コツ の いらない 天ぷら 粉 かき揚げ。 意外に簡単! 「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

【簡単・天ぷら】天ぷら粉は作り方がめんどうなので日清の「コツのいらない天ぷら粉」が超オススメ!【意外においしい変わった天ぷら】

コツ の いらない 天ぷら 粉 かき揚げ

ご家庭でかき揚げを揚げたことはございますか? かき揚げは見た目以上に上手に作るのが難しいお料理でして、挑戦してみて見た目が汚かったり、天ぷら粉の分量を間違えてサクサクしていなかったり、バラバラになってしまった人もいるでしょう。 まして天ぷら粉ない状態で代用として小麦粉から作ろうとすると、美味しく作るのは更に難易度が高くなり、適当に作ろうとすれば物凄く重たいかき揚げが出来上がることも少なくないです。 そこで今回は美味しいかき揚げを作るためのコツを知ってもらうため 『かき揚げの天ぷら粉の分量とは?小麦粉でも代用できる?』 と言う記事を書かせていただきました。 美味しいかき揚げを作るコツや天ぷら粉ない時の代用方法に興味ございませんか? Topics• 美味しいかき揚げってそもそも何か? まずはこの記事で言う所の「美味しいかき揚げ」ってどんな状態のものなのかを知らないことには好みのかき揚げにならない可能性もあるのでこれをご紹介させていただきます。 当記事での美味しいかき揚げは以下のものを指しています。 衣が薄めでサクサクしている• ある程度の大きさ(手のひらぐらい)で形が整って見える• 丁度良く火が入っている• 油を吸いすぎていない これが当記事での「美味しいかき揚げ」ですので、この記事で紹介します美味しいかき揚げを作るコツは、こうした特徴をかき揚げに作る為のコツだと思ってください。 では続いてそんなかき揚げを作るコツに入っていきます。 かき揚げをする時の天ぷら粉の分量 美味しいかき揚げを作るためのポイントは衣が5割を占めていますから、その衣を作る時の天ぷら粉の分量がとても大事。 最もこう言われても「既に一般的に売られている天ぷら粉の袋に作る時の大体の分量の目安が書かれているでしょ?」と思う方もいるでしょう。 しかしこの分量で作ろうしてもちょっとかき揚げを作るには衣が厚くなりすぎてしまうことが多いです。 そのため以下のポイントはまず押さえておくのがオススメ。 分量を測る時しっかり測ろうとしてゆすったり、軽量カップを叩いたりしない• 水を先に衣を作るボールにいれる• 天ぷら粉と水だけで作る これはどれも基本です。 まず 天ぷら粉はかなりきめ細かに作られていましてちょっと整えよう均しただけでも、結構量が変わってきますのであまりしっかりと計ろうとしすぎないことが重要です。 ふわっと量ったときの大体の分量でいきましょう。 水からボールに入れるというのも結構大事。 天ぷらの衣全般に言えることなのですが、ダマが出来るのはもちろんのことあまり混ぜ過ぎると グルテンの効果で衣に粘り気が出来てサクサクしなくなりやすいです。 一応市販の天ぷら粉は溶けやすくはなっていますが、それでも天ぷら粉に水をかけて混ぜる方法だとどうしても混ぜる時間と回数が多くなるので覚えておいてください。 そして市販の天ぷら粉を使う場合は出来れば他のものを加えないほうが良いです。 インターネットで調べてみると美味しい天ぷらの作り方として衣を作る時にお酢やベーキングパウダー、あるいはマヨネーズを入れたりする方法が紹介されていますが、 これをすると衣が薄すぎてかき揚げがうまくまとまらなくなったり、しっかり形を整えようとして逆に厚すぎてあげたお好み焼きみたいになる恐れがあるのでかき揚げを作る時はスタンダードでやるのが一番です。 【スポンサーリンク】 小麦粉を代用で使ってかき揚げを作る場合 天ぷら粉の多くを占めるのは小麦粉ですから少々乱暴ですが、小麦粉があれば衣は一応作れます。 しかしかき揚げを美味しく作るためには当然小麦粉だけでは作れませんから、出来れば以下のものを衣を作る時は混ぜることをオススメします。 片栗粉• お酢 そしてこれらを使ってかき揚げの衣作るための手順がこちら• 軽量カップを用意してそこに卵を入れる• 卵の入った軽量カップに出来るだけ冷やした水を足し「卵と水の合計で200ml」の卵を溶いた水を作る• 出来上がった卵を溶いた水にお酢を15ml一杯加える• 小麦粉を160g(160ml)と片栗粉15g(15ml)を用意して「ふるい」にかけ、細かくする• 小麦粉と片栗粉を用意しておいた水に入れ、混ぜすぎないように混ぜる 大体これで良い感じの衣が出来上がります。 ちょっと細かくそれぞれの入れる材料を解説しますと以下の通り 卵について 卵黄だけにするとよりサクサクに仕上げることが出来るのですが、 すぐに衣がしなびてしまうようになります。 少量揚げてすぐ食べるならこれがベストですが、それはご家庭でとなると難しいでしょう。 卵白だけにするとその逆で衣がかなりしっかりしますが、その分ある程度長く衣がしっかりした状態でおいて置けます。 ただしっかりしているということは、重いということであり、 お店で食べるよりもずっしりする感じになります。 全卵は丁度その間ですからこれがベターです。 片栗粉について 竜田揚げとから揚げの違いを思い浮かべていただけたら分かりやすいのですが、片栗粉はかなりパリパリサクサクした食感を作る粉です。 そのためこれを入れることで衣のサクサク感を増すことが出来るので、大体の市販の天ぷら粉にも混ざっています。 あまり入れすぎると硬くてバリバリした衣になりますし、時間経過でその硬さが増すので「 小麦6に対して片栗粉1」を万人受けする上限の比率だと思ってください。 お酢について お酢を入れる理由は小麦粉を混ぜた時にできる粘りの原因「グルテン」の生成を抑止する効果を持っており、ちょっとしっかり混ぜてもマシになります。 あまり入れすぎても変な風味が残るのでご注意ください。 水を冷やすことについて 水の温度を冷やしておくのは衣の温度を下げるためです。 そして衣の温度と油の温度に温度差が大きいほど衣が激しく沸騰し、、水分が飛びやすくなるので衣が軽く揚がります。 以上が大体の美味しい衣を作るコツです。 裏技:マヨネーズを使う 裏技として卵ではなく同量のマヨネーズを使う方法もあります。 マヨネーズには卵、油、お酢が多く含まれており卵の変わりになるだけでなく、油が衣の水分を揚げている時に外に出しやすく、お酢が入っているためにわざわざお酢を入れなくてもグルテンの発生を抑えることが出来るからです。 マヨネーズを使った衣作りの大体の分量の目安は以下の通りです• 小麦粉 : 100g• 水 : 150ml• マヨネーズ:15g 一件凄く便利にも感じるのですがめんどくさいのは卵一個分のマヨネーズの量がいまいち分かりにくいこと。 そして上記の「小麦粉を代用で使ってかき揚げを作る場合」を使ってしっかりと作る衣よりもゆるいのでかき揚げをきれいに作るのはかなり難しくなる所です。 どちらかと言うとサッと火が入るタネの天ぷら向きなので、色々揚げるついでにかき揚げも揚げる、そんな時にでも使うのがオススメです。 当記事でご紹介した衣を使う時の注意点 当記事でご紹介した衣は結構薄めで、 かき揚げの具を衣の中にくぐらせ、油に入れるとかなりの確立でバラバラになります。 しかしそのバラバラになったものを箸で円形に形成し、敢えて具材同士の間に隙間を作ることを前提としておりますので これで正解です。 揚げるまでにかかる時間も比較的早く、油のキレも良い美味しいかき揚げになりますので、是非お試しくださいませ。

次の

【簡単・天ぷら】天ぷら粉は作り方がめんどうなので日清の「コツのいらない天ぷら粉」が超オススメ!【意外においしい変わった天ぷら】

コツ の いらない 天ぷら 粉 かき揚げ

日清製粉 コツのいらない天ぷら粉 揚げ上手 自前で小麦粉と卵を混ぜて衣を準備しても良かったのですが、面倒ですし専用の天ぷら粉を買ったほうが遥かに手間が削減できるということで、オリジナルの要素は省きました。 使ったのはこちら。 もう大定番中の大定番ですね。 説明不要ッッ!!って感じです。 特に難しいことは考えず、粉と水を混ぜるだけなのでとても手軽です。 特に意味はないのですが、裏面も写真を撮ってみました。 作り方の部分の分量だけ頭に入れておきます。 衣の準備をする 大きめのボウルに天ぷら粉を入れます。 今回の写真の分量は200gです。 メーカーの指定は粉100gに対して水160mlとなります。 今回は200gなのでえ320mlの水を入れました。 泡だて器を用意してダマがすべてなくなるまでよーく混ぜます。 こんな具合になったら衣の準備は完了です。 準備する順番としては衣の準備が一番最後になるようにしてください。 揚げる直前の状態です。 グラスに入っているのは焼酎の水割り。 揚げ物の際はアルコールが欠かせません。 何と言っても目の前に揚げたてのつまみがあるわけですからね。 私は子供達をお風呂にゆっくり入れていました。 サツマイモの天ぷら これはもはや定番ですね。 サツマイモの天ぷらは揚げた直後のほっこりとした甘みと、サクッとした衣の食感が素晴らしい。 揚げているのでカロリー的な問題もありますけど子供達のおやつとしても食べやすい天ぷらです。 衣にスライスしたサツマイモを入れてよく絡めておきます。 ボウルのヘリで余剰分の衣を落としてから油鍋に入れます。 あまり高くし過ぎると衣がきつい茶色になってしまいますので、火加減には常に注意をしておいてください。 揚がったかな?という感覚は人それぞれですが、写真のような衣の色になったら揚げ終わりです。 子供に大人気の天ぷらでした。 これを食べてくれるのは嬉しいのですが、ほぼこれでお腹いっぱいになるくらい好きなので分量は少なめにしてきました。 アスパラガスの天ぷら 地元産の立派なアスパラが売っていましたので家族の人数分購入をしました。 1本98円でなかなかの良い金額ですが直径にして2㎝弱もありまして食べ応え十分だなと思って購入しました。 春先ですから丁度旬の時期でもありますね。 このまま上げたいところですが、根元の部分は繊維質で噛み切れないくらいの繊維があるのでピーラーで皮を剥いておきます。 半分から下くらいの皮を剥いておくとよいかなと思います。 上の方は柔らかいのでそのままで大丈夫。 これに衣をつけて1本丸ごと揚げるのですが 残念ながら鍋に入りませんので泣く泣くカットすることにしました。 皮を剥かなかった上半分、皮を剥いた下半分をさらに半分にカットしておきます。 アスパラの下半分の部分に衣をつけて揚げていきます。 どうしてもカットした断面は火の通りが違うので色が先にきつね色になってしまいますけど、味的には特に問題はないので気にしなくて大丈夫です。 こんな具合になったら油切りをするために蓋に避けて、カスあげで天かすを掬ってキッチンペーパーを敷いた小皿にあげておきます。 この天かすは後日お好み焼きに使うので保管しておきます。 大量に天かすを積み上げて放置をすると火災の原因になりますのでご注意ください! 1つつまみ食いをしてみました。 下側になればなるほど皮を剥いても繊維質は若干残ります。 もう少し大胆に皮を剥いても良かったのですが、一口で口に入れてしまえばそんなに気にならないです。 アスパラの甘さを感じるので塩で食べると良い感じです。 アスパラの上半分も同じように衣をつけて揚げていきます。 ちょっと衣を多めにしてみました。 揚げたてのアスパラは良いつまみでして、すでに焼酎の水割りはお代わりをしています。 この日は飲みすぎたかな?というくらい飲んでしまいました。 少しきつね色がきつくなりましたけど、これは飲んでいることに夢中で火加減の調整を忘れたからです。 見た目があんまりよくないので火は温度維持をする程度の強さにしておいてください。 だんだんスペースがなくなってきました。 この時はまだ妻と子供達がお風呂でワイワイ楽しんでいました。 お風呂上がりに喜んでもらえるようにまだまだ頑張ります。 人参の天ぷら 細切りにした人参も同じように衣をまとわせます。 よく見ると玉ねぎが大量に沈んでいますけど、なるべく人参だけ掬うようにして揚げていきます。 もうこれは人参と玉ねぎのかき揚げですね。 完成の写真は撮り忘れました。 飲み過ぎは良くないですね。 かき揚げ ここからは完全にかき揚げを作る工程となります。 衣に残っている玉ねぎ、人参、刻みネギ、刻み紅生姜を入れてよく混ぜ合わせます。 衣の液を全て野菜に絡ませるようにします。 これで塊になりにくくなります。 かき揚げの際は衣の液はこのように絡ませると花が咲いたように揚げられるようになります。 今までのものと違い、衣が薄いので菜箸で取りやすく形を簡単に整えることができます。 紅生姜の赤が綺麗なアクセントになっていて見た目も綺麗です。 かき揚げを磯辺揚げ風に ここでアクセントとして浜乙女の磯のふりかけを入れます。 磯辺揚げみたいな感じをイメージしていただけるとわかりやすいかと思います。 パラパラっとお好みで入れてよく混ぜ合わせてから揚げます。 海苔が少し焦げやすいので油の温度には注意しておきます。 やはり衣を薄くできるので揚げやすいです。 この辺りでお風呂から上がって着替えを終えた妻と子供達が徐々に食べ始めてきました。 サツマイモは一瞬でなくなり、アスパラのおいしいところはいつの間にかなくなっていました。 お父さんにも取っておいてね。 とは思うものの、自分が作ったものを喜んで食べてくれるのはとても嬉しいです。 納豆を入れたかき揚げ 磯辺揚げ風にしたかき揚げに納豆を1パック投入。 付属のタレは使用せず納豆のみを使用します。 よーく混ぜ合わせて納豆の粘りを全体に広げてからかき揚げを作っていきます。 同じ感覚で揚げてもどうしても色味が濃くなります。 色味が付きすぎると焦げた味になってしますので気をつけてください。 残った分を全てかき揚げにしました。 これはちょっと揚げ温度が高くなりすぎました。 揚げた直後はそんなに気にならないのですが、冷めると焦げの香りと苦みが気になってしまいます。 コツのいらない天ぷら粉を使ってみて メーカー指定の分量さえ守っていれば衣が重くなることもないですし、使い勝手はとても良いです。 粉をふるいにかけたり、冷水を用意したりと面倒な準備もいらないのはありがたい部分です。 ダマを確実になくすために泡だて器だけは準備しておいた方が良いかなと思います。 チャック付きのパッケージを選べば余った分は冷蔵庫で気軽に保管が出来るのも良いところです。 今回私が使ったものはチャックなしのものだったので残りは輪ゴムで口を閉じて冷蔵庫で保管をしています。 まだまだ玉ねぎはいっぱいあるからよろしくね! 全部揚げ終わったものの 揚げながらつまみ食いをしてキッチンドリンカー私。 私が勧めるがまま揚げたてを食べた妻。 サツマイモ、ジャガイモ、アスパラを好きなだけ食べた子供達。 それでもこれだけ余りました。 天ぷらうどんにしようと思ってうどんも準備していたのですが、一口も食べられなかったですね。 ちょっと分量を考えないといけないですね。 余ったものは冷蔵庫で保管して翌日に食べるのですが、我が家にはヘルシオがいるわけでこの天ぷらを復活させるために「サックリあたため」を試してみようと思います。 そちらはヘルシオの追加記事として準備していますので期待してお待ちください!.

次の

天ぷらを美味しくコツを知り作ってみよう

コツ の いらない 天ぷら 粉 かき揚げ

今までやっていなかったのは「打ち粉」 材料を切る たまねぎ・ちくわ・しめじ のかき揚げにしました。 冷蔵庫にあるもので作りましたが、三つ葉や人参があれば入れたかった。 材料に打ち粉をする(写真なし・・・) 衣を付ける前に、打ち粉をしました。 これまで知りませんでした、打ち粉の存在を。 切った野菜に小麦粉大さじ1を和えるだけです。 こうすると少ない衣でもしっかりまとまるそうです。 衣を作る(写真は使ったあと残ったもの) 小麦粉:冷水=1:1 の割合で混ぜました。 鶏天も揚げたので追加で作ったのですが、割合が簡単なのですぐ用意できました。 卵は使いません。 粘りが出ないように、あまり混ぜない。 氷水を多めに用意しておいて、大さじですくって使いました。 打ち粉した材料に衣を和える で、出来た衣に野菜を入れて、軽く和えました。 混ぜすぎないように気をつけました。 揚げる 生っぽくなったことがあるので、小さめに作りました。 170度設定ですが、実際の検温はしていません。 シュワーっと音はしますが、すぐには焦げない強さです。 ためらわずにスプーンから落として 30秒放置、触るの我慢。 くっついたな!という感じでしたので、ひっくり返して1分半揚げました。 今回はきっちり時間を計りました。 おまけで鶏天 鶏天も同じ衣で揚げてみました。 一口の大きさでそぎ切りした鶏むね肉。 揚げ時間はかき揚げよりも長く・・・計りませんでしたが、長めに揚げました。 作ってみて食べてみて「衣に技術はいらないのね」 天ぷらって難しいイメージがありました。 コツがあって、技術がないとベタッとしたり、衣が剥がれたり。 特にピーマンの天ぷらって衣が剥がれて当たり前状態。 ほぼ素揚げ。 でも、今回 気をつけたのは3つだけ。 打ち粉• 混ぜすぎない(ダマ上等) 本当に、これだけ。 難しくありませんでした。 それでもサクサク、これまでで一番美味しく揚げられたと思います。 今回買った天ぷら粉は使うアテがありません。 感動しました、小麦粉と水だけでいいのすよ!こういう 余計なものいらないっていうのがすごく嬉しい。 安い&安全、最高! このポイントがピーマンの天ぷらにも通用するのか、試すのが楽しみです。

次の