咽頭 炎 コロナ。 なかなか治らない喉の痛み…それは重病のサインかも?

咽頭炎について

咽頭 炎 コロナ

上咽頭ってどこ?上咽頭炎って何? 喉は、 上咽頭、中咽頭、下咽頭の三つに分類されます。 その中でも、 鼻と喉の間の部分が上咽頭といいます。 口を大きく開けて、喉仏が見えたら、そのあたりが中咽頭です。 その上の方が上咽頭になります。 上咽頭には、 リンパ組織が たくさん集まっているので、ウイルスなどの 炎症が起こりやすい場所です。 しかも上咽頭はウイルスなどが集まりやすい上に、普通のうがいでウイルスがとれない場所なのです。 この上咽頭が ウイルスや雑菌によって炎症を起こしている状態が、 上咽頭炎です。 これにかかると鼻と喉の間が痛くなり、塊のような痰が出てきます。 そして、喉が乾いたように痛くなります。 微熱が出る人もいるそうです。 これでは、 喉風邪と区別がつきません。 内科の医者も、口の中を見ただけでは上咽頭まで見えないので判断できないのです。 ですから、内科に行くと、上咽頭炎でも風邪と診断されてしまうことが多いです。 こうして、上咽頭炎が 慢性化してしまう場合も多く、 風邪に似た症状が現れるので、風邪と間違われることも無理がありません。 しかし、風邪だったら1週間もすれば治りますが、この 上咽頭炎は1週間やそこらでは治ってくれません。 中には3,4年、この症状で苦しんでいる人もいるそうです。 治し方 上咽頭炎にかかると、 鼻風邪とよく似た症状が出るので、 私たちでは、鼻風邪なのか上咽頭炎なのか、区別がつきません。 内科に行って処方された薬が効かずに、なおかつ鼻風邪が治らなかったら耳鼻科へ行くことをお勧めします。 ただ、耳鼻科でも、上咽頭炎の治療をしてくれないところがあるので、 耳鼻科をよく調べてから行くことをお勧めします。 上咽頭炎の治療には、 薬、抗生物質の処方、吸引治療、患部への直接薬を塗ることなどがあります。 いずれにしても、なかなか 治りにくい病気のようです。 自分で簡単に直せるものなの? 上咽頭炎を、 自分でケアする方法もあります。 最近は、家庭でできる吸引治療器もよく出回っています。 外部から侵入したウイルスが最初に、この場所に着きやすいために、ここから炎症が始まるためです。 これを、急性上咽頭炎といいます。 耳鼻科で診てもらって、鼻からの吸入(ネブライザー)や、綿棒でここに薬をつけるなどをしてもらいましょう。 耳鼻科などで目にしたことがあるのではないでしょうか? それが家庭でもできるということですね。 なお、ここに紹介した物で効果がないときは、耳鼻科に行くことを強くお勧めします。 上咽頭炎についてはこちらの記事もご参考に! 上咽頭炎の予防 かかると面倒くさい上咽頭炎ですが、 日常生活の改善で予防することはできます。 まず、 免疫力を高めるのが重要です。 どんな病気でも癒えることですが、 バランス良い食生活を送ること。 動物性タンパク質や脂肪の過剰摂取、そして野菜不足は良くありません。 あと、日頃から 鼻呼吸をすると良いです。 口の中が乾燥すると、ウイルスが付着しやすくなります。 日頃から 口で呼吸している方は、鼻呼吸をするように心がけてください。 そして、 鼻うがい。 実はこれ、私はできませんがかなりの予防効果があるようです。 鼻の中の余計な 雑菌や痰が外に出てくる訳ですから、予防効果は絶大です。 ただ、できない人が多いこと、この鼻うがいそのものがハードルの高い物だと感じている人も多いのも事実です。 でも、できる人は是非実践してください。

次の

新型コロナウイルス感染症の症状・知っておくべき注意点 [コロナでも諦めなくていい7つのこと

咽頭 炎 コロナ

お医者様がコロナを疑っていないのなら、社会復帰しても無問題と存じます。 もしあなたが、感染者とと接触しているのなら、少し疑わなければなりません。 日本のコロナの死亡率は約2. 国として全数調査をしている韓国やドイツの死亡率はそれぞれ1. そうすると、日本の把握している感染者数1953人の3倍くらいの感染者がいると考えられますね。 これは東京都で感染経路不明の新規感染者が約半数であることともある程度整合します。 そうすると、日本の実際の感染者数は把握している感染者の3倍くらい=6000人と見積られます。 これは日本人口1. 3億の2万分の1くらいです。 であれば、あなたが毎日100人と濃厚接触するとしても、現状で200日に1人くらい遭遇するということですね。 満員電車でも半径2mなら最大20人くらいでしょうか。 多くの場合、そのような接触のある人は毎日変わるわけではありません。 ということで、あなたがコロナ感染者と3密状態で接触するような憶えがなければ、感染する可能性はかなり低いということです。 だからこそ、身を律し、三密を避け、自分が感染者にならないように予防対策をとることが重要です。 以上、個人的な見解でした。

次の

【感染症予報】3月に注意してほしい感染症 No1・新型コロナウイルス感染症(COVID

咽頭 炎 コロナ

3月に注意してほしい感染症 【No1】新型コロナウイルス感染症 COVID-19 …中国国内において流行している新型コロナウイルス感染症 COVID-19 は、日本国内においても患者発生数の増加が見られています。 しかし、現時点ではまだ大規模な感染拡大が認められている地域はありません。 いま私たちが行うべきことは、新型コロナウイルス感染症について正しい知識を持ち、その感染拡大防止に努めることです。 【No2】インフルエンザ…今シーズンはそれほど患者数は多くない状態であり、患者発生数は減少傾向が続いていますが、まだ流行は継続しており、3月も注意が必要です。 【No3】A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 溶連菌感染症 …2月以降も例年よりも患者発生数が多い状態が続いています。 学校の春休みが始まる頃までは、患者数の増加がみられることが多いです。 特に、幼稚園・保育園・小学校など、乳幼児・小児の集団生活施設においては、溶連菌感染症の集団発生にご注意ください。 【No4】ヒトメタニューモウイルス感染症…ヒトメタニューモウイルス感染症の流行時期は、例年3〜6月とされています。 大部分は症状が出ないか、いわゆる「かぜ」の症状ですが、乳幼児、高齢者などでは、酸素投与が必要な肺炎となることも珍しくありません。 RSウイルスと同様に感染力が強く、感染経路は飛沫感染と接触感染であるといわれており、予防には手洗いなどの手指衛生が重要です。 感染症ごとに、更に詳しくみていきましょう。 新型コロナウイルス感染症 COVID-19 主な感染経路は、飛沫感染および接触感染であり、その予防対策としては、咳エチケットと手洗いやアルコールなどによる手指衛生が最も重要であることに変わりありません。 また、国の専門家会議によると、これからの1〜2週間によって、急速に流行が拡大するか、あるいは収束していくかの分かれ目であると言われています。 不特定多数の人が集まる場所に不用意に行かないことはもちろんですが、自分が発熱や呼吸器症状をきたしている場合は、たとえ症状が比較的軽度であっても、職場や学校など長時間にわたって特定の人と接する場所に行くことをやめ、自宅で休むことを心がけてください。 コロナウイルスの感染経路は、飛沫感染と接触感染です。 最も重要な対策は、咳エチケットと手洗い・アルコール消毒など手指衛生を徹底することです。 咳エチケットは、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。 原則として空気感染はありません。 新型コロナウイルス感染症に感染し発病した場合、大半の例では軽症または中等症までで治っていくと言われています。 一方、高齢の方や、糖尿病や呼吸器疾患などの基礎疾患を持った方々は、重症化する場合があると言われています。 これからは、重症化する可能性のある方々ができる限り感染しないように守り、万が一感染・発病した場合は、すぐに適切な医療が受けられるようにすることが重要となります。 厚生労働省は、2020年2月17日に文書「」を公開しました。 手洗いやアルコール消毒といった手指衛生と、咳エチケットが重要で、持病がある人や高齢の人は、できるだけ人混みの多い場所を避けるといった注意喚起がされています。 また、発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休むよう促しています。 厚生労働省のホームページの「」を参照していただき、新型コロナウイルスに感染している疑いがある場合は、に相談して下さい。 そのうえで、必要があると認められた場合は、専門の医療機関 帰国者・接触者外来 が紹介されます。 これらのことが大切な理由は、日本国内における新型コロナウイルス感染症の流行を抑制し、たとえ流行が抑えられなくなっても、流行の開始・ピークを少しでも遅らせることによって、医療機関に患者が殺到して地域の医療体制が崩壊したり、重症者に十分な医療が行き届かなくなることによって亡くなってしまう人が増加することを防ぐためです。 過度に心配しパニックになることなく、これらの情報を正しく理解し、自身の感染予防と万が一の際の適切な行動につなげることが、いま最も大切です。 通常は1週間前後の経過で軽快しますが、いわゆる「かぜ」と比べて全身症状が強いのが特徴です。 主な感染経路は、くしゃみ、咳、会話等で口から発する飛沫による飛沫感染です。 他に接触感染もあるといわれています。 インフルエンザの予防には、予防接種を受けることが有効です。 予防接種を受けることで、発症率、重症化率の低減につながると言われています。 インフルエンザの感染対策とてしては、飛沫感染対策として、咳エチケット。 接触感染対策としての手洗いの徹底が重要であると考えられますが、たとえインフルエンザウイルスに感染しても、全く無症状の不顕性感染例や臨床的にはインフルエンザとは診断し難い軽症例が存在します。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 溶連菌感染症 溶連菌感染症の症状が疑われる場合は、速やかにかかりつけ医を受診しましょう。 溶連菌感染症と診断され、抗菌薬が処方された場合は、医師の指示に従うことが重要です。 途中で抗菌薬をやめた場合、病気の再燃や糸球体腎炎などの合併症を来すことが知られています。 溶連菌感染症は、学童期の小児に最も多く、3歳以下や成人では典型的な症状が現れることは少ないといわれています。 症状としては2〜5日の潜伏期間を経て、38度以上の発熱と全身倦怠感、のどの痛みによって発症し、しばしばおう吐を伴います。 また、舌にイチゴのようなぶつぶつができる「イチゴ舌」の症状が現れます。 まれに重症化し、全身に赤い発しんが広がる「猩紅熱 しょうこうねつ 」になることがあります。 また、十分な抗菌薬の投与による治療をおこなわないと、リウマチ熱や急性糸球体腎炎などを引き起こすことが知られています。 主な感染経路は、発症者もしくは保菌者 特に鼻咽頭部に保菌している者 由来の飛沫による飛沫感染と濃厚な直接接触による接触感染です。 物品を介した間接接触による感染は稀とされていますが、患者もしくは保菌者由来の口腔もしくは鼻腔由来の体液が明らかに付着している物品では注意が必要です。 発症者に対しては、適切な抗菌薬による治療が開始されてから48時間が経過するまでは学校、幼稚園、保育園での集団生活は許可すべきではないとされています。 ヒトメタニューモウイルス感染症 ヒトメタニューモウイルス感染症の症状は、すべての年齢層で鼻炎、咽頭炎、副鼻腔炎などの上気道炎から、気管支炎、細気管支炎、肺炎などの下気道炎まで引き起こしますが、大部分は症状が出ないか上気道炎、いわゆる「かぜ」の症状です。 乳幼児、高齢者などでは、呼吸困難になることもあり、酸素投与が必要な肺炎となることも珍しくありません。 重症化する場合は、高熱が持続し、息がゼイゼイと呼吸が苦しそうになる呼吸器症状が出ます。 潜伏期間は4〜6日といわれています。 小児のみでなく成人 特に高齢者 においても重要なウイルスです。 1度の感染では十分な免疫を獲得できず、何度も再感染を繰り返していきます。 ヒトメタニューモウイルスは、RSウイルスと同様に感染力が強く、感染経路は飛沫感染と接触感染であるといわれています。 ウイルスの量は発熱後1〜4日で多く、感染者からのウイルスの排泄は1〜2週間持続するといわれています。 一方、軽症例では軽い咳や鼻汁程度の症状のため,保育所に通常どおり通っている場合が多く、 幼稚園、保育園など乳幼児の集団生活施設等で効果的な感染対策を行うことは困難であると言わざるを得ません。 ヒトメタニューモウイルス感染症の予防には、飛沫感染対策としての咳エチケット、接触感染対策の基本である手指衛生が重要です。 ヒトメタニューモウイルスの抗ウイルス薬はなく、ワクチンも存在しないため、治療はすべて急性期の症状の重症度に応じた対症療法が基本となります。 特に、脱水、呼吸困難、細菌の2次感染に注意が必要です。

次の