コロナ ウイルス ニコチン。 新型コロナウイルスはニコチンを嫌うのか

ニコチンは新型コロナウイルスの予防に効果あり?フランスで臨床試験開始【翻訳】/電子タバコとリキッドならVAPE(ベイプ)通販専門店│ヘルシーサポート

コロナ ウイルス ニコチン

ニコチンに新型コロナウイルス感染症に対する予防効果があるとの研究結果がフランスで発表されました。 同国ではその有効性を確かめる臨床試験が開始される予定です。 新型コロナウイルスに対するニコチンの予防効果についての英文記事の 翻訳をご紹介させていただきます。 出典: ニコチンへのコロナウイルス転換 フランス最新情報 一部の研究者の間で、コロナウイルスと戦うための最新の薬としてニコチンを用いることを研究している。 フランスは再びCOVID-19のため、ニコチンを使って潜在的な新しい治療法を探しており、パリでは、ニコチンガムやパッチなどの製品が不足するのを避けるため、オンラインでの販売を禁止し、先週末にニコチン製品の販売を制限することを急いでいる。 フランスの科学者たちが、コロナウイルスと戦うための潜在的な防御薬としてニコチンパッチを投与する臨床試験を開始しようとしており、この発表は、喫煙者がCOVID-19で入院する可能性が低いことを示唆しているパリの病院での研究を受けて始まったものである。 マルセイユに拠点を置く医師のディディエ・ラウールが抗マラリア薬クロロキンの使用を提案したとき、十分な科学的根拠がなく、深刻な副作用の可能性があるにもかかわらず、国はすでにコロナウイルスの治療薬の代替品が見つかったと誇示した。 タバコに含まれるニコチンがコロナウイルスに、罹患しにくいと仮定した場合、ニコチンは肺機能を悪化させるという定説を覆すことになる。 フランス政府が先手を打ったにも関わらず、クロロキンとは異なり、ニコチンに関する科学的な関心がフランスの薬局に殺到しているといった兆候は今のところありません。 また、マラリア薬を主張しているラウール医師を有名人にしたようなソーシャルメディアを煽るような誇大宣伝もしていません。 しかし、こういったニュースは保健当局が作成した情報を不鮮明にする恐れがある。 世界保健機関 WHO は独自の情報資料の中で、喫煙者は "COVID-19の影響を受けやすい "と述べている。 保健当局は、喫煙に関連した動きは、おのずと唇と指の接触が増えるため、感染症になりやすくなり、喫煙者はすでに肺疾患を患っている可能性があるため、入院のリスクが高まると主張している。 《奇妙な治療法》 タバコに含まれるニコチンが実際にウイルス感染から呼吸不全などの重篤なケースになるのを防ぐのだとしたら、ニコチンは肺機能の悪化につながるとされてきた常識を覆すことになる。 今までの原則に則ってウイルスの発生以来、世界中の国々がタバコ製品の使用を制限していることから、ニコチンが肺機能を悪化させるという常識は世界的な対応の指針となっている。 例えば、インドでは、病気を伝達させる可能性があることを恐れて、噛みタバコを取り締まっており、中東の多くの州では、カフェや店が顧客に水たばこを提供することを止めている。 南アフリカでは、タバコの販売を完全に禁止しているが、最近では徐々に制限を緩和している。 WHOのTobacco Free Initiativeを率いるプログラムマネージャーのVinayak Prasad氏は、組織はフランスの研究を否定しているわけではなく、専門家パネルが他の証拠と一緒にデータを見て、まもなく公式の見解を発表するだろうと指摘した。 しかし当分の間、WHOはCOVID-19のリスクと最終的な感染症の重症度は、喫煙時に高くなる可能性が高いとの見方を変えてない方針である。 SARSなどの過去の流行から十分な情報を得ており、今回のコロナウイルスが肺を標的としたウイルスであるということをPrasad氏は説明している。 さらに、特に併存疾患を持っている場合には、感染症の重症度が長期的な喫煙者の間で高くなるのは当然のことであると指摘された。 《パリでの研究》 ニコチン治療研究は、パリのピチエ-サルペトリエール病院でのコロナウイルス患者を対象としたのがきっかけである。 研究者らは、フランスの病院で治療を受けている喫煙者の数が、フランスの一般的な人口の喫煙率と比較して、予想よりも有意に低いことを発見した。 その後の論文では、ニコチンとウイルスからの防御効果の間に関連性があることが理論化されたが、この研究はまだピアレビュー 同業者が評価、検証すること を受けていないことから証拠は決して満場一致ではない。 一方、他の科学的文献では、これとは反対の結論が出ている。 実際、12の異なる論文の分析では、喫煙とCOVID-19の進行との間に有意な関連性が認められ、喫煙者は非喫煙者よりも病気が悪化するリスクが高いことがわかった。 教授は、フランスの研究では、現在の喫煙者と非喫煙者のみを調べたと指摘している。 つまり、最近まで喫煙していた禁煙者はサンプルから除外されている可能性がある。 さらに、2018年の調査からCOVID-19陽性患者を一般集団と比較したが、データが最新ではなく、なおかつ一般集団のサンプルは、病状が重く併存疾患が多かった患者グループを正確に反映していないとベルリン氏は指摘する。 インペリアルカレッジロンドンの公衆衛生の上級講師と欧州呼吸器学会のタバココントロール委員会の専門家のメンバーは、パリの研究で患者の喫煙歴を知らないことは深刻な隔たりであることに同意した。 " 癌や脳卒中の原因は、ニコチンではなくタバコに含まれる有毒物質である" — ピーター・リーゼ、ドイツの欧州議会議員 "高齢者や他の疾患を持つ人はCOVID-19で入院する可能性が高いが、そのような人たちは禁煙している可能性が高いだろうし、ましてや今でも喫煙している人はごく少数であろう "と指摘している。 研究を行った科学者はコメントを辞退したが、研究の共著者の一人であるフローレンス・チューバッハは、ニコチンの潜在的な効果は今のところまだ仮説であることをLe Mondeの記事で強調した。 リーゼ氏いわく、"癌や脳卒中のようなものを作成するものは、ニコチンではなく、タバコの中の有毒物質である" この研究は喫煙の使用ではなく、パッチやガムで投与することができるニコチンの使用を調査すると述べた。 この状況は、科学的に解明されていないにもかかわらず世論の要求に押され、保健当局が正確な情報管理する際において、非常に困難な局面にいることを象徴している。 欧州議会議員は、専門家は不確実性があるときには慎重でありながらも、意思疎通続け、細かい線引きをしなければならないと述べている。 不確かな情報が飛び交い、非常に混乱している昨今だが、すべての喫煙者に禁煙を強く進めることに関して変わりはないとし、完全に禁煙することが困難な場合は、ほぼ肺に悪影響を及ぼさないとされる、電子タバコやニコチンパッチを代用品として使用することが望ましいとして、締めくくった。 出典:.

次の

ニコチンは新型コロナウイルスの予防に効果あり?フランスで臨床試験開始【翻訳】/電子タバコとリキッドならVAPE(ベイプ)通販専門店│ヘルシーサポート

コロナ ウイルス ニコチン

タバコを吸う人は感染症が重症化しやすい 新型コロナウイルス感染症 COVID-19 の感染と重症化において、喫煙が「深刻な脅威」になっていることが分かってきた。 日本禁煙学会は、COVID-19が重症化しやすいのは、 1 高齢 60歳以上 、 2 喫煙 現在、喫煙している人、過去に喫煙していた人 、 3 喘息や慢性閉塞性肺疾患 COPD のある人、 4 糖尿病や肝疾患などの慢性疾患のある人だとしている。 タバコが、肺がんをはじめとするさまざまながんや、脳卒中・心疾患などを引き起こすことは承知の通りだ。 それだけでなく、喫煙は肺をはじめとする呼吸器や全身の免疫系にも悪影響を与える。 タバコには、ニコチンだけでなく、がん、心血管疾患、呼吸器疾患の発病リスクを高める5,000種類以上の有害物質が含まれている。 喫煙者は感染による肺炎が14倍も悪化しやすい COVID-19が最初に発生したとされる中国の調査で、喫煙はCOVID-19の重病化リスクに関係していることが明らかになった。 中国湖北省武漢市にある華中科技大学などの研究グループが発表した研究で、喫煙者はCOVID-19が重病化し、肺炎が起こるリスクが14倍も高いことが示された。 中国本土の感染患者1,099人を対象とした調査でも、重症化した人の割合は、非喫煙者927人のうち134人 14% だったのに対し、現在喫煙中と過去に喫煙していた人を合わせた喫煙者では158人中38人 24% となり、喫煙により重症化リスクが1. 7倍高くなった。 喫煙は持病がない人にも呼吸器疾患を引き起こす。 日本禁煙学会は「喫煙はさまざまな感染症を悪化させます。 新型肺炎でも大きなリスク要因となることを知って欲しい。 タバコを吸っている人は、今すぐ禁煙に取り組むべきです」と強調している。 喫煙により重病化しやすくなる理由 喫煙とCOVID-19の重病化が関係している理由として、次のことが考えられる。 1 タバコにより血流が悪くなる。 血管障害で血流が滞り、体の隅々に栄養が行きわたらなくなると免疫が低下する。 2 肺表面にある線毛は、肺内の粘液や汚れ、ウイルス、バクテリア、有毒粒子などを排出する働きをもっているが、喫煙は線毛を損傷させる。 3 ニコチンは、肺の炎症を抑え傷ついた細胞を修復する作用のあるサイトカイン 生理活性物質 の産生も阻害する。 4 タバコは吸い口付近を指先で挟んだり、煙を深く吸い込んだりするため、手指に付着したウイルスや細菌が体内に入り込むリスクがある。 5 喫煙は、新型コロナウイルスがヒト細胞に感染する際の侵入口となるアンジオテンシン変換酵素 ACE 受容体を活性化させる可能性がある。 とくに、ACE2受容体は、心臓、肺、腎臓、消化管にあり、ニコチンの影響を受けやすいと考えられている。 これは、ニコチン受容体が心臓、肺、血管に多く分布しているからだ。 喫煙に関連する疾患の多くは心血管と肺に起こる。 糖尿病の人にとっても喫煙は重大な障害に 糖尿病とともにい生きる人にとっても、喫煙は重大な障害になる。 タバコを吸う習慣のある人は、今すぐ禁煙に取り組むべきだ。 タバコは血糖を下げるインスリンの効きを悪くする。 喫煙者は、非喫煙者に比べて、糖尿病の発生が1. 5~2倍多いことが分かっている。 喫煙が全身の血管の動脈硬化も進展させる。 動脈硬化による心臓病や脳卒中を予防するためには、まずタバコの煙を吸いこまないことが大切。 喫煙者ではできるだけ早く禁煙して、動脈硬化が進むのを予防することが必要だ。 糖尿病で喫煙している人が禁煙すると、心臓血管病や腎臓病のリスクが低下し、10年で非喫煙の糖尿病の人と変わらなくなるという研究もある。 禁煙により血糖コントロールが改善するという研究も発表されている。 「禁煙は糖尿病合併症の予防の観点でも重要です。 糖尿病のある人は、禁煙のための努力をおしむべきではありません。 たばこを吸う習慣のある人は、禁煙することで、血糖コントロールを改善するための最大のメリットを得られます」と、研究者は述べている。

次の

【新型コロナウイルス】タバコが感染症の重大なリスクに 糖尿病も悪化させる

コロナ ウイルス ニコチン

ニコチンに新型コロナウイルス感染症に対する予防効果があるとの研究結果がフランスで発表されました。 同国ではその有効性を確かめる臨床試験が開始される予定です。 新型コロナウイルスに対するニコチンの予防効果についての英文記事の 翻訳をご紹介させていただきます。 出典: ニコチンへのコロナウイルス転換 フランス最新情報 一部の研究者の間で、コロナウイルスと戦うための最新の薬としてニコチンを用いることを研究している。 フランスは再びCOVID-19のため、ニコチンを使って潜在的な新しい治療法を探しており、パリでは、ニコチンガムやパッチなどの製品が不足するのを避けるため、オンラインでの販売を禁止し、先週末にニコチン製品の販売を制限することを急いでいる。 フランスの科学者たちが、コロナウイルスと戦うための潜在的な防御薬としてニコチンパッチを投与する臨床試験を開始しようとしており、この発表は、喫煙者がCOVID-19で入院する可能性が低いことを示唆しているパリの病院での研究を受けて始まったものである。 マルセイユに拠点を置く医師のディディエ・ラウールが抗マラリア薬クロロキンの使用を提案したとき、十分な科学的根拠がなく、深刻な副作用の可能性があるにもかかわらず、国はすでにコロナウイルスの治療薬の代替品が見つかったと誇示した。 タバコに含まれるニコチンがコロナウイルスに、罹患しにくいと仮定した場合、ニコチンは肺機能を悪化させるという定説を覆すことになる。 フランス政府が先手を打ったにも関わらず、クロロキンとは異なり、ニコチンに関する科学的な関心がフランスの薬局に殺到しているといった兆候は今のところありません。 また、マラリア薬を主張しているラウール医師を有名人にしたようなソーシャルメディアを煽るような誇大宣伝もしていません。 しかし、こういったニュースは保健当局が作成した情報を不鮮明にする恐れがある。 世界保健機関 WHO は独自の情報資料の中で、喫煙者は "COVID-19の影響を受けやすい "と述べている。 保健当局は、喫煙に関連した動きは、おのずと唇と指の接触が増えるため、感染症になりやすくなり、喫煙者はすでに肺疾患を患っている可能性があるため、入院のリスクが高まると主張している。 《奇妙な治療法》 タバコに含まれるニコチンが実際にウイルス感染から呼吸不全などの重篤なケースになるのを防ぐのだとしたら、ニコチンは肺機能の悪化につながるとされてきた常識を覆すことになる。 今までの原則に則ってウイルスの発生以来、世界中の国々がタバコ製品の使用を制限していることから、ニコチンが肺機能を悪化させるという常識は世界的な対応の指針となっている。 例えば、インドでは、病気を伝達させる可能性があることを恐れて、噛みタバコを取り締まっており、中東の多くの州では、カフェや店が顧客に水たばこを提供することを止めている。 南アフリカでは、タバコの販売を完全に禁止しているが、最近では徐々に制限を緩和している。 WHOのTobacco Free Initiativeを率いるプログラムマネージャーのVinayak Prasad氏は、組織はフランスの研究を否定しているわけではなく、専門家パネルが他の証拠と一緒にデータを見て、まもなく公式の見解を発表するだろうと指摘した。 しかし当分の間、WHOはCOVID-19のリスクと最終的な感染症の重症度は、喫煙時に高くなる可能性が高いとの見方を変えてない方針である。 SARSなどの過去の流行から十分な情報を得ており、今回のコロナウイルスが肺を標的としたウイルスであるということをPrasad氏は説明している。 さらに、特に併存疾患を持っている場合には、感染症の重症度が長期的な喫煙者の間で高くなるのは当然のことであると指摘された。 《パリでの研究》 ニコチン治療研究は、パリのピチエ-サルペトリエール病院でのコロナウイルス患者を対象としたのがきっかけである。 研究者らは、フランスの病院で治療を受けている喫煙者の数が、フランスの一般的な人口の喫煙率と比較して、予想よりも有意に低いことを発見した。 その後の論文では、ニコチンとウイルスからの防御効果の間に関連性があることが理論化されたが、この研究はまだピアレビュー 同業者が評価、検証すること を受けていないことから証拠は決して満場一致ではない。 一方、他の科学的文献では、これとは反対の結論が出ている。 実際、12の異なる論文の分析では、喫煙とCOVID-19の進行との間に有意な関連性が認められ、喫煙者は非喫煙者よりも病気が悪化するリスクが高いことがわかった。 教授は、フランスの研究では、現在の喫煙者と非喫煙者のみを調べたと指摘している。 つまり、最近まで喫煙していた禁煙者はサンプルから除外されている可能性がある。 さらに、2018年の調査からCOVID-19陽性患者を一般集団と比較したが、データが最新ではなく、なおかつ一般集団のサンプルは、病状が重く併存疾患が多かった患者グループを正確に反映していないとベルリン氏は指摘する。 インペリアルカレッジロンドンの公衆衛生の上級講師と欧州呼吸器学会のタバココントロール委員会の専門家のメンバーは、パリの研究で患者の喫煙歴を知らないことは深刻な隔たりであることに同意した。 " 癌や脳卒中の原因は、ニコチンではなくタバコに含まれる有毒物質である" — ピーター・リーゼ、ドイツの欧州議会議員 "高齢者や他の疾患を持つ人はCOVID-19で入院する可能性が高いが、そのような人たちは禁煙している可能性が高いだろうし、ましてや今でも喫煙している人はごく少数であろう "と指摘している。 研究を行った科学者はコメントを辞退したが、研究の共著者の一人であるフローレンス・チューバッハは、ニコチンの潜在的な効果は今のところまだ仮説であることをLe Mondeの記事で強調した。 リーゼ氏いわく、"癌や脳卒中のようなものを作成するものは、ニコチンではなく、タバコの中の有毒物質である" この研究は喫煙の使用ではなく、パッチやガムで投与することができるニコチンの使用を調査すると述べた。 この状況は、科学的に解明されていないにもかかわらず世論の要求に押され、保健当局が正確な情報管理する際において、非常に困難な局面にいることを象徴している。 欧州議会議員は、専門家は不確実性があるときには慎重でありながらも、意思疎通続け、細かい線引きをしなければならないと述べている。 不確かな情報が飛び交い、非常に混乱している昨今だが、すべての喫煙者に禁煙を強く進めることに関して変わりはないとし、完全に禁煙することが困難な場合は、ほぼ肺に悪影響を及ぼさないとされる、電子タバコやニコチンパッチを代用品として使用することが望ましいとして、締めくくった。 出典:.

次の