理痛”緩和のカギは水分摂取にあり!?

生理喉渇く

喉が渇く原因の多くは、体内の水分が少なくなってきたからですが、それ以外の原因で喉の渇きを感じることもあります。 ここでは、喉の渇きのメカニズムや、1日に必要な水分量、正しい水分補給の方法などについてご紹介します。 体重が60kgの場合、36~42L程度の水分が体の中に入っている計算です。 そして身体の2%相当の水分が失われると、口渇中枢が刺激され、喉の乾きを感じるようになります。 喉の渇きがさらに進み、身体の3%相当の水分が失われると、脱水症状が起こりはじめます。 この頃にはかなりの喉の渇きを感じるはずですが、高齢になると喉の渇きを感じないことが多く、重篤状態になる場合もあります。 その他、身体の塩分濃度を調整するために喉の渇きを感じることもあります。 特に塩辛い料理を食べた後にとても喉が渇くのは、体内の塩分濃度を薄めるための働きと言えます。 人が1日に必要とする水分量 大人が1日に排出する水分は2~2. 5Lです。 「そんなにたくさんは出ていない」と思う方もいらっしゃるとは思いますが、尿として排出されるのはおよそ半分の量で、それ以外は汗や息、皮膚からの蒸発により排出されます。 特に冬場は汗をかいていなくても、空気の乾燥によりかなりの量の水分が体から蒸発します。 このことから、大人が1日に必要な水分量としては、排出量分である2~2. 5Lとなります。 これは2Lのペットボトル1本強の量に相当しますが、水分は食事などからも摂取できますので、実際には1. 5L程度の水分を直接補給すれば、1日に必要な水分量を確保できると言えます。 子供は、大人以上に水分を必要としています。 幼児で体重1kg当たりに100ml程度と、大人の倍くらいになっています。 例えば体重20kgの子供で、1. 2~1. 6L必要とします。 水分量が足りないと隠れ脱水になる可能性もありますし、逆に極端に多すぎると低ナトリウム血症を引き起こす恐れもあります。 毎日必要量を何回かに分けて飲むように心掛けましょう。 そのほかの喉が渇く原因 喉が渇く原因は水分不足だけでなく、他にも様々な原因で喉が渇くことがあります。 十分に水分補給をしているにも関わらず喉が渇く場合は、以下のような原因が考えられるでしょう。 ストレスや緊張 ストレスや極度の緊張状態になると、唾液の分泌が抑制され、口の中がカラカラになります。 このような場合はお水をたくさん飲まず、口の中を潤すように含むとよいでしょう。 加齢によるもの 年齢を重ねるごとに自律神経の働きが弱くなり、唾液分泌が抑制されて喉が渇きやすくなります。 また、更年期障害が原因の場合は、短時間に汗を大量にかくホットフラッシュにより、一気に水分が不足することも考えられます。 このように、加齢に伴い水分摂取がますます大切になりますが、胃腸に負担をかけないよう、こまめに少量ずつ、常温のお水を飲むようにします。 糖尿病 糖尿病の代表的症状の1つに、喉の渇きがあげられます。 これは高血糖により体内の浸透圧が上がり、水分を十分に飲んでいても体内に吸収されず、尿として出てしまうのが原因です。 お水を飲んでも喉の渇きが止まらず、トイレに行く回数が多い場合は一度医療機関で診察を受けてみてください。 女性の生理 生理になるとホルモンが活発になり、子宮の強化や乳腺を発達させるために水分を貯めようとします。 この働きにより、普段よりも喉の渇きが感じられるようになります。 ついコーヒーなどで乾きを抑えようと考えてしまうかもしれませんが、カフェインは中毒性があり、胃の荒れ等の原因にもなるので、水分補給が目的の場合には、お水やカフェインが含まれていない麦茶などを飲みましょう。 水分補給の注意点 水分補給の鉄則は「少しずつ複数回に分ける」です。 1日に必要な飲料水の量は約1. 5L程度で、コップ8~9杯程度ですから、おおむね1~2時間にコップ1杯ずつのお水を飲むようにするとよいでしょう。 特に普段からお水を多く飲む人は、分けて飲むことを心掛けてください。 スポーツドリンクなどの清涼飲料水は塩分の他に糖分も多く含まれています。 特に激しい運動をしたり、汗をかいたりしたときは飲んでも構いませんが、普段の水分補給にはお水や麦茶などが望ましいと言えます。 コーヒーや緑茶はカフェインを多く含んでおり、利尿作用が働くので注意が必要です。 このように喉が渇く原因は水分不足の他、体のさまざまな病気のサインであることもあります。 上記を参考に喉の渇きの原因を見つけ、適切な量の水分を補給するようにしましょう。

次の

【異常に喉が渇くのは病気のサイン?】糖尿病?病院に行く判断基準も

生理喉渇く

下記の要因で喉の渇きを感じることが多いです。 脱水・発熱 汗をかく等により、体内の水分が消失していると喉が渇きやすくなります。 ドライマウス 加齢による唾液分泌量の減少が原因で、口や喉が渇きます。 高齢 加齢により体内の水分量は低下していくため、喉が渇きやすくなる傾向にあります。 服薬 薬に含まれる抗コリン作用が原因で、唾液の分泌が抑制されて喉の渇きが生じます。 主に、抗アレルギー薬、高血圧の薬、抗うつ薬等に含まれています。 塩分過多 塩分を過剰に摂ると、血液を薄めるため細胞内の水分が使われるため喉が渇きやすくなります。 アルコールの過剰摂取 アルコールには利尿作用があるため尿量が増えて喉が渇きやすくなります。 上記に当てはまらない場合は、病気が原因で喉の渇きを感じている可能性があります。 腎臓は尿を排泄する働きをもつ臓器です。 その腎臓の機能が低下してしまうと、尿の濃度を調節する働きも抑制され、尿の排泄量が増えるため喉が渇きます。 自覚症状があまりないケースが多いようですが、 起床時にまぶたが浮腫んでいる、尿に濃い色がついている等の症状が続く場合は医療機関を受診してください。 シェーグレン症候群 唾液腺、涙腺に何らかの異常を起こす自己免疫疾患です。 50代の女性が発症するケースが多いようです。 口・目の渇き、筋肉痛等の症状が出現します。 甲状腺機能亢進症 副甲状腺ホルモンが過剰分泌される疾患です。 高カルシウム血症が起こると、 喉の渇き、吐き気、倦怠感等の症状を起こす場合があります。 子どもに多い病気 睡眠中の口呼吸 寝ている間、口呼吸をしていると 乾燥して喉が渇きます。 気管支炎、喘息 咳が続くことで 喉が乾燥するため、喉が渇く場合があります。 糖尿病 子どもの糖尿病の場合、 喉が渇く、よく飲む、食べる量が多いのに痩せる、倦怠感等の症状が起こりやすくなります。 肺炎 子どもの肺炎は 発熱を伴うケースが多く、発汗により喉が渇く場合があります。 妊娠初期では、 胎児を守る羊水を清潔に保とうと体内の水分が使われるため、喉が渇きます。 そのため、 脱水にならないよう注意が必要です。 また妊娠に伴い、 子宮内膜を厚くする働き、水分を保持する働き、体温を高める働きをもつプロゲステロンの分泌量が増加するため、水分補給をしてもすぐ喉が渇いてしまうようです。 月経前症候群(PMS) 月経前症候群の場合、 喉の渇き、頭痛、冷え等の症状が出現する場合があります。 生理 生理が始まると ホルモンの働きが活性化され、子宮強化、乳腺発達等のために水分を溜め込もうとして喉が渇きます。 更年期障害 加齢によりホルモンのバランスが変化しやすくなり、 いろいろな不調が現れる状態です。 喉の渇き、ほてり、多汗、抑うつ、不眠等の症状が生じやすいようです。 病院に行く判断基準は? 一日に摂取する水分の平均量はおよそ1000mlとされています。 この摂取量を大幅に超える水分を摂取しても喉が渇くと感じる場合や、 唾液の分泌量が減ってきて口が渇くと自覚している場合は、病気が原因の可能性があります。 受診するのは何科? まずは内科を受診してください。 そこから検査をして、 腎臓内科や糖尿病内科など紹介されることがあります。

次の