キャノン ts8330。 CANON PIXUS

TS8330とTS8230との違いは?業界人が徹底比較!

キャノン ts8330

赤城山麓にある自然豊かな「やさい王国」昭和村、この地に工場のあるキヤノン電子から昭和村を応援して頂く寄付者の皆様へ、キヤノンインクジェット複合機 ハイスペックモデル PIXUS TS8330 をお届けします。 従来機と同等に画質も早さも使い勝手に優れ、たくさんの機能をまとめた一品となります。 2WAY給紙により、背面からのはがきや名刺などの印刷に便利です。 年賀状印刷にいかがでしょうか。 WI-FI 5GHz対応。 こちらの製品は、昭和村の赤城工場にて製品評価・耐久評価を実施し、お客様に故障無く末永くご利用いただけるよう地元従業員の英知・工夫が反映されております。 提供:キヤノン電子ビジネスシステムズ 株 商品説明 メーカー名 キヤノン スペック 印刷速度:L版写真 約18秒 A4普通紙(カラー) 約10.0lpm 写真が綺麗、文字がくっきり6色ハイブリッド 独立 インク 給紙口を前後に配置「2WAY給紙」 見やすい4. 3型タッチパネル液晶に角度調整が自由にできるフロント部採用 自動両面プリント SDカードダイレクトプリント ・ふるさと納税よくある質問は ・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。 あらかじめご了承ください。 お支払いについて 配送について お支払い方法は、クレジットカード(VISA、Master、JCB、Diners、Amex)、楽天バンク決済がご利用いただけます。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ・配送は自治体指定業者でお届けいたします。 ・発送予定日は決済方法によって異なります。 ワンストップ特例申請書は昭和村役場まで、1月10日までの必着でお送りください。 遅延の場合は申請は出来かねます。 寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。 あらかじめご了承ください 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日からとなりますので、ご了承ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。 rakuten. jp 住所:〒379ー1298 群馬県昭和村 大字糸井388番地 店舗運営責任者名: 総務課 財政係 大久保 寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。 また、寄附者の都合により返礼品がお届けできない場合、返礼品の再送は致しません。 あらかじめご了承ください。

次の

キヤノンオンラインショップ (Canon Online Shop)

キャノン ts8330

この記事をお読みいただいている方の中には、 TS8330のインクについて、何を買えばいいのか迷っている方も多いと思います。 実際、家電量販店やWEB通販サイト(amazonや楽天市場など)では、様々なインクが販売されていて、よくわからないですよね……。 そこでこの記事では、インクの型番・種類・価格など、きっとためになるお役立ち情報を紹介します。 お手持ちのプリンターを有効活用していただけるよう、最適なインク選びのお手伝いになれば嬉しいです。 早速ですが、結論から知りたいという方もいると思うので、インクの種類とポイントをあげてみました。 純正品は、プリンターメーカー正規品で、価格はとても高いが、とにかく品質に優れている。 再生品(リサイクルインク)は、純正品を再利用した商品で、価格は純正品より少しだけ安く、国内メーカー品が多い。 互換品(互換インク)は、純正品を模して製造された汎用性のある商品だが、価格や品質も様々なため、比較検討する必要がある。 詰め替え用(詰め替えインク)は、純正品に補充するためのインクで、とにかく印刷代を節約できる。 また、インクの種類別に各ポイントをざっくりと表にまとめてみました。 プリンターの特徴は? TS8330は、2019年9月に発売したプリンターです。 プリンターの価格帯としては、2万円ちょっとで購入することができる機種です。 機能面を見ると、コピー・スキャン・自動両面印刷・フチなし印刷・Wi-Fi印刷・AirPrint印刷ととても多機能になっています。 プリンターの液晶パネルも大画面になっていてとても使い勝手のよい機種になっています。 助太刀異星人 2. インクの型番や色数は? すでにご存じの方もいるかもしれませんが、インクの型番についても、簡単におさらいしておきましょう。 ちなみに、BCIはBlack(ブラック)・Color(カラー)・Independence(独立している)の略で、MPはMultiPack(マルチパック)の略のようです。 商品コードの意味はよくわかりませんが、この番号をWEBサイトで検索する方も意外と多いようです。 純正品のカートリッジ自体には、380PGBKや381BKなどといったラベルが貼ってあります。 6色タイプの場合には、380PGBK(顔料ブラック)・381BK(染料ブラック)・381C(染料シアン)・381M(染料マゼンタ)・381Y(染料イエロー)・381GY(染料グレー)を使用します。 顔料ブラックは、文章印刷でくっきり印刷できるように、染料ブラックは、写真印刷が鮮やかに印刷できるようになっています。 5色タイプの場合には、381GY(染料グレー)を使用しません。 助太刀異星人 3. なぜかというと、家電量販店では、純正品をメインにラインナップしているお店が多く、WEBサイト(特にamazonや楽天市場)では、 インクの型番などで検索すると、色々なお店が販売している見た目の違う商品が大量にヒットするからです。 しかし、これらはすべて、今から紹介するいずれかの商品に当てはまり、実際には、 4種類しかありません。 4種類のインクについて、それぞれの価格や品質、使い方などを紹介します。 3-1. 純正品 まず、プリンターメーカーであるキャノンから発売されているのが、 純正品のインクカートリッジです。 100年インクというだけあり、とても高品質ですが、その分、価格はとても高いものになっています。 プリンター本体の価格を考慮しても、純正品のインクカートリッジがとても高いことがわかります。 標準容量に比べて、小容量が約半分、大容量(XL)が約1. 5~2倍のインク容量になっているようです。 いずれの容量にしても、印刷を続けていき、インクが切れるたびに純正品を購入していくと、あっという間に プリンター本体の価格よりもランニングコストの方が高くなってしまうことがわかります。 「プリンターを購入するとき、プリンター本体の価格は気にしてたけど、インクの価格までは気にしていなかった……」という方も多いと思います。 5ml 5ml 2. 5ml 2. 5ml 2. 5ml 2. 5ml 2. インクカートリッジに付属しているキャップを取る• インクカートリッジに貼ってあるシールを取る• プリンターにセットして印刷をする 助太刀異星人 3-2. 再生品(リサイクルインク) 次に、家電量販店などで見かけるのが、 リサイクルインクカートリッジです。 使い終わった純正品を回収ボックスなどにより再生工場へ集めて、カートリッジを洗浄したり、ICチップを付け替えたりして、インクを再充填した商品です。 回収する手間やコストがかかるため、そこまで安くは販売されていないようですが、日本製のものが多く、 品質も比較的安定しています。 パッケージも純正品と似ているため、純正品だと思って購入される方もいるようです。 有名なリサイクルインクメーカーは、エコリカ社やJIT社です。 インクカートリッジに付属しているキャップを取る• インクカートリッジに貼ってあるシールを取る• プリンターにセットして印刷をする 助太刀異星人 3-3. 互換品(互換インク) また、よく知られているのが、 互換インクカートリッジです。 純正品と汎用性のあるカートリッジで、純正メーカー以外のメーカーが製造している商品です。 コンパチ品、サードパーティー品という言い方をしているお店もあります。 純正品よりも安く販売することを目的としているため、インクの品質はやや劣りますが、 普段使いには十分です。 純正品や再生品と同じように、プリンターにセットするだけなので、簡単にインク交換ができます。 インクが切れた後は、再利用することができないため、カートリッジごと処分することになります。 互換インクの品質はピンキリで、中には、カートリッジに付属しているICチップが原因で、プリンターが認識不良を起こしたりするものもあるようです。 また、カートリッジそのものが変形していて、プリンターにセットできなかったりというものもあるようです。 多くのお店では、万が一の場合にも、保証やサポートがあるため、特に問題なく使用できますが、 あまりにも安い商品は要注意です。 インクカートリッジに付属しているキャップを取る• インクカートリッジに貼ってあるシールを取る• プリンターにセットして印刷をする 助太刀異星人 3-4. 詰め替え用(詰め替えインク) 最後に、世間であまり知られていないのが、 詰め替えインクです。 詰め替えインクは、純正品のインクカートリッジにインクを補充して使用する 詰め替え用の商品です。 高価な純正品のインクカートリッジを捨てるときに、「 もったいない」と思った方もいるのではないでしょうか? 実は、 シャンプーや洗剤のように、容器(純正品のインクカートリッジ)にインクを補充するだけで、再利用することができます。 中身のインクを購入して、外身の容器は買いなおす必要がないため、価格もとても安く済み、印刷代が大幅に節約できます。 さらに、互換インクとは違い、すでに使用している純正品のインクカートリッジにインクを補充するので、 プリンターとの間でトラブルが起きにくいのも大きなメリットです。 キャノンの純正品のインクカートリッジには、インクを吸収、供給するためのスポンジが入っていて、インクを補充する度に、徐々に劣化が進んでしまいます。 このスポンジは、互換インクカートリッジなどと違い、特許ありの優れものなので、再利用しない手はありません。 つまり、詰め替えインクは、 「お財布にも、環境にも、プリンターにも、純正品のインクカートリッジにも」優しい商品です。 めちゃくちゃ優しいですね。 ちなみに、互換インクには詰め替えインクを補充することはできません。 理由は、後述する、リセッターや無効操作ができないからです。 使い切った純正品をプリンターから取り出す• 純正品のスポンジ面にインクを垂らして補充する• プリンターにセットして印刷をする• 残量検知無効操作をする(5秒でできる) 「」で紹介しています。 詰め替えインクについての写真入りの使い方など、詳しくは下記よりご覧いただけます。 参考: 参考: 助太刀異星人 4. インク選びのポイント ひとまず、4種類のインクについてのコスト表をまとめてみました。 5ml 5ml 2. 5ml 2. 5ml 2. 5ml 2. 5ml 2. 4-1. 純正品はこんな方におすすめ!• インクの色にはこだわりがある• 長期保存を重視する 100年インク• 簡単手軽がいい• 印刷コストは高くてもOK• インクは年1回しか買わない 4-2. 再生品はこんな方におすすめ!• インクは普段使いで充分• 長期保存しない 20年程度• 簡単手軽がいい• それなりに印刷コストを削減したい• インクは年1回しか買わない 4-3. 互換品はこんな方におすすめ!• インクは普段使いで充分• 長期保存しない 20年程度• 簡単手軽がいい• それなりに印刷コストを削減したい• インクは年に数回は買う 4-4. 詰め替え用はこんな方におすすめ!• インクは普段使いで充分• 長期保存しない 20年程度• ちょっとした手作業を楽しめる• とにかく印刷コストは節約したい• インクは年に数回かそれ以上買う 助太刀異星人 参考: 参考: 6. インクの残量は? プリンターの印刷で、多くのユーザーが気にするのが、パソコンやプリンターに表示されるインクの残量についてです。 この記事では、リセッターと呼ばれる道具やインク残量を無効にする操作について紹介します。 6-1. 詰め替えインクを知っているユーザーが検索していると思われますが、いったい リセッターとは何なのでしょうか? そもそもこの記事で詰め替えインクをはじめて知った方には、何のことやらさっぱりわからないと思いますので、紹介します。 もともと純正品のインクカートリッジには、ICチップという精密部品が付いていて、印刷枚数などに応じてインクの残量を検知して表示しています。 印刷を続けていくと、このインク残量表示がどんどん減っていき、最終的には、「インクがなくなった可能性があります。 」や「インクなしを検知しました。 」という表示が出ます。 詰め替えインクを使うと、中身のインク自体は補充されて満タンになりますが、インク残量表示は減ったままなので、実際に印刷指示をかけてもプリンターは印刷をはじめてくれません。 そのようなときに必要になるのが、 (ICチップ)リセッターという道具です。 リセッターを使用すると、インク残量表示を満タンに戻すことができます。 これにより、詰め替えインクを補充したカートリッジが再び使えるようになるというものです。

次の

【キャノンTS8330の価格と口コミ評判】おすすめの互換インク(BCI

キャノン ts8330

2019年9月上旬にCANONから5種類の『PIXUS(ピクサス)』シリーズが最新プリンターとして新たに加わりました。 そこで今回は、シリーズ最上位のPIXUS-TS8330と一体型インクを採用しているPIXUS-TS5330の何が違うのか調査します。 3円 大容量 A4カラー文書:約10. 8円 大容量 印刷コスト L判写真:約27. 8円 大容量 A4カラー文書:約18. PIXUS-TS8330は6色インクですが、PIXUS-TS5330は4色インクを採用しています。 6色インクと4色インクとでは、何となく6色の方が色合いが良いというイメージがありますよね? その通りです。 厳密に言うと、4色でもカラー印刷は基本的に問題なく行えます。 しかし、4色では微妙な色の変化をつけることが難しいです。 そもそもプリンターはインクの色よりも薄い色を表現することができません。 そのため、グレー・ライトシアン・ライトマゼンタ等の薄い色を足すことで、微妙な色の変化にも対応できるように6色インクを採用しています。 一方で6色インクですが、人間の肌の微妙な色など全体的にマイルドな色味になっています。 強いて言うと、TS8330は文字印刷に強い顔料インク 黒色のみ を使用しているので、若干黒のインクが濃いように見えます。 また顔料インクは濡れても滲まない性質をもっているので、大事な書類の印刷を行う等であればTS8330での印刷をオススメします。 印刷品質の指標となる解像度は両プリンター同じ数値ですが、4色インクと6色インクの違いは確かにあるので、 プリンター購入の検討の際は充填できるインクの数にも注目すると良いです。 最初に比較した基本性能でサイズを比較しましたが、こればかりは数字ではなく実際に見てみないとイメージが湧きにくいです。 そこで実際にプリンター本体2機種を並べて比較してみました! 正面から比べてみると左のTS8330が小さい印象です。 たった30mm違うだけでもTS8330の方が小柄に見えます。 同じシリーズでもデザインまで違ってくると、インテリアとしての配置もこだわりたくなりますね! 横からのアングルで比較してみても奥行きにそこまで大きな差はありませんでした。 横幅と縦幅はTS5330の方が大きいので、奥行きも大きく見えがちですが、奥行きに関してはTS8330の方が4mm大きいです。 TS5330はスマートフォンに慣れている人や、プリンターを初めて扱う人にとって分かりやすい仕様になっています。 また、印刷コストもしくは、インクコストの削減方法など印刷コストを重視でお考えの方は当店のインク革命製互換インクをオススメします。 純正価格から半分の価格にもかかわらず、品質は純正類似率90%以上を誇っています。 なので、品質を落とさず印刷コストだけを削減することが出来ます。 この機会に互換インクも試してみてはいかがでしょうか!.

次の